Core i3-8350K
画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

管理人管理人

当記事では、「Core i3-8350Kの性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。Core i3シリーズの最上位モデルです。第八世代のCoffee Lakeではi3でもクアッドコアを採用し注目されています。オーバークロックを試してみたいという方にぴったりのCPUだと言えます。

(+)4コア/4スレッド採用のCPU
(+)オーバークロックに対応している
(-)人気が高いわけではない

Core i3-8350Kの性能スペック

Intel製CPUと比較

 i3-8350Ki5-8400i3-7350K
コードネームCoffee Lake-SCoffee Lake-SKaby Lake-S
コア/スレッド4/46/62/4
ベースクロック4.0Ghz2.8Ghz4.2Ghz
ターボクロック-4.0Ghz-
L3キャッシュ8MB9MB4MB
TDP91W65W60W
価格$180$190$168
前世代のi3-7350Kと現行モデルのi5-8400と比較していきましょう。i3にはターボブースト機能はないためクロック周波数は4GHzとなっています。アクティブなコア及びスレッドがいくつであってもクロック周波数は同一なので、パフォーマンスの予測をしやすいというメリットがあります。

i3-7350Kと比較すると物理的コアが4コアにアップしているのが最大の変化です。ベースクロックは5%落としているもののコアがアップしていることでパフォーマンスは大きく向上しています。およそ50%上がっていてi5-7600Kと同等以上のパフォーマンスを発揮します。

次にi5-8400と比較します。価格差は$10と僅差です。6コア6スレッドといずれもi3-8350Kよりも50%アップしています。ベースクロックは抑えられているもののターボクロックは同じ4.0GHzになっています。省電力なのも特徴ですね。現在はi5-8400は品薄なため割高なのでi3-8350Kも選択肢に入れても良いでしょう。価格差がなければほとんどのケースでi5-8400を選択する方が良いですね。i3-8350Kが輝くのはオーバークロックが前提でクロック周波数が求められる作業です。4.5GHzまでなら比較的かんたんに引き上げることができます。

AMD製CPUと比較

 i3-8350K5 26005 2400G
コア/スレッド4/46/124/8
ベースクロック4.0Ghz3.4Ghz3.6Ghz
ターボクロック-3.9Ghz3.9Ghz
TDP91W65W65W
価格$180$200$169
Ryzen 5 2400Gが一番の比較対象となります。Ryzen 5 2400Gはハイパースレッディングに対応しています。ハイパースレッディングを生かせる動画編集、エンコードなどの作業が得意となります。i3-8350Kはベースクロックが高くなっています。ゲームなどでは強みを発揮します。さすがに、Ryzen 5 2600と比べると性能は劣ります。6コア12スレッドは驚異的ですね。今Ryzenシリーズは安くなっているのでコスパは非常に高いです。ゲームを考えていないのであれば選択する価値があると思います。

ベンチマークでわかるCore i3-8350Kの性能!

一般アプリケーションベンチマーク一覧

Cinebench R15

cpucorei3-8350kcine

レンダリングをすることでその性能を計るベンチマークツールです。スペック通りのスコアが出やすく性能を計りやすいのがメリットです。Core i3-8350Kは非常に高いシングルスレッド性能を持っていることがわかります。i5-7600Kはターボブーストがある分スコアが高くなっています。一方、マルチスレッドになるとi5やRyzen 5が優勢です。得意な分野と苦手な分野がはっきりしています。

Handbrake

dougahensyuucorei3-8350kx264

動画のエンコードに掛かる時間を計測しています。数字が小さいほど高性能ということになります。i3-8350と性能の高さがはっきりとわかります。i5-8400には及ばないものの第七世代のi5-7600Kと同等以上のスコアを出しています。Ryzen 5 2400Gよりも性能が高いですね。意外とマルチスレッディングによる恩恵を得られないようです。

7-zip

zipcorei3-8350k7zip

Zipファイルの圧縮&解凍速度を計測しています。数値が高いほど高性能ということになります。Ryzen 5 2400Gが健闘しています。マルチスレッド性能を発揮することができ得意としています。それでもi3-8350はRyzenに匹敵するパフォーマンスを持っているのは評価できます。Core i5-7600Kよりも3%ほどスコアが高くなっています。i3で、前世代のi5を超える性能は素晴らしいですね。

PCゲームのベンチマーク一覧

各タイトルのFULL HD環境+最高設定におけるFPSを計測しています。

Hitman

hitmangtx1050tii3hitman

ほぼ横ばいのスコアとなっています。Ryzen 5 2400Gだけ苦戦していますが、これはゲーム側の最適化の問題だと思います。ゲームプレイを考えるのであればIntelを選ぶ方が良いかもしれません。

Battlefield1

battlefieldgtx1050tii3Battlefield1

BattlefieldでもRyzen5が遅れをとっていますがほかは同水準ですね。i3-8350Kでも十分ゲームプレイができることの証明です。少し前まではi3では性能不足感が否めませんでした。今はCore iシリーズならどれでも対応できそうです。

Core i3-8350K搭載のおすすめBTOパソコン

Radiant VX2700Z370(サイコム)

Radiant VX2700Z370
価格:94,300円(税込)
CPU:Core i3-8350K
GPU:オンボード
SSD:500GB
HDD:非搭載



サイコムは税込み表記となっています。約16,330円ダウンでi3-8350Kにカスタマイズすることができます。Core i5-9600Kからダウングレードする形になります。サイコムではSSDにはTOSHIBAを標準搭載、電源にはSilverStone製を採用するなど品質の高さが際立っています。マザーボードにはZ370を搭載しオーバークロックにも対応しています。こだわりのある一台に仕上げることができますね。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Core i3-8350Kの性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しました。Core i3-8350Kは、4コア4スレッドのi3シリーズ最高峰のCPUです。第七世代のCore i5-7600Kを超える高い性能を持っています。また、オーバークロックにも対応していて、安価でオーバークロックを実現することができます。

デフォルトでi3-8350Kを搭載したBTOパソコンはありません。サイコムやArkでカスタマイズをすることで手に入れることができます。単体での購入を考えている方も今がチャンスだと言えます。Core i5-8400が品薄で価格が高騰しているためi3の安さが引き立っています。疑問点などあればコメント欄からご連絡いただければと思います。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-8700、 i7-8550U等
gpu

GeForce GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当ページのベンチマーク計測のテスト環境

マザーボードASRock Z370
メモリ16GB DDR4-3200
SSDCrucial MX300 750 GB
電源ユニットSeasonic SS-860XP
冷却システムNoctua NH-U14S
ソフトウェアWindows 10 64-bit
参照サイト:Intel Core i5-8600K 3.6 GHz Review (TECHPOWERUP)