quadrop2000画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

管理人管理人

当記事では、「Quadro P2000の性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。当該モデルは、アッパーミドルの業務用グラフィックボードです。本格的にクリエイター向けPCの購入を考えている方におすすめです。一般ユーザーの場合持て余してしまうのはここからでしょう。

3D CADでの適正度が非常に高く、中規模なCADモデルに対応できます。3D CADを利用する方のほとんどがP2000で十分でしょう。同様に、一般的なRAW現像や動画編集でも高いパフォーマンスを発揮します。後継機種である「Quadro P2200」が登場したことで搭載モデルは減ってきています。安くなっているものもあるので狙い目と言えるかもしれません。

Quadro P2000の基本スペック

 P2000M2000P1000
アーキテクチャPascalMaxwellPascal
プロセス16 nm28 nm14 nm
トランジスタ数44億29.4億33億
ダイサイズ200 mm²228 mm²132 mm²
CUDAコア1,024768640
ベースクロック1076 MHz796 MHz1354 MHz
ブーストクロック1480 MHz1163 MHz1392 MHz
GPUメモリ5GB4GB4GB
メモリバンド幅最大140GB/s最大106GB/s最大82GB/s
TDP75W75W47W
単体価格62,000円~66,000円~47,000円~
搭載PC価格139,980円~-126,980円~
Quadro P2000の性能スペックを見ていきましょう。比較対象として先代モデルのQuadro M2000と現行の下位モデルQuadro P1000を選択しました。比較をすることでより具体的に性能を知ることができます。まずはQuadro M2000と比較しましょう。プロセスが28nm→16nmへと微細化されたのがポイントですね。50%多いトランジスタ数を持っているにも関わらずダイサイズは一回り小さいです。

CUDAコア約13%アップ、メモリ1GBアップ、メモリバンド30%アップとなっています。総合性能では15%向上しています。これだけスペックが上がっているのにもかかわらず消費電力は同じ75Wだというのは驚きです。メモリーインターフェイスが160bitに抑えられていることから5GBという珍しいGPUメモリを搭載する形になっています。

次に下位モデルであるQuadro P1000と比較しましょう。Quadro P1000ではより小さい14nmプロセスを採用しています。CUDAコア、GPUメモリ、メモリバンド幅で大幅な性能アップとなります。特にCUDAコア50%アップ、メモリバンド幅70%は驚異的ですね。ベースクロックは20%低く、ブーストクロックは6%高いです。消費電力もおよそ60%アップしていますが、これは仕方ないですね。単体価格で15,000円アップ、搭載PC価格13,000円アップと妥当だと思います。

Quadro P2000ってどんなグラフィックボードなの?

中規模3D CAD及び3Dビジュアライゼーションにも対応できる

cad
P2000クラスになるとより高いレベルでAuto CADで作業を行えます。P1000では力不足に感じる場面でこそ輝きます。今注目されている3Dビジュアライゼーションもこなせます。例えば、3ds Max、Revit、Maya、VREDなどのアプリケーションを使用している方に最適だと言えます。

また、デザインビジュアライゼーションにおけるGPUレンダリングも一般的になってきました。3ds MAAX、Maya、Cinema 4Dなどでもプラグインで利用可能です。先代のM2000から比べてレンダリング性能はおよそ倍になっています。

さらに、Photoshopでも3Dオブジェクトの作成やアニメーションの作成においてもQuadroの出番です。趣味や仕事でPhotshopを使用している方もその恩恵を得られます。このように幅広い用途で活用できるのが魅力です。ただし、バーチャルリアリティには最適というわけではありません。いわゆる”VRREADY”のロゴが付くのはもう一つ上のQuadro P4000からです。

4K解像度の出力ができる

monitor
4Kモニターに出力することが可能です。Displayportが4つありますので、最大4モニターまでケーブルを繋げるだけでできます。

もちろん10bit出力にも対応していますので、RAW生データ、HDRI画像も綺麗に描写することができます。RAW現像(lightroom)自体にはそれほど高い性能のグラフィックボードは必要ありませんが、10bitにこだわる方には嬉しいですね。

Quadro P2000のベンチマーク

SiSoft SANDRA

sisoft sandrasisoftp2200

Quadro P4000よりも70%パフォーマンスが低いです。ミドルクラスのグラフィックボードとしては十分なスコアです。

SPECviewperf v12.1.1

SPECviewperf13SPECviewperf quadrop2200

Quadro P4000との差は30%-35%です。Radeon Pro WX 7100よりも高くなっています。

LuxMark

luxmarkLuxMarkquadrop2200

この序列の中では一番下ですが、Quadroシリーズで見れば中間です。Quadro P4000やQuadro P5000との差は大きいです。

3DMark Time Spy

timespycpuquadrop2000-timespy (2)

ゲームプレイを想定したベンチマークソフトです。GeForce GTX 1080との差は95%と大きいです。これがゲーム特化型のGeForceの特徴です。

Quadro P2000搭載のおすすめBTOパソコン

SENSE-R039-i5K-QZS(パソコン工房)

sensepc
価格:127,980円
CPU:Core i5-9600K
GPU:Quadro P2000
メモリ:8GB
SSD:240GB
HDD:非搭載

Core i5-9600Kを搭載したクリエイター向けモデルです。オーバークロックにも対応していて性能を引き上げることもできます。メモリ8GB、SSD 240GBと構成が控え目なためカスタマイズ前提で購入すると良いでしょう。

SENSE-R040-i7-QZ(パソコン工房)

sensepc
価格:138,980円
CPU:Core i7-9700
GPU:Quadro P2000
メモリ:8GB
SSD:非搭載
HDD:1TB

非常に価格が抑えられたモデルです。CPUにはマルチスレッド性能の高さに定評のあるCore i7-9700を搭載しています。この価格で8コアが手に入るのは嬉しいですね。メモリ8GB、HDD 1TBと最低限のスペックになっています。予算に合わせてメモリやSSDをカスタマイズすると良いですね。もちろんこのままでも問題ありません。

raytrek ZQ2(ドスパラ)

raytrek-V MX
価格:189,980円
CPU:Core i7-9700KF
GPU:Quadro P2000
メモリ:16GB
SSD:500GB 1TB
HDD:非搭載

ドスパラの売れ筋モデルの一つで人気があります。CPUには8コアで高い性能を持つCore i7-9700KFを搭載し、Quadro P2000との相性は良好です。メモリ16GBで負荷の掛かる作業も快適に行なえます。また、SSD 1TBと大容量ストレージを備えています。大量のデータを高速で取り扱うことが可能です。3D CADで存分に力を発揮します。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Quadro P2000の性能スペックと搭載BTOパソコンを紹介しました。P2000は、3D CADや3Dビジュアライゼーションで性能を発揮するグラボです。プロフェッショナルの方におすすめです。Quadro P2200の登場によって搭載モデルは消滅しています。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当ページベンチマークテスト環境

CPUIntel Core i7-5960X
マザーボードAsus X99 Deluxe
メモリ16GB Corsair DDR4-2133
ソフトウェアWindows 10 Pro x64