rtx2080ti画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

管理人管理人

当記事では、「GeForce RTX2080Tiの性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。2018年9月発売は1週間延期となった無事リリースされました。RTX20シリーズのフラグシップモデルでPascal世代のGTX1080Tiよりも38%高い性能を持っています。レイトレーシングやDLSSなどよりリアルなゲームグラフィックスを体感することができます。これまではクリエイター向けのハイエンドモデルで搭載されていましたが、ゲーマー向けにこれらの技術を採用したのはNVIDIAが初めてです。価格が非常に高いので誰もが購入できるわけではありませんが、フラグシップモデルをチェックしておくことは悪いことではありません。

(+) RT20シリーズのフラグシップモデル
(+) レイトレーシングやDLSSを存分に試せる
(-) $1,199と前モデルから70%アップ

RTX2080Tiの性能スペック紹介

 RTX 2080 TiRTX 2080GTX1080Ti
コードネームTuringTuringPascal
プロセス12nm12nm16nm
ダイサイズ754mm2545mm2471mm2
トランジスタ数186億個136億個118億個
CUDAコア4352基2944基3584基
ベースクロック1350MHz1515MHz1481MHz
ブーストクロック1635MHz1710MHz1582MHz
VRAM11GB GDDR68GB GDDR611GB GDDR5
メモリ帯域幅616.0 GB/s448.0 GB/s484.4 GB/s
TDP250W215W250W
公式価格$1199$699$699
発売日2018/92018/92017/3
RTX2080Tiは、新世代Turingとなっています。Pascal世代から大きく変わったのはまずダイサイズの大きさでしょう。471mm2から60%アップして754mm2となっています。それに伴いトランジスタ数も大きく上がっています。これほどダイサイズが上がった要因として、新コアのRTコアとTensorコアが追加されたためです。これらはレイトレーシングとDLSSなどの新技術採用のためのコアで、詳細は次の項目で解説しています。

もちろん、純粋なグラフィックボードとしての性能もアップしています。CUDAコアは25%アップで4000を軽く超えています。さらに、ベースクロックは落としているものの、ブーストクロックは5%程度アップ。総合性能では38%以上パフォーマンスがアップ。VRAMもGDDR6となりメモリ帯域幅も28%程度増加していてベースとなる部分でも確実に進化していることがわかります。いくらパワー効率が上がったとしてもその高い性能であるがゆえに代償として大きく価格が上がっています。もはやGTX1080Tiの後継機とは言いにくいですね。

レイトレーシングやDLSSなど新技術搭載(中上級者向け)

RTX2080Tiはたた単純に既存のタイトルでのパフォーマンス向上を目的としているわけではありません。NVIDIAが今回のRTXシリーズで押し出したいのはこのレイトレーシングやDLSSなどの最新技術です。RTX2080Tiはフラグシップモデルで最も適しているグラフィックボードだと言えます。最新技術を堪能したいならRTX2080Tiを選択する価値はあるでしょう。価格は非常に高いですが…

レイトレーシングとは、従来のグラフィックボードでは実現ができなかったレンダリング技術でよりリアルな映像の描写を実現可能にします。ただし、RTXは完全にレイトレーシングに対応しているというよりは、既存のレンダリング技術を使いながらも反射や影など特定のエフェクトを加えたという形です。

また、もう一つの最新技術がAIです。AIはゲームプレイではそれほど意味がないと考えられてきました。しかし、NVIDIAはDLSS(Deep Learning Super-Sampling)と呼ばれる新しいアンチエイリアスアルゴリズムを搭載しました。よりスムーズにゲーム映像の描写を行うことが可能になっています。専用のコアを搭載したことでフレームレートの向上も見られます。

RTX2080Tiってどんなグラフィックボード?

4K解像度でこそ真価を発揮

GTX1080Tiを超える性能は4K解像度でこそ真価を発揮します。FULL HDでしかゲームをしないのにRTX2080Tiを購入するのはもったいないです。4K解像度+最高設定あるいは4K解像度+144Hzを実現することができるグラフィックボードです。ある意味こだわりのある上級者向けのモデルだとも言えます。普通の使い方では満足できないという方はぜひ試してみてください。

価格は高いがパワー効率・静音性が高い

ある程度趣味にお金を掛けられる方でないと購入することはできないでしょう。価格に比例して性能面も抜群です。例えば、パワーの効率性も大きく向上。Pascal世代と比べてワット数当たりのパフォーマンスはおよそ15%向上しています。AMDの製品と比べるとパワー効率性及び性能は2倍となります。

また想像しやすいと思いますが、パワー効率が上がったことで発熱も下がり結果的に静音性も高くなるというメリットがあります。当然発熱のためのファン駆動を抑えられるので静かになるというわけです。

RTX2080Tiのベンチマークを紹介

ゲームプレイ中のベンチマークを計測しています。FULL HDは当然余裕なので中心となるのはWQHDと4Kです。

Battlefield 1(DirectX 12)

battlefieldgtx1050tirtx2080tibattle

RTX2080Tiがずば抜けた性能を見せつけています。GTX1080Tiと比べて30%程度高いスコアが出ています。4K解像度でも100FPSに近い数値が出ているのはさすがですね。下位のRTX2080はほぼGTX1080Tiと同じぐらいのスコアですね。

Far Cry 5(DirectX 11)

farcry5rtx2080tifarcry5

GTX1080Tiと比べると20%-25%高いスコアを出しています。4K解像度でも79.4FPSと余裕の性能を持っています。RTX2080とは15%-20%程度の性能差があります。グラフを見てもどれだけ性能が高いかが一目瞭然です。

Civilization VI(DirectX 11)

civ6gtx1050tirtx2080ticiv6

WQHD環境ではボトルネックが発生しているためそれほどスコアが伸びていません。RTX2080との差もWQHDでは5%と少ないです。4K解像度だと20%程度差が出ています。また、GTX1080Tiと比べてるとWQHDで12%、4K解像度で30%の性能差があります。

Grand Theft Auto V(DirectX 12)

gtagtx1050tirtx2080tigta5

GTX1080Tiとは30%高い性能となっています。4K解像度で100FPS超えはさすがですね。ただ、GTA5をプレイするためにRTX2080Tiを購入するのはナンセンスです。GTX1080TiやRTX2080でも十分対応可能です。

Hitman(DirectX 12)

hitmangtx1050tirtx2080tihitman

GTX1080Tiと比べるとWQHD環境では20%、4K解像度で50%程度の差があります。4K解像度での使用が前提であればRTX2080Tiを選択する価値がありますね。WQHD前提で購入するともったいないです。

RTX2080Tiの消費電力&発熱

消費電力

rtx2080tiwatt

消費電力を計測。RTX2080Tiはやはり消費電力もそれなりに高いです。ただ、GTX1080Tiとの性能差30%超であることを考えると、消費電力の差が10%と1/3となっていて効率が良いことがわかります。RX Vega 64よりも省電力なのは評価できます。

温度

rtx2080temp

温度に関しては使用環境によって大きく異なります。夏場エアコンを使わないなど特殊な状況でなければ特に問題ないと思います。


RTX2080Ti搭載のおすすめBTOパソコン

GALLERIA ZZ i9-9900K搭載(ガレリア)

galleriaxj
価格:279,980円
CPU:Core i9-9900K
GPU:GeForce RTX 2080 Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:NVMe対応M.2 500GB
HDD:3TB



フラグシップモデルのゲーミングPCです。RTX2080Ti×i9-9900Kはどちらも最新のパーツで高いパフォーマンスを発揮します。i9-9900Kは8コア16スレッドの高い性能を持っています。ゲームプレイ+動画編集などオールラウンドで活用すること間違いなしです。SSDにはNVMe対応M.2 500GBを搭載し快適にPC作業を行えます。ただし、価格は税込み30万円近くと破格ですのでそこは注意しましょう。

GALLERIA AXZ(ガレリア)

galleriaxj
価格:319,980円 269,980円
CPU:Ryzen 7 2700X
GPU:GeForce RTX 2080 Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:NVMe対応M.2 500GB
HDD:2TB



GALLERIA ZZのCPUをRyzen 7 2700Xに変更したものです。CPU価格が手頃なため1万円安く購入できるのが魅力です。Core i9-9900Kと同じ8コア16スレッドを採用しています。同等のパフォーマンスを期待することができます。AMD派の方必見の一台だと言えます。

NEXTGEAR i690PA4-SP2(G-Tune)

nextgearnew
価格:319,800円
CPU:Core i7-9700K
GPU:GeForce RTX 2080 Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:NVMe対応M.2 512GB
HDD:1TB



第九世代CPUのCore i7-9700Kを搭載しています。GLAYのTERUさんが使用しているモデルでもあります。i9-9900Kはオーバースペックだという方におすすめです。ただ、それでも税抜き30万円オーバーとは手頃とは言えませんね。性能は確かで、4K解像度でもさくさくゲームプレイができます。ストレージも大容量で色々なゲームをしたり、ゲーム動画を保存したりしている方にもぴったりですね。電源にも800W 80PLUS TITANUMUを採用するなどすべての面においてこだわりが見られます。カスタマイズは不要だと思います。

RTX2080Tiはこんな方におすすめ!

管理人管理人

RTX2080Tiは、単体価格20万円近い価格設定のため誰にでもおすすめできるわけでもありません。趣味にお金を掛けられる方向けのグラフィックボードだと言えます。少し割高でもう少し価格が下がるのを待っても良いかもしれません。BTOパソコンも1万円~2万円程度安くなるあるいはキャンペーンが行われるのを待つのも一つの手です。

この高価なグラフィックボードをおすすめするのは、最新のガジェットが大好きでリスクを取ってでも新しいものを手に入れたいという方向けです。この場合のリスクとは、今後レイトレーシングなど最新技術をサポートしたタイトルがそれほど登場しない可能性があることです。性能的にはGTX1080Tiよりも高いものの既存のタイトルでその性能を生かせる場面は少ないです。そうなると最新技術の付加価値が価格に反映されています。高性能グラフィックボードが欲しいという方は是非チェックしてくださいね。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-8700、 i7-8550U等
gpu

GeForce GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当ページベンチマークテスト環境

CPUCore i7-7700K
マザーボードASUS Z270
メモリ16GB
SSDPatriot Ignite 960GB
電源ユニットAntec HCP-1200 1200W
冷却システムCryorig R1 Universal 2x 140 mm fan
ソフトウェアWindows 10 64-bit
ディスプレイAcer CB240HYKbmjdpr 24インチ