Ryzen 7 2700X画像引用元:https://www.amazon.co.jp/(Amazon.co.jp)

管理人管理人

当記事では、「Ryzen 7 2700Xの性能スペックとベンチマーク」を紹介しています。第二世代Ryzenシリーズの最上位モデルです。第一世代にあったRyzen 7 1800Xを飲み込んでいます。8コア16スレッドと驚異的なスペックを持つこのモデルが気になっている方は多いと思います。

アーキテクチャがZen +に変わって従来モデルよりもパフォーマンスが向上しています。ここでは競合モデルであるIntel Core i7-8700Kと比較しながらその性能について解説していきます。

(+) 高いマルチスレッド性能を発揮する
(+) Wraith Prismクーラーが標準で搭載されている
(-) オーバークロックによる恩恵は小さい

Ryzen 7 2700Xの性能スペック

 7 2700X7 1800X7 1700X
世代第二世代第一世代第一世代
アーキテクチャZen +ZenZen
プロセス12 nm14nm14nm
トランジスタ数48億48億48億
ダイサイズ192 mm²192 mm²192 mm²
コア/スレッド8/168/168/16
ベースクロック3.7Ghz3.6GHz3.4Ghz
ターボクロック4.3Ghz4.0Ghz3.8Ghz
OC
L3キャッシュ16MB16MB16MB
対応メモリDDR4-2933DDR4-2666DDR4-2666
CPUクーラーWraith Prism
with RGB LED
非同梱Wraith Max
TDP105W95W95W
価格$329$499$399
発売日2018/4/192017/3/22017/3/2
Ryzen 7 2700Xのスペックについて見ていきましょう。第一世代のRyzen 7 1700X及びRyzen 7 1800Xと比較していきます。ZenアーキテクチャからZen +アーキテクチャへと変更となっています。プロセスが14nmから12nmへと微細化されたのがハイライトです。より高いクロック周波数を実現することができるようになりました。キャッシュやメモリレイテンシも軽減されています。IPCが3%程度改善されているということです。ただし、トランジスタ数とダイサイズに変更はありません。

Ryzen 7 2700Xは、Ryzen 7 1700XやRyzen 7 1800Xと同じ8コア16スレッドのCPUです。Ryzen 7 1700Xよりもベースクロックが10%高く、ターボクロックが14%高いです。上位モデルであるRyzen 7 1800Xの場合はそれぞれ3%・8%高くなっています。これだけクロック周波数を高くできたのはプロセスが微細化されたことによる恩恵ですね。Precision Boost 2やXFR2などの機能もあります。CPUの温度によってクロック周波数をコントロールできます。いずれのCPUもオーバークロックに対応していてより高いクロック周波数を実現することが可能です。

対応メモリもDDR4-2666からDDR4-2933へとワンランク上のものへと切り替えられています。Ryzen 7 2700XでもRyzen 7 1700Xと同様にCPUクーラー同梱となっていてコストを抑えられるという意味で価値があります。TDPは105Wを13%高くなりました。価格はRyzen 7 1700Xよりもおよそ20%安く、Ryzen 7 1800Xよりも35%安いです。

Intel Core i7-8700Kと比較

 7 2700Xi7-8700K
アーキテクチャZen+Coffee Lake
プロセス12nm14nm
コア/スレッド8/166/12
ベースクロック3.7Ghz3.7Ghz
ターボクロック4.3Ghz4.7Ghz
OC
L3キャッシュ16MB12MB
対応メモリDDR4-2933DDR4-2666
CPUクーラーWraith Prism
with RGB LED
非同梱
CPU内蔵グラフィックス非搭載UHD Graphics 630
TDP105W95W
価格$329$349
発売日2018/4/192017/11/2
競合であるIntel Core i7-8700Kとスペックを比較しています。Core i7-8700Kは14nmプロセスを採用したCoffee Lake世代のCPUです。メインストリームにおけるフラグシップモデルとなっています。コア/スレッド数が8コア16スレッドとRyzen 7 2700Xの方が多いです。Core i7-8700Kは6コア12スレッドに留まります。ベースクロックはいずれも3.7Ghzとなっています。一方で、ターボクロックはCore i7-8700Kの方が10%高いです。

Core i7-8700Kは末尾に「K」を冠していてRyzen 7 2700Xと同様にオーバークロックに対応しています。ただし、オーバークロックをするためには高価なZ390チップセットが必要です。廉価モデルでもオーバークロックができるRyzen 7 2700Xとは異なります。L3キャッシュはRyzen 7 2700Xが16MBに対してCore i7-8700Kでは12MBとなっています。対応メモリもRyzen 7 2700Xの方がワンランク上です。Core i7-8700KではCPUクーラーが非同梱となっています。

Core i7-8700KにはCPU内蔵グラフィックスとしてUHD Graphics 630が搭載されています。一般的なPC作業においては必要十分な性能を持っています。TDPは95Wとなっています。価格はCore i7-8700Kの方が$20高いです。

Ryzen 7 2700XのってどんなCPUなの?

AMDのフラグシップモデルCPU

ryzen72700xbenchmark
Ryzen 7 2700Xは、AMD第一世代Ryzenシリーズのフラグシップモデルです。このモデルをずっと待っていたAMDファンの方も多いでしょう。第一世代に比べてプロセスが微細化されてクロック周波数が高くなったのは魅力的です。トランジスタの性能が最大15%アップしています。つまり、より少ない消費電力でより高いパフォーマンスを発揮することができます。

また、IPCが3%向上したのも大きいです。命令におけるレイテンシの改善によって実現しました。IPCとは、Instruction Per Cycleのことで単純に言うとパソコンの命令の効率のことです。ライバルのCore i7-8700Kと比べてもCPU性能は37%程度高いです。8コア16スレッドとスペックの高さが強みになっています。

Ryzen 7 2700Xは動画のエンコードなど負荷の掛かる作業を得意としています。一方で、ゲーム用途では完全にCore i7-8700Kが優勢です。これはゲーム運営側の最適化の問題もありますので、単純にRyzen 7の性能が劣るということではありません。ハイエンドモデルだけあり幅広い用途で活躍すること間違いなしのCPUです。

AMD Prism RGBクーラー標準搭載

AMD Prism RGB

Ryzen 7 2700Xには、標準でWraith Prism RGBクーラーが搭載されています。わずか580gという軽さながら高い冷却性能でCPUの発熱を抑えます。LEDの演出も好印象です。クーラーを単体で購入すると4,000円程度掛かりますので、Intel製のCPUと比べてコスパが良いと言えます。ただし、オーバークロックすることを考えている場合はより高性能なモデルに換装した方が良いでしょう。

オーバークロックをしても性能はそれほど変わらない(中上級者向け)

AMDの第二世代CPUはオーバークロックに対応しているCPUで、オーバークロックをすることでマルチコア稼働時でも4.2GHzに到達します。ただ、Ryzen 7 2700Xは元々優秀なBoost機能を持っているためクロック周波数を意図的に引き上げることに対してそれほど恩恵を感じません。

Ryzen 7 2700Xはオーバークロックをしなくても高い性能を維持することができるのです。玄人の方にとってはがっかりかもしれませんが、あまりパソコンに詳しくない方にとっては魅力的ですね。一方、競合のIntel Core i7-8700Kはオーバークロックで5.0GHzに到達しますので、オーバークロックとの相性は良いと言えます。CPUクーラーやチップセットなどにコストが掛かるのはデメリットです。

マザーボードの互換性がある(中上級者向け)

最後にマザーボードのチップセットに簡単に触れておきます。今回のRyzen 7 2700Xは、マザーボードの新規格X470に対応しています。しかしながら、従来モデルと共通のAM4ソケットを使用していますので、過去のマザーボードも使用可能です。反対にX370を使っていてもRyzen 7 2700Xを搭載することができます。CPUの交換時にはマザーボードの規格がハードルになるのでご完成があるのは嬉しいですね。

一般アプリケーションベンチマーク一覧

Cinebench R15

cpuryzen72700x-cinebenchr20

Cinebench R15はCPUにレンダリングをさせてその性能を計るものです。シングルスレッド及びマルチスレッドの性能を計ることができます。スペック通りの結果です。Ryzen 7 2700Xは、Core i7-8700Kよりもマルチスレッド性能が27%高く、シングルスレッド性能は12%劣ります。8コア16スレッドとコア/スレッド数が多い分だけマルチスレッド性能が高くなっています。Ryzen 7はマルチスレッドで輝くCPUだと言えます。Ryzen 7 2700Xをオーバークロックをするとマルチスレッド性能は4%高く、シングルスレッド性能は2%低くなります。やはりオーバークロックをしてもそれほどの恩恵を得ることができないようです。従来モデルのRyzen 7 1700Xよりも16%程度性能が高くなっています。

Handbrake

dougahensyuuryzen72700x-handbrake

動画編集のツールです。エンコード速度を計測しています。Ryzen 7 2700Xは、Ryzen 7 1700Xよりも15%程度パフォーマンスが伸びています。さらに、Ryzen 7 1800Xよりも10%程度高くなっています。オーバークロックをすれば4%程度パフォーマンスが向上します。Intel Core i7-8700KよりもH.264では15%パフォーマンスが高く、H.265では5%高いです。H.265ではやや伸び悩んでいるように思えます。これはCPUとの相性が要因なのかもしれません。

7-zip

zipryzen72700x-zip

Zipファイルの圧縮及び解凍のスピードを計測しています。Ryzen 7 2700Xがトップのパフォーマンスを発揮しています。Ryzen 7 1700Xよりも15%程度パフォーマンスが高く、Ryzen 7 1800Xよりも8%程度パフォーマンスが高いです。Intel Core i7-8700Kよりも18%-38%もパフォーマンスが高いkおとがわかります。マルチスレッド性能を活かせる用途ではRyzen 7 2700Xが圧倒的なスコアを残すことがわかります。

PCゲームのベンチマーク一覧

Battlefield 1

battlefieldgtx1050tiryzen72700x-battlefield1

Battlefield 1では思うような結果が出ていません。Core i7-8700Kよりも28%も低いフレームレートとなっています。下位モデルのCore i5-8400にも到底及びません。従来モデルのRyzen 7 1700Xよりも7%高いフレームレートが出ていますが、Intel製CPUと比べると性能差は大きいです。オーバークロックをしてもフレームレートに変化がないのも痛いですね。

Civilization Ⅵ

civ6gtxryzen72700x-civ6

Civilization Ⅵでも厳しい現実を突きつけられています。Core i7-8700Kよりも13%もフレームレートが低いです。Ryzen 7 1700Xよりも12%程度フレームレートが高くなってゲーミング性能が上がっていることは間違いありませんが、Intel製CPUが圧倒的です。ゲームをメインに考えているならCore i7-8700Kを選ぶべきでしょう。なお、オーバークロックをすると10%もフレームレートが下がります。これは自動クロックアップ機能がうまくいっていないのか、レイテンシが高くなるのか理由はわかりません。

Ryzen 7 2700X搭載のおすすめBTOパソコン

Thunderstorm AXT(ドスパラ)

Monarch-X ZK
価格:159,980円
CPU:AMD Ryzen 7 2700X
GPU:GeForce GTX 1660 Ti
SSD:240GB
HDD:2TB

GTX 1660 Tiを搭載したクリエイター向けのモデルです。価格は15万円台と性能を考えると優秀です。SSD 240GB、HDD 2TBのダブルストレージもありがたいですね。メモリ16GBと大容量なのもポイントです。動画編集やRAW現像などの作業をたくさん行いたい方向けです。もちろんゲームプレイも対応できます。

SR-ar7-7652G/S3/GK/W10(パソコンショップセブン)

precisionseven
価格:158,800円 139,800円
CPU:AMD Ryzen 7 2700X
GPU:GeForce RTX 2060
SSD:240GB
HDD:1TB

Thunderstorm AXTに比べて非常にお得な価格設定となっています。それでいてグラフィックボードはRTX 2060へとワンランク上のものに換装されています。コスパ重視の方におすすめの一台です。ゲームプレイも得意としています。

SR-ar7-7630G/S3/GH/W10(パソコンショップセブン)

SAMA JAX-02
価格:129,800円 117,800円
CPU:AMD Ryzen 7 2700X
GPU:オンボード
SSD:240GB
HDD:非搭載

グラフィックボード非搭載モデルです。ゲームプレイは前提としていないためクリエイター寄りのPCだと言えます。CPUには8コア16スレッドのRyzen 7 2700Xを搭載。マルチスレッド性能が高く動画編集やRAW現像を得意としています。SSD 240GBが標準搭載となっています。ストレージ容量が足りないと思う方はカスタマイズで追加すると良いですね。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Ryzen 7 2700Xの性能スペック及びベンチマークを紹介しました。従来モデルのRyzen 7 1700Xよりもクロック周波数が引き上げられて性能の底上げが行われています。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高く一般的な用途ではCore i7-8700Kに匹敵する高い性能を持っています。動画のエンコードやRAW現像などCPU負荷の高い作業が得意です。

一方で、Ryzen 7 2700Xはシングルスレッド性能はそれほど高くありません。ゲームプレイなどでの使用を考えている方は注意が必要です。フレームレートで見るとIntel製CPUと10%以上の差がつくことも珍しくありません。Ryzenの性能自体の問題というよりはゲーム側の最適化の程度によるものです。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当ページのベンチマーク計測のテスト環境

CPUCore i7-7700K
マザーボードASUS Z270
メモリ16GB
SSDPatriot Ignite 960GB
電源ユニットAntec HCP-1200 1200W
冷却システムCryorig R1 Universal 2x 140 mm fan
ソフトウェアWindows 10 64-bit
ディスプレイAcer CB240HYKbmjdpr 24インチ
参照サイト:AMD Ryzen 7 2700X 3.7 GHz Review (TECHPOWERUP)