quadrop600

管理人管理人

当記事では、「Quadro P600の性能スペックとベンチマーク」を紹介しています。Quadro P600は、2017年2月に発売された業務用グラフィックボードです。Quadro K620を後継モデルです。下位モデルであるQuadro P400よりも性能が高いもののエントリークラスだと考えて良いでしょう。

価格が手頃なこともあり入門モデルとして人気があります。PhotoshopやCADなどを使用している方向けだと言えます。Quadro P600搭載PCの価格帯は114,800円~となっていました。現在はQuadro P620の発売でQuadro P600搭載モデルは消滅しています。

Quadro P600の性能スペックまとめ

 Quadro P600Quadro K620Quadro P400
アーキテクチャPascalMaxwellPascal
GPUGP107GM107GP107
プロセス14 nm28 nm14 nm
トランジスタ数33億18.7億33億
ダイサイズ132 mm²148 mm²132 mm²
SMs332
CUDAコア384384256
ベースクロック1329 MHz1058 MHz1228 MHz
ブーストクロック 1557 MHz1124 MHz1252 MHz
GPUメモリ2GB GDDR52GB GDDR52GB GDDR5
メモリクロック4 Gbps1.8 Gbps4 Gbps
メモリバス128 bit128 bit64 bit
メモリバンド幅64.13 GB/s28.80 GB/s32.06 GB/s
TDP40W41W30W
補助電源不要不要不要
FP321.196 GFLOPS0.8632 GFLOPS0.641 GFLOPS
出力4x
mini-DisplayPort 1.4a
1x DVI
1x DisplayPort 1.4a
3x
mini-DisplayPort 1.4a
搭載PC価格114,800円~-99,800円~
発売日2017年2月7日2014年7月22日2017年2月7日
Quadro P600のスペックをまとめています。前モデルであるQuadro K620と現行の下位モデルであるQuadro P400を比較対象としています。単体で見るよりも他のモデルと比較することでより理解しやすくなると思います。前モデルQuadro K620から大きく進化しています。

アーキテクチャがMaxwellからPascalになって、プロセスが28nmから14nmへと微細化されています。トランジスタ数が77%多いにも関わらず、ダイサイズは10%小さくなりました。プロセスの微細化によってパフォーマンス・省電力性の向上が見込めます。SMsは3つでCUDAコアは384と共通です。

GPUメモリはGDDR5 2GBとなっています。メモリクロックが2.3倍で4 Gbpsとなりました。メモリバスは128 bitと共通です。メモリバンド幅2.2倍で64.13 GB/sとなります。TDPは1Wダウンで40Wとなっています。補助電源不要は変わりません。FP32は30%近く向上しています。モニター出力は大きく変わって4×mini-DisplayPort 1.4aとなっています。

下位モデルのQuadro P400と比較していきます。GPUはQuadro P600と同じGP107です。プロセス・トランジスタ数・ダイサイズは同じです。SMsは1つ減ってCUDAコアは33%少なく256となります。GPUメモリ及びメモリクロックは共通ですが、メモリバスは半減となりメモリバンド幅は32.06 GB/sに留まります。TDPは25%低く30Wとなっています。補助電源は不要です。FP32は54%程度となります。モニター出力は1つ減っています。

Quadro P600の性能

quadrop600benchmark

従来モデルのQuadro K620と比べて50%程度性能が高くなっています。下位モデルのQuadro P400と比べると100%以上パフォーマンスが高いです。Quadro P400では少し性能面で不安があるという方は検討しても良いでしょう。WEBデザイン・動画編集・画像編集などに最適です。GeForceとは特性が異なるためゲームプレイには不向きです。

Quadro P600ってどんなグラフィックボードなの?

趣味や業務の入門モデルとして最適


気軽にCADやPhotoshopなどの業務用アプリケーションを使用したいという方にとって最適なモデルだと言えます。3D素材を扱う際に効率が大きく変わります。10bitカラーにも対応しています。ただし、エントリーモデルということで大規模で複雑な点群データを扱う作業には向いていません。趣味や副業などでPhotoshopやIllustratorなどのアプリを利用している方にも最適です。

4画面モニターに対応

p600monitor

Mini DisplayPortが標準で4つ搭載されています。上記の画像はQuadro P600の背面です。このグラフィックボードがあれば4画面モニターを搭載することが可能です。クリエイター作業をしない方でもマルチモニター環境を構築したい方は必見です。気軽にモニターを増やしたいという方にもぴったりですね。コネクター同士が近いので使用するケーブルによっては使用できないことがありますので、事前に確認しておくと良いですね。

ゲームをするならGTX 1650がベター

gamedeveloper

Quadro P600でもゲームをプレイすることはできます。Open GLに対応しているMineCraftだけではなく、PSO2などのMMORPGも設定を調整することでプレイ可能です。ただし、ゲーム向けに最適化されているわけではありませんので、性能的にGeForceと比べるとコスパが悪くなります。ゲームメインで考えているのであればQuadro P600よりも安いGeForce GTX 1650を選択するべきです。

Quadro P600搭載のおすすめBTOパソコン

raytrek LC-M(ドスパラ)

raytrek-V MX
価格:132,980円
CPU:Core i7-8700
GPU:Quadro P600
メモリ:8GB
SSD:240GB
HDD:1TB

よくまとまったモデルです。現在はQuadro P620に無償アップグレード期間中となっています。CPUとグラフィックボードのバランスも良くエントリーモデルとして最もおすすめの一台です。SSDとHDDのダブルストレージでたくさんのデータを扱える余力があります。おすすめのカスタマイズはメモリですね。3D CADやPhotoshopなどではメモリ容量は大切なのでお金を掛けるべきだと思います。

raytrek LB(ドスパラ)

raytrek-V MX
価格:97,980円
CPU:Core i5-8500
GPU:Quadro P600
メモリ:8GB
SSD:240GB
HDD:1TB

こちらもP620に無償アップグレードがされています。CPUにはi5を搭載しています。今回のモデルから6コアになったことで従来モデルのi7シリーズに匹敵する高い性能を持っています。メモリも8GB搭載で安定した動作が可能となります。また、SSDとHDDのダブルストレージも魅力的です。このままでも十分業務用として使うことが可能です。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Quadro P600の性能スペックとベンチマークを紹介しました。Quadro P600はPascal世代におけるプロフェッショナル向けエントリーモデルとして注目されています。従来モデルのQuadro K620よりも50%以上性能が向上しています。プロセスが28nmから14nmへと微細化されたのが大きなポイントです。

パワー効率が向上してより高いパフォーマンスを発揮します。補助電源不要で増設も容易に行なえます。各BTOメーカーから豊富なラインナップが用意されていたことから注目度の高さが伺えますね。今は後継モデルのQuadro P620が登場しているためラインナップはなくなっています。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等