videocard

管理人管理人

当ページでは、GPUメモリについて解説しています。VRAM(ビデオメモリー)などと呼ばれることもあります。パソコンに一般的に搭載されているシステムメモリ(RAM)とは異なりますので、その違いについても詳しく解説していきます。グラフィックボード搭載のBTOパソコンの購入を検討中の方はぜひ読んでみてくださいね。できる限り難しい言葉を使わないように意識して書いています。

GPUメモリ概要

GPUメモリとは?メインメモリとの違いは?

GPUメモリとは、グラフィックボードに搭載されているメモリのことです。主な役割は、テクスチャや他のグラフィック画像を一時的に保存することです。容量が多いとたくさんのデータを保存することができ、ゲームプレイにおいてスムーズな描写が可能となります。

情報の流れとしてはGPU⇔SSD/HDDとするよりも、高速に情報処理を行えるGPUメモリを挟んでGPU⇔GPUメモリ⇔SSD/HDDとする方が効率的だというわけです。特に最新のタイトルではグラフィックが綺麗になり情報量が多くなっているので、GPUメモリが重要な役割を果たします。

パソコンには、RAMと呼ばれるメインメモリが搭載されています。メインメモリ(RAM)は、一般的なデータの保存に活用されます。GPUメモリは主にグラフィックに関する情報を保存するのでこの点で異なると言えます。

GPUメモリ使用量の確認方法

gpumemorysyouhi

GPUメモリの使用量は、タスクマネージャーの”パフォーマンスタブ”をチェックしましょう。使用率の項目をみればどのぐらい使用されているか確認できます。専用GPUメモリはグラフィックボード搭載のGPUメモリ、共有GPUメモリはGPUメモリの役割を担うことのできるメインメモリ(RAM)のことです。そしてこれら二つのメモリ容量を合わせたものがGPUメモリとなります。

GPUメモリ容量一覧

型番GPUメモリ容量
GTX1080Ti11GB
GTX10808GB
GTX1070Ti8GB
GTX10708GB
GTX1060 6GB6GB
GTX1060 3GB3GB
GTX1050Ti4GB
GTX10502GB
GT10302GB
GTX980TI6GB
GTX9804GB
GTX9704GB
GTX9602GB
GTX9502GB
現行のGT10シリーズ及び前世代のGT900シリーズのグラフィックボードのVRAMをまとめています。これから購入しようと考えている方はぜひ参考にしてくださいね。こうして見るとGPUメモリ容量は明らかに増えていることがわかります。例えば、GTX970のGPUメモリ容量は4GBですが、GTX1070になると8GBと倍増しています。これが時代の流れだと考えて良いですね。やはり長い目で見ると6GB以上あると安心です。

基本的にグラボ性能>GPUメモリ容量で考える

どのぐらいGPUメモリが必要なのかというのが用途によって異なります。一般的な使用では最低2GBを基準に考えると良いですね。一般的な使用とは、フルHD環境下でのゲームプレイやPhotoshopや3D CAD(小規模なモデル)を想定しています。

ただ、基本的にGPUメモリを基準に考えるというよりはグラフィックボード単体の性能を重視する方が現実的です。性能が高いグラフィックボードの方が大容量のGPUメモリを搭載していますので、気にしなくても必然的に十分な容量を持つことになるからです。GPUメモリの容量が非常に重要だと考えられてしまうことがありますが、実際は容量が多いからといって性能が高いわけではありません。

例えば、4K解像度でのゲームプレイにおいては必要となるGPUメモリ容量も大きくなります。しかし、そもそも4K解像度でのゲームプレイをするのであればGTX1060(GPU容量6GB or 3GB)では性能不足になります。GPU容量が不足しているという以前にグラフィックボードの性能が十分ではないので、理論上GPUメモリの使用率が一杯になることはないのです。参考までに用途別に必要なGPUメモリ容量と必要なグラフィックボードをまとめておきます。

用途別に見る必要なGPUメモリ容量

  • Photoshopでの3D処理:2GB
  • GTX1050でも問題なく作業を行えます。2GB搭載なので問題ないですね。Photoshopぐらいであれば1GBでも対応できますが、現行モデルでは2GBが最低なのでそう書いています。

  • 3D CADの使用(大規模):8GB
  • 大規模な3D CADモデルを扱うのであればQuadro P2000以下では不十分です。そうなると8GB搭載のP4000以上が選択肢となります。実際ハイエンドなグラフィックボードがないと作業を行えません。

  • 4K解像度以上でのゲームプレイ:8GB
  • 4K解像度でのゲームプレイとなるとGTX1060以下だと性能不足です。すると8GB搭載のGTX1070以上を選択しなければいけません。やはりGPUメモリを基準に考えるというのはナンセンスですね。

GTX1060 6GBと3GBの性能比較

gtx1060hikaku

最後にGTX1060 6GBと3GBの総合性能の比較を紹介しておきます。GTX1060は、現行モデルで唯一2種類の設定があるグラフィックボードです。このグラフを見ていただくとわかりますが、性能差はほとんど関係ないということがわかります。GTX1060はフルHDあるいはそれ以下でのゲームプレイがメインとなりますので、GPUメモリの消費量が3GBでも不足しにくいということが要因だと予想が付きます。このことからGPUメモリの容量よりもグラフィックボード自体の性能を重視するのが良いということになりますね。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、GPUメモリ(VRAM)とは何かについて解説しました。GPUメモリは、グラフィックなどの画像情報を一時的に保存するパーツのことです。いわゆるシステムメモリであるRAMとは、扱う情報が異なります。グラフィックボードに搭載されているので、画像情報に関係するとイメージしやすいと思います。

さて、このGPUメモリですがゲームや3D処理においてどのぐらいの容量が必要なのかと議論されることがあります。しかし、実は容量よりもグラフィックボード自体の性能が重要なのです。大容量のGPUメモリが必要なのであれば、それは高性能なグラフィックボードが必要であることを意味します。そうなると必然的にGPUメモリ容量も多くなりますので、容量不足に悩むことはないでしょう。

基本的には行いたい作業について、必要なグラフィックボード性能を基準に考えることで全て解決します。