gtx1660timsi画像引用元:https://www.msi.com/

管理人管理人

当記事では、「GeForce GTX 1660 Tiの性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。2019年2月に発売開始となったミドルクラスのグラフィックボードです。2018年後半から最新のRTX20シリーズが続々と登場しました。

リアルタイムレイトレーシングやDLSSといった最新技術が投入される中で、ライトユーザーにとっては価格が高い分手を出しにくいという側面もありました。そこに価格を抑えたGTX 16シリーズの最新モデルが登場し注目を集めています。GeForce RTX 2060からレイトレーシング及びDLSSといった機能をなくしてパフォーマンスを引き下げたモデルです。事前に海外メディアではリーク情報が出ていたので心待ちにされていた方も多いと思います。

一時は半導体不足の影響でGTX 1660 Ti搭載モデルに変わってGTX 1660 SuperGTX 1660が販売されていました。今はGTX 1660 Tiの供給も安定してきているようでラインナップが増えて来ています。それでは詳しく性能を見ていきましょう。

(+) GTX 1070/RX 590を超える高い性能を持っている
(+) エナジー効率が良く静かなグラフィックボード
(+) 搭載BTOパソコンは増えて来ている
(-) レイトレーシング・DLSS機能は搭載されていない

GeForce GTX 1660 Tiの性能スペック紹介

 GTX1660TiRTX2060GTX1060
コードネームTuringTuringPascal
プロセス12nm212nm216nm2
ダイサイズ284m㎡445m㎡200m㎡
トランジスタ数66億108億44億
CUDAコア1536基1920基1280基
ベースクロック1500MHz1365MHz1506MHz
ブーストクロック1770MHz1680MHz1708MHz
VRAM6GB GDDR66GB GDDR66GB GGDR5
メモリ帯域幅288GB/s336GB/s256GB/s
TDP120W160W120W
公式価格$279$350$250
発売日2019/02/2019/01/2016/06/
GTX 1660 Tiは、Turing世代の最新グラフィックボードです。RTX 2060の価格が高いことから思った以上に人気が出ずこのGTX 1660 Tiに期待されています。RTX 2060を選択するのであればRTX 2070を選ぶという方が多いですね。レイトレーシングを存分に体験するのには中途半端かもしれませんね。比較対象としてふさわしいのはRTX 20シリーズの60番台とPascal世代の60番台ということになります。

RTX 2060でもGTX 1660 Tiでも次世代シリーズ共通の12n㎡プロセスを採用しています。プロセスは共通ですが、GTX 1660 TiではRTコアとTensorコアをなくしています。GTX 1660 Tiの立場としては、RTX 2060のスペックダウンバージョンということです。その分ダイサイズが小さく省電力に磨きが掛かっていると言えるでしょう。また、CUDAコア数も25%ダウン、クロック周波数を10%アップとスペック的に変更されています。一部の機能をなくすことで課題の消費電力も25%落とすことに成功しました。価格も$279と手頃な価格となっています。やっと60番台らしさが出てきました。

前世代のGTX 1060 6GBと比較していきましょう。まず、GTX 1660 Tiではプロセスが16n㎡→12n㎡へと縮小化されているのが強みですね。これにより搭載できるトランジスタ量が増えます。ベースクロック周波数はほぼ同等でブーストクロック周波数は4%アップされています。CUDAコアが20%アップとベース性能が大きく向上しました。さらに、GPUメモリ(VRAM)が最新のGDDR6へとアップグレードされています。従来のGDDR5と比べて高性能かつ省電力が特徴です。次世代GPUメモリということになります。

最新アーキテクチャのTU116を採用(中上級者向け)

GTX 1660 Tiでは新設計のTU116を採用しています。一方、RTX 2060ではTU106を採用しています。どうして2つのグラフィックボードでアーキテクチャを変えているのかその理由を探っていきましょう。簡単に言うとリアルタイムレイトレーシングなど最新技術を活かすには一定以上の性能が必要で$350以下の価格では実現が難しいからです。

FULL HD環境でさえ快適なゲームプレイを保証するには最低限のRTコア及びCUDAコアが必要です。なぜなら、リアルタイムレイトレーシングの機能をONにするとおよそ30%パフォーマンスが低下するからです。つまり、一定のポイント以下にスケールダウンすると性能不足になりリアルタイムレイトレーシングを使用できなくなります。RTX 2060がちょうどぎりぎりFULL HD環境でRTXを活かせるグラフィックボードの境界線です。

GTX 1660 Tiは、最新技術にこだわるのではなくできる限りコストパフォーマンスのよいGPUを作ることにフォーカスした製品です。具体的には物理的にRTコアを排除することでチップを縮小化することができます。Tensorコアもなくしたことでよりトランジスタを有効活用できます。残ったCUDAコアはTuringアーキテクチャを最大限活かしつつ、12nmプロセスによるIPCの増加及び高いクロック周波数の限界値によって恩恵を得られます。これが新しい「TU116」ということです。

TU116を採用することで$279と価格が抑えられています。今後登場が予定されるGTX 1660やGTX 1650も同様のTU116が採用されると予想されます。GTX 1660 TiではフルスペックのTU116を採用し、GTX 1660やGTX 1650では一部無効化をして対応するでしょう。GTX 1660 Ti自体Pascal世代のGTX 1060 6GBよりも$60より高くなっていることを考えると純粋な後継モデルとは言えません。それでも今後価格が落ち着いて同じ水準になる可能性もあります。そうなったら初めて後継モデルと言えるのかもしれませんね。

GeForce GTX 1660 Tiってどんなグラフィックボード?

ゲーマーから求められていたグラフィックボードが登場

GTX 1660 Tiは多くのゲーマーが待ちわびていたグラフィックボードです。NVIDIAは、GTX 1660 Tiを発売することでこれまでのRTX 20シリーズと2つの全く異なるゲーマー層をターゲットにすることができます。まずこれまでのRTX 20シリーズはAAAタイトルでWQHD環境あるいは4K解像度でのゲームプレイをしたいあるいはリアルタイムレイトレーシングなど最新技術に興味を持つゲーマーをターゲットにしています。

しかし、RTX 20シリーズは価格が高く万人受けするモデルとは言えません。Anthem、フォートナイトなどのオンラインのマルチプレイヤータイトルをプレイするゲーマー向けだと言えます。最高設定や高解像度でのゲームプレイよりも設定を落としてもレスポンスの良さや高フレームレートを好む層です。多くの方がこの層に当てはまると思います。価格を重視する方にとっては魅力的なグラボになり得ます。

RTX及びDLSSのサポートはない

すでに記載した通りGTX 1660 Tiはリアルタイムレイトレーシング及びDLSSをサポートしていません。RTX 2060の廉価バージョンでそれらに必要なRTコア及びTensorコアを排除しているからです。ただし、これらの最新技術に対応したタイトルがそれほどなく恩恵を得られません。

機能の一部をカットした分価格も安く一般受けするグラフィックボードに仕上がったと言えます。悪く言えばGTX10シリーズから大きな進化があるわけではなくGTX 10シリーズからであれば買い替えの必要はありません。GTX900シリーズからであれば買い替えのメリットはあると思います。

BTOゲーミングPCのラインナップは増えている

2022年1月時点でBTOパソコンのラインナップが増加傾向にあります。GTX 1660 Ti搭載モデルはG-Tune・パソコン工房など主力BTOメーカーから購入することができます。GTX 1660 SuperやGTX 1660よりも性能が高くほとんど価格が変わらないのであればGTX 1660 Tiの方が好ましいです。

GTX 1660 Super/GTX 1660の方が安く購入できるならそちらを選んでも良いと思います。メーカーによってはいずれかのモデルしか販売していないですね。今後RTX 3050 TiやRTX 3050がリリースされればラインナップから消えていくのではないかと思います。

GeForce GTX1660Tiのベンチマークを紹介

実際のゲームプレイにおけるフレームレートをグラフでまとめています。チェックすべきポイントは、旧モデルのGTX 1060 6GBとの性能差及びRTX 2060との性能差です。

Battlefield 5(DirectX 12)

battlefield5gtx1660ti-battlefield

GTX 1660 Tiの性能の高さが光ります。GTX 1060 6GBよりも40%高いフレームレートを計測しています。さらに、上位モデルであるGTX 1070よりもわずかに性能が高くなっています。スペック通りRTX 2060に及ばないもののFULL HD環境やWQHD環境でなら十分通用します。

Far Cry 5(DirectX 11)

farcry5farcry5-gtx1660ti

GTX 1070と同等のフレームレートとなっています。GTX 1060 6GBよりも35-40%程度パフォーマンスが高いです。RX 590よりも高い性能は魅力的ですね。WQHD環境でもヌルヌル動かせることができます。

Civilization VI(DirectX 11)

civ6gtx1050tigtx1660ti-civ6

GTX1060 6GBよりも40%高いフレームレートを計測しました。GTX 1660 TiではWQHD環境でも余裕が生まれています。価格差があることを考えると当然と言えば当然ですが、性能アップは喜ばしいです。RTX 2060とは20%ほどの性能差があります。

Grand Theft Auto V(DirectX 12)

gtagtx1050tigtx1660ti-gta5

GTA5であれば120Hzのゲーミングモニターを活かせます。軽めのタイトルなら余裕の性能です。GTX 1070よりわずか2%劣るものの60番台のグラフィックボードとしては十分です。

Hitman(DirectX 12)

hitmangtx1050tigtx1660ti-hitman2

Hitmanではやや苦戦します。CPUがボトルネックとなりそれほどグラフィックボードの差が出ません。FULL HD環境では60fpsに届きませんでした。RTX 2060になるとフレームレートに余裕が出てきますね。底力ではやはりRTX 2060が有利ですね。

GeForce GTX1660Tiの消費電力&発熱

消費電力

gtx1660ti-watt

スペック上はGTX1060 6GBと同じですが、やはりCUDAコアが増えたことで実環境では消費電力が15%程度上昇しています。それでもGTX 1070よりは抑えられているのでGDDR6の恩恵もあるようです。

温度

gtx1660ti-temp

グラフィックボード本体の温度をまとめています。RTX 2060よりも5%-10%抑えられています。RTコア及びTensorコアはやはり消費電力を上げかつ温度も上昇させてしまうということです。


GeForce GTX 1660 Ti搭載のおすすめBTOパソコン

LEVEL-M0P5-R55G-RXX(パソコン工房)

LEVEL-M0B3-R52-RNJ
価格:140,880円(税込)
CPU:Ryzen 5 5600G
GPU:GeForce GTX 1660 Ti
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式

Ryzen 5 5600Gを搭載したゲーミングPCです。Zen 3アーキテクチャ採用のAPUですが、上位モデルのRyzen 5 5600Xとの差は大きくそれほどおすすめできるわけではありません。同価格帯のCore i5-12400搭載モデルを選択するべきでしょう。場合によってはRTX 3050搭載モデルを候補に入れても良いと思います。より多くの選択肢があります。

LEVEL-M066-124-RXX(パソコン工房)

LEVEL-M0B3-R52-RNJ
価格:149,980円(税込)
CPU:Core i5-12400
GPU:GeForce GTX 1660 Ti
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式

Core i5-11400を搭載したモデルです。6コア12スレッドと高いマルチスレッド性能を持っています。Core i5シリーズでも侮れない水準まで到達しています。動画編集、RAW現像などCPU負荷の掛かる作業のもおすすめです。グラフィックスにはミドルクラスのGTX 1660 Tiを搭載していてFULL HD環境でのゲームプレイに最適です。メモリ16GB、SSD 500GBと構成は充実していますね。カスタマイズ不要で初心者の方でも購入しやすいと思います。

GeForce GTX 1660 Tiはこんな方におすすめ!

管理人管理人

GTX 1660 Tiは価格重視で最新のグラフィックボードが欲しい方向けです。NVIDIAが全面に押し出していたレイトレーシングとDLSSを非搭載とすることで価格が安くなっています。全体的にRTX 20シリーズは価格が上がってしまっているため手を出しにくいあるいはオーバースペックだと考えていた方は多いと思います。確かに、レイトレーシングに対応しているタイトルが少ないことを考えると、特に価格を基準にされる方にとってはこれらの技術にこだわる必要はないのかもしれません。

RTX及びDLSSを搭載するとなるとどうしてもダイサイズが大きくなりコストも上がります。そうなると$300以下の価格帯では収まりませんし、コア数をへらすとなると性能アップを見込めません。RTX自体はNVIDIAにとって高いFPS以上の特別な機能を販売できるので必要なものでしょう。ユーザーにとってもよりリアルなゲームプレイを体験できるのは魅力的ですね。

GTX 1660 Tiは、FULL HD環境で60fpsが出れば良いという人をターゲットにしています。特に安く購入できるのであれば多少設定を下げて対応する方を選ぶ方ですね。今後7nmプロセスの生産が進めば、小さなGPUにもRTXを搭載することができます。それまではGTX 1660 Tiを代替として考えるのも良いでしょう。半導体不足の影響もあってGTX 1660 SuperやGTX 1660搭載モデルと並行して販売中です。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-12700、Core i5-1240P等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

当ページベンチマークテスト環境

CPUCore i7-7700K
マザーボードASUS Z270
メモリ16GB
SSDPatriot Ignite 960GB
電源ユニットAntec HCP-1200 1200W
冷却システムCryorig R1 Universal 2x 140 mm fan
ソフトウェアWindows 10 64-bit
ディスプレイAcer CB240HYKbmjdpr 24インチ
参照サイト:MSI GeForce GTX 1660 Ti Gaming X 6 GB Review(TECHPOWERUP)