管理人管理人

当記事では、マウスコンピューターの「m-Book K700SN-M2SH5-MGZN」のレビュー及び口コミをまとめています。このモデルは当サイトBTOパソコンマガジンとマウスコンピューターとのコラボモデルです。通常マウスコンピューターで販売されているモデルよりもお得感があります。スペック及びお得さについても詳しく見ていきましょう。ハイクラスのノートパソコンを探している方は必見です。

m-Book K700SN-M2SH5-MGZNのスペック

m-booknote

サイズ15.6インチ
価格99,800円
CPUCore i7-9750H
グラフィックボードGeForce MX250
メモリ32GB
SSD512GB NVMe
HDD1TB
重量約2.1kg
動作時間約7.4時間
備考光学ドライブ無し
おすすめ度★★★★★★★★★★

>>m-Book K700SN-M2SH5-MGZNを購入<<

当該モデルは、15.6インチのノートパソコンです。本体重量は約2.1kgです。価格は税抜99,800円です。CPUにはIntel第9世代のCore i7-9750Hを搭載しています。グラフィックボードにはGeForce MX250です。

メモリ容量32GB、SSD 512GB NVMe、HDD 1TBという構成です。バッテリー駆動時間は約7.4時間となっています。おすすめ度はマックスという評価です。構成を考えるとお得感が大きいモデルだと言えます。

おすすめカスタマイズ

SSD

customizemagazine

+2,560円でより高性能なSAMSUNG製のSSDにアップグレードすることができます。価格が安いため検討してみても良いでしょう。劇的に変わるものではありませんので、過度な期待は禁物です。

破損盗難保証サービス

customizemagazine2

持ち運ぶことの多い方は破損盗難保証サービスがおすすめです。偶発的な事故による破損・損傷、落下などによる破損、水没、盗難などでの損害もカバーしてもらえます。ノートパソコンなら付けておいても良いでしょう。

m-Book K700SN-M2SH5-MGZNの性能

用途別

デイトレ動画視聴実況CADDTMマンガ デザイン
kabufx
dougahaisin

gamejikkyouwomen
cad


webdesign
RAW現像動画編集Skype動画投稿ビジネスゲームデュアル

video_hensyu
tvdenwa
youtubervirtual
businessperson
gamedeveloper
dulamonitor
ノート向けモデルとしては性能が高いモデルです。特にCPU性能についてはデスクトップ向けモデルと比べても遜色ありません。3D CAD・DTM・マンガ制作・WEBデザインなど幅広く対応することができます。エントリークラスながらグラフィックボードが搭載されているのもポイントです。PhotoshopやIllustratorなどでの3Dグラフィックス処理に最適です。ゲームプレイほどになるとやや性能的に厳しいです。クリエイター向けモデルと考えるのが良いと思います。

Core i7-9750H

corei7-9750hseinou

Core i7-9750Hは、第9世代のノート向けハイパフォーマンスモデルです。2019年第二四半期に発売されました。6コア12スレッドと高スペックです。クロック周波数も最大4.50GHzと高めです。後継モデルであるCore i7-10750Hと比べると性能は劣るものの今でも現役で十分通用するCPUとなっています。

性能差が大きいわけではないのでCore i7-9750HからCore i7-10750Hに買い換える必要はないぐらいです。ここ数年はこのクラスは大幅にパフォーマンスが向上するわけではないです。RAW現像や動画編集などで使えるノートパソコンを探している方必見です。

GeForce MX250

mx250seinou

GeForce MX250は、ノート向けのエントリークラスのグラフィックボードです。こちらもCPUと同じくやや古いモデルですが、後継モデルであるMX350やMX450で飛躍的にパフォーマンスが向上しているわけではありません。CPU内蔵グラフィックスよりも僅かに性能が高い程度です。簡単な3Dグラフィックス処理が中心になると思います。ゲームプレイや3D CADなどには対応できないと考えた方が良いです。

>>m-Book K700SN-M2SH5-MGZNを購入<<

m-Book K700SN-M2SH5-MGZNを選ぶ3つの理由

性能に対して販売価格がかなり安いから

当該モデルの最大の特徴は、価格が安くコストパフォーマンスが高いことです。GeForce MX250×i7-9750Hという組み合わせで税抜10万円以下というのは安いです。12,3万年で販売されていてもおかしくありません。性能的にも最新のMX450×i7-10750Hと比べて見劣りすることはありません。

動画編集・画像編集・WEBデザイン・ビジネスなど幅広く対応することができます。特にCPUの末尾にUが付く省電力モデルからの買い替えであればメリットが大きいと思います。価格が限界まで下げられていることを考えるとおすすめ度は高いです。

ダブルストレージなど構成が充実しているから

メモリ32GB、SSD 512GB、HDD 1TBと構成が充実していることも特徴です。メモリ32GBもダブルストレージ採用も他のモデルでは見かけないと思います。特にこの価格帯を考えるとかなり魅力的です。メモリ容量が多ければ動画編集や画像編集など比較的負荷の高い作業でも快適に行なえます。高性能なノートパソコンだからこその嬉しい構成です。

ストレージ総容量も1.5TBと多くたくさんのファイルを保存することができます。動画や画像などパソコンに入れておきたいと考えている方は必見です。SSDだけでも十分な容量ですね。システムを保存していても多少の余裕があります。

15.6インチノートで実用性が高いから

15.6インチノートであることも強みになります。最近の傾向としては14.0インチが多く15.6インチノートパソコンは減少傾向にあります。マウスコンピューターでも主力は14.0インチとなっています。このサイズは持ち運びにはやや不向きなものもカバンがあれば十分持ち運びができます。

液晶モニターが大きく視認性も高いです。また、キーピッチにも余裕がありタイピングがしやすいなど実用性が高いので、作業がメインという方におすすめです。手が大きい男性の方も要チェックです。

>>m-Book K700SN-M2SH5-MGZNを購入<<

m-Book K700SN-M2SH5-MGZNの弱み

モデル的には一世代前とやや古い

モデルとしては少し古いモデルということになります。Core i7-9750Hの発売日は2019年半ばで、GeForce MX250は2019年初めに発売されました。おおよそ一世代前のモデルです。モデルとして古い分価格に反映されているので納得できるのではないでしょうか。また、この性能帯のモデルは最新モデルとの差がそれほど大きくなく古さを感じるわけではありません。価格が安いのであれば十分選択肢に入ると思います。

本体重量が約2.1kgと重い

本体重量が2.0kgオーバーとやや重くなっています。15.6インチノートパソコンでも2.0kgを切るモデルがあることなのでここははっきりとデメリットだと言えます。モデルが古いことのデメリットの一つと言えるかもしれません。

持ち運ぶ機会が多い方は注意してください。特に女性の方だとおすすめしにくいです。2.0kgを超えるとやや持ち運びのハードルが高くなります。リュックサックに入れるのであれば問題はありませんが、ビジネスバッグなどでの持ち運びは困難です。

バッテリー駆動時間が短め

バッテリー駆動時間が約7.4時間とやや短めです。これはこのモデルのデメリットというよりもハイパフォーマンスなCPUを搭載していることのデメリットです。当然性能が上がると消費電力が上がりバッテリー駆動時間が短くなります。バッテリー駆動時間の長さを重視したいなら省電力モデルを選択する方が良いでしょう。もちろんその場合パフォーマンスは劣ってしまいます。

m-Book K700XN-M2SH5と比較

メーカーマウスコンピューターマウスコンピューター
型番m-Book K700SN-M2SH5-MGZN
m-Book K700XN-M2SH5top
m-Book K700XN-M2SH5
m-Book K700XN-M2SH5top
価格99,800円119,800円
液晶サイズ15.6インチ15.6インチ
重量約2.10kg約2.10kg
CPUCore i7-9750HCore i7-9750H
GPUGeForce MX250GeForce MX250
メモリ32GB32GB
SSD512GB NVMe512GB NVMe
HDD1TB1TB
おすすめ度★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
公式公式公式
マウスコンピューターに全く同じ構成を持つモデルがあります。売れ筋モデルでもある「m-Book K700XN-M2SH5」です。価格差が2万円と全く同じにも関わらず安く購入できるのは魅力的ですね。セール対象期間中よりもお得に購入することができますよ。

>>m-Book K700SN-M2SH5-MGZNを購入<<

m-Book Kシリーズケースレビュー

正面

m-Book K700SN-M2SH5-MGZNsyoumenシンプルなデザインとなっています。狭額縁デザインを採用していて視認性が高いです。

天板

m-Book K700SN-M2SH5-MGZNhaimen (2)ブラックのデザインで使用する場所を選びません。天板にはmouseのロゴが少しだけアピールしています。本体自体にやや厚さを感じます。

右側

m-Book K700SN-M2SH5-MGZNright本体右側にはUSB 3.1 Type-A、USB 3.1 Type-C、カードリーダーが配置されています。一番置くには通気口がありここから熱を排出します。

左側

m-Book K700SN-M2SH5-MGZNleft本体左側にはUSB 3.0 Type-A、USB 2.0、マイク・ヘッドフォン出力端子があります。端子の数も豊富で使い勝手も良好です。

背面

m-Book K700SN-M2SH5-MGZNhaimen背面にはmini Display Port端子、HDMI端子、ネットワーク端子、電源端子が配置されています。

キーボード

m-Book K700SN-M2SH5-MGZNkeyboardキーボードは標準的なタイプです。テンキーもありますね。キーピッチは約18.2mm、キーストロークは約1.8mmとなっています。

電源ケーブル

m-Book K700SN-M2SH5-MGZNcable電源ケーブルはやや大きいですね。パソコン本体と電源ケーブルも持ち運ぶとなると覚悟が必要です。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、マウスコンピューターとBTOパソコンマガジンとのコラボモデルである「m-Book K700SN-M2SH5-MGZN」について紹介しました。通常ラインナップのモデルよりも2万円も安く購入することができます。GeForce MX250×i7-9750H搭載のノートパソコンです。動画編集・画像編集・WEBデザインなど幅広く使用することができます。

本体が重いのでそこは理解しておきましょう。また、性能が高いがゆえにバッテリー駆動時間が短めでノートパソコンの特徴の一つが潰れてしまっています。基本的には自宅やオフィスなどでの作業メインを考えている方なら問題はないと思います。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume