rtx2080ti画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

管理人管理人

当記事では、「GeForce RTX 2080 Tiの性能スペックとベンチマーク」を紹介しています。当初の発売日よりも1週間延期となり2018年9月20日に無事リリースされました。RTX 2080 Tiは、RTX 20シリーズのフラグシップモデルでPascal世代のGTX1080Tiよりも20%高い性能を持っています。Turing世代で初めて導入されたレイトレーシングやDLSSといった機能でリアルなゲームグラフィックスを体感することができます。

RTX 2080 Tiは性能の高いグラフィックボードだからこそのメリットです。これまではクリエイター向けのハイエンドモデルで搭載されていましたが、ゲーマー向けにこれらの技術を採用したのはNVIDIAが初めてです。価格が非常に高いので誰もが購入できるわけではありませんが、フラグシップモデルをチェックしておくことは悪いことではありません。

(+) Turing世代におけるフラグシップモデル
(+) 4K解像度でのゲームプレイに対応できる
(+) 最高峰のレイトレーシングやDLSSを持っている
(-) 価格は$999と前モデルから43%アップ

RTX 2080 Tiの性能スペック紹介

 RTX 2080 TiRTX 2080GTX 1080 Ti
コードネームTuringTuringPascal
GPUTU102TU104GP102
プロセス12nm12nm16nm
ダイサイズ754mm2545mm2471mm2
トランジスタ数186億個136億個118億個
CUDAコア4352基2944基3584基
RTコア6846-
Tensorコア544368-
ベースクロック1350MHz1515MHz1481MHz
ブーストクロック1635MHz1710MHz1582MHz
VRAM11GB GDDR68GB GDDR611GB GDDR5
メモリバス352 bit256 bit352 bit
メモリ帯域幅616.0 GB/s448.0 GB/s484.4 GB/s
TDP250W215W250W
公式価格$999$699$699
発売日2018/09/202018/09/202017/03/10
GeForce RTX 2080 Tiは、新世代Turingの最高峰のグラフィックボードです。GPUにはTU102を搭載しています。Pascal世代のGTX 1080 TiではGPU102が採用されていてその後継モデルです。プロセスが16nm→12nmへと微細化されています。トランジスタ数が58%多く、ダイサイズも60%大きくなりました。プロセスが縮小化されたにもかかわらずダイサイズがここまで大きくなっているのは、Turing世代で初めて導入されたRTコア及びTensorコアを搭載しているからです。これらはレイトレーシングとDLSSなどの新技術採用のためのコアで、詳細は次の項目で解説しています。

ベースクロックはGTX 1080 Tiの方が9%高く、ブーストクロックはRTX 2080 Tiの方が3%高いです。メモリバスは同じ352 bitです。メモリ規格がGDDR5からGDDR6となり、メモリ帯域幅が大きく向上しています。27%大きく616 GB/sに到達しています。メモリ周りの強化はパフォーマンスに大きな影響を与えます。消費電力は同じ250Wです。性能面を強化しして同じ消費電力というのは評価できます。価格は$300高く$999となっています。GTX 1080 TiにはなかったRTコアなどの搭載によるプレミアム価格だと考えて良いでしょう。

同じTuring世代の下位モデルであるRTX 2080ではGPUにTU104を搭載しています。ダイサイズは一回り小さく545mm2です。RTX 2080 Tiと比べてトランジスタ数が36%少ないです。CUDAコアもおよそ68%に留まります。RTコアは46、Tensorコアは368とそれぞれ68%相当です。ベースクロックはRTX 2080の方が12%高く、ブーストクロックもRTX 2080の方が4%高いです。GPUメモリ容量については8GBとなっています。メモリバスは256 bitとフラグシップモデルよりもスペックダウンとなっています。メモリ帯域幅は448.0 GB/sです。TDPは215Wです。価格は$699と$300となっています。

RTX 2080 Tiってどんなグラフィックボード?

4K解像度でこそ真価を発揮するグラフィックボード

rtx2080tiscore

Pascal世代のフラグシップモデルであるGTX 1080 Tiを優に超える高い性能は4K解像度でこそ真価を発揮します。4K解像度+最高設定あるいは4K解像度+144Hzを実現することができるグラフィックボードです。最近主流の144Hz以上のモニターを使用したいと考えている方にも最適です。

FULL HDでしかゲームをしないのにRTX 2080 Tiを購入するのはもったいないです。ある意味こだわりを持っている上級者向けのモデルだとも言えます。普通の使い方では満足できないという方はぜひ試してみてください。高いグラフィックス性能を持つこのRTX 2080 TiにはハイエンドのCPUを選択したいですね。

パワー効率が高く意外と扱いやすいのが魅力となっている

RTX 2080 Tiは、$999を超える高価なグラフィックボードです。ある程度趣味にお金を掛けられる方でないと購入することはできないでしょう。そして価格に比例して性能面も抜群です。例えば、パワーの効率性も大きく向上しています。Pascal世代のグラフィックボードと比べてワット数当たりのパフォーマンスはおよそ15%向上しています。

この時代のAMDの製品(Radeon RX 64など)と比べるとパワー効率性及び性能は2倍となります。また想像しやすいと思いますが、パワー効率が上がったことで発熱量も下がり結果的に静音性も高くなるというメリットがあります。発熱のためのファン駆動をある程度抑えられるため静かになるというわけです。電源ユニットなど過度に気を使う必要はありません。

最上位のレイトレーシング・DLSS性能を持っている

NVIDIAが今回のRTX 20シリーズで押し出したいのはレイトレーシングやDLSSなどの最新技術です。RTX 2080 Tiは、ただ単純にフラグシップモデルとして既存のタイトルでのパフォーマンス向上がなされたわけではありません。RTX 2080 Tiは、RTX 20シリーズの中でもこれらの技術に関係するRTコア・Tensorコア数が最も多いグラフィックボードとなっています。

最新技術を堪能したいならRTX 2080 Tiを選択する価値はあるでしょう。価格は非常に高いですが…レイトレーシングとは、従来のグラフィックボードでは実現ができなかったレンダリング技術でよりリアルな映像の描写を実現可能にします。ワンランク上のゲーム体験を提供してくれるでしょう。ただし、RTX 20シリーズは完全にレイトレーシングに対応しているというよりは、既存のレンダリング技術を使いながらも反射や影など特定のエフェクトを加えたという形です。

また、もう一つの最新技術がTensorコアを活用したDLSSです。AIはゲームプレイではそれほど意味がないと考えられてきましたが、NVIDIAはDLSS(Deep Learning Super-Sampling)と呼ばれる新しいアンチエイリアスアルゴリズムを搭載しました。よりスムーズにゲーム映像の描写を行うことが可能になっています。専用のコアを搭載したことでフレームレートの向上も見られます。

RTX 2080 Tiのベンチマークを紹介

ゲームプレイ中のベンチマークを計測しています。FULL HDは当然余裕なので中心となるのはWQHDと4Kです。前世代のフラグシップモデルであるGTX 1080 Tiとの性能差も見ていきましょう。

Battlefield 1(DirectX 12)

battlefieldgtx1050tirtx2080ti-battlefield1

RTX 2080 Tiがずば抜けた性能を見せつけています。これまでのグラフィックボードでは到達できていなかったところまで来ました。GTX 1080 Tiと比べて28%程度高いスコアが出ています。4K解像度でも100fpsに近い数値が出ているのはさすがですね。GTX 1080 Tiとの差は28%とWQHDと同等です。下位のRTX 2080はほぼGTX 1080 Tiと同じぐらいのスコアですね。

Far Cry 5(DirectX 11)

farcry5rtx2080ti-farcry5

Far Cry 5ではGTX 1080 Tiと比べると20%-25%高いスコアを出しています。4K解像度でも79.4fpsと余裕の性能を持っていることがわかります。下位モデルであるRTX 2080とは15%-20%程度の性能差があります。グラフを見てもどれだけ性能が高いかが一目瞭然です。

Civilization VI(DirectX 11)

civ6gtx1050tirtx2080ti-civ6

WQHD環境ではボトルネックが発生しているため上位の3つのモデルについてはそれほどスコアの差がありまえsん。GTX 1080 Tiとの差はWQHDでは12%、RTX 2080との差も5%と少ないです。一方で、4K解像度だとGTX 1080 Tiよりも31%程度差が出ています。Radeon RX Vega 64ではRTX 2080 Tiには遠く及びません。

Grand Theft Auto V(DirectX 12)

gtagtx1050tirtx2080ti-gta5

WQHDではGTX 1080 Tiよりも19%高いスコアとなっています。4K解像度では30%とスコアの差が広がります。4K解像度で100fps声はさすがですね。もっともGTA5だけをプレイするためにRTX 2080 Tiを購入するのはナンセンスです。GTX 1080 TiやRTX 2080でも十分対応可能です。

Hitman(DirectX 12)

hitmangtx1050tirtx2080ti-hitman

GTX 1080 Tiと比べるとWQHD環境では20%、4K解像度で50%程度の差があります。4K解像度での使用が前提であればRTX 2080 Tiを選択する価値がありますね。WQHD前提で購入するともったいないです。Radeon Vega 64との差は47%-73%とかなり大きいです。

RTX 2080 Tiの消費電力&発熱

消費電力

rtx2080ti-watt

各グラフィックボードの消費電力を計測しています。RTX 2080 Tiはやはり消費電力もそれなりに高いです。ただし、GTX 1080 Tiとの差は10%程度で、グラフィックス性能の差が20%程度あることを考えるとパワー効率の高さが垣間見えます。Radeon RX Vega 64と省電力性の高さがわかりますね。

温度

rtx2080ti-temp

温度に関しては使用環境によって大きく異なります。夏場エアコンを使わないなど特殊な状況でなければ特に問題ないと思います。


RTX 2080 Tiはこんな方におすすめ!

管理人管理人

RTX 2080 Tiは、Turing世代におけるフラグシップモデルで圧倒的なゲーミング性能を持つグラフィックボードです。単体価格20万円近い価格設定のため誰にでもおすすめできるわけでもありません。趣味にお金を掛けられる方向けのグラフィックボードだと言えます。

この高価なグラフィックボードをおすすめするのは、最新のガジェットが大好きでリスクを取ってでも新しいものを手に入れたいという方です。この場合のリスクとは、今後レイトレーシングなど最新技術をサポートしたタイトルがそれほど登場しない可能性があることです。

性能的にはGTX 1080 Tiよりも高いものの既存のタイトルでその性能を生かせる場面は少ないです。そうなると最新技術の付加価値が価格に反映されています。高性能グラフィックボードが欲しいという方は是非チェックしてくださいね。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当ページベンチマークテスト環境

CPUCore i7-7700K
マザーボードASUS Z270
メモリ16GB
SSDPatriot Ignite 960GB
電源ユニットAntec HCP-1200 1200W
冷却システムCryorig R1 Universal 2x 140 mm fan
ソフトウェアWindows 10 64-bit
ディスプレイAcer CB240HYKbmjdpr 24インチ