rtx2080msi画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

管理人管理人

当記事では、「GeForce RTX2080の性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。2018年9月にRTX20シリーズ第一弾としてRTX2080TiとRTX2080が販売開始となりました。RTX2080は新技術のリアルタイムトレーシングやDLSSを体験するのにぴったりのグラフィックボードです。価格がRTX2080Tiよりも安いので購入しやすいためです。

(+) RTX20シリーズ第一弾のハイクラスグラボ
(+) GTX1080Tiを超えるパフォーマンスを持つ
(-) GTX1080よりも価格が高い

GeForce RTX2080の性能スペック紹介

 RTX 2080RTX 2080 TiGTX1080
コードネームTuringTuringPascal
プロセス12nm12nm16nm
ダイサイズ545mm2754mm2314mm2
トランジスタ数136億個186億個72億個
CUDAコア2944基4352基2560基
ベースクロック1515MHz1350MHz1607MHz
ブーストクロック1710MHz1635MHz1733MHz
VRAM8GB GDDR611GB GDDR68GB GDDR5
メモリ帯域幅448.0 GB/s616.0 GB/s320.3 GB/s
TDP215W250W180W
公式価格$699$1199$599
発売日2018/92018/92017/3
RTX2080は、Turingとなっています。少し前までは、TITAN VoltaがリリースされていたためVoltaがPascalの後継モデルとなると予想されていました。Turingはどちらかというと仮想通貨マイニング向けチップだと予想されていたのです。しかし、RTコアとTuringコアを採用し革新的なデザインとなって新たに誕生しました。

GTX 1080と比べるとプロセスが16nm→12nmへと縮小されています。ただし、RTコアとTuringコアが増えたことでダイサイズが75%拡大。トランジスタ数も90%アップしています。CUDAコア数は2560→2944と15アップして、クロック周波数は10%-16%低くなっています。全体的な性能は向上しGTX1080よりも一つ上のGTX1080Tiを超える性能を持っています。

メモリ規格に関してもGDDR6へのアップグレードされメモリ帯域幅が40%アップされています。よりパワー効率がアップしていると言えます。その分消費電力は180W→215Wへと約20%アップ。価格は$100アップして$699となっています。日本円だと10万円~13万円と高額です。なお、一つ上のRTX2080Tiになると$1199で日本円だと17万円~20万円とこれまでにない価格設定となっています。性能はずば抜けてしますが、なかなか手を出せる価格帯ではありません。

TU104グラフィックプロセッサー搭載(中上級者向け)

  • TU102=RTX2080Ti
  • TU104=RTX2080
  • TU106=RTX2070

RTX2080ではTU104が搭載されています。Turing世代で2番目に大きいシリコンとなっています。13.6億のトランジスター数を持ち先代モデルよりも大きいです。Turingアーキテクチャでの根本的な階層は変わっていません。変わったのは、GPUの個々のサブユニットであるストリーミングプロセッサー(SM)がCUDAコア、RTコア、Tensorコアを抱えていてGPUの非同期コンピューターパフォーマンスを改善させています。

前世代のTU104とは異なり6つのGPCを搭載。それぞれのGPCには4つのTPCがあります。そして1つのTPC当たり2つのSMが搭載されています。それぞれのSMにはCUDAコア64基、Tensorコア8基、RTコア1基を持っています。つまり、CUDAコア512基、Tensorコア64基、RTコア8基となります。全てを合計するとCUDAコア3072基、Tensorコア384基、RTコア48基搭載されているということです。RTX2080では、このTU104で2つのSMあるいは1つのTPCを無効化することで作り出していて、CUDAコア2944基、Tensorコア368基、RTコア46基となります。

GeForce RTX2080ってどんなグラフィックボード?

4K解像度で快適にゲームができる

RTX2080は既存のタイトルで高いパフォーマンスを発揮します。性能的にはPascal世代のフラグシップモデルであるGTX1080Tiよりも約10%高い性能を持っています。WQHDはもちろん4K解像度でのゲームプレイを考えている方におすすめです。当面の間は性能不足とは無縁のグラフィックボードだと言えます。グラフィックボードとのバランスを考えてCPUはできればCore i5以上を選択しましょう。

GTX1080Tiとの差別化がうまくできていない

GTX1080Tiよりも高い性能を持っているのは魅力的だと思います。しかし、価格を比較するとコストパフォーマンスについては良くないことがわかります。登場したてということもあり明らかに割高です。RTX2080は10万円~、GTX1080Tiは8万円台後半から購入することができます。正直既存のタイトルでその性能差を体感することは難しいでしょう。

RT20シリーズを選ぶ理由としては、新技術であるRTコアやDLSSなどです。これらはよりリアルなグラフィックスを描写することができる技術です。しかし、まだゲーム側での対応が追いついておらず先行投資の意味合いが強くなります。コスパだけを考えると割安なGTX1080Tiも選択してくださいね。BTOパソコンについても同じことが言えます。旧モデルということで安くなっているので狙い目かもしれません。

GeForce RTX2080のベンチマークを紹介

実際のゲームプレイでのフレームレートを計測しています。WQHD及び4K解像度+最高設定が基本です。RTX2080の場合は4K解像度の数値を見ておけば良いと思います。それ以下なら基本的には余裕です。

Battlefield 1(DirectX 12)

battlefieldgtx1050tirtx2080battle

GTX1080Tiよりも3%-7%フレームレートが高いです。GTX1080と比較すると30%高くなっています。4K解像度でも最高設定でぬるぬるゲームがプレイできます。GTX1080よりも余裕を持てるのが嬉しいですね。

Far Cry 5(DirectX 11)

farcry5rtx2080farcry5

重めのFar Cry 5でも4K解像度でサクサクゲームをプレイすることができます。GTX1080だと47.0FPSとかなり低くなっていますが、RTX2080だと62.4FPSと明らかに性能が高くなっていることがわかります。GTX1080Tiよりも4%高くなっています。

Civilization VI(DirectX 11)

civ6gtx1050tirtx2080vic6

WQHDに関してはCPUがボトルネックとなり上位の差がそれほど大きくありません。4K解像度になると開放されて性能差が出てきます。上位のRTX2080Tiと比べると20%以上の差が出ています。それでもRTX2080でも100FPS以上出ているので性能不足になるということはありません。RTX2080Tiの性能の高さが際立ちますね。

Grand Theft Auto V(DirectX 12)

gtagtx1050tirtx2080gta5

GTX1080Tiとほぼ同等のスコアとなっています。GTX1080と比較すると30%以上高く4K解像度でも81.4FPSと高いフレームレートを計測。RTX2080Tiになるとさらに30%高くしっかりと性能差があることがわかります。これほど性能が必要かどうかは別問題ですが、将来性は高いと言えます。

Hitman(DirectX 12)

hitmangtx1050tirtx2080hitman

RTX2080は4K解像度で76.7FPS、WQHDで135.4FPSと高いフレームレートとなっています。GTX1080Tiと比べて10%-15%スコアが高いです。GTX1080からの進化の度合いに驚きです。

GeForce RTX2080の消費電力&発熱

消費電力

rtx2080watt

RTX20シリーズはパワー効率がPascal世代からかなり改善されています。GTX1080Tiよりも高い性能を持っているものの消費電力は15%ほど抑えられています。性能差を考えると非常に優秀ですね。RTコアやTensorコアが増えても消費電力が低いのはさすがです。一段とRadeonとの差を広げた形になります。

温度

rtx2070temp

温度はご覧のとおりです。性能が上がるごとに発熱も上がります。当然排熱についても考える必要がありますね。


RTX2080搭載のおすすめBTOパソコン

GALLERIA ZG i7-9700K搭載(ガレリア)

galleriaxj
価格:239,980円 229,980円
CPU:Core i7-9700KF
GPU:GeForce RTX 2080
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:3TB



RTX2080×i7-9700KF搭載のゲーミングPCです。最新のグラフィックボードに最新のCPUを搭載した注目の一台です。メモリ16GB、SSD 512GB、HDD 3TBと構成も充実しています。電源ユニットにはSILVERSTONE 750W PLATINUMを採用し高性能PCパーツを裏側で支えてくれます。

SR-ii9-8830G/S3/GR/W10/LW(パソコンショップセブン)

z9neo
価格:256,800円
CPU:Core i9-9900K
GPU:GeForce RTX 2080
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB
HDD:2TB



GALLERIA ZGのCPUをi9-9900Kにアップグレードしたモデルです。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高くなっています。Ryzen 7を意識したモデルだと言えます。ゲームはもちろん動画編集などにも対応できる万能CPUです。構成を落としている分GALLERIA ZGよりも安く設定されています。

EXTGEAR i690PA4-SP(G-Tune)

nextgearnew
価格:259,980円
CPU:Core i7-9700K
GPU:GeForce RTX 2080
メモリ:DDR4 16GB
SSD:NVMe対応M.2 512GB
HDD:1TB



SSDにNVMe対応M.2の高性能モデルを搭載しているのが特徴です。通常のSSDよりも高価かつ高性能でパソコン作業の快適性に繋がります。構成的にはGALLERIA ZGと非常に似ていますね。価格が安い分十分選択肢に入れても良いでしょう。

RTX2080はこんな方におすすめ!

管理人管理人

RTX2080は、Turings世代で二番目の高い性能を持つグラフィックボードです。WQHD及び4K解像度でのゲームプレイにおいてはGTX1080Tiよりも10%ほど高いパフォーマンスを発揮。上位モデルのRTX2080Tiより30%性能を落としています。価格もRTX2080Tiよりも手頃なのは嬉しいですね。

RTX2080は4K解像度でゲームをプレイしたい方や将来性の高いグラフィックボードを探している方におすすめです。非常に高い性能を持ちリアルタイムトレーシングやDLSSなどの最新技術も投入されています。これらの技術に魅力を感じてる方であれば買いです。価格を重視するのであればPascal世代のGTX1080Tiも選択肢に入れても良いと思います。数万円安く同等の性能を手に入れることができます。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-8700、 i7-8550U等
gpu

GeForce GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当ページベンチマークテスト環境

CPUCore i7-7700K
マザーボードASUS Z270
メモリ16GB
SSDPatriot Ignite 960GB
電源ユニットAntec HCP-1200 1200W
冷却システムCryorig R1 Universal 2x 140 mm fan
ソフトウェアWindows 10 64-bit
ディスプレイAcer CB240HYKbmjdpr 24インチ