raytrek XV-Ti公式

管理人管理人

当ページでは、ドスパラの「raytrek XF 第12世代Core搭載」のレビューと口コミ情報を紹介しています。Core i7-12700×RTX 3070搭載のクリエイターパソコンです。RTX 3070搭載モデルとしてかなり価格が抑えられていて評価の高い一台となっています。メモリ16GB・SSD 1TBと構成も充実していて多くのユーザーはカスタマイズを検討しなくても良いでしょう。

CPUには最新のIntel第十二世代のCore i7-12700搭載で万全です。12コア20スレッドと高スペックです。ドスパラのクリエイター部門ランキング第一位にランクインしたこともあり注目度の高さがわかります。ゲーミングブランドの「GALLERIA XA7C-R37」と比べてもお得感があります。

(+) ドスパラの売れ筋ランキングNo.1
(+) RTX 3070搭載モデルの最安値クラスの一台
(+) カードリーダー標準搭載
(+) メモリ16GB・SSD 1TBと充実の構成を持つ
(-) ケースデザインに古さを感じる
(-) 光学ドライブが非搭載になった
(-) 実質12,800円の値上げが適用となった

raytrek XFのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
raytrek XFは性能が高く基本的にはどのような用途でも通用するモデルです。動画編集・動画投稿・RAW現像・マンガ制作・WEBデザイン・DTMなど人気の作業への対応力が高いです。メモリ容量が16GBと大容量で心強いです。ゲームプレイやゲーム実況にも対応できるのでマルチに対応できますね。クリエイターPCとしてだけではなくゲーミングPCとして購入しても問題ありません。

グラフィックス性能がそれほど重要ではないデイトレやビジネスなどは高いCPU性能のおかげで余裕があります。Intel第十二世代になって性能が高くなっています。3D CADについては、GeForce製グラフィックボードよりもプロフェッショナル向けのNVIDIA RTX Aシリーズなどの方が好ましいです。

raytrek XFの概要

性能スペック

メーカードスパラ
型番raytrek XF 第12世代Core搭載
価格229,980円(税込)
CPUCore i7-12700
グラフィックボードGeForce RTX 3070
メモリDDR4-3200 16GB
SSD1TB NVMe
HDD非搭載
電源750W 80PLUS GOLD
マザーボードH670
光学ドライブオプション
カードリーダー
おすすめ度★★★★★★★☆☆☆
raytrek XFは、ドスパラ(サードウェーブ)が販売しているクリエイターPCです。価格は税込229,980円となっています。送料3,300円を合わせるとトータル費用は233,280円です。CPUにはAlder Lake世代のCore i7-12700を、グラフィックボードにはRTX 3070を搭載しています。メモリはDDR4-3200 16GBです。SSD 1TB NVMeを搭載しています。

電源ユニットは750W GOLDです。マザーボードのチップセットはH670です。光学ドライブはDVDスーパーマルチが標準で搭載されています。カードリーダーも標準です。おすすめ度は★七個です。コストパフォーマンスが高いモデルでおすすめ度は高いです。

サイズ(大きさ)

raytrek XV-Tisize

サイズは奥行き509mm×幅207mm×高さ440mmとなっています。ミドルタワーケースとしては標準的なサイズです。ただし、ミニタワーや小型PCからの買い替えになると大きさに驚いてしまうかもしれません。パソコンが入っているダンボールもかなり大きいです。基本的には足元に設置するのが良いと思います。机の上に置いてしまうと圧迫感があります。

raytrek XFのおすすめカスタマイズ

当該モデルのおすすめカスタマイズを私なりにピックアップしてみました。初期構成もある程度充実していてカスタマイズの必要性が高いモデルではありません。こだわりのパソコンを購入したい方はぜひ参考にしてみてください。

メモリ ★★★★☆

raytrek XFmemory

メモリ32GBへのアップグレードはおすすめです。動画エンコードなどのクリエイター作業を行う上でメモリ容量が多いことはプラスになります。+16,000円とコストは掛かりますが、それに見合う価値があります。

SSD ★★☆☆☆

raytrek XFssd

ストレージを1TB→500GBへダウングレードすれば3,000円安くなります。ストレージ容量が不要な方はぜひ検討してみてください。ストレージはクラウドストレージサービスなどでも代用が効きますね。

ハードディスク/SSD ★★★★☆

raytrek XFhdd

ストレージ容量を増やしたいならHDDの追加がおすすめです。+2TBの追加でも8,500円に抑えられます。SSD 1TBとHDD 2TBで総ストレージ容量は3TBとなります。これだけの要用があればクリエイターの方でも満足できるのではないでしょうか。

光学ドライブ ★★★★☆

raytrek XFdrive

光学ドライブが非搭載となっています。必要な方はカスタマイズで追加することができます。DVDスーパーマルチドライブなら+2,800円で抑えられます。Blu-rayドライブになると8,900円と価格が跳ね上がります。映画を見たい方は検討しても良いでしょう。

>>raytrek XFを購入<<

raytrek XFの性能

Core i7-12700

i7-12700benchmark

Core i7-12700は、Intel第十二世代の高パフォーマンスモデルであるCore i7-12700を搭載しています。今世代のモデルからCore i7シリーズはハイブリッドコアアーキテクチャを採用しています。Pコア8つのEコア4つの12コアとなります。Pコアのみハイパースレッディングに対応していますので、トータルスレッド数は20です。

従来モデルのCore i7-11700が8コア16スレッドだったことから大幅にスペックが引き上げられていますね。Core i7-11700よりも70%以上も処理性能が高いです。Ryzen 9 5900Xよりも性能が高いのは圧巻です。動画編集・画像編集・WEBデザイン・ゲーム開発などの作業を考えている方におすすめです。旧世代のCPUとの性能差は大きいです。

GeForce RTX 3070

rtx3070benchmark

GeForce RTX 3070は、Ampere世代におけるハイクラスのグラフィックボードです。Turing世代のRTX 2070 Super/RTX 2070が売れ筋だったことからこの後継モデルにも期待が掛かります。性能的にはRTX 2080 Tiに近く高いパフォーマンスを発揮します。WQHD環境までのゲームプレイへの適性が高いです。競合モデルであるRadeon RX 6750 XTよりも2%程度性能が高くなっています。上位モデルであるRTX 3070 Tiとの差は7%程度です。Core i7-12700は性能が高くハイクラスのRTX 3070とのバランスも良好です。

>>raytrek XFを購入<<

raytrek XFを選ぶ3つの理由

ドスパラクリエイター部門No.1の人気モデルだから

raytrekxfranking

raytrek XFは、ドスパラのクリエイター部門のランキング第一位のモデルとなっています。ドスパラは国内のBTOメーカーの最大手でドスパラのランキング上位モデル=国内で人気の高いBTOパソコンと考えて良いですね。Core i7-12700×RTX 3070の組み合わせでオールラウンドに通用するモデルだと言えます。

購入モデルを決めきれない方は各BTOメーカーが公開しているランキングをチェックしておくと良いと思います。ランキング入りはショップが力を入れているモデルの証でコストパフォーマンスに優れていることが多いです。raytrek XFも例外ではありません。コストパフォーマンス重視の方は必見です。

今は後継モデルである「raytrek 4CXF 第12世代Core搭載」が発売されてランキング圏外となっています。raytrek XFがランキングに入ることはもうないかもしれませんね。ケースデザインもリニューアルされて魅力的なモデルです。ただし、価格的にはまだまだ旧モデルであるraytrek XFが有利です。

RTX 3070搭載モデルの最安値クラスの一台だから

raytrek XFは、RTX 3070搭載モデルの最安値クラスの一台となっています。比較対象モデルを探すために他社BTOメーカーのRTX 3070搭載モデルをチェックしてみました。結果raytrek XFほど安く購入できるモデルはありませんでした。メモリ16GBとSSD 1TBで絞り込みを行えば最低でも25万円台~となっています。

raytrek XFは、RTX 3060 Ti搭載モデル並の価格設定でお得です。同じドスパラのゲーミングブランドのRTX 3070搭載モデルである「GALLERIA XA7C-R37」と比べても5,000円安く販売されています。元々20,000円以上の差がありましたが、差が縮まっています。raytrek自体はクリエイターブランドのモデルですが、ゲーミングPCとしても使用可能です。

カードリーダー搭載で実用性が高いから

カードリーダーが標準搭載となっているのは選ぶ理由になります。最近はクリエイターパソコンでもカードリーダーが搭載されていないことも多くなりました。外付けのカードリーダーだとやや利便性に劣ります。ドラレコの動画やデジカメ/一眼レフカメラの画像を取り込むのに便利です。カードリーダーを搭載するとなると3,000円以上のコストがかかりますので、初期構成で搭載されていればそれだけでお得ですね。

raytrek XFの弱み

ケースデザインに目新しさがない

raytrekシリーズのケースデザインは賛否両論あるのではないかと思います。良く言えば昔ながらの標準的なデザインで使用する人や場所を選ばず、悪く言えばやや古さを感じてしまうデザインということになります。2016年2月にリニューアルされて以来6年以上もリニューアルされていません。今後数年の間にリニューアルされる可能性もありますね。

本体はブラックを基調としていて最近のモデルと比べるとスタイリッシュさがあるわけではありません。それでもI/Oパネルなどが極端に劣っているわけではなく、基本的には最新のモデルと比べても機能面で大きく変わるわけではないです。価格が安いことを考えると十分受け入れられるでしょう。よりおしゃれなケースデザインが欲しいなら最新の「raytrek 4CXF 第12世代Core搭載」を候補に入れると良いですね。

実質12,800円の値上げが適用となっている

少し前まではメモリ32GB・SSD 1TBという構成を持つraytrek XFが税込235,980円で販売されていました。今はメモリ16GBのモデルのみの販売です。メモリが32GB→16GBになり、価格が6,000円安くなり販売価格は229,980円です。メモリ32GBへのアップグレードに掛かる費用が16,000円なので、実質10,000円高い計算になります。それでもメモリが16GBで十分だという方にとっては価格が安くなった分購入しやすくなったというメリットがあります。

また、光学ドライブが非搭載となりました。光学ドライブは利用頻度が少なくなったことが要因でしょう。今は動画や音楽もクラウドサービスがありますし、ドライバもオンラインで入手ができます。それでもDVDを観たりCDに焼いたりしたいと考える方はいるはずです。

光学ドライブが必要な方は+2,800円を払う必要があります。トータル12,800円高くなったと考えることもできますね。raytrek XF 第12世代Core搭載ももう少し価格が下がる余地があるのではないかと思います。もっとも現時点でも最安値クラスであることは疑いようのない事実です。年末年始に掛けてのキャンペーンにも期待したいですね。

>>raytrek XFを購入<<

SENSE-F069-127-TAXとの比較

ブランドraytrek SENSE∞
製品名raytrek XF 第12世代Core搭載SENSE-F069-127-TAX
画像raytrek XV-TisyoumenSENSE-F04A-LCiX9K-XAX
サイズミドルタワーミドルタワー
納期最短翌営業日2~7営業日
価格229,980円(税込)259,800円(税込)
送料3,300円(税込)2,200円(税込)
CPUCore i7-12700Core i7-12700
GPURTX 3070RTX 3070
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSD1TB NVMe500GB NVMe
HDD××
電源750W GOLD700W BRONZE
マザーボードH670Z690
光学ドライブ+2,800円DVDスーパーマルチ
カードリーダーオプションなし
公式公式公式
パソコン工房の「SENSE-F069-127-TAX」と比較していきましょう。価格差は29,820円とかなり大きいことがわかります。構成もraytrek XFの方が充実しています。SSD倍増となっています。カスタマイズ費用が+9,400円です。電源ユニットについてもraytrek XFではGOLD規格を搭載していて万全です。SENSE-F069-127-TAXの電源のアップグレードは+6,000円となります。トータルの差額は45,220円とかなり大きくなります。

カードリーダーが標準搭載なのも魅力です。raytrek XFに光学ドライブを追加するのに掛かる費用は2,800円です。つまり、それを考慮しても42,420円も安く購入できるということです。raytrek XFはかなりコストパフォーマンスの高いモデルだと言えますね。RTX 3070搭載モデルとして敵なし状態です。

raytrek XFの口コミまとめ

raytrek XFは長らく人気のモデルということもあってたくさんの口コミが投稿されています。購入時の参考にすると良いでしょう。

Twitter

管理人管理人

メモリ64GBは強力ですね。raytrek XFは、イラストレーターの方にとって魅力的なモデルだと言えます。raytrekシリーズ自体多くのクリエイターの方に認知されるようになっているように思います。

管理人管理人

Core i7-6700K×GTX 1060 6GBからCore i7-12700×RTX 3070へのアップグレードによって大きな性能差を体感できるでしょう。ファイブランク以上高い性能を得られます。拡張性が高く複数ストレージの増設も容易に行なえます。

管理人管理人

価格だけを見れば間違いなくraytrek XFの方が良いですね。この方の言う通りケースデザインはGALLERIA XA7C-R37Tで、コスパはraytrek XFとなります。ドスパラのモデルの場合はこういったことが良くあります。純粋に性能だけを見れば同じ高性能raytrekシリーズの方がコスパが高いと考えて良いですね。

公式サイト

構成的にはガレリアのゲーミングPCの殆ど同じ構成なモノよりお手頃な値段で購入できて満足。 確かにガレリアのと比べるとケースがゴツい、というかゲーミングPCの特徴でもある無駄に光る(失礼)事はないので好き好きかもしれない。自分としては光らなくてもいい派なのでこちらも満足。 ただ初めてデスクトップのこのぐらいのスペックのPCを買ったことがなかった為、ケースが想像以上にデカくて一日中「デッカ……」って呟いていた記憶がある。 性能面に関しては、そもそもクリエイター用であるところのraytrek XFをゲーム用に使っているのでちょっと参考にはならないかもしれないがゲームは不自由なく遊べている。 余裕ができたらゲーム配信や動画編集などにも手をつけたいと思っているので、なかなか良い買い物が出来たと感じている。

管理人管理人

ケースさえ受け入れられるのであれば非常に魅力的な選択肢となるでしょう。ミドルタワーケースは確かにその大きさに驚くことになると思います。raytrek XFはクリエイターPCでありながらゲーミングPCとして捉えることもできます。

開封したのがモニター到着後で14日で現在モニターに繋ぎ四日目ですが、頻繁にマウスとキーボード(有線)含めusb全般反応しなくなります。デバイスも削除し、再起動も何度もし、放電、コンセント位置変更等を繰り返して反応が回復しますが、再度なります。マウス、キーボード等は他PCで接続問題無し。全てに関して反応なくなるのでフリーズ疑いですが、これからも頻繁に起こるようなら交換して頂きたい。購入までにSNS等や掲示板などで不良品、対応が悪い等の口コミを拝見しましたが信憑性があったと今では後悔。 色々高価な買い物だけに残念。

管理人管理人

不具合が発生してしまったようですね。やはり機械なので100%不具合が起こらないパソコンは存在しないでしょう。ドスパラは大手国内BTOメーカーでサポートの質も向上しています。しっかりと対応してくれるはずです。

i7-4770、GTX750ti メモリ8GB HDD2TBからの買い替え。 用途はゲーム、映像制作がメイン。 まだゲームしかしてませんが、動作は概ね良好。使って1週間ほどですが動作不良はなし。 今何故か値上がりしてますが僕が買った時はこの構成で約22万。色々つけて27万でした。

管理人管理人

raytrek XFをゲーム目的に使用されている方が多いように思います。GALLERIA XA7C-R37と比べると10%以上も安く購入できるので当然と言えば当然と言えるかもしれません。ドスパラのモデルは頻繁に価格調整が行われます。良いタイミングで購入されたということです。

>>raytrek XFを購入<<

raytrek XFのケースレビュー

正面

raytrek XV-Tisyoumen
オーソドックスなデザインを採用しています。光学ドライブは標準搭載です。I/Oパネルは前面に配置されていて使い勝手も良好です。USB 3.0×2、カードリーダー、イヤフォン/ヘッドフォン端子が配置されています。

右側

raytrek XV-Tiright
本体右側の右上には給気口が設けられています。ハイパフォーマンスモデルを支える重要な機能です。

正面・背面

raytrek XV-Tiback
背面にはUSB 2.0×2、USB 3.2 Gen1×2、USB 3.2 Gen2 Type-A×1、USB 3.2 Gen2 Type-C×1が配置されています。

内部

raytrek XV-Tiinside
本体内部はしっかりと配線がまとめられています。拡張性も高くストレージを追加することも容易です。

>>raytrek XFを購入<<

当記事のまとめ

管理人管理人

raytrek XFのレビュー及び口コミ情報をまとめました。raytrek XFは、Core i7-12700×RTX 3070搭載のクリエイターパソコンです。税込229,980円とRTX 3070搭載モデルの最安値クラスの一台となっています。実質12,800円の値上げが適用となったものの価格帯最強のクリエイターPCです。ゲーミングPCとしての購入もおすすめです。

コストパフォーマンス重視なら購入して後悔することはないでしょう。CPUにはIntel第十二世代のCore i7-12700を搭載しています。ハイブリッドコアアーキテクチャを採用していて高いパフォーマンスを発揮します。動画編集やゲーム開発などの負荷の掛かる用途に最適です。グラフィックスにはAmpere世代のハイクラスモデルであるRTX 3070を搭載しています。

動画編集などのクリエイター作業でGPGPU機能を活かせます。もちろんゲームプレイにも対応可能です。raytrek XF自体コストパフォーマンスの高いモデルでかつドスパラの売れ筋ランキングNo.1になったこともあって注目度が高く口コミの数も豊富です。口コミを見る限りゲーミングPCとして使用している方が多いですね。GALLERIAシリーズよりも価格が抑えられているのが選ばれる理由でしょう。業界全体で見てもお得な一台です。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-12700、Core i5-1240P等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等