videocard

管理人管理人

当ページでは、GPUメモリについて解説しています。GPUメモリはグラフィックボードに搭載されているメモリのことです。VRAM(ビデオメモリー)などと呼ばれることもあります。パソコンに一般的に搭載されているシステムメモリ(RAM)とは異なりますので、その違いについても詳しく解説していきます。

GPUメモリ容量は特にゲームプレイ・3D CAD・WEBデザインなど負荷の高い用途において重要です。グラフィックボード搭載のBTOパソコンの購入を検討中の方はぜひ読んでみてくださいね。できる限り難しい言葉を使わないように意識して書いています。

GPUメモリ概要

GPUメモリとは?メインメモリとの違いは?

GPUメモリとは、グラフィックボードに搭載されているメモリのことです。主な役割は、テクスチャ(背景画像)や様々な他のグラフィック画像を一時的に保存することです。システムメモリのグラフィックス版と考えると良いですね。GPUメモリ容量に余裕があるとたくさんのデータを保存することができ、ゲームプレイにおいてスムーズな描写が可能となります。

情報の流れとしてはGPU⇔SSD/HDDとするよりも、高速に情報処理を行えるGPUメモリを挟んでGPU⇔GPUメモリ⇔SSD/HDDとする方が効率的だというわけです。特に最新のゲームではグラフィックが綺麗になり情報量が多くなっているので、GPUメモリが重要な役割を果たします。また、4K解像度など高解像度ファイルの取り扱いが増えたことでより重要になっています。

パソコンには、RAMと呼ばれるメインメモリが搭載されています。メインメモリ(RAM)は、一般的なデータの保存に活用されます。GPUメモリは主にグラフィックに関する情報を保存するのでこの点で異なると言えます。また、GPUメモリはシステムメモリよりも高速でかつアクセスがしやすく、より広いバンド幅を持っているという特徴を持っています。役割は似ているのですが、取り扱うデータが異なるということです。

GPUメモリ使用量の確認方法

gpumemoryyouryou

GPUメモリの使用量は、タスクマネージャーの”パフォーマンスタブ”をの下部の数値をチェックしましょう。使用率の項目をみればどのぐらい使用されているか確認できます。

専用GPUメモリはグラフィックボード搭載のGPUメモリ、共有GPUメモリはGPUメモリの役割を担うことのできるメインメモリ(RAM)のことです。そしてこれら二つのメモリ容量を合わせたものがGPUメモリとなります。基本的には専用GPUメモリが重要です。

GPUメモリ容量一覧

型番GPUメモリ容量
RTX3090Ti24GB
RTX309024GB
RTX3080Ti12GB
RTX308010GB
RTX3070Ti8GB
RTX30708GB
RTX3060Ti8GB
RTX306012GB
RTX30508GB
GTX1660Ti6GB
GTX1660 Super6GB
GTX16606GB
GTX1650 Super4GB
GTX16504GB
GT10302GB
GT 7102GB
現行のRTX 30シリーズ及び旧世代のGTX 16シリーズ・GT 700シリーズのグラフィックボードのVRAMをまとめています。これから購入しようと考えている方はぜひ参考にしてくださいね。過去のグラフィックボードと比べるとGPUメモリ容量は明らかに増えています。

例えば、GTX 10シリーズでは2GBが最低クラスでしたが、GTX 16シリーズになると倍増の4GBとなっています。RTX 30シリーズでは8GBです。これが時代の流れだと考えて良いですね。用途にもよりますが、長い目で見ると6GB以上あると安心です。型番+GPUメモリ容量をあわせて検討してみましょう。参考までに用途別に必要なGPUメモリ容量と必要なグラフィックボードをまとめておきます。

用途別に見る必要なGPUメモリ容量

  • Photoshopでの3D処理:2GB
  • GTX 1650やGT 1030でも問題なく作業を行えます。いずれも2GB搭載なので問題ないですね。Photoshopぐらいであれば1GBでも対応できますが、現行モデルでは2GBが最低なのでそう書いています。

  • 3D CADの使用(大規模):8GB
  • 大規模な3D CADモデルを扱うのであればQuadro P2000以下では不十分です。そうなると8GB搭載のQuadro P4000以上が選択肢となります。実際ハイエンドなグラフィックボードがないと作業を行えません。

  • FULL HD環境でのゲームプレイ:3GB
  • FULL HD環境でのゲームプレイが中心なら最低3GBのGPUメモリ容量が必要となります。できれば6GB以上あると安心できると思います。

  • 4K解像度以上でのゲームプレイ:8GB
  • 4K解像度でのゲームプレイとなるとRTX 3070以上が好ましいです。RTX 3060は12GBを搭載していますが、これは上位モデルとの差別化のために192 bitのメモリを採用したため12GBを搭載せざるを得なかったのです。グラフィックス処理性能的にはRTX 3060 TiやRTX 3070とはワンランク以上落ちます。

基本的にグラボ性能>GPUメモリ容量で考える

どのぐらいGPUメモリが必要なのかというのが用途によって異なります。一般的な使用では最低2GBを基準に考えると良いですね。一般的な使用とは、フルHD環境下でのゲームプレイやPhotoshopや3D CAD(小規模なモデル)を想定しています。多くのユーザーにとってそれほどのGPUメモリ容量はいらないということえです。

基本的にGPUメモリを基準に考えるというよりはグラフィックボード単体の性能を重視する方が現実的です。性能が高いグラフィックボードの方が大容量のGPUメモリを搭載していますので、気にしなくても必然的に十分な容量を持つことになるからです。GPUメモリの容量が非常に重要だと考えられてしまうことがありますが、実際は容量が多いからといって性能が高いわけではありません。

例えば、4K解像度でのゲームプレイにおいては必要となるGPUメモリ容量も大きくなります。しかし、そもそも4K解像度でのゲームプレイをするのであればGTX1660 Super(GPU容量6GB)では性能不足になります。GPU容量が不足しているという以前にグラフィックボードの性能が十分ではないので、理論上GPUメモリの使用率が一杯になることはないのです。

RTX 3080 12GBと10GBのスペック比較

 RTX 3080 12GBRTX 3080 10GB
コードネームAmpereAmpere
GPUGA102GA102
プロセス8nm8nm
トランジスタ数283億283億
ダイサイズ628 mm²628 mm²
SM数7068
CUDAコア8,9608,704
RTコア7068
Tensorコア280272
ベースクロック1260 MHz1440 MHz
ブーストクロック1710MHz1710MHz
メモリ容量12GB10GB
メモリ規格GDDR6XGDDR6X
メモリクロック19 Gbps19 Gbps
メモリバス384 bit320 bit
メモリ帯域幅912.4 GB/s760.3 GB/s
TDP350W320W
公式価格$799$699
発売日2022/01/112020/09/17
Ampere世代の80番台であるRTX 3080にはGPUメモリ容量が異なる2種類のモデルが用意されています。ただし、スペックを見ると分かる通りGPUメモリ容量が12GBと10GBと異なる以外にCUDAコア数やメモリ周りも異なります。特にメモリ周りは大幅に強化されています。性能差は5%-10%程度です。

つまり、GPUメモリ容量だけで性能が大きく変わるということはなく、やはりCUDAコアやメモリ周りが重要ということです。これはPascal世代のGTX 1060 6GB/3GBでも当てはまります。もちろんグラフィックス周波数も重要です。CUDAコアが増えた分だけベースクロックは12%程度抑えられていますが、ブーストクロックは1710MHzが維持されています。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、GPUメモリ(VRAM)とは何かについて解説しました。GPUメモリは、グラフィックなどの画像情報を一時的に保存するパーツのことです。いわゆるシステムメモリであるRAMとは、扱う情報が異なります。グラフィックボードに搭載されているので、画像情報に関係するとイメージしやすいと思います。

さて、このGPUメモリですがゲームや3D処理においてどのぐらいの容量が必要なのかと議論されることがあります。しかし、実は容量よりもグラフィックボード自体の性能が重要なのです。大容量のGPUメモリが必要なのであれば、それは高性能なグラフィックボードが必要であることを意味します。

そうなると必然的にGPUメモリ容量も多くなりますので、容量不足に悩むことはないでしょう。基本的には行いたい作業について、必要なグラフィックボード性能を基準に考えることで全て解決します。

合わせて読みたい記事一覧

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-12700、Core i5-1240P等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等