gtx1660gigabyte画像引用元:https://www.gigabyte.com/

管理人管理人

当記事では、「GeForce GTX1660の性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。NVIDIAは、GTX 1660 Tiに次いでTuring世代の廉価版グラフィックボードを発売しました。高価なRTX20シリーズからレイトレーシング及びDLSSの技術を非対応としています。RTX20シリーズには手が出なかったけど、新しいグラフィックボードが欲しいと考えている方はぜひ参考にしてくださいね。その魅力について詳しく解説していきます。

(+) GTX 1060 6GBの後継モデル
(+) RX 590を超えるパフォーマンスを持つ
(-) Turing世代でも大きな進化があるわけではない

GeForce GTX1660の総合性能

gtx1660_seinou

Turing世代の最新グラフィックボードであるGeForce GTX 1660は、GTX 1060 6GBよりも10%以上性能が高くなっています。さらに、GTX 1060 3GBと比べると30%近い差があります。少し前に出たGTX 1660 Tiよりも性能は劣るものの安価で人気モデルになる素質があると言えます。性能的に扱いやすくおすすめしやすいです。

GeForce GTX 1660の性能スペック紹介

 GTX1660GTX1660TiGTX1060
コードネームTuringTuringPascal
プロセス12nm212nm216nm2
ダイサイズ284m㎡284m㎡200m㎡
トランジスタ数66億66億44億
CUDAコア1408基1536基1280基
ベースクロック1530MHz1500MHz1506MHz
ブーストクロック1785MHz1770MHz1708MHz
VRAM6GB GDDR56GB GDDR66GB GGDR5
メモリ帯域幅192 GB/s288GB/s192 GB/s
TDP120W120W120W
公式価格$220$279$250
発売日2019/03/2019/02/2016/06/
GTX 1660の性能スペックについてまとめています。まずは上位モデルのGTX 1660Tiとの違いを見ていきましょう。ほとんど性能的には同じです。同じTuring世代でプロセス、ダイサイズ、トランジスタ数も違いはありません。CUDAコア数は8%ほど少なくなっています。クロック周波数はベースクロック2%、ブースト1%引き上げられています。CUDAコアが少ない分性能は抑えられていると言えます。消費電力(TDP)は同じです。メモリ規格の違いについては次の中上級向けの項目で詳しく解説しています。

Pascal世代であるGTX 1060 6GBとの違いを見ていきましょう。プロセスについては16nm→12nmへと縮小化されています。ダイサイズは42%大きくなっているもののその分トランジスタ数が50%アップしています。結果的にCUDAコアが約40%アップとなり性能の底上げが行われています。メモリ規格、消費電力は同じです。性能が上がっているにもかかわらず価格が12%ほど抑えられているのは強みだと言えます。

メモリ規格はGDDR5を採用(中上級者向け)

GTX 1660で採用されているメモリ規格はGDDR5とPascal世代と同一のものとなっています。GTX 1660 TiあるいはRTX 20シリーズで採用されているGDDR6の前モデルということになります。GTX 1660で古いGDDR5のメモリが採用されているのは価格を抑えるためそしてGTX 1660Tiとの差別化のためでしょう。

GDDR5は、GDDR6に比べると消費電力が高いという弱点があります。しかし、GTX 1660 TiよりもCUDAコア数が少なく消費電力を抑えることができます。$220という価格を維持するために仕方がない部分だと言えますね。

GeForce GTX 1660ってどんなグラフィックボード?

GTX 1060 6GBの後継グラフィックボード

GTX 1660は、Pascal世代で人気を博した「GTX 1060 6GB」の後継モデルでありかつ打倒Radeon RX 590ということになります。RTX20シリーズあるいはGTX 1660 Tiでは埋められなかった隙間を埋めることになりました。

性能的には前世代から着実に進歩していてより最新のゲームにも対応することができます。単体価格3万円前後の価格帯になることが予想され今後はGTX 1660を選択する方が良いでしょう。

BTOパソコンのラインナップは増えるはず

Pascal世代で最も売れたGTX 1060の後継モデルということで今後はBTOパソコンのラインナップも増えてくるでしょう。ラインナップが多くなると各メーカーで価格競争が起きユーザーにとってはより手にしやすくなると思います。

また、パソコンの選択肢が多いこともメリットだと言えます。RTX 2080 Tiなどのハイエンドクラスになると構成はある程度限られてしまいラインナップも多くなく選択肢が少なくなってしまいます。そういう意味でも欲しい性能を気軽にお得な価格で購入できるのは嬉しいですね。

今GTX 960あるいはそれより前世代のグラフィックボードを利用している方であれば買い替えを検討する価値があると思います。

Turing世代としては物足りない

確かにPascal世代からTuring世代へとアーキテクチャが変わり性能はしっかりと引き上げられています。それでもRTX20シリーズで採用されたRTコア及びDLSSなどの新技術は採用されていません。

また、GTX 1660 Tiで選択されたGDDR6のメモリ規格も不採用となっています。価格優位性はあるものの細かいところまで見ると打倒な進捗だと言えます。

GTX 1660搭載モデル使用時のフレームレート一覧

各タイトルについてFULL HD/WQHD×最高設定でのフレームレートを計測しています。GTX 1660は、FULL HD環境での適正度が高いグラフィックボードですので、FULL HD環境を中心に見てもらえればと思います。基本的にはWQHD環境では設定を下げる必要が出てきます。

*フレームレート(fps)とは、1秒間における表示可能なコマ数です。通常60fps以上の数値があれば快適だと言えます。

Battlefield 5(DirectX 12)

battlefield5gtx1660_battlefield

FULL HD環境で84.8fpsと高いスコアが出ています。高フレッシュレートのモニターも最大限活かすことができますね。WQHD環境でも60fpsを超えています。ただ、負荷が高くなると安定しないため設定は落とす必要があります。GTX 1660Tiとの性能差は10%弱だと言えます。

Far Cry 5(DirectX 11)

farcry5gtx1660_farcry5

FULL HD環境では82.6fpsと高くなっています。Battlefieldと似ていますね。GTX 1060 6GBよりも12%高くなっています。RX 590よりも性能が高いです。新しいタイトルでも十分対応することができます。多くのユーザーがFULL HD環境でゲームをプレイしていることを考えると満足度が高いです。

Civilization VI(DirectX 11)

civ6gtx1050tigtx1660_civ6

スペック通りのスコアが出ています。GTX 1060 6GBよりも12%スコアが高く安定感が増しています。負荷の高い状況においても適用することが可能です。GTX 1660Tiとの差は10%です。しっかりと隙間を埋めることができていますね。

Grand Theft Auto V(DirectX 12)

gtagtx1050tigtx1660_gta5

負荷が比較的軽いGTA5では非常に高いスコアを出しています。FULL HD環境でも100fpsを超えています。WQHD環境でも82.4fpsと十分なスコアが出ているため、ゲーミングモニターを活かせます。GTX 1060 6GBとの差は15%となっています。

Hitman 2(DirectX 12)

hitmangtx1050tigtx1660_hitman2

Hitman2は2018年11月に出たばかりのタイトルでゲーム側で最適化ができていないと考えるべきです。スコアはあまり伸びずGTX 1660でやっと60fpsになる程度です。快適にゲームプレイをしたいなら高設定など少し設定を下げる方が良いでしょう。ただし、今後最適化が進めば安定してくると思います。

GeForce GTX 1660の消費電力&発熱

消費電力

gtx1660_watt

アイドル時の消費電力がやや高いもののゲームプレイで負荷が掛かっても125Wと非常に抑えられています。GTX 1060 6GBと同水準ですね。

温度

gtx1660_temp

温度についてはアイドル時GTX 1660Tiよりも高くなっています。それでも高負荷時でも68℃と極端に高くなることはありません。


GeForce GTX 1660搭載のおすすめBTOパソコン

LEVEL-M0B6-i5F-RI(LEVEL∞)

level-r
価格:94,980円
CPU:Core i5-9400F
GPU:GeForce GTX 1660 6GB
メモリ:DDR4 8GB
SSD:非搭載
HDD:1TB



第九世代のCore i5-9400Fを搭載した高パフォーマンスモデルとなっています。i5-9400FはオンボードGPUの非搭載モデルです。グラフィックボードとの相性も上々です。メモリ8GB、HDD 1TBと控え目にして価格を抑えています。安くゲーミングPCを購入したいという方にぴったりです。

GALLERIA RJ5(ガレリア)

galleriadt
価格:89,980円
CPU:Ryzen 5 2600
GPU:GeForce GTX 1660 6GB
メモリ:DDR4 8GB
SSD:240GB
HDD:1TB



税込み10万円以下で購入できるゲーミングPCです。Ryzen 5 2600は6コア12スレッドの高性能CPUとなっています。マルチスレッド性能が高くゲームプレイ以外の用途でも活躍します。メモリDDR4 8GB、SSD 240GB、HDD 1TBと重運な構成です。LEVEL-M0B6-i5F-RIよりも使い勝手は上回っています。

LEVEL-R039-i7-RIR(LEVEL∞)

level-r
価格:129,980円
CPU:Core i7-8700
GPU:GeForce GTX 1660 6GB
メモリ:DDR4 8GB
SSD:240GB
HDD:1TB



Core i7-8700を搭載したゲーミングPCです。6コア12スレッドでマルチスレッド性能が高くなっています。定格クロック周波数も高く様々な用途で活用することができます。クリエイターパソコンとしても通用します。メモリ8GB、SSD 240GB、HDD 1TBと構成も充実しています。

GeForce GTX 1660はこんな方におすすめ!

管理人管理人

GTX 1660は、GTX 1660 Tiに次いで発売開始となったTuring世代のグラフィックボードです。GTX 1060 6GBの後継モデルということになります。GTX 1060 6GB/3GBは、世界でも最も利用者の多いグラフィックボードです。その後継モデルということで注目されています。

性能面ではGTX 1060 6GBよりも15%上回っています。FULL HD環境でのゲームプレイを考えていてかつ予算を抑えたいという方必見です。リアルタイムレイトレーシングやDLSSといった技術を体感することはできません。それでも前世代よりも性能が進化しているため購入する理由としては十分だと思います。

価格も$30安くなっているため人気が出ないわけがありませんね。まだ登場したてということもあり価格はやや高めですが、落ち着いて来れば第一の選択肢になり得ます。それでもLEVEL∞の「LEVEL-M0B6-i5F-RI」は第九世代CPUと合わせて新しいモデルにもかかわらず価格が安く今購入してもお得です。同様にRyzen 5 2600を搭載した「GALLERIA RJ5」もコスパが高いです。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-8700、 i7-8550U等
gpu

GeForce GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当ページベンチマークテスト環境

CPUCore i7-7700K
マザーボードASUS Z270
メモリ16GB
SSDPatriot Ignite 960GB
電源ユニットAntec HCP-1200 1200W
冷却システムCryorig R1 Universal 2x 140 mm fan
ソフトウェアWindows 10 64-bit
ディスプレイAcer CB240HYKbmjdpr 24インチ
参照サイト:Zotac GeForce GTX 1660 Twin Fan 6 GB Review(TECHPOWERUP)