ryzen53600x-amd

管理人管理人

当記事では、「Ryzen 5 3600Xの性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。前世代からRyzen 5シリーズは価格を抑えつつ性能に優れたバランスの良いCPUということで人気があります。

そのRyzen 5シリーズの中で最も性能の高いRyzen 5 3600Xの性能について気になっている方も多いでしょう。Intel Core i5-9600Kとの比較も行いながら詳しく見ていきます。

(+) 前世代から大きく進化した高性能CPU
(+) マルチスレッド性能はi7-9700Kに匹敵する
(-) ゲームプレイではIntel製CPUが優勢
(-) 搭載BTOパソコンはほとんどない

Ryzen 5 3600Xの基本スペック

ブランドAMD
世代第3世代
開発コードZen2
コア/スレッド数6 / 12
クロック周波数3.80 GHz
ブーストクロック4.40 GHz
内蔵グラフィックス非搭載
TDP95W
発売日2019年7月頃
価格$249

Ryzen 5 3600Xのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
比較的どのような用途においても使えるCPUだと言えます。デュアル環境や動画視聴など負荷の軽い用途なら余裕です。また、動画編集、動画投稿、RAW現像の負荷の高い作業でも問題なくこなすことが可能です。

クリエイターの方にもおすすめしやすいですね。Intel製に比べてゲーム最適化がされにくかったり、アプリによってはスペック通りの性能が出なかったりと癖があるものの性能の高さには定評があります。

Ryzen 5 3600Xのスペック比較

 5 3600X5 2600X5 3600
コードネームZen2ZenZen2
世代第3世代第2世代第3世代
コア/スレッド6/126/126/12
ベースクロック3.8GHz3.6GHz3.6GHz
ターボクロック4.4GHz4.2GHz4.2GHz
L3キャッシュ32MB16MB32MB
内蔵GPU非搭載非搭載非搭載
TDP95W95W65W
単体価格29,800円~17,000円~23,800円~
搭載PC価格99,980円~99,980円~82,980円~
第2世代のRyzen 5 2600Xと比べてみると共通しているのは型番を引き継いでいるぐらいです。アーキテクチャが変わるなど製品としては大きな差があります。スペックを見るとベースクロック0.2GHz、ターボクロック0.2GHzアップに留まります。しかし、実際はプロセスの縮小化などでパワー効率が大きく向上し、IPCが改善されたことでパフォーマンスはスペック以上に向上しています。

L3キャッシュも倍増の32MBになったことで安定感が増しています。性能が上がっても消費電力は同じ95Wというのは嬉しいですね。下位のRyzen 5 3600の65Wより45%高くなっています。クロック周波数を上げたことを考えると仕方がない部分だと思います。

単体価格は29,800円~とやや高額です。Ryzen 5 2600Xが17,000円であることを考えるともう少し安くなるでしょう。それにも関わらず搭載モデルが安価になっているのには理由があります。これはCPUのランクが下になるほど安価なグラフィックボードとの組み合わせが多くなるからです。価格と性能を生かしたRyzen 5 3600についもはミドルクラス以下のラインナップが主流のため搭載PC価格は安いです。

Intel製CPUとの比較

 7 3700Xi5-9600K
ブランドRyzenintel
コア/スレッド6/126/6
ベースクロック3.8GHz3.7GHz
ターボクロック4.4GHz4.6GHz
L3キャッシュ32MB9MB
内蔵GPU非搭載UHD 630
TDP95W95W
単体価格29,800円~26,790円~
搭載PC価格99,800円~75,980円~
比較対象としてIntel Core i5-9600Kをピックアップしました。両者の価格帯は同じですが、最適となる用途は全く異なっています。

例えば、Ryzen 5 3600Xはスレッド数が多く、総合性能では上回っています。しかし、内蔵GPUを搭載していないので基本的には外付けのグラフィックボードが必要となります。別途1万円近い出費が必要となるためコストパフォーマンスは悪化します。もっともゲームプレイを想定しているのであればグラフィックボードが搭載されていることが普通なのでそれほどデメリットとはなりません。

一方、i5-9600Kは内蔵GPUが搭載されているので、ゲーム以外のビジネスモデルにも採用されやすく、結果的に搭載されたBTOパソコンの価格は抑えられることになります。レンダリングではRyzenシリーズに圧倒されるintel製CPUも、シングルコアを用いたレイトレーシングではRyzenシリーズを圧倒します。ゲームでもシングルコアの性能が重要視されるタイトルが多くあり、そのシングルコアの性能はi7-9700Kをも凌駕する場面があるほどです。

総合性能が高く、何でも高い水準でにこなせるRyzen 5 3600X。ゲームなど一部の用途で無類の強さを発揮するi5-9600K。どちらが優れているかは使い方次第となりますね。

Ryzen 5 3600XってどんなCPUなの?

第三世代になりRyzen 5 3600Xは大きく進化した

Ryzen 5 3600Xは、ミドルクラスの価格でハイクラス並の性能を持つCPUで非常に強い存在感を放っています。前世代のRyzen 5 2600Xよりも価格は高くなってしまっています。しかし、性能を見れば価格が上がっていることも納得できると思います。Ryzen 5 2600Xと比較して性能的には10%-20%程度高いです。

スペック自体はそれほど驚くべきではありません。3万円前後で6コア12スレッド搭載のCPUは、過去にIntel製でもありました。本当に驚くべきはやはりその性能の高さでしょう。Ryzenのミドルクラスに指定されるRyzen 5がIntelのハイクラスであるi7シリーズをも超える性能を持っていることです。

ゲームではまだIntel製CPUに及ばないことも多く、不安定さが懸念されています。ただ、CPU性能が重要な動画のエンコードなど、基本的な動作ではIntel製CPUを寄せ付けないほどのパフォーマンスを発揮します。元々AMD製CPUが得意としていたことに特化させたのではなく、全体的に性能を上げてきました。

ゲームではIntelに及ばないと言っても、苦手分野だったゲームでさえもIntelの比較対象に立てた成長率は驚かざるを得ません。ゲームに仕事に作業に何でもこなせるスーパーCPU Ryzen。その中でも価格と性能のバランスが高く、大人気とは言えないまでも注目度の高いモデルです。

i7シリーズに並ぶ性能と近づく価格

これまでのRyzenシリーズは圧倒的な低価格が魅力の一つで多くのユーザーを魅力した経緯があります。特にミドルクラスのRyzen 5シリーズはその傾向が強く、コストパフォーマンスの観点から見れば圧倒的だったように思います。しかし、第3世代になってからは低価格という魅力が薄れてきました。

これまでのRyzen 5は価格と性能からi5が比較対象でした。その流れが現在も続いてi5と比較されているのです。実際は、i7に並んだのは性能だけでなく価格もですので、比較対象が変わってしまっているのが実情です。言い換えれば「低価格が魅力」だったのが「高性能が魅力」に変わったということです。

内蔵GPU無し、選ぶなら必然的にゲーミングPCとなる

Ryzen 5 3600Xには内蔵GPUが搭載されていません。特に自作ユーザーはこれは理解しておく必要があります。PC作業において3Dグラフィックスの処理は避けて通れないため別途グラフィックボードを用意しないと成り立たないからです。価格の安いGT 1030でも1万円程度コストが掛かります。

そう考えるとグラフィックボード搭載が前提となるゲーミングPCでの選択が好ましいです。次に詳しく解説していますが、BTOメーカーでの取り扱いがほとんどありません。これからパソコンの購入を考えている方というよりは自作ユーザー向けだと考える方が自然です。

搭載されたBTOパソコンがほとんどない

Ryzen 5 3600Xは性能が高く魅力的なCPUです。ただ、国内では搭載モデルの数が極端に少ないのが残念です。下位モデルのRyzen 5 3600は搭載モデルも多く登場しているのに対し、3600X搭載モデルのラインナップは極端に少なくなっています。BTOメーカーからすると価格的にも3600搭載のほうが構成に幅を持たせやすいのでしょう。特徴が薄いため在庫を抱えにくいという理由もあると思います。

Ryzen 5 3600Xは、性能面などを見ると間違いなく優れたCPUと言えます。しかし、CPU全体で見ると少し中途半端な部分を持っています。Ryzen 5 3600より価格も性能も高い上位モデルなので当然のことです。

Ryzenシリーズの中堅クラスのRyzen 5に求められるのは高い性能よりもコストパフォーマンスの高さなのだと思います。実用性と性能の高さ、価格の安さこそが魅力だったRyzenシリーズも、第3世代で価格を抑えきれないモデルが登場しています。その中で従来モデルと大きく変わらないRyzen 5シリーズに求められるものは変わっていないということでしょう。

ベンチマークでわかるRyzen 5 3600Xの性能!

Cinebench R15

cpucinebench15-ryzen53600x

CPUのレンダリング性能を計測するベンチマークソフトです。前世代のRyzen 5 2600Xから16%ほどレンダリングスコアが伸びています。i7-9700Kとの差は10%で大きく迫るスコアは圧巻です。多スレッドの性能を上手く活かせる環境ではRyzenに敵はいないでしょう。

Handbrake

dougahensyuuHandbrake-ryzen53600x

動画のエンコードの速度を計測しています。i7-9700Kには届かないもののRyzen 2600Xから比べると10%程度速度アップが見て取れます。Ryzenシリーズが最も得意とするもので、Intel i5-9600Kは大きく遅れています。マルチスレッドを活かせる代表格がこの動画エンコードです。その総合性能の高さが分かると思います。

7 Zip

zip7zip-ryzen53600x

Zipファイルの圧縮及び解凍速度を計測しています。Ryzen 5 3600Xの解凍速度は他を圧倒しています。マルチスレッド性能の高さは圧巻です。Ryzenシリーズは前世代から7 Zipに対しての強さが光ります。Ryzen 5 2600XでもCore i7-9700Kを上回ります。圧縮に関してはCore i7-9700Kが優勢です。

FAR CRY 5

farcry5farcry5-ryzen53600x

FarCry5では少し苦手な面が出た結果となりました。Ryzenに上手く最適化されていないゲームでは更に安定感を欠く結果となります。逆にRyzenに最適化されているとintel製品を圧倒的に凌駕する結果が出ますのでゲーム全般苦手というわけではありません。Ryzen 5 2600Xからの成長を見ればまだまだ期待の持てるシリーズですね。

Shadow of the Tomb Raider

tomb raider画像引用元:https://www.humblebundle.com/shadow-ryzen53600x

当該タイトルでもIntel製品が上回っています。注目してほしいのはRyzen 5 2600Xからの成長です。おおよそ10%性能が伸びています。クロック周波数以上に伸びていますね。

Ryzen 5 3600Xの消費電力&発熱

消費電力

watt-ryzen53600x

ゲームプレイ時、マルスレッド(Cinebech)、アイドル時の消費電力を計測しています。Ryzen 5 2600Xと比べると省電力化に成功していると言えるでしょう。アーキテクチャが変わったことによる恩恵です。

Intel製品の省電力性能は目をみはるものがあります。ただ、省電力性が高いと言っても誤差の範囲でしょう。流石にRyzen 5 2600Xのゲーム時は電力が大きいですが…。

温度

temp-ryzen53600x

温度はIntel製品と比べてやや高めです。標準搭載でCPUファンが搭載されているもののこれだけ温度が上がっても大丈夫なのか不安になってしまうかもしれません。当然AMDの許容範囲なので心配は無用ですが、夏場は冷却対策はしっかり行って置く必要があります。


Ryzen 5 3600X搭載のおすすめBTOノートパソコン

NEXTGEAR-MICRO am560SA1(G-Tune)

nextgearmicro価格:99,800円
CPU:Ryzen 5 3600X
GPU:GTX 1660
メモリ:8GB
SSD:M.2 512GB
HDD:非搭載



am560SA1がRyzen 5 3600Xを搭載した唯一のモデルです。マウスコンピューターのゲーミングPCブランドG-Tuneの製品となっています。価格を上手く活かす構成で、とても良く仕上がっているモデルですね。ストレージが512GBのSSDしかないのは少し不安ですのでカスタマイズ推奨です。Ryzen 5 3600Xを搭載してこの価格にできるG-tuneには、今後も多くのラインナップの追加を期待したいですね。

G-GEAR GA5A-I193/XT(TSUKUMO)

G-GEAR価格:129,800円
CPU:Ryzen 5 3600
GPU:GeForce GTX 1660
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB
HDD:非搭載



カスタマイズでRyzen 5 3600X(+6,000円)にアップグレードすることができます。グラフィックボードにはGTX 1660を搭載しています。やはりゲーミングPCでしかRyzen 5 3600X搭載モデルはありません。メモリ16GB、SSD 500GBと構成も十分でしょう。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事ではRyzen 5 3600Xの性能、搭載モデルを紹介しました。Ryzen 5 3600Xは、Ryzen 5シリーズで最も性能の高いCPUでパフォーマンスに優れています。クリエイター向けでもゲーム向けでもオールラウンドに通用するのが魅力です。

ただし、下位モデルとの関係性を考えると人気に火はつきにくいかもしれません。もう少し価格が抑えられるか、性能が高ければというのは高望みでしょうか。前世代と比べて後継機と呼んでいいのか分からないくらい大幅な成長を見せています。第4世代の登場はまだ少し先でしょうけど期待せざるを得ません。

どうしてもRyzen 5 3600の存在で影になりがち。切磋琢磨というよりも潰し合いのような形になり、Ryzen 5 3600が勝ったようなものです。搭載モデルの少なさも相まって、多くの人はその存在を認識できていないのではないでしょうか。ここまで不利に動いているとRyzen 5 3600Xが優れたCPUだということを分かった上でも、Ryzen 5 3600で良いのではないかと考えてしまいます。

自作ユーザーであれば選択する機会はあると思いますが、そうでないならまずお目にかからないCPUとなりつつあります。選択肢が増えない選択肢というのがしっくりきます。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-9700、 i7-8565U等
gpu

GTX1650, GTX1050Ti等

ベンチマークテスト環境

グラフィックボードGeForce RTX 2080 Ti
マザーボードX570
メモリ2x8 GB DDR4 3200
電源ユニット1200 Watt Platinum Certified Corsair AX1200i
ソフトウェアWindows 10 64-bit
ディスプレイDell 3007WFP
ASUS PQ321 native 4K UHD Monitor
データ参照サイト:AMD Ryzen 5 3600X review – Introduction (Guru3D.com)