corei9-9900ks画像引用元:https://www.digitaltrends.com/

管理人管理人

当記事では、「Core i9-9900KSの性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。末尾のSはスペシャルエディションを意味しています。Core i9-9900Kよりもさらに洗練されたCPUということで注目されています。

最大のポイントは、8コア全てが同時に稼働していてもブーストクロック周波数5.0GHzを超えたことです。つまり、より高いCPUパフォーマンスを持っているということです。このフラグシップモデルについてスペックを見ながら詳しく見ていきましょう。

(+) 全コア稼働でも5.0GHzを達成した高性能CPU
(+) ゲーミングCPUとして最高のパフォーマンスを発揮
(-) 消費電力が高く搭載するのにコストが掛かる
(-) マルチスレッド性能ではRyzen 9 3900Xに及ばない

>>>>>Amazonで価格をチェックする

Core i9-9900KSの基本スペック

ブランドIntel
世代第九世代
開発コードCoffee Lake
コア/スレッド数8 / 16
クロック周波数4.00 GHz
ブーストクロック5.00 GHz
内蔵グラフィックスUHD 630
TDP127W
発売日2019年10月頃
価格$513

Core i9-9900KSのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
当該CPUは実質コンシューマー向けモデルとして最高峰に位置しています。どのような用途でも高いパフォーマンスを発揮します。Core i9-9900KS搭載モデルでCPU性能が足りなくなるということはないでしょう。その中で最も得意なのはゲームプレイでしょう。ベンチマークを紹介していますのでぜひチェックしてくださいね。

Core i9-9900KSのスペック比較

 i9-9900KSi9-9900K9 3900X
コードネームCoffee Lake Coffee Lake Zen 2
プロセス14nm++14nm++7nm
コア/スレッド8/168/1612/24
ベースクロック4.0 GHz3.6 GHz3.8 GHz
ターボクロック5.0 GHz5.0 GHz4.6 GHz
ターボクロック(全コア)5.0 GHz4.7 GHz4.6 GHz
L3キャッシュ16MB16MB64MB
内蔵GPUUHD 630UHD 630なし
TDP127W95W125W
単体価格$525$480$500
搭載PC価格176,980円~172,980円~189,980円~
Core i9-9900KSのスペックについて見ていきましょう。Core i9-9900K及び競合のRyzen 9 3900Xと比較していきます。まず、Core i9-9900Kと比較するとコードネーム及びプロセスは同じことがわかります。変わったのはベースクロック周波数及び全コア稼働時のクロック周波数です。ベースクロックは11%上がり、全コア稼働時でも5.0GHzを達成しています。ただし、その代償として消費電力が95Wから127Wへと34%も上がりました。

競合のRyzen 9 3900Xと比較していきましょう。プロセスが7nmとIntelよりも一歩先を進んでいます。コア数及びスレッド数もそれぞれ50%高くずば抜けたマルチスレッド性能を持っています。クロック周波数3.8GHz、ターボクロック4.6GHzと高い週はうすうを維持しています。L3キャッシュも64MBと余裕があります。このスペックなら消費電力が高くなってしまうのも納得できると思います。内蔵GPUが非搭載となっているため注意しましょう。

選ばれしCPUで希少性が高い

Core i9-9900KSは、スペシャルエディションのSを冠しているだけあって最上級のCPUとなっています。14nm++ Coffee Lake Refreshのシリコンで最も優れたパフォーマンスを持つダイを使用しています。CPUに使用されるダイの品質は製造工程で様々です。その中で最も最上位に位置するダイのみを使用していることから全コア稼働でも5.0GHzを発揮するというわけです。

ビン(ふるい分け)で最上位のダイをCore i9-9900KSに、その次のランクのものをCore i9-9900Kという形で振り分けを行います。当然最上位のダイは希少性が高くそれほど数が取れないため価格が高くなるのです。おそらくKSモデルは限定モデルに近い位置づけだと考えられます。

Core i9-9900KSってどんなCPUなの?

ゲーミング最強のフラグシップモデル

すでに何度もお伝えしましたが、Core i9-9900KSの最大のウリは全コア稼働時での5.0GHz達成です。Core i9-9900Kと比較して性能の底上げが行われています。およそ10%程度性能が高くなっています。後述のベンチマークを見るとわかるとおり最強のゲーミングCPUとして君臨しています。Ryzen 9 3900Xよりもゲーミングパフォーマンスは高いです。価格面に納得できるのであればゲーミングPC搭載のCPUとして選択肢に入るでしょう。

ただし、レンダリング、メディアエンコーディングなどのマルチスレッドが重要となる場面においてはコア数の多いRyzen 9 3900Xに劣っています。総合手性能ではRyzen 9 3900Xよりも6%程度劣ります。ゲームでは8コアぐらいまでしか活かせませんが、クリエイター用途ではコア数が増えれば増えるほど有利になります。

アーキテクチャ的に進化したわけではない

CPUのアーキテクチャは、Core i9-9900Kから変わっていません。劇的な進化を求めている方にとっては期待はずれかもしれません。クロック周波数しかテコ入れできるところがなかったというのが正しいですね。Core i9-9900Kと同じ同じCoffee Lake Refreshを採用しています。

これは5年前に発売されたBroadwellから使用されているIntel 14nm製造プロセスの改良版です。今後第十世代のCPUが出るまではアーキテクチャは変わらないでしょう。それでもパフォーマンスが引き上げられてより洗練されたCPUになっていることは間違いありません。

消費電力が高く発熱対策が必須となる

Core i9-9900KSの懸念点は消費電力の高さにあります。Core i9-9900Kの95Wから127Wへと大幅にアップしています。Ryzen 9 3900Xに匹敵する消費電力の高さです。クロック周波数を引き上げた結果と考えると仕方ないですね。

これだけ消費電力が上がってしまうと換装する場合は熱対策を行わなければいけません。より余裕のあるフルタワーの利用、高性能クーラーの使用、大型ファンの搭載、高品質な電源ユニットの搭載などが考えられます。

販売直後ということもあり価格は高め

まだ登場したばかりのCPUということで価格は強気です。定価$525(57,000円前後)に対して国内での販売価格はAmazonで71,800円となっています。現在Core i9-9900Kが59,000円であることを考えると割高です。

今はプレミアム価格となっているためもう少し待ってから購入した方が得策でしょう。BTOパソコンについても同様です。今後Core i9-9900Kと同等の価格まで落ち着くと考えられます。

ベンチマークでわかるCore i9-9900KSの性能!

Cinebench R20

cpucinebenchr20-i9-9900ks

CPUにレンダリングをさせてパフォーマンスをスコア化するベンチマークソフトです。Ryzen 9 3900Xのマルチスレッド性能の高さが光ります。それでもCore i9-9900Kと比較して13%程度スコアが高くなっています。シングルスレッド性能は1%程度の差です。Core i7-9700Kとの差は大きくなります。おおよそスペック通りのスコアが出ていると考えて良いですね。

Handbrake

dougahensyuumediaencoding-i9-9900ks

動画のエンコードに掛かる時間を計測しています。数値が少ないほど高性能です。動画のアップロードを考えている方にとって重要です。x265でもx264でもRyzen 9 3900Xが強いです。Core i9-9900Kとの差は13%とCinebench R20と同等です。動画のエンコードにおいてもRyzenのマルチコアがうまく活かせていることがわかります。

Adobe Photoshop

adobephotoshop-i9-9900ks

画像編集に掛かる時間を計測しています。画像のリサイズ、様々なぼかし、シャープなどの典型的な編集タスクです。ついにCore i9-9900KSの得意分野が見つかりました。RAW現像を考えている方にとってIntel製CPUは優勢です。AMD Ryzen 9 3900Xよりも15%程度高性能です。Core i9-9900Kよりも10%性能が上がっています。

7 zip

zip7zip-i9-9900ks

Zipファイルの圧縮及び解凍速度を計測しています。圧縮についてはRyzen 7 3700XやCore i9-9900KSが優勢です。一方、解凍についてはRyzen 9 3900Xが頭一つ抜きん出ています。AMDがやや優勢だと言えます。Core i9-9900Kとの差は12%です。

FarCry 5

farcry5farcry5-i9-9900ks

ゲーミング用途ではIntelが圧倒しています。Core i9-9900KSはトップに君臨しているCPUです。フラグシップモデルだったCore i9-9900Kと比較してさらに10%スコアが伸びています。Ryzen 9 3900Xは、Core i7-9700Kにも劣る結果となりました。

Metro Exodus

Metro Exodusmetroexodus-i9-9900ks

Metro Exodusではややイレギュラーな形になっています。Core i7-9700Kがトップとなっています。Core i9-9900KSとの差は2%です。Core i9-9900とほぼ同等です。

Core i9-9900KSの消費電力&温度

消費電力

watt-i9-9900ks

Core i9-9900KSはやはり消費電力が高いですね。Core i9-9900Kと比較してゲームプレイ時で6%、マルチスレッドでは38%程度高くなっています。Ryzen 9 3900Xに匹敵する消費電力の高さは気になるところです。発熱対策は必ず行う必要があります。

温度

tempareture-i9-9900ks

稼働時の温度については上記のとおりです。消費電力の高さがそのまま温度に反映されています。


Core i9-9900KS搭載のおすすめBTOパソコン

LEVEL-R040-LCi9K-TWA(パソコン工房)

level-r価格:204,980円
CPU:Core i9-9900KS
GPU:GeForce RTX 2070 Super
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB NVMe対応
HDD:2TB



RTX 2070 Super搭載のゲーミングPCです。メモリ16GB、SSD 500GB、HDD 2TBと充実の構成となっています。もちろんゲームプレイだけではなく動画編集などクリエイター向けの用途でも通用する一台です。今後価格はもう少し下がるでしょう。急ぎでないなら待つのも一つです。

FRGHZ390/B(フロンティア)

frontiergh価格:214,800円
CPU:Core i9-9900KS
GPU:GeForce RTX 2070 Super
メモリ:DDR4 16GB
SSD:1TB NVMe対応
HDD:2TB



フロンティアのGHシリーズからも搭載モデルが販売されています。RTX 2070 Super搭載の高パフォーマンスゲーミングPCです。背面配線、サイドクリアガラスとワンランク上のモデルです。また、構成も充実していてSSD 1TB、HDD 2TBのダブルストレージが強力です。これだけの容量があればカスタマイズは不要でしょう。

GALLERIA ZZ(ドスパラ)

galleriaxj価格:279,980円
CPU:Core i9-9900KS
GPU:GeForce RTX 2080 Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:1TB NVMe対応
HDD:非搭載



ドスパラの最上位モデルのGALLERIA ZZについてはキャンペーン実施中でCore i9-9900KからCore i9-9900KSへアップグレードされています。グラフィックボードにはRTX 2080 Tiを採用しています。このモデルについてはゲーミング用途に最適です。4K解像度にも対応できる高いパフォーマンスを持っています。メモリ16GB、SSD 1TB NVMe対応と充実の構成です。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Intel最高峰のCPU「Core i9-9900KS」の性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しました。スペシャルエディションというだけあって高いパフォーマンスを持つCPUです。全コア稼働でも5.0GHzを達成する唯一のモデルということで注目されています。Core i9-9900Kと比較して10%パフォーマンスが向上しています。ただし、消費電力も高くなっているため発熱対策は必須です。ゲーミング用途においてトップに君臨します。クリエイター用途ではRyzen 9 3900Xに劣るものの十分な性能を持っていると言えます。

搭載モデルについてはすべてグラフィックボード搭載となっているため高価です。価格を抑えたいならパソコン工房の「LEVEL-R040-LCi9K-TWA」やフロンティアの「FRGHZ390/B」がおすすめです。RTX 2070 Super搭載モデルのため手頃です。クリエイターの方必見だと言えます。

今手に入る最高峰のゲーミングPCを購入したいならドスパラの「GALLERIA ZZ」がおすすめです。グラフィックボードにはRTX 2080 Tiを搭載し4K解像度にも対応できるパフォーマンスを発揮します。CPUとグラフィックボード共にフラグシップモデルでバランスも良好です。予算を掛けられるなら選択しておいて失敗はしないでしょう。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-9700、 i7-8565U等
gpu

GTX1650, GTX1050Ti等

ベンチマークテスト環境

グラフィックボードGeForce RTX 2080 Ti
マザーボードX570
メモリ2x8 GB DDR4 3200
電源ユニット1200 Watt Platinum Certified Corsair AX1200i
ソフトウェアWindows 10 64-bit
ディスプレイDell 3007WFP
ASUS PQ321 native 4K UHD Monitor
データ参照サイト:Intel Core i9-9900KS Review (Techpowerup)