quadrop600画像引用元:https://www.amazon.co.jp/(Amazon.co.jp)

管理人管理人

当記事では、「Quadro P600の性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。Quadro P600は、2017年2月に発売された業務用グラフィックボードです。

価格が手頃なこともあり入門モデルとして人気があります。PhotoshopやCADなどを使用している方向けだと言えます。Quadro P600搭載PCの価格帯は114,800円~となっています。現在はQuadro P620の発売でP600搭載モデルが減少傾向にあります。

Quadro P600の性能スペックまとめ

 P600K620P400
CUDAコア384384256
GPUメモリ2GB2GB2GB
メモリバンド幅最大64GB/s最大29GB/s最大32GB/s
TDP40W41W30W
搭載PC価格114,800円~-99,800円~
Quadro P600のスペックをまとめています。前モデルであるK620と現行の下位モデルであるP400を比較対象としています。単体で見るよりも他のモデルと比較することでより理解しやすくなると思います。

K620との大きな違いはメモリバンド幅です。およそ2倍になっていることでより大きなデータを扱うことができます。P400と比べるとおよそ50%コアが多くなっています。より快適にソフトウェアを使用することができます。

また、本体自体が小さいのでスリムタワーやコンパクトモデルにも搭載できるというメリットがあります。省スペースPCが欲しい方にもおすすめです。

Quadro P600ってどんなグラフィックボードなの?

趣味や業務の入門モデルとして最適

気軽にCADやPhotoshopなどの業務用アプリケーションを使用したいという方にとって最適なモデルだと言えます。3D素材を扱う際に効率が大きく変わります。10bitカラーにも対応しています。ただし、エントリーモデルということで大規模で複雑な点群データを扱う作業には向いていません。趣味や副業などでPhotoshopなどのアプリを利用している方にも最適です。

4画面モニターに対応

p600monitor

Mini DisplayPortが標準で4つ搭載されています。上記の画像はQuadro P600の背面です。このグラフィックボードがあれば4画面モニターを搭載することが可能です。気軽にモニターを増やしたいという方にもぴったりですね。コネクター同士が近いので使用するケーブルによっては使用できないことがありますので、事前に確認しておくと良いですね。

ゲームをするならGTX1050Tiがベター

gamedeveloper

Quadro P600でもゲームをプレイすることはできます。Open GLに対応しているMineCraftだけではなく、PSO2などのMMORPGも設定を調整することでプレイ可能です。ただし、ゲーム向けに最適化されているわけではありませんので、性能的にGeForceと比べるとコスパが悪くなります。ゲームメインで考えているのであればP600よりも安いGeForce GTX1050Tiを選択するべきです。

Quadro P600搭載のおすすめBTOパソコン

raytrek LC-M(ドスパラ)

raytrek-V MX
価格:132,980円
CPU:Core i7-8700
GPU:Quadro P600
メモリ:8GB
SSD:240GB
HDD:1TB



よくまとまったモデルです。現在はQuadro P620に無償アップグレード期間中となっています。CPUとグラフィックボードのバランスも良くエントリーモデルとして最もおすすめの一台です。SSDとHDDのダブルストレージでたくさんのデータを扱える余力があります。おすすめのカスタマイズはメモリですね。3D CADやPhotoshopなどではメモリ容量は大切なのでお金を掛けるべきだと思います。

raytrek LB(ドスパラ)

raytrek-V MX
価格:97,980円
CPU:Core i5-8500
GPU:Quadro P600
メモリ:8GB
SSD:240GB
HDD:1TB



こちらもP620に無償アップグレードがされています。CPUにはi5を搭載しています。今回のモデルから6コアになったことで従来モデルのi7シリーズに匹敵する高い性能を持っています。メモリも8GB搭載で安定した動作が可能となります。また、SSDとHDDのダブルストレージも魅力的です。このままでも十分業務用として使うことが可能です。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Quadro P600の性能スペックと搭載BTOパソコンを紹介しました。いかがでしたでしょうか。Quadro P600はエントリーモデルとして注目されています。ここでは三つのモデルを紹介しましたが、うまく分散されていて好みで選んでしまっても良いと思います。

ドスパラの「raytrek LC-M」は非常にバランスがよく完成された一台だと思います。迷ったらこれを選んでおけば間違いなしです。次に、同様にドスパラの「raytrek LB」は、CPU性能を落とすことで大幅に価格を抑えることに成功しています。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-9700、 i7-8565U等
gpu

GTX1650, GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume