amdryzenchip画像引用元:https://www.amd.com/en/ryzen

管理人管理人

当記事では、「Ryzen 5 3500Uの性能スペックと搭載BTOノートパソコン」を紹介しています。モバイル向けRyzenシリーズは2019年始めに販売開始となりました。搭載BTOパソコンが増えてきたのは夏から年末に掛けてと少し出遅れた印象を受けます。

競合となるのはIntel Core i5-1035G1/Core i5-8265Uとなります。これらのCPUとの性能を比較しながらRyzen 5 3500Uの実力を紐解いていきます。

Ryzen 5 3500Uの基本スペック

世代ノート向け第2世代
開発コードPicasso
コア/スレッド数4 / 8
クロック周波数2.10 GHz
ブーストクロック3.70 GHz
内蔵グラフィックスRadeon Vega 8 Graphics
TDP15W
発売日2019年1月7日
価格-

Ryzen 5 3500Uのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
×
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
ノート向けのCPUとしては標準的な性能となっています。モバイルモニターを利用してのデュアル環境の構築や動画視聴ならお手の物です。ライトユーザーの方なら性能不足になることはないと思います。動画編集やRAW現像になるとやや重く感じてしまったり、カクカクしてしまったりということも起こり得ます。負荷の軽い動画編集やRAW現像のみ対応することが可能です。ゲームプレイに関しては対応できないに近いです。ノート向けならHシリーズを選択する必要がありますね。

Ryzen 5 3500Uのスペック比較

 Ryzen 5 3500URyzen 7 3700URyzen 5 2500U
コードネームPicassoPicassoRaven Ridge
プロセス12nm12nm14nm
コア/スレッド4/84/84/8
ベースクロック2.1GHz2.3GHz2.0GHz
ターボクロック3.7GHz4.0GHz3.6GHz
L3キャッシュ4MB4MB4MB
内蔵GPURasdeon Vega 8Rasdeon Vega 10Rasdeon Vega 8
TDP15W15W15W
単体価格---
搭載PC価格55,176円~76,450円~-
Ryzen 5 3500Uのスペックについて見ていきましょう。比較対象がある方がスペックがわかりやすいと思いますので、旧世代のRyzen 5 2500Uと現行モデルの上位のRyzen 7 3700Uをピックアップしました。Ryzen 5 2500Uと比較するとコードネーム及びアーキテクチャが変わっています。

今回のアーキテクチャではプロセスが14nm→12nmへと縮小化されました。これによってパワー効率の向上及び省電力性に磨きが掛かります。プロセス(コア部分)が小さくなるとその分たくさんのトランジスタを搭載することができるからです。ベースクロック及びターボクロックはわずか0.1GHzのアップに留まりますが、プロセスなどアーキテクチャが進化したことで性能差は大きいです。

上位のRyzen 7 3700Uとの違いはクロック周波数及び内蔵GPUの性能となっています。より負荷の高い作業を行いたいと考えているユーザーにおすすめです。Core i7-8565Uよりも高いパフォーマンスを持っています。

Ryzen 5 3500UってどんなCPUなの?

コスパが高くオールラウンドな性能を持つ

Ryzen 5 3500Uは、コストパフォーマンスが高くオールラウンドな性能を持つCPUです。デスクトップ向けのCPUでも真ん中のRyzen 5シリーズはコスパが高くなる傾向にあります。性能的にはIntel Core i5-8265Uと同等のパフォーマンスを持ちます。

Intel第十世代CPUが登場したことでRyzen 3000シリーズの目新しさは薄れてしまいました。それでも第三世代Ryzenシリーズ(Ryzen 5 4500Uなど)の発売も控えていますので今後のAMDの動きに注目です。本格的にAMDがモバイルCPUにも参入しています。どうしてもデスクトップ向けのRyzenの知名度の方が高いです。

Radeon Vega 8を搭載している

Ryzen 5 3500UではCPU内蔵グラフィックスにRadeon Vega 8を搭載しています。CPU内蔵グラフィックスとしては性能が高くIris Plus(Intel第十世代CPU内蔵グラフィックス)と同等以上です。IntelもAMD同様CPU内蔵GPUの性能を引き上げています。

今後もこの流れは続いていくものと思いますが、消費電力の制約が出て来てしまうためいつかは頭打ちになるでしょう。ゲームプレイなどはまだまだ厳しいのが現状です。Photoshopなどで比較的負荷の軽い作業を行う方には魅力的だと言えるかもしれません。

ノート向けCPUも第2世代からラインナップが増えてきた

ノート向けRyzenシリーズには第1世代もあります。Ryzen 5 2500Uなどのいわゆる2000シリーズですね。型番がずれているのは気にしないようにしましょう。発売のタイミングによるものです。

第1世代の時はそれほど各メーカーから搭載モデルが販売されていませんでした。第2世代になってLenovoなど多くのBTOメーカーから販売されるようになっています。第3世代Ryzenシリーズも控えていて期待が高まります。

ベンチマークでわかるRyzen 5 3500Uの性能!

Cinebench R20

cpuRyzen 5 3500U-cinebenchr20

Ryzen 5 3500Uは、Core i5-8265Uよりも2,3%高いマルチスレッド性能を持っています。シングルスレッド性能では劣るもののこれはクロック周波数が少ないことによるものです。アプリケーションの多くはマルチスレッド性能が重要となるため性能では上回っていると考えて良いと思います。第十世代のCore i5シリーズには完敗という結果になっています。これは第三世代Ryzenが対抗馬となります。

Handbrake

dougahensyuuRyzen 5 3500U-handbrake

動画のエンコード速度を計測しています。Cinebench R20と同等の結果だと言えます。Core i5-8265Uより4,5%性能が向上しています。やはり第十世代よりはわずかながら劣っています。

Ryzen 5 3500U搭載のおすすめBTOノートパソコン

mouse X5-B(マウスコンピューター)

lenovo-jp-ideapad-s540-14-gallery-0426-2価格:89,800円
CPU:Ryzen 5 3500U
GPU:Radeon Vega 8グラフィックス
メモリ:DDR4 8GB
SSD:256GB
HDD:非搭載



マウスコンピューターの人気モデルです。Ryzen 5 3500U搭載モデルとしてコスパが高い一台となっています。メモリ8GB・SSD 256GBと構成も十分でしょう。赤色の本体がオシャレです。狭額縁デザインを採用していて視認性が高いです。外出先でも快適に作業を行えます。本体の重量がわずか1.4kgと軽く持ち運びに適しています。女性の方でも気軽に持ち運びができると思います。

Lenovo Ideapad S540 – ミネラルグレー(Lenovo)

lenovo-jp-ideapad-s540-14-gallery-0426-2価格:55,176円(税込み)
CPU:Ryzen 5 3500U
GPU:Radeon Vega 8グラフィックス
メモリ:DDR4 8GB
SSD:256GB
HDD:非搭載



Ryzen 5 3500U搭載のBTOノートパソコンとして最安値クラスです。スタイリッシュで使う場所を選ばないデザインが魅力です。最大10時間もの長時間駆動が実現しています。税込み5万円台で購入できるのは嬉しいですね。メモリ8GB、SSD 256GBと一般的なユーザーなら満足できるスペックだと思います。動画視聴、ビジネス、デザインなどで活用できます。負荷の軽いものであれば動画編集などにも対応可能です。

Lenovo Ideapad C340 – プラチナ(Lenovo)

Lenovo Ideapad C340価格:56,925円(税込み)
CPU:Ryzen 5 3500U
GPU:Radeon Vega 8グラフィックス
メモリ:DDR4 8GB
SSD:256GB
HDD:非搭載



Ideapad S540よりも機能性の高いノートパソコンです。利用シーンに合わせてラップトップモード、テントモード、スタンドモード、タブレットモードなどを選択できます。約1時間の充電で最大80%の充電ができる高速充電に対応しています。オールラウンドに使えるノートパソコンだと言えます。

HP ENVY x360 13 スタンダードモデル(HP)

HP ENVY x360 13sstandard価格:76,500円(税抜)
CPU:Ryzen 5 3500U
GPU:Radeon Vega 8グラフィックス
メモリ:DDR4 8GB
SSD:256GB
HDD:非搭載



Ryzen 5 3500U搭載モデルとしてはやや高めの価格設定となっています。高級感のあるデザインが人気です。耐久性が高く持ち運びにも適しています。タブレットモードやテントモードなど自由に使うことが可能です。構成的には標準的で一般的なユーザーなら十分ですね。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Ryzen 5 3500Uの性能スペック及び搭載BTOパソコンについて解説しました。性能的にはIntel Core i5-8265Uと同等です。動画視聴、WEBデザイン、ビジネスなど幅広い用途に活用できる高コスパCPUとなっています。ノート向けのCPUとしては標準的です。過度な期待をしなければおすすめしやすいです。

意外とBTOパソコンの選択肢が多いです。それだけ選ばれやすい性能だと言えます。価格重視でいくなら最安値クラスの「Lenovo Ideapad S540」がおすすめです。税込み55,176円という価格は魅力的です。マルチに使いたいと考えている方はタブレットモードなどもできるLenovoの「Ideapad C340」や「ENVY x360 13 スタンダードモデル」がおすすめです。HP ENVYは価格が高いだけあって高級感のあるデザインを採用しています。いずれのモデルでもメモリやストレージ容量は同じです。状況に合わせてカスタマイズすると良いでしょう。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume