Yoga Slim 7

管理人管理人

当記事では、Ryzen 7 4800Uの性能スペックについて紹介しています。Ryzen 4000 Uシリーズの最上位に位置するCPUです。競合モデルと比べても圧倒的なスペックを誇ります。ノート向けのハイパフォーマンスモデルであるHシリーズに匹敵する性能を持っています。

ただし、2020年8月時点で国内のBTOメーカーからRyzen 7 4800U搭載モデルは発売されていません。国内で手に入れることは実質不可能です。下位のRyzen 7 4700Uに比べて性能が高すぎて扱いにくいということも言えます。

Ryzen 7 4800Uの基本スペック

世代第3世代
開発コードRenoir(Zen 2)
コア/スレッド数8 / 16
クロック周波数1.80 GHz
ブーストクロック4.20 GHz
内蔵グラフィックスAMD Radeon Graphics
TDP15W
発売日2020年06月01日
搭載モデルなし

Ryzen 7 4800Uのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
Ryzen 7 4800Uは、ノート向けCPUとしてはトップクラスの性能を持っています。動画編集、RAW現像、マンガ制作など幅広い用途で使用することができます。ゲームプレイではやや物足りません。省電力モデルということもあってパフォーマンスの低下が疑われるからです。ビジネス用途としてはやや性能が高すぎますね。オフィスやエクセルの使用を考えているならRyzen 5シリーズでも対応できると思います。

Ryzen 7 4800Uのスペック比較

AMD製CPUと比較

 Ryzen 7 4800URyzen 7 4700URyzen 7 3700U
コードネームZen 2Zen 2Zen +
プロセス7nm7nm12nm
コア/スレッド8/168/84/8
ベースクロック1.8GHz2.0GHz2.3GHz
ターボクロック4.2GHz4.1GHz4.0GHz
L3キャッシュ8MB8MB4MB
メモリDDR4-3200MHzDDR4-3200MHzDDR4-2400MHz
CPU内蔵グラフィックスRadeon GraphicsRadeon GraphicsRadeon Graphics
グラフィックコア8710
グラフィック周波数1750MHz1600MHz1400MHz
TDP15W15W15W
価格---
発売日Q2 2020Q2 2020Q1 2019
Ryzen 7 4800Uは、Ryzen 7 4700Uをハイパースレッディングに対応させたモデルです。8コア16スレッドと省電力モデルとは思えないほどのスペックです。合わせてターボクロック周波数の引き上げも行われています。ベースクロックは10%ダウンとなっています。

L3キャッシュは同じ8MB、メモリ規格も上位のDDR4-3200MHzを搭載しています。CPU内蔵グラフィックスについては、Ryzen 7 4700U搭載のものよりも僅かながらパフォーマンスが高いです。もっとも一般的な用途では体感することは難しいでしょう。ゲームプレイが快適に行えるほどの性能は持っていません。

前世代のRyzen 7 3700Uと比べると別物です。アーキテクチャがZen +からZen 2へと変わりました。プロセスも12nm→7nmへと縮小化されています。パワーの伝達力が向上しよりCPU性能が高くなりました。コア/スレッドはそれぞれ倍増となっています。ベースクロックは20%程度落ちていますが、ターボクロックは5%向上しています。L3キャッシュは半減の4MBに留まります。なによりもアーキテクチャが変わったことでスペック以上の差が見られます。

Intel製CPUと比較

 Ryzen 7 4800UCore i7-10710U
コードネームZen 2Comet Lake
プロセス7nm14nm
コア/スレッド8/166/12
ベースクロック1.8GHz1.1GHz
ターボクロック4.2GHz4.7GHz
L3キャッシュ8MB12MB
メモリDDR4-3200MHzDDR4-2666
CPU内蔵グラフィックスRadeon GraphicsIntel UHD Graphics
TDP15W15W
価格-$443
搭載モデルなし131,984円~
(DELL)
発売日Q2 2020Q3 2019
Intelの省電力モデルのフラグシップモデルであるCore i7-10710Uと比較していきます。Core i7-10710Uは、Intel第10世代Comet Lakeのモバイル向けCPUです。ビジネス向けモデルとして評価が高くなっています。

アーキテクチャ及びプロセスは数年前から変わっていません。プロセスは14nmとAMDの7nmプロセスに遅れをとっています。プロセスが小さいほど多くのトランジスタを搭載すできたり、製造過程での効率が実現できたりとメリットが大きいです。つまり、現時点ではAMD製CPUの方が有利な立場だということです。

スペックを見ていくとRyzen 7 4800Uの8コア16スレッドに対して6コア12スレッドと控え目です。ベースクロックは60%低く、ターボクロックが15%高いです。その他L3キャッシュについてはCore i7-10710Uが12MBと50%高いです。メモリ規格はDDR4-2666と少しだけ規格の低いものです。CPU内蔵グラフィックスの性能はほぼ同等と考えてよいでしょう。

Ryzen 7 4800UってどんなCPUなの?

省電力モデルながら圧巻のスペックを持つ

Ryzen 7 4800Uは、省電力モデル(15W)のCPUでありながら非常に高いスペックを持つCPUです。Ryzen 4000 Uシリーズのフラグシップモデルとなっています。スペック的にはRyzen 7 4700Uに近いですが、ハイパースレッディングに対応している分ポテンシャルが高いです。

いくつかのベンチマークあるいは用途においてはIntelのハイパフォーマンスモデルであるCore i7-10750Hをも上回ります。AMDのRyzen 5 4600Hよりも高いときもあります。ゲーミングノートPCなどで採用される高性能モデルと同等以上なのは驚きです。

熱のコントロールができないと性能を活かせない

Ryzen 7 4800Uほど性能の高いCPUになると熱のコントロールが必須となります。熱対策をしっかりと行わないとRyzen 7 4800Uの本来持つ性能を引き出せない可能性が高いです。一定の熱を持つとCPUのパフォーマンスを落として発熱量を制御します。こうなると当然スペック通りのパフォーマンスは発揮できません。

ただでさえノートパソコンは熱が苦手なデバイスなので気を使わなければいけません。この熱まで考えるなら下位のRyzen 7 4700Uの方が扱いやすく性能を活かしやすいと言えるかもしれません。特に夏場に外出先で空調が効いていない環境などでの使用があるのであればこの性能の高さがデメリットとなってしまいます。

国内で搭載モデルは販売されていない

非常に性能が高く魅力的なCPUなのですが、残念なことに国内ではRyzen 7 4800U搭載ノートパソコンは販売されていません。モバイル向けCPUの場合単体で購入してノートに取り付けるということはできません。つまり、この魅力的なCPUを体感することはできません。

海外では「Lenovo Yoga Slim 7」、「Lenovo IdeaPad S540 13」、「MSI Modern 14」などで採用されています。熱対策もばっちり行われていて価格は高めなようです。ただ、確認したところいずれのモデルも現在は品切れになっています。それだけ人気があるということでしょうか。今後国内で販売されることを期待したいですね。

Ryzen 7 4800Uのベンチマーク

Cinebench R20

cpuryzen74800u-cinebenchr20

定番のベンチマークソフトであるCinebench R20では驚きの結果となりました。RyzenのハイパフォーマンスモデルであるRyzen 5 4600Hよりも高いスコアを出しています。Ryzen 5 4600Hよりもマルチコア性能は1%高く、シングルコア性能は7%高いです。省電力モデルがハイパフォーマンスモデルのスコアを超えるのは前代未聞のことではないでしょうか。Ryzen 7 4700Uよりも20%も高いです。ハイパースレッディングに対応したことのメリットだと言えます。

エンコード(Handbrake)

dougahensyuuryzen74800u-handbrake

動画のエンコードに掛かる時間を計測しました。エンコードではRyzen 5 4600Hを上回ることはできませんでしたが、Core i7-10750Hを13%上回っています。クロック周波数が高い方が有利になるのだと思います。

下位モデルであるRyzen 7 4700Uよりも8%高いです。前モデルのRyzen 7 3700Uよりも70%近く性能が伸びました。これはアーキテクチャの進化の結果だと言えます。

7-Zip

zipryzen74800u-zip

Zipファイルの取り扱いもAMD Ryzen 7 4800Uの得意とするところです。Ryzen 5 4600Hにはわずかに劣るもののCore i7-10750Hには18%の差をつけて圧倒しています。下位のRyzen 7 4700Uよりも30%程度スコアが高いです。Core i7-10710Uは勝負になっていません。

PCMARK

ryzen74800u-pcmark

PCMARKではトップに君臨しています。Ryzen 5 4600Hよりも5%-10%程度スコアが高く、Core i7-10750Hよりも18%程度スコアが高いです。Ryzen 7 4800Uを筆頭に、Ryzen 5 4600H・Ryzen 7 4700U、Ryzen 5 4600Uと続きAMD勢が強いです。ビジネスで使うのにも最適だと思います。

Photoshop

ryzen74800u-photoshop

PhotoshopではRyzen 5 4600H・Core i7-10750Hに次いで三番目です。Core i7-10750Hとの差はほとんどありませんね。省電力モデルであるRyzen 7 4800Uの競合がハイパフォーマンスのHシリーズであることは明白です。Intelの省電力モデルのフラグシップモデルであるCore i7-10710Uよりも3%スコアが高いです。もしも価格が同じだとしたらRyzen 7 4800Uを選択するべきですね。

Ryzen 7 4800U搭載のおすすめBTOノートパソコン

現在搭載モデルは販売されていません。随時最新情報をチェックしています。各BTOメーカーで取り扱いが開始され次第、ここに追加する予定です。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、モバイル向けAMD第3世代RyzenシリーズのRyzen 7 4800Uの性能スペックについて紹介しました。省電力モデルを意味する「U」シリーズのフラグシップモデルです。8コア16スレッドと圧倒的なスペックを誇るモデルで競合はもはや省電力モデルではなくハイパフォーマンスモデルのHシリーズです。用途によってはRyzen 5 4600HやCore i7-10750Hなどのハイパフォーマンスをも圧倒する性能を持っています。

これだけ性能が高いと熱の問題はネックとなってしまいます。ある程度熱のコントロールができる環境でないと性能を発揮します。当然搭載モデルも高品質な冷却システムを備えた高価なモデルとなるでしょう。なお、残念なことに現時点で日本国内でRyzen 7 4800U搭載モデルは販売されていません。海外ではLenovoやMSIなどから販売されてますが、品切れとなっているようです。今後国内でも手に入れられるようになると嬉しいですね。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume