Vostro 15 3000

管理人管理人

当記事では、「Core i3-1115G4の性能スペックと搭載BTOノートパソコン」を紹介しています。Core i3-1005G1の後継モデルです。Tiger lake世代におけるエントリークラスのCore iシリーズが登場しました。

2コア4スレッドと控え目なスペックながらCeleronとは一線を画するCPU性能を誇ります。CPU内蔵グラフィックスも強化されてより魅力的なCPUになりました。搭載モデルについては税込み4万円台から購入することができます。

Core i3-1115G4の基本スペック

世代第11世代
開発コードTiger Lake
コア/スレッド数2 / 4
クロック周波数3.00 GHz
ブーストクロック4.10 GHz
内蔵グラフィックスIntel UHD Graphics
L3キャッシュ6MB
Operatin Range12W-28W
発売日2020年10月
価格$281
Core i3-1115G4はIntel第11世代のCPUです。Tiger Lake世代の最新モデルとなっています。2コア4スレッドとCore iシリーズのエントリークラスに位置付けられています。ベースクロックは3.0GHz、ブーストクロックは4.1GHzと高めです。CPU内蔵グラフィックスにはIntel UHD Graphicsを搭載しています。従来モデルよりも高い性能を期待できます。L3キャッシュ容量は6MBです。Operatin Rangeは12W-28Wでベンダーごとに異なります。価格は$281となっています。

Core i3-1115G4のおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
×
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
×
webdesign

tvdenwa
cad
×
businessperson
Core i3-1115G4はエントリークラスのCPUなのでおすすめの用途は限定されます。デュアル環境構築・動画視聴・デイトレ・ビジネス(オフィスソフト)などであれば対応することが可能です。ライトユーザー向けのCPUだと言えますね。ゲームプレイ・ゲーム実況・3D CADは苦手です。そもそもCore i3-1115G4はグラフィックボード非搭載モデルが基本で3Dグラフィックス処理には対応できないと考えてよいでしょう。

その他動画編集・動画投稿・RAW現像・マンガ制作・WEBデザイン・DTMなどはストレスが溜まることになるでしょう。これらの用途をでの使用を考えている方はCore i5シリーズ以上を選択するべきです。Core i3シリーズで対応できる範囲ではありません。

Core i3-1115G4のスペック比較

Core i3-1005G1と比較

 i3-1115G4i5-1135G7i3-1005G1
コードネームTiger LakeTiger LakeIce Lake
プロセス10nm SuperFin10nm SuperFin10nm
コア/スレッド2/44/82/4
ベースクロック3.0Ghz2.4Ghz1.2Ghz
ターボクロック4.1Ghz4.2Ghz3.4Ghz
L3キャッシュ6MB9MB4MB
メモリ規格DDR4-3200DDR4-3200DDR4-3200
内蔵GPUIntel UHD GraphicsIris Xe GraphicsIntel UHD Graphics
GPU EUs488032
グラフィックス周波数1.25 GHz1.3 GHz0.90 GHz
Operating Range12W-28W12W-28W13W-15W
発売日Q3'20Q3'20Q3'19
単体価格$281$309$281
搭載PC価格44,000円~60,000円~-
Core i3-1115G4は、Tiger Lake世代の新しいCPUです。2020年の第三四半期にリリースされました。ちょうど一年前に発売されたCore i3-1005G1の後継機種です。Ice LakeからTiger Lakeになってプロセスがより洗練されたものになりました。より高いクロック周波数を実現できるようになっています。ベースクロックは2.5倍の3.0GHz、ターボクロックは21%アップの4.1GHzに到達しました。L3キャッシュ容量は50%アップの6MBとなっています。メモリ規格はDDR4-3200と共通です。

CPU内蔵グラフィックスは同じIntel UHD Graphicsですが、内部的には性能が引き上げられています。グラフィックス実行ユニットが32から48へと50%多くなりました。また、グラフィックス周波数も40%高い1.25GHzに到達しています。Operating Range(TDP)は13W-15Wから12W-28Wへと変更されています。クロック周波数が高くなったので、最大消費電力は高いです。どの枠に収まるかはベンダー次第ということになります。価格は$281と変わっていません。

上位モデルのCore i5-1135G7と比較していきましょう。単体価格での価格差は10%とそれほど多くないのですが、構成などの違いもあってBTOノートパソコンでの価格差は大きいです。コア/スレッドがそれぞれ倍の4コア8スレッドになります。ベースクロックはCore i3-1115G4の方が25%高く、ターボクロックはCore i5-1135G7の方が3%高いです。L3キャッシュ容量は50%アップの9MBです。メモリ規格は共通です。

内蔵グラフィックスはG7を搭載しているCore i5シリーズになると一気に性能が高くなります。グラフィックス実行ユニットは80とCore i3-1115G4よりもさらに70%近く多いです。グラフィックス周波数も少しだけ高くなっていますね。Operating Rangeは12W-28Wで変わりありません。Core i3シリーズとCore i5シリーズの性能差は大きいです。

Ryzen 3 4300Uと比較

 i3-1115G43 4300U
コードネームTiger LakeZen 2
プロセス10nm SuperFin7nm
コア/スレッド2/44/4
ベースクロック3.0Ghz2.7Ghz
ターボクロック4.1Ghz3.7Ghz
内蔵GPUIntel UHD GraphicsRadeon Graphics
GPU EUs48-
Graphics Coreカウント-5
グラフィックス周波数1.25 GHz1.4 GHz
メモリ規格DDR4-3200DDR4-3200
キャッシュ6MB4MB
TDP12W-28W10W-25W
発売日Q3'20Q1'20
単体価格$281-
搭載PC価格44,000円~-
競合モデルであるRyzen 3 4300Uと比較していきます。価格は非公開となっていますが、Core i3-1115G4の$281と同程度と考えられます。Ryzen 3 4300UはZen 2アーキテクチャ採用のCPUです。7nmプロセスを採用していてIntelの10nmプロセスよりも微細化が進んでいます。4コア4スレッドと物理コアが多いのが武器になりそうです。ベースクロックはCore i3-1115G4の方が10%高く、ターボクロックもCore i3-1115G4の方が11%高いです。

内蔵GPUについてはIntel UHH Graphicsの方が性能が高いです。CPU内蔵グラフィックスについてはAMDを上回ります。メモリ規格はDDR4-3200で共通です。L3キャッシュ容量はCore i3-1115G4の方が50%高く6MBとなっています。TDPはCore i3-1115G4の方が高いです。省電力性の観点からは7nmプロセスを採用しているRyzen 3 4300Uの方が優勢です。

Core i3-1115G4ってどんなCPUなの?

2コア4スレッドというスペックで最高峰の性能を誇る

Core i3-1115G4は、2コア4スレッドというスペックで最高峰のパフォーマンスを発揮するモバイル向けCPUです。低価格帯のCPUではこれ以上のモデルはないと考えて良いでしょう。従来モデルのCore i5-1005G1よりも35%程度パフォーマンスが向上しています。Tiger Lake世代になってプロセスが最適化されクロック周波数が引き上げられたことが大きいですね。

下位モデルであるCeleron N4100やCeleron N5100は4コア4スレッドとスペックは上ですがCPU性能的にはCore i3-1115G4に劣ります。また、CPU内蔵グラフィックスも強化されました。Celeronでは物足りないと考えているユーザーの方は必見です。より余裕のあるPC作業が実現します。

UHD Graphicsが順当に進化している

uhdgraphicsbenchmark

CPU内蔵グラフィックスの性能も高くなっています。従来モデルのCore i3-1005G1で採用されていたUHD Graphicsよりも40%程度パフォーマンスが向上しています。競合のRyzen 3 4300Uの上位モデルであるRyzen 5 4500Uに搭載されているRadeon Graphicsに匹敵する性能です。Intel製CPUもAMD製CPUの内蔵グラフィックスを超えてきました。

さすがに外付けのグラフィックボードのGeForce MX 350やGeForce MX 330には及びませんが、CPU内蔵グラフィックスとしては高いパフォーマンスを持っていると言えます。なお、上位モデルのIntel Iris Xe Graphicsになるとさらに性能が高いです。廉価モデルのCore i3-1115G4としては十分だと思います。WEBデザインなどにおいて必要最低限の性能を兼ね備えています。

法人向けモデルのラインナップが多い

Core i3-1115G4は法人向けモデルに搭載されていることが多いCPUです。Dell・ASUSなどのメーカーで販売されているモデルはいずれも法人・ビジネスモデルとなっています。Lenovoでは唯一一般モデルとして販売されていますね。現時点では国内メーカーでの取り扱いはありませんが、今後旧モデルから切り替えられるのではないかと思います。

Core i3-1115G4のCPU性能と価格がビジネス向けモデルとして適しているのかもしれません。省電力性にも優れていてバッテリー駆動時間も長くなるという強みもありますね。もちろん、法人向けモデルでも一般ユーザーが購入して問題があるわけではありません。理想の一台があるのであればためらわずに購入しましょう。

Core i3-1115G4のベンチマーク(CPU)

具体的な性能を測るために各種ベンチマークを見ていきます。ここでは前モデルであるCore i5-1035G1や上位モデルであるCore i7-1165G7との差に注目してください。

Cinebench R20

cpui31115g4-cinebenchr20

Cinebench R20を見ればCPUのおおよそのパフォーマンスを客観的に見ることができます。Core i3-1115G4は、先代のCore i3-1005G1よりもマルチスレッド性能が34%高くシングルスレッド性能も26%高いです。クロック周波数が引き上げられたことでより高い水準に達したと言えますね。Core i5-10210Uよりもマルチスレッド性能は3%低いですが、シングルスレッド性能は28%も上回っています。Ryzen 3 4300Uよりもマルチスレッド性能は14%低くシングルスレッド性能は20%高いです。Core i3-1115G4の強みはシングルスレッド性能にあると言っても過言ではありません。

Handbrake

dougahensyuui31115g4-handbrake

動画のエンコードに掛かる時間についてまとめています。数値が少ない方が高性能であることを意味します。Core i3-1115G4はエンコードを得意としているCPUではないことを理解しておきましょう。Core i3-1005G1よりも28%パフォーマンスが向上しています。上位モデルであるCore i5-10210Uと同等のパフォーマンスとなっています。同じTiger Lake世代の上位モデルであるCore i5-1135G7になると40%もパフォーマンスが高くなります。動画を扱う作業を中心に考えているなら最低でもCore i5シリーズ以上を選択したいですね。

Core i3-1115G4搭載のおすすめBTOノートパソコン

Vostro 15 3000(3500) ベーシックモデル(大容量HDD搭載)(Dell)

Vostro 15 3000価格:104,478円 45,742円(税込)
液晶:15.6インチ
CPU:Core i3-1115G4
GPU:Intel UHD Graphics
メモリ:DDR4-2666 4GB
SSD:非搭載
HDD:1TB

公式

Dellのビジネスモデルとなっています。15.6インチで本体重量は約1.78kgです。平均的な重さで持ち運びも行えます。税込み45,000円という価格は破格です。最安値クラスとなっています。メモリ4GB、HDD 1TBと構成は必要最低限に留まります。動画視聴・ウェブブラウジング・オフィスソフト使用などに適しています。複数のアプリケーションの使用がない方であれば十分なモデルだと言えます。

Lenovo IdeaPad Slim 360i – アークティックグレー(Lenovo)

Lenovo IdeaPad Slim 360i価格:64,680円(税込)
液晶:17.3インチ
CPU:Core i3-1115G4
GPU:Intel UHD Graphics
メモリ:DDR-2666 8GB
SSD:256GB NVMe
HDD:非搭載

公式

17.3インチの大型モニターを搭載したノートパソコンです。本体重量約2.2kgと17.3インチモデルとしては軽いと思います。持ち運ぶ機会が多い方は注意が必要です。バッテリー駆動時間は約8.0時間です。メモリ8GB、SSD 256GBと構成も必要十分です。エクセルやワードなどのソフトを使用したり、動画を視聴したりするのに適しています。

ASUS ExpertBook B1 B1400CEAE(ASUS)

ASUS ExpertBook B1 B1400CEAE価格:76,780円(税込)
液晶:14.0インチ
CPU:Core i3-1115G4
GPU:Intel UHD Graphics
メモリ:DDR-3200 4GB
SSD:256GB NVMe
HDD:非搭載

公式

ASUでも法人向けモデルとして販売されています。14.0インチモデルで本体重量は約1.5kgです。出先での営業などに最適です。バッテリー駆動時間は約7.8時間となっています。外部ディスプレイ出力端子としてHDMI及びD-Sub 15ピンが搭載されています。プレゼンテーションの資料をプロジェクターに映すこともできますね。メモリ4GB、SSD 256GBと構成は抑えられています。ASUS Expertシリーズは特設ページが用意されています。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Tiger Lake世代におけるCore iシリーズのエントリークラスに位置するCore i3-1115G4の性能スペック及び搭載BTOノートパソコンについて紹介しました。10nmプロセスが進化して従来モデルのCore i3-1005G1よりもクロック周波数が大幅に引き上げられて性能が35%程度向上しています。2コア4スレッドというスペックではトップクラスのパフォーマンスを誇ります。

搭載BTOノートパソコンは法人・ビジネス向けが主流です。ビジネス用途での扱いやすさからラインナップが多いのではないかと思います。国内BTOメーカーではまだまだ旧モデルのCore i3-1005G1が搭載されていて、今後はこのCore i3-1115G4に切り替えられるでしょう。国産メーカーで探しているならもう少し待ってみるのも良いですね。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume