asusgtx1050ti画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

管理人管理人

当記事では、「GeForce GTX 1050 Tiの性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。Pascal世代の低価格帯を支えるモデルです。ゲームプレイにおいてもフルHD環境下であれば十分に対応することができます。ある程度設定面での妥協が必要になります。

また、クリエイター向けモデルとしても予算を抑えたい方必見のグラフィックボードだと言えます。すでに後継モデルであるGTX 1650がリリースされているのですが、昨今の半導体不足の影響もあってGTX 1050 Tiが復活しています。現在はマウスコンピューターで取り扱いがあります。

GTX 1050 Tiの性能スペック紹介【GTX 1050と比較】

 GTX 1050 TiGTX 1050GTX 950
コードネームPacalPacalMaxwell
プロセス14nm14nm28nm
トランジスタ数33.0億33.0億29.4億
ダイサイズ132 mm²132 mm²228 mm²
GPUGP107GP107GM206
CUDAコア768基640基768基
ベースクロック1290MHz1354MHz1024MHz
ブーストクロック1392MHz1455MHz1188MHz
GPUメモリGDDR5 4GBGDDR5 2GBGDDR5 2GB
メモリバス128 bit128 bit128 bit
メモリバンド幅112.1 GB/s112.1 GB/s105.8 GB/s
TDP75W75W90W
単体価格$139$109$159
発売日2016/10/252016/10/252015/08/20
GTX 1050 Tiの性能スペックについて従来モデルのGTX 950と下位モデルのGTX 1050との比較で見ていきましょう。Maxwell世代のGTX 950では28nmプロセスが採用されていましたが、GTX 1050 Tiでは新しい14nmプロセスが採用されています。トランジスタ数が10%弱増えていますが、ダイサイズは40%以上も小さくなりました。プロセスの微細化による恩恵です。

GTX 1050 TiのCUDAコア数は従来モデルのGTX 950と共通です。ベースクロックが25%アップ、ブーストクロックは15%アップとなっています。さらに、GPUメモリ容量も2GBから4GBへと倍増です。メモリバスは同じ128 bitでメモリバンド幅は微増に留まります。TDPは90Wから75Wへと15%ダウンです。価格は$20安くなりました。50番台でもTiシリーズなら十分なスペックを持っています。

下位モデルのGTX 1050と比較していきます。基本的にはGTX 1050 Tiのスペックダウンバージョンです。プロセス・トランジスタ数・ダイサイズは共通です。CUDAコアはGTX 1050 Tiの80%弱に留まります。ベースクロックはGTX 1050 Tiよりも5%高く、ブーストクロックもGTX 1050 Tiよりも4%高いです。GPUメモリ容量は半分の2GBに留まります。TDPは75Wと変わりません。価格は22%安く$109となります。

GTX 1050 Tiってどんなグラフィックボード?

Pascal世代の中でも後発の新しいモデル

videocard
GTX 1050 Tiは2016年10月にリリースされたグラフィックボードです。Pascal世代の先発モデルとして2016年5月にリリースされたGTX 1080に比べて5ヶ月遅れました。NVIDIA製グラフィックボードは上位モデルからリリースされるのが一般的です。遅くなっただけではなくきちんと進化しているのが特徴です。

その目玉はプロセッサコアGP107を採用している点にあります。プロセスサイズも16nmから14nmと小型化が実現しています。また、GTX 950やGTX 960で採用されていたGM206よりも40%ダイサイズが小さくなっているにもかかわらずトランジスタ数は10%向上しています。当然省電力性にも磨きがかかります。まさに最新のGPUコアだと言えます。

ゲーミング用途としても使える高パフォーマンスモデル

gamedeveloper
GTX 1050 Tiになるとゲーミング用途でも活躍します。フルHD環境でのプレイであれば十分対応することができます。設定を調整すれば60fps以上を安定した出すことができます。現在GTX 750 Tiなど数世代前のグラフィックボードを利用している方にとっては性能差を体験することができると思います。ただし、高設定にこだわりたい方やVRのプレイを考えている方にとっては性能不足です。

補助電源が不要で省電力なグラフィックボード

syoueneGTX1050Tiは補助電源が不要なグラフィックボードの中で最も高性能となっています。下位モデルでらうGTX 1050も不要ですがゲーミング性能はGTX 1050 Tiの方が優勢です。消費電力は75Wと非常に低く抑えられています。ゲームプレイにおいても70W弱までしか増えずGTX 1060 6GBと比べても40%程度消費電力が低くなっています。

電源ユニットの容量もそれほど要求されないため流用で対応しやすいと言えます。また、補助電源がいらないということはPCケースの専有スペースを抑えられるのもメリットです。気軽にグラフィックボードを増設したいという方も必見です。

GTX 1050 Tiのベンチマーク紹介

純粋にGTX 1050 Tiの性能を知るのにベンチマークは参考になります。また、他のグラフィックボードと比較もしやすく、直感的に理解することができるでしょう。当ベンチマークはすべて最高設定での数値となっています。ぜひ参考にしてくださいね。

テスト環境

CPUCore i7-6700K
マザーボードASUS Z170
メモリ16GB
SSDPatriot Ignite 960GB
電源ユニットAntec HCP-1200 1200W
冷却システムCryorig R1 Universal 2x 140 mm fan
ソフトウェアWindows 10 64-bit
ディスプレイAcer CB240HYKbmjdpr 24インチ
参照サイト:MSI GTX 1050 Ti Gaming X 4 GB Review (TECHPOWERUP)

ベンチマーク一覧(1920×1080)

Battlefield 4

battlefield4gtx1050ti-battlefield4

このぐらいのタイトルなら最高設定でもゲームプレイが可能です。一般的なモニターを想定するのであれば十分でしょう。設定を下げれば60fps以上でゲームをプレイすることができます。GTX 1050よりも10%程度フレームレートが高いです。従来モデルのGTX 950よりも35%も高性能です。GTX 1060 3GBよりも33%劣ります。60番台との差は大きいですね。

DOOM

doomgtx1050tigtx1050ti-doom

Doomはギリギリのラインとなります。ある程度は最高設定でもプレイすることが可能ですが、環境次第でカクカクしてしまうことがあるので、場合によっては設定を調整する必要があります。GTX 1050よりも35%以上もフレームレートが高いです。GTX 950よりも70%程度フレームレートが伸びています。GTX 1050 Tiになるとワンランク高いゲーミング性能を得られます。

Fallout 4

falloutgtx1050tigtx1050ti-fallout

Fallout 4では52.9fpsとなりました。GTX 1050よりも10%程度高く、GTX 950よりも25%程度高いです。最高設定で60fps安定は難しそうです。設定を下げる必要がありますね。Radeon R9 390ならさらに30%フレームレートが高くなります。

Grand Theft Auto V

gtagtx1050tigtx1050ti-gta5

Grand Theft Auto VならGTX 1050 Tiでも最高設定で問題なくプレイすることができます。GTX 1050 Tiでも十分ゲームができるということがわかります。GTX 1050よりも10%高く、GTX 950よりも30%高いです。GTX 950からの伸びは眼を見張るものがあります。下位モデルと比べても余裕が出ていますね。60番台のグラフィックボードとの差は大きいです。

Hitman

hitmangtx1050tihitmangtx1050ti

Hitmanのベンチマークは少しやっかいです。基本的にはAMD製グラフィックボードと相性がよくスコアが伸びがちです。GTX 1050 Tiは46.4fpsを叩き出しており十分なスコアでしょう。設定を下げればゲームプレイも可能です。しかし、Radeon R9 390になると73.7fpsと60%も上になってしまう結果となりました。他のベンチマークと比べても差は明らかですね。どうやらGPUメモリ容量が重要になってくるのではないかと思います。例外的なタイトルだと言えますので参考程度に考えておきましょう。もしプレイする予定があるのであれば設定を落として対応しましょう。

GTX 1050 Ti搭載のおすすめBTOパソコン

G-Tune PL-B-1050Ti(マウスコンピューター)

G-TunePL-B-1050Ti価格:109,780円(税込)
CPU:Core i5-10400
GPU:GeForce GTX 1050 Ti
メモリ:DDR4-2666 8GB
SSD:256GB NVMe
HDD:非搭載

公式
キューブ型のゲーミングPCという分類です。GTX 1050 Ti×Core i5-10400の構成はバランスが良くコスパが高くなっています。もちろんゲーム以外の用途でも使用可能です。RAW現像や動画編集などにも対応することができます。メモリ8GB、SSD 256GBと構成は控え目ですが、価格が10万円台と抑えられているのは魅力的です。

DAIV Z5-CM-1050Ti(マウスコンピューター)

DAIV-A5価格:142,780円(税込)
CPU:Core i7-10700F
GPU:GeForce GTX 1050 Ti
メモリ:DDR4-2666 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式
マウスコンピューターのクリエイターブランド「DAIV」のGTX 1050 Ti搭載モデルです。クリエイターモデルということでPCケースにこだわりがあり、排熱性能や機能性が高くなっています。一般モデルと比べて割高ですが、その差額分の価値があると言えます。デザイン性の良さも人気の秘密です。CPUにはハイクラスのCore i7-10700Fを搭載しています。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高く動画編集や画像編集にも対応しやすいです。メモリ16GBと余裕のある容量も心強いです。

DAIV A5-1050Ti(マウスコンピューター)

DAIV-A5価格:153,780円(税込)
CPU:Ryzen 7 3700X
GPU:GeForce GTX 1050 Ti
メモリ:DDR4-2666 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式
GTX 1050 Ti×Ryzen 7 3700X搭載のクリエイターPCです。CPU性能の高さが特徴です。まさにクリエイター作業を行うのに適しています。動画編集・画像編集・WEBデザインなど幅広い用途に使用可能です。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も充実しています。

GTX 1050 Tiはこんな方におすすめ!

管理人管理人

GTX 1050 Tiはとにかく安くグラフィックボード搭載モデルを作りたいあるいはBTOパソコンを購入したいという方におすすめです。エントリークラスのGTX 1050に+数千円で購入することができるのが最大の魅力です。性能的にもフルHD環境下であれは不足はありません。設定を調整すればゲームプレイでストレスを感じることはないでしょう。

ただ、予算がある方は後継モデルのGTX 1650を選択すると良いと思います。性能の底上げが行われていてゲーム適性は向上しています。もっともゲーム側の要求スペックも上がっていますので、予算の許す限り上位モデルを選択するべきだと言えます。ゲーム以外の用途を考えているのであればGTX 1050 Tiでも十分だと思います。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume