gtx1070画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

管理人管理人

当記事では、「GeForce GTX1070の性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。ハイエンドモデルのGTX1080と同じくPascal第一弾として登場。GTX1070はPascal世代のNVIDIAのグラフィックボードにおいてちょうど中間に位置するミドルクラス(エンド)のグラフィックボードです。真ん中ということは多くのゲーマーが購入したくなる性能を持っているということです。各種ベンチマークを元にパフォーマンスを見ていきましょう。後継モデルの「RTX2070」が販売されています。

(+) Full HD/WQHD下で最高のパフォーマンスを発揮
(+) Maxwell世代のTITAN XやGTX980Tiを凌駕
(+) Maxwell世代からでも性能差を体感できる
(-) やはりGTX1070Tiの登場で表に出ない

GTX1070の性能スペック紹介

 GTX1070GTX1070TiGTX980Ti
コードネームPascalPascalMaxwell
CUDAコア1920基2432基2048基
ベースクロック1506MHz1607MHz1000MHz
ブーストクロック1683MHz1683MHz1076MHz
VRAM8GB8GB6GB
TDP150W180W250W
公式価格$379$449$649
国内価格47,800円57,980円69,811円
発売日2016/6/102017/11/22015/6/1
重要なポイントだけ比較しておきましょう。GTX1070は、Pascal世代のグラフィックボードです。前世代と比べると性能的にはGTX970ではなくGTX980Tiとなります。ぱっとスペックを見ても優秀なことがわかります。CUDAコアは5%低いもののベースクロック及びブーストクロックに関してはおよそ2倍と大幅にアップしています。

これらはグラフィックボードの処理能力を計るのに重要な指標です。基本的には数値が高ければ高いほど高性能と考えて問題ありません。GPUメモリについても8GBにアップして先代のフラグシップモデルを圧倒。およそ1年で明らかにグラフィックボード市場が変わりました。

GTX1070が発売されてからおよそ1年半後最後のPascal世代のグラフィックボードとしてGTX1070Tiが登場しました。GTX1070よりの価格でありながらGTX1080に匹敵する性能を持つ魅力的な製品です。このモデルの登場でGTX1070の存在感が薄くなってしまいました。将来性を考えるとGTX1070Tiに軍配が上がりますが、省電力製などを含めてGTX1070の性能の高さは衰えることはありません。

内部的にもMaxwell世代から大きく進化(中上級者向け)

内部的にも大きな技術の進歩が見られます。GP104はグラフィックボードの核となる部分です。まず、Maxwell世代に比べてGPUプロセスが28nm→16nmが小型化されています。結果的にダイサイズも小さくすることができ、省電力化とパワーの効率化を実現しています。GTX980と比べてトランジスタが10%減っていてもベースクロックなどが総合的に上がっているのは小型のためです。今回のPascal世代で大きく変わった点だと言えます。

なお、GTX1080と同じGP104 GPUを採用していますが、20個ある演算装置の5つを使えなくすることでGTX1080と差別化しています。1つの演算装置で128のシェダーコアがありますので、5×128=624個コアが少ないということですね。また、メモリについてもGDDR5XではなくGDDR5を使用しています。これらを総合するとGTX1080のおよそ70%の性能となります。意外とここの性能差は大きいですね。そう考えるとGTX1070Tiの登場は必然だと言えるかもしれません。

GTX1070ってどんなグラフィックボード?

Full HD/WQHDでのゲームプレイに最適な高コスパグラボ

Full HD及びWQHDでのゲームプレイにおいて高いパフォーマンスを発揮します。ほぼすべてのタイトルで安定して60FPS(>60FPS=ヌルヌル動くということ)を叩き出しますので、安心感があります。GTX1060と比べても数値に余裕がありますので、将来性も高くなっていると言えます。4K解像度でのゲームプレイを想定しない方にとっては良い選択肢になります。もちろん話題のPUBGもプレイできますよ!

参考:GTX1070の総合性能
gtx1070sougou

総合性能を見るとおおよそ中間に位置することがわかります。GTX1060よりも一回り性能がアップしています。GTX1080との差は大きいですが、ゲームプレイにおいて不足はありません。AMDのフラグシップモデルであるRX Vega 64に匹敵する性能を持っていることがわかります。GTX1070では物足りないなと思えばGTX1070Tiを選択するのも一つの手です。

BTOメーカーのラインアップは減少傾向にある

dosgalleriabrand
GTX1070Tiが販売されてからGTX1070のラインナップが減少しました。ドスパラに関してはもはやラインナップに一台もありません。マウスコンピューター(G-Tune)など限られたショップでのみ購入することができます。BTOパソコンの購入を考えている方はGTX1070Tiを選択肢に入れると良いでしょう。


GTX1070のベンチマークを紹介

GTX1070のベンチマークをみながら性能についての理解を深めましょう。上記の総合性能だけでなくもっと細かく知りたいという方向けです。注目すべきはGTX980Ti及びGTX1070Tiとの差ですね。

テスト環境

CPUCore i7-7700K
マザーボードASUS Z270
メモリ16GB
SSDPatriot Ignite 960GB
電源ユニットAntec HCP-1200 1200W
冷却システムCryorig R1 Universal 2x 140 mm fan
ソフトウェアWindows 10 64-bit
ディスプレイAcer CB240HYKbmjdpr 24インチ
参照サイト:MSI GTX 1070 Ti Gaming 8 GB Review (TECHPOWERUP)

ベンチマーク一覧

Battlefield 1(DirectX 12)

battlefieldgtx1050tigtx1070battlefiled

WQHD環境で余裕の80FPS超えです。4K解像度だと設定を調整しないと対応できません。GTX980Tiと比べるとおよそ18%性能がアップしています。GTX1070Tiとだとおよそ10%ダウンですね。

DOOM(Vulkan)

doomgtx1050tigtx1070doom

GTX1070についてはBattlefiedと似たスコアです。注目すべきはGTX1070TiがGTX1080を上回っている点です。Vulkanは最新API採用のタイトルですが、GTX1070Tiの将来性の高さが伺えます。

Civilization VI(DirectX 11)

civ6gtx1050tigtx1070civ6

スコアが伸びません。CPUのボトルネックがあるのだと考えられます。このクラスならGTX1070でも最高設定でゲームプレイをすることができます。GTX980Tiと比較すると6%程度の差しか出ていないので高性能なグラフィックボードは不要だと思います。

Grand Theft Auto V(DirectX 12)

gtagtx1050tigtx1070gta5

総合性能通りの数値が出ています。WQHDでは102.2FPS、4Kでも50.8FPSと高数値です。ただ、4K解像度では設定を落とさないとだめですね。GTX980Tiとの性能差は10%です。GTX900番台を過去のものにしています。

Hitman(DirectX 12)

hitmangtx1050tigtx1070hitman

86.3FPSと十分な数値が出ています。さすがに4Kでのプレイは設定を調整しないといけませんが、性能の高さがわかります。GTX1070Tiになると15%高い数値が出ています。GTX1070Tiでも4K解像度は調整変更が必須なことを考えるとGTX1070のコスパの高さが光ります。

Watch Dogs 2(DirectX 11)

watchdogs2gtx1070tiwatchdog2

要求スペックの高いタイトルです。WQHDでも49.1FPSと苦戦しています。GTX1070Tiでも55.2FPSですね。グラフィックボードを交換するよりもCPU性能を高くする方が安定するかもしれません。

GTX1070の消費電力&発熱

消費電力

gtx1070power

GTX1070は消費電力が低く強みになっています。GTX1070Tiは性能は高いのですがそれに比例して20%も消費電力が高くGTX1080よりも高くなってしまっています。性能/消費電力で見るとGTX1070は優秀です。

温度

gtx1070temp

温度についてもかなり抑えられています。なかなか目に見えない部分で評価が高いです。

GTX1070搭載のおすすめBTOパソコン

NEXTGEAR-MICRO im610GA1(G-Tune)

nextgearnew
価格:174,800円
CPU:Core i7-8700
GPU:GeForce GTX1070
メモリ:DDR4 8GB
SSD:240GB
HDD:2TB



G-Tuneはマウスコンピューターのゲーミングブランドです。CPUにはハイエンドのCore i7-8700を搭載していてバランスも良くなっています。SSD 240GB搭載モデルとしては価格が安いのが嬉しいですね。また、メモリも16GBで万全です。

DAIV-DGZ530S3-S2(マウスコンピューター)

DAIV-DGZ520H5-SH5
価格:179,800円
CPU:Core i7-8700
GPU:GeForce GTX1070
メモリ:DDR4 16GB
SSD:240GB
HDD:非搭載



DAIVはマウスコンピューターのクリエイター向けPCブランドです。「NEXTGEAR-MICRO im610GA1」と比べるとメモリ16GBと性能の底上げが行われています。RAW現像、動画編集、Auto CADなどを使用する方必見です。当然ゲーミングとしても利用できます。NEXTGEARとの違いはブランドとケースぐらいです。中身に大きな違いがあるわけではありません。

GTX1070はこんな方におすすめ!

管理人管理人

当記事ではGTX1070の性能スペック検証及びおすすめのBTOパソコンを紹介しました。GTX1070は、WQHDに特化したグラフィックボードと考えると優秀です。消費電力、発熱も抑えられているのでパフォーマンスは高いです。

GTX1070Tiは少し高い、あるいはオーバースペックと考えている方に最適ですね。また、買い替えだとGTX900番台からであればどのクラスからでも性能差を体感できます。600番台や700番台からだと性能の高さに驚くでしょう。

おすすめのBTOパソコンはG-Tuneの「NEXTGEAR-MICRO im610GA1」です。価格が安くオトクさを感じます。変わりどころだとクリエイター向けモデルの「DAIV-DGZ530S3-S2」です。クリエイター向けとは言え性能面でゲーミングPCと違いがあるわけではありません。確かにケースがクリエイターっぽいですね。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-8700、 i7-8550U等
gpu

GeForce GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume