core i7-8700ktop

管理人管理人

当記事では、「Core i7-8700Kの性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。第8世代CPUのフラグシップモデルです。高い性能を持っていることから負荷の高いアプリケーションを使ったり、ゲームをしたりする方に人気があります。

CPUにはお金を掛けたいという方は必見です。現在は後継モデルの「Core i7-9700K」が登場しています。AMD製CPUの影響で8コア8スレッドへと強化されています。物理コアが増えたのはメリットだと言えます。

Core i7-8700Kの総合性能

i7-8700kbenchtop

各CPUの総合性能をまとめています。総合性能ではライバルであるAMD Ryzen 1800X及びRyzen 7 1700には負けています。それはコア数及びスレッド数で負けていることに起因します。動画編集などではRyzen 7シリーズの方がパフォーマンスが高いと考えて良いでしょう。

一方で、単コアの性能では高いパフォーマンスを発揮します。例えば、ブラウザの利用やエクセルやワードでの一般的な用途などではコア数はそれほど活かせませんので、Intel Core i7-8700Kに軍配が上がります。ゲームプレイにも適しています。

同じIntel製の旧モデルであるCore i7-7700Kと比べると明らかな性能アップを見込めます。それでも買い替えを考えるのは第六世代より前となるでしょう。安定感を求めるならCore i7-8700Kは魅力的な選択肢となります。

Core i7-8700Kの性能スペックと比較

Intel製CPU

 i7-8700Ki7-7700Ki7-8700
コードネームCoffee Lake-SKaby Lake-SCoffee Lake-S
プロセス14nm14nm14nm
コア/スレッド6/124/86/12
ベースクロック3.7Ghz4.2Ghz3.2Ghz
ターボクロック4.7Ghz4.5Ghz4.6Ghz
L3キャッシュ12MB8MB12MB
対応メモリDDR4-2666DDR4-2400DDR4-2666
TDP95W91W65W
単体価格42,000円~38,000円~36,000円~
搭載PC価格96,800円~-86,980円~
Core i7-8700Kの性能をスペックを見ていきましょう。比較対象として第7世代のCore i7-7700Kと現行下位モデルのi7-8700をピックアップしています。比較することで性能がわかりやすくなると思います。コードネームはCoffee Lake-Sとなっています。第7世代はKaby Lake-Sです。コードネームは開発段階で決まるもので深い意味があるわけではありません。世代ごとにコードネームがあるのが普通です。

今回のモデルでどのぐらい性能がアップするかを計るには前世代のi7-7700Kがぴったりでしょう。Kaby Lake-Sからコア数及びスレッド数が50%アップとなり、それぞれ6/12となっています。ベースクロックを落として、コア数を上がるのがトレンドですね。それでもターボクロックは4.5GHz→4.7GHzとアップしているのは見逃せません。非常にポテンシャルの高いCPUだと言えます。コア数が増えたことで消費電力が少しアップしています。明らかな性能アップを考えると仕方ない部分だと思います。

現行の下位モデルであるi7-8700と比較していきます。ベースクロックが3.2GHzから3.5GHzと大幅にアップしていることがわかります。安定して高いパフォーマンスを発揮することが可能です。ターボクロックは0.1GHzアップに留められています。消費電力が65W→95Wと高くなっています。これはベースクロックが増えたことによるものです。

AMD製CPU

 i7-8700K7 1800X7 1700
コードネームCoffee Lake-SZenZen
プロセス14nm14 nm14 nm
トランジスタ数-48億48億
ダイサイズ154 mm²192 mm²192 mm²
コア/スレッド6/128/168/16
ベースクロック3.7Ghz3.6GHz3.0GHz
ターボクロック4.7Ghz4.0Ghz3.7Ghz
L3キャッシュ12MB16MB16MB
対応メモリDDR4-2666DDR4-2666DDR4-2666
TDP95W95W65W
Core i7-8700Kの競合であるRyzen 7 1800X及びRyzen 7 1700と比較していきましょう。AMDがZenアーキテクチャのCPUを投入してCPU業界に衝撃を与えました。これまでのIntel一強の時代が変わりそうです。プロセスは14nmとCore i7-8700Kと同様です。ダイサイズが25%大きく192m㎡となっています。

これはコア/スレッドが8コア16スレッドとスペックが高いことが要因です。Core i7-8700Kの6コア12スレッドよりそれぞれ33%多いです。ベースクロックはCore i7-8700Kの方が3%高く、ターボクロックもCore i7-8700Kの方が18%高いです。シングルスレッド性能はCore i7-8700Kの方が高いです。

Ryzen 7 1700はRyzen 7 1800Xのクロック周波数を抑えたモデルです。TDPも65Wと省電力性に優れています。L3キャシュ容量はCore i7-8700Kが12MBに対してRyzen 7 1800Xでは16MBとこちらも33%多いです。総合性能ではやはりRyzen 7 1800Xが優勢ですね。

Core i7-8700KってどんなCPUなの?

製品寿命が長い

kireipc
i7-8700Kはフラグシップモデルということで高いパフォーマンスを発揮します。そのため。製品寿命が長く購入すれば数年間は性能不足を感じることなく使用できると考えられます。頻繁にパソコンを買い替えたくないという方はi7-8700Kを購入すると目的を果たすことができるでしょう。私はそれほど負荷の高い作業を行いませんが、それでもいつもパソコンを購入する時は最高峰のCPUを選ぶようにしています。

ちなみに初心者の方がよく勘違いするのですが、動画の読み込みが遅いというのはCPU性能は関係ありません。これはほとんどの場合回線の問題ですので勘違いしないようにしましょう。間違っても動画を快適に観たいからCPUを高性能なものにするというのは避けてくださいね。

オールラウンドに対応できる高性能モデル

dougahensyuu
当該CPUは非常に高い性能を持ちオールラウンドに使用できるのが特徴です。ゲーミング・動画編集・ビジネス・WEBデザイン(Photoshop&Illustrator)、3D CADなど幅広いう用途で活用できます。どんな作業でもさくさく行いたいという方には嬉しいCPUだと言えます。

普段作業をしていてなんだか重いなーとか遅く感じるなーという時はCPUの性能不足の可能性が高いです。また、CPUの性能に合わせて合わせてメモリ容量も16GBに増量しておけばさらに快適になります。8GBではなかなかCPU性能を引き出せないこともあります。

オーバースペックになりやすい

下位モデルであるi7-8700も同様ですが、性能が高いがゆえに多くのユーザーにとってオーバースペックとなりがちです。ブログを書いたり、動画を観たり、オフィスを使ったりといわゆるライトユーザーの方にとっては性能を最大限に生かすことはできないでしょう。

おすすめの用途は、ゲーミング・動画編集・画像編集・3D CAD・WEBデザイン等です。負荷の高い作業を快適に行うことを目的とするCPUだと考えましょう。これらの用途を想定していない場合でも予算的に余裕がある方は大は小を兼ねると言いますし問題ないかもしれません。長く使い続けられるというメリットがあるからです。

Core i7-8700Kのベンチマーク

Cinebench R15

cpucorei7-8700k-cinebenchr15

Cinebench R15でマルチスレッド性能及びシングルスレッド性能について見ていきましょう。Core i7-8700Kは、先代のCore i7-7700Kよりもマルチスレッド性能が45%高く、シングルスレッド性能が4%高いです。コア/スレッドが4コア8スレッドから6コア12スレッドへと伸びたことでマルチスレッド性能が飛躍的に向上しています。

オーバークロックをすればさらに13%もパフォーマンスが引き上げられます。シングルスレッド性能も6%高くなります。オーバークロックの余力が十分ありそうですね。Ryzen 7 1800Xよりもマルチスレッド性能は12%劣りますが、シングルスレッド性能はCore i7-8700Kが26%も高いです。Ryzenシリーズは得意不得意がはっきりしているのではないかと思います。

Handbrake

dougahensyuucorei7-8700k-handbrake

動画のエンコードに掛かる時間をまとめています。意外とIntel製CPUが健闘しています。H.264ではRyzen 7 1800Xに5%程度劣るものの最新のコーデックであるH.265ではCore i7-8700Kが8%上回っています。6コア12スレッドのCPUで8コア16スレッドのCPUと同等のパフォーマンスを得られるのは驚きです。これはアプリケーション側の最適化の問題もあるのかもしれません。今後AMD製CPUに最適化されてくれば状況は違ったものになるでしょう。現時点ではCore i7-8700Kは動画編集においてトップのパフォーマンスを発揮しています。オーバークロックをすればさらに効率的に作業が行なえますね。従来モデルのCore i7-7700Kよりも25%以上パフォーマンスが向上しています。これだけスコアが変わるのであれば買い替えのメリットもありそうですね。

Core i7-8700Kのゲーミング性能

Battlefield 1

battlefieldgtx1050tii7-8700k-battlefield1

Battlefiled 1ではトップのフレームレートを叩き出しました。ただし、Core i7-7700Kとフレームレートが同じです。6コア12スレッドに最適化されていないのかもしれません。競合であるRyzen 7 1800X及びRyzen 7 1700は大苦戦中でCore i7-8700Kよりも5%程度フレームレートが低いです。Core i5-8400にも及びません。Core i7-8700KはゲーミングCPUとして魅力的な選択肢になりますね。

Hitman

hitmangtx1050ticorei7-8700k-hitman

HitmanでもCore i7-8700Kはやや期待外れとなってしまいました。Core i5-8600KやCore i7-7700Kよりもフレームレートが低いです。ただし、オーバークロックをすれば8%程度フレームレートが向上します。ポテンシャルは高いですね。ここでもやはりRyzen 7シリーズは大苦戦となりました。Intel製CPUよりもワンランクもツーランクも落ちてしまいます。ゲーム用途ではなかなか厳しいですね。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Core i7-8700Kの性能スペック及び搭載パソコンを紹介しました。今は、後継モデルの「Core i7-9700K」が登場しています。Core i7-8700K自体は第八世代CPUのフラグシップモデルとなっています。オーバークロックにも対応していてより高いパフォーマンスを得ることもできます。

動画編集・画像編集・ゲームプレイなど様々な用途で活躍すること間違いなしだと言えます。選択肢も豊富なので購入検討中の方は迷ってしまうかもしれません。絶対後悔したくない!という方は最も売れているモデルと言っても過言ではないこのモデルを手にとってみてはどうでしょうか。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当ページのベンチマーク計測のテスト環境

マザーボードASRock Z370
メモリ16GB DDR4-3200
SSDCrucial MX300 750 GB
電源ユニットSeasonic SS-860XP
冷却システムNoctua NH-U14S
ソフトウェアWindows 10 64-bit
参照サイト:Intel Core i7-8700K 3.7 GHz Review (TECHPOWERUP)