mouse X5

管理人管理人

当記事では、マウスコンピューターの「mouse X5」のレビューを行っています。当該モデルは15.6インチのオーソドックスなノートパソコンです。シルバーの本体は使う人や場所を選びません。

CPUには高パフォーマンスなCore i7-10510Uを搭載していてビジネスから趣味まで幅広く利用することができます。非常に出来の良いノートパソコンで人気モデルになること必至です。

mouse X5のスペック

mouse X5

>>>>>mouse X5を購入する<<<<<

価格109,800円
液晶サイズ15.6インチ
重量約1.39kg
バッテリー駆動時間約20.5時間
CPUCore i7-10510U
グラフィックボードIntel UHD グラフィックス
メモリ8GB
SSD256GB
HDD非搭載
おすすめ度★★★★★★★★★☆
税抜109,800円と手頃な価格が特徴です。15.6インチのノートパソコンです。重量は約1.39kgと軽めです。バッテリー駆動時間が20時間を超えているのは素晴らしいですね。CPUには省電力モデルのCore i7-10510Uを搭載していて幅広い用途で使用することができます。メモリ8GB、SSD 256GBと構成も十分だと思います。おすすめ度は★9つです。14.0インチモデルと比べると利便性に劣るため★1つダウンとなっています。

mouse X5のおすすめカスタマイズ

mouse X5はデフォルトの状態でもある程度完成されたモデルだと言えます。ここではもう少し使い勝手が良いモデルに仕上げるためのおすすめカスタマイズについて紹介しています。予算に余裕がある方はぜひ検討してみてください。

翌営業日出荷サービス

mouse X5yokueigyou

通常の納期は3営業日出荷となっています。+2,000円を支払うと翌営業日出荷となります。うまくいけば購入してから2日後に手元に届くことになります。少しでも早くパソコンが欲しいという方には魅力的な内容だと思います。

私も必ず翌営業日出荷のオプションを選択します。なお、13時までの注文確定が条件となっています。それ以降に購入してしまうと翌々営業日の出荷となりますので注意してくださいね。

メモリ

mouse X5memory

+8,800円でメモリ容量を倍の16GBにアップグレードすることができます。メモリ容量が増えるとPC作業に余裕が生まれます。動画編集やRAW現像など負荷の掛かる作業を中心に行いたいと考えている方は必見です。価格以上の価値があると言えます。

SSD (M.2)

mouse X5ssd

SSDの規格をアップグレードすることができます。体感できるかどうかといわれると難しいですが、わずか2,800円で上位のNVMeに変更できるのであれば選択する価値があります。容量を重視したいなら512GBを選択すると良いでしょう。外部ストレージやクラウドストレージと合わせると十分だと思います。

mouse X5のおすすめ用途

デイトレ動画視聴実況CADDTMマンガ デザイン
kabufx
dougahaisin
gamejikkyouwomen
cad


webdesign
RAW現像動画編集Skype動画投稿ビジネスゲームデュアル

video_hensyu
tvdenwa
youtubervirtual
businessperson
gamedeveloper
dulamonitor
CPUにCore i7-10510Uを搭載していることから適応力は高いです。デイトレ、動画視聴、Skype、ビジネス、デュアル環境の構築は余裕があります。DTM、マンガ制作、WEBデザイン、RAW現像などもある程度対応することができます。動画編集や動画投稿など負荷の高い作業でも問題ありません。

極端に負荷が高いファイルでなければ対応できます。グラフィックボードレスモデルのためゲーム実況やゲームプレイは苦手です。これらの用途でのPC使用を想定している方はGTX 1650以上のグラフィックボードを搭載したモデルを選択しましょう。

mouse X5の性能

Core i7-10510U

corei7-10510uperformance

Core i7-10510Uは、省電力モデルのCPUです。ハイパフォーマンスモデルである「H」シリーズには及ばないものの省電力モデルとしては高い性能を持っています。4コア8スレッドと使い切りやすい性能が魅力だと言えます。

動画編集やRAW現像でもマルチコア性能を生かせます。一般的な用途であれば性能不足に悩むことはないと思います。競合のAMD Ryzen 7 3700Uと同等の性能を持っています。対応力の高さが魅力です。

Intel UHDグラフィックス

inteluhdgraphics

当該モデルには外付けのグラフィックボードは搭載されていません。Core i7-10510Uに内蔵されているIntel UHDグラフィックスがその役割を果たします。外付けのグラフィックボードに比べるとパフォーマンスは劣ります。

それでもPhotoshopやIllustratorなど3Dグラフィックスを扱うアプリケーションにも対応することができます。ゲームや3D CADなど極端に負荷の掛かる用途でなければ不便を感じることはないでしょう。

>>>>>mouse X5を購入する<<<<<

mouse X5を選ぶ3つの理由

Core i7-10510U搭載モデルとしてコスパが高いから

mouse X5は、Core i7-10510U搭載モデルとしてコストパフォーマンスが高いノートパソコンです。15.6インチで重さ2.0kg以下でCore i7-10510U搭載モデルに限定すると最安値クラスです。マウスコンピューターはBTOメーカーの中でもノートパソコンに力を入れていますね。

Core i7-10510Uは4コア8スレッドでノート向けCPUとしては性能が高いです。負荷の掛かる作業を行いたいと考えている方なら大きなメリットとなります。できる限りお得な価格で高パフォーマンスなノートPCを購入したいと考えている方は必見です。

希少な15.6インチモニター採用で実用性が高いから

今では珍しくなった15.6インチモニターを採用しているノートパソコンです。シルバーの落ち着いたデザインは使う場所を選びません。持ち運びのしやすさよりも作業のしやすさを重視したい方におすすめです。14.0インチモニターに比べると少し重くなっていますが、それよりもモニターが大きいことで作業のしやすさは大きく向上します。

最近は各BTOメーカーが14.0インチモデルに注力していることから15.6インチ自体が少なくなっています。そのような中でもmouse X5は狭額縁デザインを採用し本体重量も比較的軽いのが特徴です。それなりのコストが掛かっていることがわかりますね。

バッテリー駆動時間が長く仕事でも使いやすいから

驚異的なバッテリー駆動時間の長さが特徴です。なんと最大20.5時間と長く1日中使うことができるほどです。これだけ長ければお仕事で使うのにも最適です。営業や出張など外回り中にPC作業をしたいと考えているビジネスパーソンは必見です。

国内大手メーカーのビジネスパソコンと比べても遜色ありません。なによりも半額程度で購入できるこのモデルは魅力的です。法人として購入するのも良いと思います。最近はマウスコンピューターを法人で使っている企業を見るようになりました。

>>>>>mouse X5を購入する<<<<<

mouse X5の弱み

物理的な制限からHDDを追加できない

mouse X5は本体が薄いためHDDを追加するスペースがありません。搭載できるストレージはSSD 1基のみとなっています。容量を増やすにしてもHDDと比べてコストが掛かってしまうのがデメリットとなります。ストレージ容量を増やしたいならDropboxなどのクラウドサービスを活用するのも良いと思います。

14.0インチモデルと比べて10,000円高い

BTOメーカー全体でみると割安でコストパフォーマンスに優れたモデルです。ただし、同じマウスコンピューターから発売されている14.0インチのmouse X4-i7と比べると1万円高く設定されています。

本体の大きさやバッテリー駆動時間は15.6インチモデルの方が有利ですが、性能的にはどちらも同じものです。少しでも安くノートパソコンを購入したいのであれば14.0インチモデルも検討すると良いですね。

キーピッチが14.0インチモデルと同じ

15.6インチにもかかわらずキーピッチが14.0インチモデルと同等です。人によっては少し窮屈に感じてしまうかもしれません。特に普段デスクトップパソコンを使っている方なら注意してくださいね。デスクトップ用のキーボードと同じ操作感を期待してしまうと裏切れてしまうことになります。

mouse X4-i7と比較

ブランドmousemouse
画像mouse X5mouse X4-i5-E
製品名X5X4-i7
価格109,800円99,800円
液晶サイズ15.6インチ14.0インチ
重量約1.39kg約1.13kg
バッテリー駆動時間約20.5時間約12.0時間
CPUCore i7-10510UCore i7-10510U
GPUIntel UHD グラフィックスIntel UHD グラフィックス
メモリDDR4 8GBDDR4 8GB
SSD256GB256GB
HDD非搭載非搭載
Wi-Fi 6
USB Power Delivery
キーピッチ約18mm約18mm
キーストローク約1.4mm約1.4mm
光学ドライブ搭載不可搭載不可
公式公式公式
同じマウスコンピューターのmouse X4-i7と比較していきます。価格は10,000円安くなっています。液晶サイズは14.0インチと一回り小さいです。その分重量も約1.13kgと20%程度軽くなっています。持ち運びをメインに考えるならX4-i7は魅力的なモデルになるでしょう。

CPU・GPU・メモリ・SSDなど他の項目は共通しています。最新の通信規格であるWi-Fi 6に対応していたり、USB Power Deliveryに対応していたりと実用性も高いです。新しいモデルらしく使い勝手が良いモデルとなっています。

>>>>>mouse X5を購入する<<<<<

mouse X5のケースデザイン

正面

mouse X5syoumen本体サイド部分について狭額縁デザインを採用しています。シルバーの本体で使用する場所を選びません。シンプルなデザインは評価が高いですね。

天板

mouse X5tenban天板にはmouseのロゴが印字されています。本体の裏側には排気口が設けられていて本体内部の熱をしっかりと排出してくれます。

キーボード

mouse X5keyboard一般的なキーボードを採用しています。ノートパソコンではエンターキーが小さくなることがありますが、このモデルについてはデスクトップ向けキーボードと同等で使いやすいです。キーピッチもノートパソコン用キーボードとしては標準的です。

右側面

mouse X5-right本体右側にはUSB 3.0 Type A×1、USB 3.0 Type C×1、HDMI×1、電源端子が配置されています。

左側面

mouse X5-left本体左側にはLANポート、USB 3.0 Type A×1、USB 2.0×1が配置されています。USBポートの数も多く使いやすいですね。

電源

mouse X5dengen電源ケーブルはオーソドックスなものです。バッテリー駆動時間が長いモデルのためそれほど持ち運ぶ機会は多くないでしょう。

>>>>>mouse X5を購入する<<<<<

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、マウスコンピューターの「mouse X5」についてレビューを行いました。最近ではめっきりラインナップが減ってしまった15.6インチノートパソコンです。重さも約1.39kgと比較的持ち運びしやすい重さだと思います。

CPUには省電力が特徴の高パフォーマンスモデルであるCore i7-10510Uを搭載しています。4コア8スレッドとノート向けCPUの中ではトップクラスのパフォーマンスを発揮します。動画編集やRAW現像など負荷の掛かるアプリケーションの使用を想定している方におすすめです。

また、バッテリー駆動時間が約20.5時間と長くなっているのも魅力です。お仕事など出先でPC作業を行いたいビジネスパーソンにもおすすめしやすいです。趣味からビジネスまで幅広く対応できるのはうれしいポイントです。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume