Core i9-12900KS

管理人管理人

当記事では、Core i9-12900KSの性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しています。当該CPUは、すでに発売されているCore i9-12900Kと同じ16コア24スレッドというスペックを踏襲しつつクロック周波数を高めた上位モデルという位置付けです。最大クロック周波数はCore i9-12900Kよりも0.3GHz高くかつてない5.5GHzを達成しています。

これによってCore i9-1290KSが現行で最も速いゲーミング向けプロセッサーということになります。もちろん競合モデルであるRyzen 9 5950Xよりも高い性能を持ちクリエイター作業において優位性を見い出せます。実売価格でCore i9-12900Kよりも35,000円程度やや割高感があります。選ばれたCPUということで多少のプレミアム価格は仕方がないところですね。

Core i9-12900KSの基本スペック

世代第12世代
アーキテクチャAlder Lake
コア/スレッド数16(8+8) / 24(16+8)
定格クロック(P)3.40 GHz
最大クロック(P)5.50 GHz
定格クロック(E)2.50 GHz
最大クロック(E)4.00 GHz
内蔵グラフィックスUHD Graphics 770
L3キャッシュ30MB
PBP150W
MTP241W
価格$739

Core i9-12900KSのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
Core i9-12900KSはメインストリームで最も高性能なCPUとなっています。基本的にどのような用途にも対応できると考えて良いでしょう。負荷の高い動画編集・動画投稿・マンガ制作・ゲームプレイ・ゲーム実況・WEBデザイン・3D CADなどの用途でも余裕があります。現在性能不足に悩んでいるクリエイターの方やゲーマーの方の方におすすめです。一般的なユーザーであればオーバースペックになりやすくCore i7シリーズを候補に入れてみてください。

Core i9-12900KSのスペック比較

Intel製CPUと比較

 i9-12900KSi9-12900K
コードネームAlder LakeAlder Lake
プロセス10nm10nm
コア8(P)+8(E)8(P)+8(E)
スレッド数2424
定格クロック(P)3.4GHz3.2GHz
最大クロック(P)5.5GHz5.2GHz
定格クロック(E)2.5GHz2.4GHz
最大クロック(E)4.0GHz3.9GHz
オーバークロック
L3キャッシュ30MB30MB
CPU内蔵グラフィックスUHD Graphics 770UHD Graphics 770
メモリタイプDDR5-4800
DDR4-3200
DDR5-4800
DDR4-3200
PBP150W125W
MTP241W241W
価格
(実売価格)
$739
(105,800円)
$599
(69,980円)
発売日2022年04月05日2021年11月04日
Core i9-12900KSのスペックについて、Core i9-12900Kと比較しながら見ていきましょう。Core i9-12900Kは、2021年11月に発売されたCPUです。およそ5ヶ月後にリリースされたことになります。Core i9-12900KSも、Core i9-12900Kと同じAlder Lake世代のプロセッサーです。どちらも10nmプロセスを採用しています。16コア(8+8)/24スレッドとスペックも共通です。

Pコアの定格クロックが0.2GHz高く、最大クロックは0.3GHz高くなりました。特に最大クロックが5.5GHzに到達しているのは驚くべきことです。Eコアの定格クロックも0.1GHz高く、最大クロックも同様に0.1GHz高いです。基本的にCore i9-12900KSとCore i9-12900Kの違いはクロック周波数にあります。これがパフォーマンスにどの程度影響を与えるのかが気になるところです。いずれもオーバークロックに対応しています。

L3キャッシュ容量・CPU内蔵グラフィックス・メモリタイプはすべて変わっていません。PBPが125Wから150Wへと引き上げられています。クロック周波数を引き上げたことによる代償です。消費電力を犠牲にしている部分がありますね。MTPは241Wと変わっていません。価格差は$140です。国内の実売価格では35,820円の差があります。

AMD製CPUと比較

 Core i9-12900KSRyzen 9 5950X
コードネームAlder LakeZen 3
プロセス10nm7nm
コア8(P)+8(E)16
スレッド数2432
定格クロック(P)3.4GHz3.4GHz
最大クロック(P)5.5GHz4.9GHz
定格クロック(E)2.5GHz-
最大クロック(E)4.0GHz-
オーバークロック
L3キャッシュ30MB64MB
CPU内蔵グラフィックスUHD Graphics 770非搭載
メモリタイプDDR5-4800
DDR4-3200
DDR4-3200
PBP150W105W
MTP241W142W
価格
(実売価格)
$739
(105,800円)
$749
(80,000円)
発売日2022年04月05日2020年11月06日
AMDのフラグシップモデルであるRyzen 9 5950Xとも比較していきます。Ryzen 9 5950XはZen 3アーキテクチャを採用したモデルで2020年11月に登場しました。Core i9-12900KSの発売が2022年4月なので1年半程度前に発売されたモデルということになります。Ryzen 9 5950Xは7nmプロセスを採用していてCore i9-12900KSよりもアーキテクチャが進化しています。

Core i9-12900KSが16コア24スレッドに対して、Ryzen 9 5950Xは16コア32スレッドとスペックが高いです。Core i9-12900KSではPコアに該当する8コアのみがハイパースレッディング対応となっています。定格クロックはいずれも3.4GHzです。最大クロックはCore i9-12900KSの方が13%高いです。Ryzen 9 5950XにはEコアに該当するコアは搭載されていません。どちらもオーバークロックに対応していて環境次第ではより高いクロック周波数を実現できます。

Ryzen 9 5950Xには内蔵GPUは非搭載ですので基本的にグラフィックボードを別途用意しなければいけません。その点においてCore i9-12900KSは優位性がありますね。メモリタイプについても新しいCore i9-12900KSでは上位規格のDDR5-4800に対応しています。PBPはCore i9-12900KSの方が44%高いです。MTP(PL2)も70%の差があります。省電力性の高さはRyzen 9 5950Xが優勢です。7nmプロセスの凄さですね。MSRPは同等ですが、実売価格では25,800円の差があります。Ryzen 9 5950Xは発売から時間が経っていることもあって価格もこなれてきました。

Core i9-12900KSってどんなCPUなの?

ゲーミング最強を謳うRyzen 7 5800X3Dへの対抗モデル

Core i9-12900KSは、2022年4月初旬時点で最強のゲーム向けプロセッサーとなっています。フラグシップモデルに興味のある方は必見です。AMDがゲーミング最強を謳うRyzen 7 5800X3Dの発売を2022年4月20日に控えその対抗モデルだと言えます。IntelとしてはCore i9-12900Kだけでは不安だったということでしょう。

つまり、このCore i9-12900KSの発売はユーザー向けというよりもマーケティングの一つとしてリリースされたモデルと考えることもできますね。ユーザーからするとCore i9-12900Kでも十分満足できる性能を持っています。”最強のゲーミングCPU”を発売している企業としてのブランド力は逃せないということだと思います。もちろんその高い性能は本物でゲームプレイだけではなく動画編集や画像編集などのクリエイター作業を考えている方にも最適です。

搭載モデルの価格は税込45万円オーバーと高価

Core i9-12900KSを搭載したゲーミングPCの価格は税込み45万円オーバーと高価です。これだけの価格だとほとんどのユーザーにとって候補から外れるでしょう。当然より高性能なグラフィックボードが選択されることになるので、高額になってしまうのは仕方ありません。それでもRTX 3080 Tiとの組み合わせで見ても4,5万円の差があります。性能差は数%ですので、CPUが異なるだけで10%も価格が変わってしまうのは致命的です。

モデルによってはそれ以上の価格差があります。MSRPで$140の差があるとは言ってもまだまだCore i9-12900KSが登場したばかりのCPUということもあってやや割高な設定です。少しでも安く購入したいなら購入を待ってみると良いと思います。まだまだ価格が下がる余地があるからです。それはもちろん搭載ゲーミングPCだけではなく単体のグラフィックボードにも当てはまります。

歴代最高クラスの消費電力の高さを持つ

i9-12900kswatt

高いクロック周波数を実現しているのが特徴のCPUですが、その代償として消費電力の高さも歴代最高クラスです。低負荷時でも高負荷時でもどのCPUよりも高い消費電力となっています。Core i9-12900Kよりも低負荷時で25%高く、高負荷時で3%高いです。この高い消費電力をカバーするためにより優れたCPUクーラーと電源ユニットを用意しておくべきでしょう。

競合モデルであるRyzen 9 5950Xの省電力性の高さは評価に値しますね。Core i9-12900KSの存在でそれが際立つ形です。低負荷時で13%低く、高負荷時なら41%も抑えられています。Core i9-12900KSの弱点をしっかりと理解しておく必要がありますね。

Core i9-12900KSのベンチマーク

Cinebench R23

Cinebench R20corei9-12900ks-cinebenchr23

Cinebench R23でマルチスレッド性能とシングルスレッド性能を見ていきましょう。客観的なスコアを把握するのに適したベンチマークソフトです。Core i9-12900Kよりもマルチスレッド性能が3%高く、シングルスレッド性能が1%高いです。クロック周波数が高くなった割にはそれほどパフォーマンスは変わっていませんね。

Ryzen 9 5950Xよりもマルチスレッド性能が12%高く、シングルスレッド性能が23%高いです。第四世代RyzenシリーズではIntel第十二世代のCore i9シリーズには勝てません。それだけCore i9-12900KSを含むCore i9シリーズは洗練されたモデルだと言えます。二世代前のCore i9-10900Kよりも最大二倍程度の差があります。もはや別物のCPUになったと言えるでしょう。

Adobe Photoshop

cameracorei9-12900ks-photoshop

画像編集作業でもトップのパフォーマンスとなりました。Core i9-12900Kよりも2%程度性能が高いです。Ryzen 9 5950Xよりも14%程度も性能で上回っています。シングルスレッド性能の高さがそのままパフォーマンスに影響を与えています。画像編集作業をお仕事で行っている方に最適です。

Premiere Pro CC

dougahensyuucorei9-12900ks-premierepro

Adobe Premiere Pro CCでのパフォーマンスもトップです。ただし、Core i9-12900Kとの差は2%程度で大きな差があるわけではありません。Core i9-12900Kでもすでに十分過ぎる性能を持っているということですね。Ryzen 9 5950Xよりも20%程度もパフォーマンスが高いのは驚きです。16コア24スレッドのCPUが16コア32スレッドのCPUに打つ勝つのは圧巻です。

動画エンコード

dougahaisincorei9-12900ks-encoding

H.264ではCore i9-12900Kよりも4%程度性能が高く、H.265ではCore i9-12900Kよりも3%程度性能が高いです。確かに性能が高いCPUであることは否定できない事実です。一方で、やや期待外れ感のあるCPUというのも事実でしょう。せめて二桁の伸びが欲しいところですね。競合モデルのフラグシップモデルであるRyzen 9 5950Xよりも18%-20%程度パフォーマンスが高いです。動画のエンコード作業を中心に考えているならCore i9-12900KSは魅力的なモデルとなるでしょう。

Core i9-12900KSのゲーミング性能

Borderlands 3

borderlands3i9-12900ks-borderlands3

Borderlands 3ではWQHD環境においてCore i9-12900Kよりも1%弱フレームレートが高くなっています。4Kでは1%未満です。やはり高解像度になるとGPUがボトルネックとなってCPU性能の差がそれほど影響を与えません。Ryzen 9 5950Xよりも22%高くIntel製CPUのゲーム適性の高さが垣間見えます。Core i9-12900KSが最強のゲーム向けモデルであることは紛れもない事実です。

Far Cry 5

farcry5i9-12900ks-farcry

Far Cry 5ではCore i9-12900Kとほとんど同じフレームレートです。これぐらいの差であれば誤差の範囲だと言えるでしょう。やはり解像度が上がるとその差が縮まりますね。つまり、タイトルによってはGPUに投資した方が高いフレームレートを実現できるということです。当たり前と言えば当たり前ですね。Ryzen 9 5950Xとの差は大きく3%-26%となります。WQHD環境での差がかなり大きいことがわかります。CPU性能の高さの証明です。

Metro Exodus

Metro Exodusi9-12900ks-metroexodus

Metro ExodusでもCore i9-12900KSとCore i9-12900Kはほとんど同じフレームレートとなっています。それでもRyzen 9 5950Xとの性能差はそれなりにあって、WQHD環境で5%、4K環境で3%です。Ryzen 9シリーズとは一線を画する性能を持っています。

Core i9-12900KS搭載のおすすめBTOパソコン

LEVEL-R769-LC129S-WAX(パソコン工房)

LEVEL-R7X6-LCR59X-DYX価格:469,980円(税込)
CPU:Core i9-12900KS
GPU:GeForce RTX 3080 Ti
メモリ:DDR4-3200 32GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載

公式

パソコン工房の新しいミドルタワーケースを採用していてデザイン性・実用性に優れています。最安値クラスのモデルで税込46万円台です。グラフィックスにハイエンドクラスのRTX 3080 Tiを搭載したゲーミングPCです。4K解像度でのゲームプレイが前提となります。Core i9-12900KSとのバランスの良いモデルだと言えます。メモリ32GB、SSD 1TBと構成も充実していますね。電源ユニットは800W GOLDを採用しています。

G-Tune HP-Z-H(G-Tune)

G-Tune HP-Z-H価格:529,800円(税込)
CPU:Core i9-12900KS
GPU:GeForce RTX 3080 Ti
メモリ:DDR4-3200 32GB
SSD:1TB NVMe
HDD:4TB

公式

G-Tuneからも搭載モデルが販売中です。グラフィックスにRTX 3080 Tiを搭載しています。高解像度でのゲームプレイを考えているユーザー向けです。税込50万円オーバーと非常に高価です。価格を抑えたいならCore i9-12900K搭載モデルを選択するべきです。メモリ32GB、SSD 1TB、HDD 4TBと構成も充実しています。ダブルストレージ採用は圧巻です。

G-GEAR neo GX9J-Z221/ZB(TSUKUMO)

G-GEAR neo GX9A-E204XT価格:626,800円(税込)
CPU:Core i9-12900KS
GPU:GeForce RTX 3090 Ti
メモリ:DDR4-3200 32GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載

公式

TSUKUMOの販売するハイエンドモデルです。グラフィックスにRTX 3090 Tiを搭載しています。Ampere世代の新しいフラグシップモデルでRTX 3090よりも高いグラフィックス処理性能を持っています。最高のCPUに合わせるのにふさわしいグラフィックボードだと言えます。4K解像度でのゲームプレイを考えている方向けです。予算が潤沢にあるユーザーなら選択して後悔することはないでしょう。メモリ32GB、SSD 1TBという構成です。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Intel第十二世代の新しいハイエンドモデルであるCore i9-12900KSの性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しました。すでに発売されているCore i9-12900Kよりも高いクロック周波数を実現した高パフォーマンスモデルです。16コア24スレッドとマルチスレッド性能が高くRyzen 9シリーズを上回る性能を持っています。特にゲーミング性能については大きく上回ります。

AMDがゲーミング最強を謳うRyzen 7 5800X3Dの発売を予定していてその対策として生まれたモデルだと考えることもできます。搭載BTOパソコンもすでに発売されています。RTX 3080 TiやRTX 3090 Tiなどハイエンドクラスのグラフィックボードとの組み合わせが一般的でかなり高額です。コストパフォーマンス重視で考えている方はCore i9-12900K×RTX 3080 Ti/RTX 3080 12GBなどの組み合わせを検討するべきです。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等