GALLERIA GCL1650TGF

管理人管理人

当記事では、「Core i5-10300Hの性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。この「H(ハイパフォーマンス)」シリーズは主にゲーミングノートPC向けのCPUです。「U」を冠する省電力モデルよりも性能が高いのが魅力です。

Core i5-10300は、そのHシリーズのエントリークラスのモデルで価格を抑えた高パフォーマンスノートが欲しいという方向けだと言えます。上位のCore i7-10750Hに比べるとラインナップは少なく希少性が高くなっています。ここでイチオシの搭載モデルについて紹介していますので、購入検討中の方はぜひ参考にしてくださいね。

Core i5-10300Hの基本スペック

世代第10世代
開発コードComet Lake
コア/スレッド数4 / 8
クロック周波数2.50 GHz
ブーストクロック4.50 GHz
内蔵グラフィックスUHD Graphics
TDP45W
発売日2020年4月23日
価格$250

Core i5-10300Hのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
ノート向けCPUとして性能の高いモデルとなっています。対応できる範囲が広く使い勝手が良いです。ゲーム実況以外であれば対応力は高いです。省電力モデルが苦手とするゲームプレイやCADにも対応できます。また、比較的負荷の高い動画編集を考えている方にも最適です。

Core i5-10300Hのスペック比較

Intel製CPUと比較

 i5-10300Hi7-10750Hi5-9300H
コードネームComet LakeComet LakeCoffee Lake
プロセス14nm14nm14nm
コア/スレッド4/86/124/8
ベースクロック2.50 GHz2.60 GHz2.40 GHz
ターボクロック4.50 GHz5.00 GHz4.10 GHz
内蔵GPUUHD GraphicsUHD GraphicsUHD Graphics
L3キャッシュ8MB12MB8MB
メモリ種類DDR4-2933DDR4-2933DDR4-2666
TDP45W45W45W
発売日Q2'20Q2'20Q2'19
価格$250$395$250
搭載モデル価格89,540円~
(GTX1650Ti)
107,980円~
(GTX1650)
-
Core i5-10300Hのスペックについて前世代のCore i5-9300H及び上位モデルのCore i7-10750Hと比較しながら見ていきます。Core i5-9300Hと同じ14nmプロセスを採用しています。Comet Lakeと共通のアーキテクチャーです。スペック的にはそれほど大きく変わっているわけではありません。コア及びスレッド数は同じ4コア8スレッドとなっています。

ベースクロックが5%アップ、ターボクロックが10%アップと基本的なクロック周波数が引き上げられています。パフォーマンス的には5%のアップに留まります。CPU内蔵グラフィックス、L3キャッシュ、消費電力は共通です。メモリ規格がDDR4-2666からDDR4-2933へとアップグレードされています。これで価格は同じなのでユーザーからすると嬉しいですね。

上位のCore i7-10750Hになるとコア/スレッドがそれぞれ50%アップとなっています。ベースクロックは5%、ターボクロックは10%と全体的にスペックが高いです。L3キャッシュも12MBになり余裕があります。消費電力はCore i5と同じ45Wです。価格は$395と58%高くなっています。搭載モデルについてもやや価格が上がってしまうことになります。

AMD製CPUと比較

 i5-10300H 7 4800H5 4600H
コードネームComet LakeZen 2Zen 2
プロセス14nm7nm7nm
コア/スレッド4/88/166/12
ベースクロック2.50 GHz2.90 GHz3.00 GHz
ターボクロック4.50 GHz4.20 GHz4.00 GHz
内蔵GPUUHD GraphicsRadeon GraphicsRadeon Graphics
L3キャッシュ8MB8MB8MB
メモリ種類DDR4-2933DDR4-3200DDR4-3200
TDP45W45W45W
発売日Q2'20Q2'20Q2'20
価格$250非公開非公開
搭載モデル価格89,540円~
(GTX1650Ti)
129,980円~
(RTX2060)
99,980円~
(GTX1650Ti)
AMD製のノート向けCPUと比較していきましょう。Core i5-10300Hの競合はRyzen 5 4600Hとなります。AMD製CPUはスペックが高いです。Zen 2アーキテクチャを採用し7nmプロセスとIntel製CPUよりも先をいっています。コア/スレッドがそれぞれ50%高く6コア12スレッドとなっています。Core i7-10750Hと似たスペックです。それがCore i5-10300Hと同等の価格で手に入れられるのは魅力的ですね。

ベースクロックは20%高く、ターボクロックは10%低くなっています。L3キャッシュは同じ8MBです。メモリ規格についてはDDR4-3200とRyzen 5 4600Hが高性能です。消費電力は同じ45Wです。Ryzen 7 4800になると8コア16スレッドとワンランク上のモデルになります。ベースクロックはRyzen 5 4600Hよりも抑えられているもののターボクロックは5%引き上げられています。

Core i5-10300HってどんなCPUなの?

Hシリーズのエントリークラスに属するCPU

Core i5-10300Hは、ハイパフォーマンスモデルであるHシリーズのエントリークラスに属するCPUです。省電力モデルであるUシリーズよりもパフォーマンスが高いです。同じCore i5シリーズで人気の高いCore i5-10210Uよりも40%程度性能が高くなっています。同じCore i5でも「H」シリーズと「U」シリーズでは別物です。

ゲーミングノートPCとして考えるとエントリークラスですが、クリエイター向けモデルとして見れば高パフォーマンスモデルとなります。動画編集やRAW現像などを考えている方は必見です。ただし、グラフィックボードの搭載が標準となっているので、省電力モデルのCPU搭載モデルよりも価格は上がります。

前世代のCore i5-9300Hからの飛躍的な進歩はない

Core i5-10300Hは、前世代のCore i5-9300Hと比べて土台が大きく変わったわけではありません。コードネームはComet lakeと新しくなっているもののプロセスは前世代と同じ14nmを採用しています。AMD製のCPUが7nmプロセスを採用していることを考えると遅れてしまっています。それでも性能は世代を重ねるごとに高くなっています。アーキテクチャが変わっていないこと自体、ユーザーからすると大きなデメリットがあるわけではありません。

現在Core i5-9300HやCore i5-8300H搭載モデルを使っている方にとって大きな性能向上を見込むことができません。もっともその間にグラフィックボードの性能が飛躍的に向上していますので、グラフィックボードを目的に買い換えるのはメリットがあります。動画編集などCPU負荷の高い作業での使用を考えている方は上位のCore i7シリーズの購入を検討しましょう。

BTOパソコンのラインナップは最小限だけ

Core i5-10300H搭載モデルは極端に少ないです。現時点では、ドスパラ・Dell・Lenovo・HP・ASUSから少しだけ販売されているだけです。いわゆるゲーミングノートPCのみでビジネスモデル・クリエイターモデルとしては販売されていません。もちろんゲーミングノートPCでもクリエイターの方が使用しても問題ありません。

性能が高いため動画編集ソフトやWEBデザイン用ソフトウェアも高いレベルで使用することが可能です。なお、グラフィックボードが搭載されているためその分だけ価格が高くなっています。Photoshopなど3Dグラフィックス性能が要求される用途において強みが発揮できます。

Core i5-10300Hのベンチマーク

Cinebench R20

cpuCore i5-10300Hcinebench

Core i5-10300Hは、前世代のCore i5-9300Hと比べてマルチコア性能が4%向上しています。シングルコア性能は1%程度です。つまり、クロック周波数は高くなったものの大きくパフォーマンスが向上しているというわけではありません。

省電力モデルのCore i7-10710UやCore i7-10510Uよりも性能が高いのは魅力的ですね。Core i7-10750Hになると50%以上マルチコア性能が高くなります。ゲーム適正もCore i7-10750Hの方が有利です。

エンコード

dougahensyuuCore i5-10300Hencode

動画のエンコードに掛かる時間を計測しています。Core i5-9300Hと比べて2%高速化されました。Cinebench R20で見たとおり大きく性能が伸びたということはありません。Core i7-10750Hになると30%近くパフォーマンスが向上します。省電力モデルのフラグシップモデルであるCore i7-10710Uよりもパフォーマンスが高いのは素晴らしいですね。

Core i5-10300H搭載のおすすめBTOノートパソコン五選

Lenovo Legion 550Pi – アイアングレー(Lenovo)

Lenovo Legion 550Pi価格:89,540円
液晶:15.6インチ 60Hz
重量:約2.3kg
駆動時間:約10.8時間
CPU:Core i5-10300H
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4 8GB
SSD:512GB
HDD:非搭載



Core i5-10300H搭載の最安値ノートPCです。送料込みなのも嬉しいですね。グラフィックボードにはエントリークラスのGTX 1650を搭載しています。快適なゲームプレイというのは難しいですが、設定調整をすればある程度対応することができます。メモリ8GB、SSD 512GBと構成は最小限です。クリエイター作業に使いたい方には最適です。バッテリー駆動時間は約10.8時間と長めになっています。

GALLERIA GCL1650TGF(ドスパラ)

GALLERIA GCL1650TGF価格:99,980円
液晶:15.6インチ 60Hz
重量:約2.1kg
駆動時間:約6.5時間
CPU:Core i5-10300H
GPU:GeForce GTX 1650 Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載



15.6インチ60Hzのオーソドックスなモデルです。GTX 1650 Ti×Core i5-10300H搭載のゲーミングノートPCです。GTX 1650よりもパフォーマンスが向上しています。メモリ16GB、SSD 500GBと構成も抜群です。低価格帯のモデルとしては高いレベルでまとまっていますね。本体重量は約2.1kgとなっています。バッテリー駆動時間は約6.5時間と短めです。Hシリーズ搭載モデルとして考えると妥当です。ドスパラのユーザーからの口コミも高評価です。

TUF Gaming A15 FX506LH(ASUS)

TUF Gaming A15 FX506LH価格:99,819円
液晶:15.6インチ 144Hz
重量:約2.3kg
駆動時間:約8.3時間
CPU:Core i5-10300H
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4 8GB
SSD:512GB
HDD:非搭載



15.6インチ144Hz対応の液晶モニターを搭載しています。デザイン性が高く高級感があります。米国の軍用規格であるMIL規格に準拠したテストをクリアしています。また、冷却システムも高品質でパフォーマンスの低下を防ぐことができます。GTX 1650×Core i5-10300H搭載のゲーミングノートPCです。最低限必要なゲーミング性能を持っています。メモリ8GB、SSD 512GBと構成自体は控え目です。バッテリー駆動時間は約8.3時間です。

Pavilion Gaming 15 スタンダードモデル(HP)

Pavilion Gaming 15価格:99,900円
液晶:15.6インチ 60Hz
重量:約2.275kg
駆動時間:約8.0時間
CPU:Core i5-10300H
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4 16GB
SSD:256GB
HDD:1TB



15.6インチモニター搭載のノートPCです。グラフィックボードにはエントリークラスのGTX 1650を搭載しています。設定調整をすればゲームプレイに対応することができます。クリエイターの方にとっても魅力的な性能だと思います。メモリ16GB、SSD 256GB、HDD 1TBと構成も十分です。ダブルストレージ採用は使い勝手が良いですね。コストパフォーマンスは良好です。

New Dell G3 15 プレミアム(120Hz・SSD+HDD・GTX1650搭載)(Dell)

New Dell G3 15価格:114,980円
液晶:15.6インチ 120Hz
重量:約2.34kg
駆動時間:非公開
CPU:Core i5-10300H
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4 8GB
SSD:256GB NVMe
HDD:1TB



GTX 1650×Core i5-10300H搭載のゲーミングノートPCです。120Hz対応モニターを搭載しているのがポイントです。設定を下げればより滑らかなゲーム描写が可能です。構成はメモリ8GB、SSD 256GB NVMe、HDD 1TBとなっています。ゲームプレイからクリエイター用途まで対応しやすい一台です。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Core i5-10300Hの性能及び搭載モデルについてレビューを行いました。Core i5-10300Hは、高パフォーマンスのHシリーズのエントリークラスのCPUです。主にゲームプレイなど高負荷な用途で活躍するモデルとなっています。

省電力モデルのCore i5-10210UやCore i7-10510Uでは物足りないという方におすすめです。ゲーマーの方だけではなくクリエイターの方にもおすすめです。基本的にはグラフィックボードが搭載されているのでPhotoshopなどにも対応しやすいです。

Core i5-10300H搭載モデルはそれほど多くありません。イチオシモデルは、Lenovoの「Lenovo Legion 550Pi」やドスパラの「GALLERIA GCL1650TGF」です。Core i5-10300H搭載モデルとしてはうまく価格が抑えられているからです。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-9700、 i7-8565U等
gpu

GTX1650, GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume