quadrop620画像引用元:https://www.elsa-jp.co.jp/

管理人管理人

当記事では、「Quadro P620の性能スペックとベンチマーク」を紹介しています。2018年4月下旬に新しく販売を開始したクリエイター向けのエントリークラスのグラフィックボードです。2021年時点でも現役の息の長いモデルとなっています。安価なクリエイター向けPCを探している方は必見です。

Quadro P600に変わるグラフィックボードとして、各BTOメーカーのラインナップも変わって来ています。現在はQuadro P600搭載モデルは消えてしまったと考えて良いでしょう。両グラフィックボードについて価格差がほとんどないので、Quadro P620は優れた選択肢となります。後継モデルは、Turing世代の「NVIDIA T600」です。Quadroの名称はなくなったもののプロフェッショナル向けのグラフィックボードであることに変わりはありません。

Quadro P620のおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
Quadro製のグラフィックボードはデュアルモニターどころか3つ以上のマルチモニターをかんたんに実現することができます。デイトレユーザーも必見です。その他RAW現像やWEBデザインなど幅広く対応可能です。重い作業はそれほど得意ではないのでライトユーザー向けだと言えます。ゲームプレイや中規模な3D CADには対応できないと考えた方がよいですね。

Quadro P620の概要

性能

quadrop620seinou

Quadro P620は、性能的にはエントリークラスに位置します。Quadro P600よりも5%程度パフォーマンスが引き上げられています。Quadro P1000との隙間を埋める形になっています。前世代のQuadro K620と比べると60%程度性能が高いです。

なお、GeForceのエントリークラスであるGTX 1650との差はおよそ110%と大きいです。得意な場面が異なるので純粋な比較は難しいですが、3Dグラフィックスの処理性能ではGeForceの方が高くなっています。もっとも3D CADなどになるとQuadro製グラフィックボードの方が有利です。

スペック

 Quadro P620Quadro P600Quadro P1000
アーキテクチャPascalPascalPascal
GPUGP107GP107GP107
プロセス14 nm14 nm14 nm
トランジスタ数33億33億33億
ダイサイズ132 mm²132 mm²132 mm²
CUDAコア512コア384コア640コア
ベースクロック1266 MHz1329 MHz1354 MHz
ブーストクロック1354 MHz1557 MHz1392 MHz
GPUメモリ2GB GDDR52GB GDDR54GB GDDR5
メモリクロック5 Gbps4 Gbps6 Gbps
メモリインターフェース128bit128bit128bit
メモリバンド幅80.13 GB/s64.13 GB/s96.13 GB/s
FP32性能1.386 GFLOPS1.196 GFLOPS1.425 GFLOPS
ディスプレイコネクタMini DisplayPort × 4Mini DisplayPort × 4Mini DisplayPort × 4
最大画面数4画面4画面4画面
補助電源不要不要不要
TDP40W40W47W
搭載PC価格94,980円~なし105,980円~
発売日2018年2月1日2017年2月7日2017年2月7日
Quadro P620については、従来モデルのQuadro P600及び上位モデルであるQuadro P1000と比較していきます。Quadro P600と同じGPUであるGP107を搭載しています。14nmプロセスと共通です。トランジスタ数33億、ダイサイズ132m㎡と同じです。CUDAコアが384コアから34%増えて512コアとなりました。

ベースクロックはQuadro P600の方が5%高く、ブーストクロックもQuadro P600の方が15%高いです。CUDAコアが増えた分だけクロック周波数を落としてTDPの辻褄を合わせています。GPUメモリ容量は2GBとなっています。メモリクロックが4 Gbpsから5 Gbpsへと25%引き上げられています。メモリインターフェイスは128bitと共通ですが、メモリバンド幅が25%広くなっています。FP32性能は16%程度向上しています。ディスプレイコネクタや最大画面数は共通です。補助電源も不要でTDPは40Wに抑えられています。

上位モデルのQuadro P1000もQuadro P620と同じGP107を搭載しています。プロセス・トランジスタ数・ダイサイズは共通です。CUDAコアはQuadro P620よりも24%多く640コアとなっています。ベースクロックはQuadro P1000の方が7%高く、ブーストクロックもQuadro P1000の方が3%高いです。

GPUメモリ容量は倍増の4GBです。メモリクロックが12%高く、メモリバンド幅が12%高いです。FP32性能は3%上回ります。ディスプレイコネクタなどの項目は同じです。TDPについては18%引き上げられて47Wとなっています。さすがにQuadro P620がパワーアップしたとは言ってもQuadro P1000までは届いていません。

Quadro P620ってどんなグラフィックボードなの?

ロープロファイルの高性能グラフィックボード

quadrop620top画像引用元:http://www.elsa-jp.co.jp/

ロープロファイル規格に準拠したグラフィックボードです。ワンスロットのみの専有となりますので、スペースの多くないスリムタワーでも十分対応可能です。省スペースかつ高性能なQuadro製グラフィックボードが欲しいという方におすすめです。搭載モデルの価格も抑えられていて購入しやすいのも嬉しいですね。各BTOメーカーで最もラインナップの多いグラフィックボードだと言えます。

仕事でAutoCAD、3ds Mazなどを使用している方必見

cad

3D CADソフトやグラフィックソフトを仕事で使用している方にぴったりのグラフィックボードです。P600に比べてグラフィックス性能が向上し、より安定したPC作業を行うことが可能です。P1000はオーバースペックだと思うクリエイターの方に良い選択肢となります。搭載BTOパソコンのラインナップも多く選びやすいのも魅力です。

4画面出力にも対応している

p600monitor

Quadro製グラフィックボードの特徴だと言える4画面出力に対応しています。複数画面を1枚として設定することもできますので、より繊細なアプリケーションの使用が可能です。また、RAW現像においても大画面でデータを確認することができますので、思い通りの編集ができるでしょう。気軽にマルチモニター環境を構築したい方は必見です。クリエイター作業を行わない場合でもQuadro P620を選ぶメリットがあります。

Quadro P620搭載のおすすめBTOパソコン

SENSE-S056-114-QTX(パソコン工房)

SENSE-S0B6-i5-QER
価格:111,078円(税込)
CPU:Core i5-11400
GPU:Quadro P620
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式

Quadro搭載モデルでもCore i5-10400を選択することで価格を抑えることができます。第10世代になってハイパースレッディングに対応したので、性能は大幅に向上しています。趣味でRAW現像や動画編集をしたいと考えている方におすすめです。メモリ8GB、SSD 500GB NVMeと構成も必要十分です。メモリ容量に関してはカスタマイズをするとよいですね。

raytrek LC-M(ドスパラ)

raytrek-V MX
価格:134,979円(税込)
CPU:Core i7-11700
GPU:Quadro P620
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式

非常にコストパフォーマンスの高い一台です。発売時よりも15,000円割引されています。CPUにはCore i7-10700を搭載しています。8コア16スレッドと物理コアが増えたこととハイパースレッディングに対応したことでマルチスレッド性能が向上しています。また、SSD容量が512GBと大容量となっていますので、たくさんのデータを保存することが可能です。メモリ16GBも嬉しいポイントですね。クリエイター向けモデルとしてバランスの良い一台です。

DAIV Z5-QP6-CM(マウスコンピューター)

DAIV-DGZ520M3-SH2-CS価格:164,780円(税込)
CPU:Core i7-10700
GPU:Quadro P620
メモリ:16GB
SSD:512GB
HDD:非搭載

公式

バランスの取れたクリエイター向けPCです。DAIVブランドはクリエイターの方から高い評価を得ているモデルです。Core i7-10700×Quadro P620の組み合わせとなっています。メモリ16GB搭載で安定した作業を行うことが可能です。

SENSE-F02B-LCi9SX-QTX(パソコン工房)

SENSE-F049-iX7-QMX
価格:219,978円(税込)
CPU:Core i9-10900K
GPU:Quadro P620
メモリ:DDR4 32GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

CPUにはフラグシップモデルのCore i9-10900Kを搭載しています。10コア20スレッドとマルチスレッド性能が高いのが特徴です。エントリークラスのQuadro P620に合わせるにはややバランスが悪いです。メモリ32GB、SSD 500GBと構成も優秀です。

NVIDIA Quadroモデル QA9J-D211/ZT(TSUKUMO)

QS5J-A180価格:229,800円(税込)
CPU:Core i9-11900K
GPU:Quadro P620
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:1TB

税込み22万円のモデルです。CPUには高性能なCore i7-10700を搭載していて負荷の高い作業も十分行えます。メモリ16GB、SSD 500GBと構成面は標準的です。ドスパラの「raytrek LC-M」に比べるとかなり割高ですね。TSUKUMOのモデルについてはカスタマイズでグラフィックボードをアップグレードすることも可能です。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Quadro P620の性能及び搭載BTOパソコンについて紹介しています。Quadro P620は、Quadro P600の進化版グラフィックボードだと言えます。同等の価格で性能的にP1000により近づいています。CUDAコアが増えたことでより高い性能を発揮します。メモリクロックが速くなったのもメリットです。ドスパラ「raytrek LC-M」、マウスコンピューター「DAIV Z5-QP6-CM」、TSUKUMO「QA9J-D211/ZT」が人気です。今後はQuadro P600が消えてこのQuadro P620が主流となってくるでしょう。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等