ryzen72700画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

管理人管理人

当記事では、「Ryzen 7 2700の性能スペックとベンチマーク」を紹介しています。第二世代Ryzenの実質No.2に君臨するCPUです。Ryzen 7 2700Xに次いで高い性能を誇ります。8コア16スレッドとライバルを圧倒するコア数の多さが魅力的です。AMD Ryzen第一世代の300シリーズのマザーボードとの互換性があるので、自作派の方でも買い替えが行いやすいというメリットがあります。

(+) マルチスレッド性能が高くクリエイター向け
(+) CPUクーラーが同梱されていてコスパ良好
(-) ゲーミング用途ではRyzen 5 2600Xに劣ることがある

Ryzen 7 2700の性能スペック

 7 27007 2700X7 1700
世代第二世代第二世代第一世代
アーキテクチャZen +Zen +Zen
プロセス12 nm12 nm14 nm
ダイサイズ192 mm²192 mm²192 mm²
トランジスタ数48億48億48億
コア/スレッド8/168/168/16
ベースクロック3.2Ghz3.7Ghz3.0Ghz
ターボクロック4.1Ghz4.3Ghz3.7Ghz
L3キャッシュ容量16MB16MB16MB
TDP65W105W65W
価格$290$330$290
発売日2018年4月19日2018年4月19日2017年3月2日
Ryzen 7 2700のスペックについて見ていきましょう。Ryzen 7 1700のアーキテクチャだったZenがマイナーチェンジでZen +になりました。また、プロセスが14nmから12nmへと縮小化されています。ただし、プロセスが縮小化されてもダイサイズ・トランジスタ数は変わっていません。つまり、根幹部分では従来モデルの流用だということです。大幅な性能アップが期待できるわけではありません。

前モデルのRyzen 7 1700と比べるとベースクロックが7%アップ、ターボクロックが11%アップと数値的に明らかに性能が向上しています。クロック周波数を引き上げても消費電力が同じなのは新しく導入された12nmの製造プロセスによる恩恵です。ある程度のパフォーマンスアップは期待できます。L3キャッシュ容量は16MBと共通です。

上位モデルのRyzen 7 2700Kと比べるとさらにクロック周波数がアップしていることがわかります。当然フラグシップモデルなので性能は高いですね。ただ、消費電力が105Wへとかなり大きくなっています。末尾にXが付いたモデルのみ搭載されているXFR(Extended Frequency Range)と呼ばれる機能のためです。これは高い冷却時にスレッド数に制限なくブーストができる機能でよりパフォーマンスを引き上げることが可能となります。

このように第一世代から第二世代に掛けて性能の底上げが行われていることがわかります。ただ、性能差をゲームプレイやアプリケーションの使用で体感できるかというと疑問です。第一世代の下位モデルからの買い替えなら意味があると思いますが、同クラスからの買い替えは特に推奨しません。それよりも前の世代のAMD製CPUや第六世代より以前のIntel製CPUからの買い替えが対象となると言えます。

Intel Core i7-8700と比較

 7 2700i7-8700
世代Zen+Coffee Lake
プロセス12 nm14 nm
ダイサイズ192 mm²154 mm²
トランジスタ数48億-
コア/スレッド8/166/12
ベースクロック3.2Ghz3.2Ghz
ターボクロック4.1Ghz4.6Ghz
L3キャッシュ容量16MB12MB
TDP65W65W
価格$300$300
競合であるCore i7-8700と比較しています。AMD及びIntelそれぞれ特徴がしっかりと出ていますね。AMDはコア数及びスレッド数が多く、Intelはクロック周波数が多くなっています。L3キャッシュ容量はRyzen 7 2700が16MBに対して、Core i7-8700では12MBとなっています。コアやスレッド数がうまく生かせるアプリケーションならAMDの方が優勢です。一方、Intelが得意とするのはゲームです。強みと弱みをしっかり理解した上で選択すると良いでしょう。価格はどちらも$300となっています。

Ryzen 7 2700ってどんなCPUなの?

売れ筋のハイクラスCPU

ryzen72700benchmark
Ryzen 7 2700は人気の高かったRyzen 7 1700の後継機ということもあり人気が集まるということが容易に想像できます。第一世代のRyzen 7 1700は、競合であるCore i7-8700と同じ価格でCPUクーラーが標準搭載というコストパフォーマンスの高さから第一世代Ryzenで最も成功したCPUだと言えるかもしれません。

マルチスレッド性能が高くアプリケーションなどを得意としています。Core i7-8700よりも12%程度パフォーマンスが高いです。Core i7-8700Kをも上回っているのはさすがです。今なら単体価格がCore i7-8700よりも3,000円安くおすすめしやすいです。CPUクーラーが付属となっているのもポイントが高いですね。前世代のRyzen 7 1700からの伸びはそれほど大きいわけではありません。

クリエイター向け>ゲーマー向けのCPU

上記の総合性能では様々なアプリケーションでのパフォーマンスを表しています。一方で、ゲーム用途に限定すればCore i7-8700やCore i5-8400に大きく劣ってしまいます。。現時点ではゲーム側で8コアを活かすことができず、単体のコア性能が重視される傾向にあります。

そのため、8コア16スレッドとハイスペックなCPUでも単コア性能が低いとスコアが伸びなくなります。その点マルチスレッドに最適化されている動画編集・エンコード・RAW現像などゲーム以外ではトップクラスの性能を誇ります。つまり、クリエイターの方には非常にコスパの高いCPUと言えるわけです。オーバークロックでより高みを目指せるのも魅力です。

ベンチマークでわかるRyzen 7 2700の性能!

実際のアプリケーションでのベンチマークを計測しています。より具体的なパフォーマンスを知ることができます。なお、Ryzen 7 2700については通常時の数値とオーバークロック(OC)時の数値を記載しています。

一般アプリケーションベンチマーク一覧

Cinebench R15

cpuryzen72700cinebench

CPUのレンダリング性能を計るソフトです。シングルスレッドはIntelに劣りますが、やはりマルチスレッド性能は高いですね。価格の高い上位モデルであるCore i7-8700Kよりも9%高くなっています。シングルスレッド性能では18%劣ります。おおよそスペック通りの数値となっていると言えます。前世代のRyzen 7 1700よりもマルチスレッド性能は9%高く、シングルスレッド性能も13%高いです。

Handbrake

dougahensyuuryzen72700x265

動画の編集ソフトです。H.264及びH.265それぞれのメディアエンコードに掛かる時間を一覧にしています。数値が少ないほうが優秀だということになります。特にH.264についてはCore i7-8700Kをも上回るパフォーマンスを見せています。おおよそ15%も上回っています。Ryzenが得意とする分野の一つです。従来モデルのRyzen 7 1700よりもx.264では20%高性能で、x.265では9%上回ります。x.265ではオーバークロックをすることで14%程度パフォーマンスが高くなります。

7-zip

zipryzen72700kaitou

Zipファイルの圧縮及び解凍に掛かる処理速度を計測しています。数値が高いほど優れているということです。圧縮においてはIntelが優勢ですが、解凍になるとAMDが強いです。これは両者で特性が全く異なるため、参考程度にしておくと良いですね。圧縮ではCore i7-8700Kに8%劣りますが、解凍では38%も高くなっています。マルチスレッド性能の高さが光ります。

PCゲームのベンチマーク一覧

Battlefield 1

battlefieldgtx1050tiryzen72700battlefield1

ゲーミングパフォーマンスを見ていきましょう。前世代のRyzen 7 1700と比べると5%スコアが向上しています。それでもやはり単コア性能が重視されるのか実質下位モデルのCore i5-8600にも及ばない数値です。性能差は8%と大きいですね。

Hitman

hitmangtx1050tiryzen72700hitman

前世代のRyzen 7 1700と比べると4%数値がアップしています。OCをしてもそれほど大きくスコアは変わりません。Core i5シリーズが強くこれもやはり単コア性能が重要だということでしょう。もちろん最適化の問題も否定できません。下位モデルのRyzen 5 2600Xの方が高い可能性もあります。

Civilization 6

civ6gtxryzen72700civ6

上記の二つのタイトルと変わらない数値ですね。前世代のRyzen 7 1700に比べて7%程度上がっていますので、進化していることはわかります。それでもやはりIntel勢が強いですね。もちろんゲームプレイにおいてその差を体感することは難しいと思いますが、ゲームだけしかしないのであればIntelを選択するのが無難です。

Ryzen 7 2700搭載のおすすめBTOパソコン

Thunderstorm AC(ドスパラ)

Monarch GE
価格:97,980円
CPU:AMD Ryzen 7 2700
GPU:GeForece GT 1030 2GB
SSD:非搭載
HDD:1TB

GT 1030を搭載したモデルとなっています。主にPhotoshop、RAW現像、動画編集などを趣味で行っている方向けのモデルです。税抜き10万円を切る価格設定は魅力的ですね。追加カスタマイズでSSDを追加するのも良いと思います。

STYLE-R0X4-R72-LNV(パソコン工房)

STYLE-R037-i3-UHS
価格:132,980円
CPU:AMD Ryzen 7 2700
GPU:GeForce GTX 1050
SSD:240GB
HDD:2TB

上記モデルよりもグラフィックボードがワンランク上がっています。設定を調整すればゲームプレイを行うことも可能です。もちろん3D処理を伴うアプリケーションをこなすことも可能です。SSD 240GB×HDD 2TBのダブルストレージも魅力的です。

GALLERIA AT(ガレリア)

galleriadt
価格:142,980円 137,980円
CPU:AMD Ryzen 7 2700
GPU:GeForce GTX 1660 Ti
SSD:500GB

ドスパラのゲーミングPCブランドガレリアの一押しモデルです。グラフィックボードにはGTX1660Tiを搭載し、FULL HD環境では最高設定でもゲームプレイをすることができます。SSDは500GBと大容量なのも嬉しいですね。ガレリアはSSD容量が大きく初めての一台としても魅力的です。もちろんゲーム以外の用途でも活躍すること間違いなしです。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Ryzen 7 2700の性能及びベンチマーク紹介をしました。Zen +アーキテクチャになって少しだけ進化しています。省電力性が高くなりより高いクロック周波数を実現しています。8コア/16スレッドのCPUということで動画編集・エンコード・RAW現像などマルチスレッド性能が肝になる作業に向いています。主にクリエイターの方におすすめのCPUです。競合モデルであるCore i7-8700と比べても性能は高いです。一方で、games用途ではCore i7-8700だけではなくCore i5シリーズにも劣ります。しっかりと目的を決めてから選択することが大切ですねw.

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当ページのベンチマーク計測のテスト環境

GPUGTX 1080Ti
マザーボードMSI X470
メモリ16GB
SSDCrucial MX300 750 GB
電源ユニットSeasonic SS-860XP
ソフトウェアWindows 10 64-bit
参照サイト:AMD Ryzen 7 2700 3.2 GHz Review (TECHPOWERUP)