videocard

管理人管理人

当記事では、「グラフィックボードとは何か」について解説しています。通称グラボは、一般的な用途では特に考えることのないパーツですが基礎知識として読んでみてくださいね。ここではNVIDIAのGeForceを中心に基本的なことをまとめています。初心者の方でも理解しやすいと思います。

グラフィックボードの概要

グラフィックボードって何?

グラフィックボードとは、3D映像をモニターに映し出すパーツのことです。その他、グラボ、GPU、ビデオカード等と呼ばれることもあります。仕組み的には映像の情報を電気的信号に変換してそれらをモニターに送ります。そしてモニターがグラフィックボードの信号を受け取り、カラフルな画像に変換します。

また、グラフィックボードは単体で一つのパソコンだと考えることができます。CPUのように計算処理を行っているためです。正確なグラフィックイメージを生み出すことは数学的に量の多いタスクになります。3Dイメージにおいてそれぞれのフレームが数百回にも及ぶ計算をすることになります。通常コンピューターのCPUは他の処理に使用されるので、GPUが代わりにこの計算処理を行っています。グラフィックボードには、映像処理に特化したプロセッサーであるGPUと呼ばれるチップが搭載されています。

グラフィックボードの役割

gamedeveloper
グラフィックボードの役割はただ一つです。すでに書いた通り、パソコンのプロセッサー(CPU)から3D映像データを取り出し、モニターに映し出すことです。通常マザーボード本体にグラフィックチップが搭載されているので、一般的な使用においてグラフィックボードを別途搭載する必要はありません。意外と知られていませんが、Youtubeなどの動画は2Dなのでグラフィックボードがなくても表示させることが可能です。

ただし、機能は基本的なものなので、使用用途によっては不十分なことがあります。例えば、最新のゲームやWEBデザイン、3D CAD等のアプリケーションを使用する方にとっては最新のグラフィックボードを搭載する方が良いでしょう。これらのグラフィックボードは、マザーボードに取り付けることができて、より早い映像処理をしたりより画質の良い映像を映し出したりすることが可能になります。

もう一つの役割として、多くのモニターを使用したいのであればグラフィックボードが必須となります。単純にモニターと繋ぐコネクタの数を増やすことができるので、複数のモニターを接続することが可能となります。トレーダーの方やプログラマーの方で利用されている方は多いでしょう。例えば、トレーダーの方は複数のモニターで取引をしているイメージはありませんか?

現在使用しているグラフィックボードの調べ方

今あなたが使用しているグラフィックボードが何かわからないという方向けに搭載グラフィックボードの調べ方について解説しています。慣れない言葉が出てきますが、行うこと自体は何も難しくありません。とても簡単なのでぜひ一度試してみてくださいね。今後パソコンを購入するときにも役立ちます。

  1. ”スタート”から検索窓に「dxdiag」と入力して、コマンドの実行を入力します。
  2. dxdiag

  3. ”ディスプレイ”タブを選択して、チップの種類を選択します。
  4. gurabo

グラボと他のパーツとの関係

グラフィックボードは、パソコンの他のパーツとも密接に関わり合っています。それぞれ詳細を見ていきましょう。

マザーボードとの関係

motherboard
グラフィックボードは、標準的なマザーボードのスロットであるPCI、AGP、PCI-Express等に取り付けることができます。スロットの種類によってグラフィックボードの処理能力が異なります。

このPCI Expressが最速で1秒間に7.8GBの情報を送ることができます。この分野に関しては技術の進歩が早いので今後より基準が高くなると考えられます。

マザーボードによっては、2枚以上のグラフィックボードを搭載することができる拡張スロットが用意されています。2枚のグラフィックボードを挿すことをSLI(NVIDIA)やCrossfireX(AMD)と呼びます。より高い映像処理能力を手に入れることが可能となります。

モニターとの関係

monitor
グラフィックボードには、複数のモニターケーブルのためのコネクターがあります。モニターとつないで始めてグラフィックボードとしての役割を果たすことができます。

モニターには、たくさんの異なるケーブル基準があります。例えば、VGA、HDMそしてDVI等です。最近はコンピュータのモニターはDVIを使用することが一般的で、1,920×1,080ピクセルの解像度まで対応しています。最新のグラフィックボードにも当然DVIコネクターが付帯されています。

補足:グラフィックボードメモリ(VRAM)について

グラフィックボードのGPUは自身のメモリ、通称GPUメモリを持っています。GPUが映像を映し出す時に映像データ尾を一時的に保持する役割を果たしています。グラフィックボードは、メインのプロセッサーとメモリーを共有する必要がなくなるので、VRAMのおかげでパソコン全体の性能向上に貢献します。

PCは、毎秒数百万倍都の映像データを処理する必要があります。そのためVRAMは処理速度が早く高性能となっていて標準的なメモリに比べて高価です。一般的にGPUメモリの容量が多ければ多いほど多くのデータを保持することができますので、処理能力が高いと言えます。特に最新のグラフィックボードでは4GB以上、高性能モデルだと6GBや8GBのものが増えています。

関連記事:GPUメモリ(VRAM)とは?

BTOパソコンにおけるグラフィックボード

gurabo
BTOパソコンにおけるグラフィックボードは様々です。オンボード(CPU搭載のチップ)のものもあれば、最新のグラフィックボードを搭載したものもあります。一般的な用途ではオンボードで十分可能です。当然オンボードの方が価格は安いです。

外付けのグラフィックボードが必要になるのは、3Dゲームをプレイしたり、CADや一部のアプリケーションを使用したりする時です。ゲーム用であればNVIDIA製のGeForceやAMD製のRadeonが搭載されています。一方、CAD等クリエイター用のものであればNVIDIA製の「クリエイター向けグラフィックボードQuadro」が搭載されています。Quadro製は非常に高価で中には50万円を超えるものもあります。

グラフィックボードの有無や搭載グラフィックボードの種類は、あなたのパソコンの利用環境に応じて選択するのが望ましいです。各社のグラフィックボードについて簡単に紹介しています。上から高性能順になっています。

NVIDIA製GeForce

  • GTX1080Ti
  • GTX1080
  • GTX1070Ti
  • GTX1070
  • GTX1060
  • GTX1050Ti
  • GTX1050

AMD製Radeon

  • RX 580
  • RX 470
  • RX 460

NVIDIA製Quadro

  • Quadro P6000
  • Quadro P5000
  • Quadro P4000
  • Quadro P2000
  • Quadro P1000
  • Quadro P600
  • Quadro P400

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、グラフィックボードとは何かについて解説しました。あなたが必要とする情報を見つけることはできましたか?ご意見・ご要望があればコメント欄あるいはお問い合わせフォームからご連絡いただければと思います。

グラフィックボードは、主に3D処理を行うのに必要なパーツです。例えば、3Dゲームをプレイしたり、CADを使用したりする場合に必要になります。Wordを使ったり、Youtubeを視聴したりするぐらいであればCPU搭載のものでも十分カバーすることができます。

合わせて読みたい記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-8700、 i7-8550U等
gpu

GeForce GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume