mouse SL5公式

管理人管理人

当記事では、マウスコンピューターの「mouse SL5」についてレビューをまとめています。スリムタワーケースを採用したミドルクラスのBTOパソコンです。スリムタワーは省スペース性が高く実用性が高いです。扱いやすい性能で人気があります。セール&キャンペーン対象になることも多く要チェックです。

CPUにCore i5-12400を搭載していて動画編集・画像編集などのクリエイター作業にも対応できます。カスタマイズできる範囲も広く自分好みのモデルに仕上げられます。キーボード・マウス付属で初心者の方にもおすすめできます。セール期間中は5,000円OFFで購入可能です。

mouse SL5のスペック

mouse SL5specs

ブランドマウスコンピューター
製品名mouse SL5
価格104,800円(税込)
サイズミニタワー
CPUCore i5-12400
グラフィックボードUHDグラフィックス730
メモリDDR4-3200 8GB
SSD256GB NVMe
HDD非搭載
電源300W BRONZE
光学ドライブオプション
SDカードリーダー
無線
おすすめ度★★★★★★☆☆☆☆
税込104,800円のモデルです。送料3,300円を加えると108,100円となっています。CPUにはIntel第十ニ世代のCore i5-12400を搭載しています。CPU性能は平均よりも上だと考えて良いでしょう。グラフィックスはCPU内蔵グラフィックスのUHDグラフィックス730で最低限必要な処理性能を持っています。

メモリDDR4-3200 8GB、SSD 256GB NVMeという構成です。電源ユニットは300W BRONZEです。光学ドライブは非搭載となっています。評価は★六つです。Core i5-12400に換装されて22,520円アップです。Core i5シリーズ搭載モデルとしては価格が高めでセールに期待したいですね。

>>mouse SL5を購入<<

mouse SL5のカスタマイズ項目まとめ

当該モデルのカスタマイズ項目について解説しています。各項目についておすすめ度をまとめていますのでぜひ参考にしてくださいね。すべてを選ぶというよりは使用環境などに合わせて必要なものを選択していくイメージです。

メモリ ★★☆☆☆

mouse SL5memory

動画編集や画像編集などのクリエイター作業を考えているならメモリを16GBに増設するのも良いと思います。CPUのアップグレードよりも価格を抑えられます。カスタマイズに掛かる費用は+8,690円です。

SSD ★★★☆☆

mouse SL5ssd

快適性を重視するならSSDの容量アップがおすすめです。SSD 512GBへのアップグレードに掛かる費用は+7,590円です。予算に余裕がある方は検討しても良いでしょう。

HDD ★★★★☆

mouse SL5hdd

ストレージ容量が物足りない場合はHDDの追加がおすすめです。+7,590円と比較的価格が抑えられています。デュアルストレージは強力ですね。予算を抑えたいのであればドロップボックスなどのクラウドサービスを活用すると良いですね。ローカル保存にこだわらなければ節約できる箇所でもあります。

光学ドライブ ★★★★☆

mouse SL5dvd

+4,180円で光学ドライブを搭載できます。光学ドライブもキレイに収まりますので、スリムタワーの強みを維持できます。外付けの光学ドライブの方が安価ですが、利便性も考えると内蔵型の方が良いと思います。

出荷日調整サービス ★★★★★

mouse B5-R5syukka

当該モデルは翌営業日出荷サービスに対応しています。+2,200円と比較的安価なため検討しても良いでしょう。購入のタイミングによっては最短翌々日に受け取ることができます。

>>mouse SL5を購入<<

mouse SL5のおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
×
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
×
webdesign

tvdenwa
cad
×
businessperson
mouse SL5はある程度の用途に対応できる性能を持っています。6コア12スレッドというスペックは価格と性能のバランスがよく選びやすいです。デュアル環境構築・動画視聴・Skype(WEB会議含む)などであれば性能不足に悩むことはありません。RAW現像・マンガ制作・デイトレ・WEBデザイン・ビジネス用途でも十分だと言えます。

ただし、メモリ容量が8GBと平凡なためRAW現像やWEBデザインにおいて負荷の掛かる大きいファイルの取り扱いや作業を行うとやや重さを感じてしまうことがあるかもしれません。動画編集・動画投稿(エンコード)などにおいても同様です。動画編集などをメインに考えているのであればCore i7以上を選択するのも一つの方法です。

mouse SL5の性能

Core i5-12400

i5-12400benchmark

Core i5-12400は、Intel第十ニ世代の高コストパフォーマンスのCPUです。6コア12スレッドとスペックは平均的ですが、従来モデルのCore i5-11400よりも20%以上も性能が向上しています。Core i3-10105/Core i3-10100やPentiumシリーズと比べるとワンランク以上高いパフォーマンスを得られます。低価格が特徴のRyzen 5 5500よりも性能が高いです。Ryzen 5 5600Xと同等の性能で動画編集や画像編集などを考えているなら魅力的なモデルとなります。アプリケーションごとのブレも少なく安定感があるのも特徴ですね。

UHDグラフィックス730

uhd730benchmark

UHDグラフィックス730は、Intel第十ニ世代CPUに搭載されている内臓グラフィックスです。テーブルを見るとわかるとおりグラフィックス処理性能は高くありません。従来モデルのUHD Graphics 630との性能差は10%程度です。性能差を体感することは難しいと思います。CPU内蔵グラフィックスとして必要最低限の性能を持ちディスプレイ出力や一般的なアプリケーションでの3D処理などに対応できます。

>>mouse SL5を購入<<

mouse SL5を選ぶ3つの理由

セール対象にもなりやすく売れ筋モデルだから

mouse SL5は、マウスコンピューターの売れ筋モデルとなっています。ランキング上位に入ることも珍しくありません。BTOメーカーの大手であるマウスコンピューターの売れ筋モデルだということは多くのユーザーにとって魅力的なモデルだと判断できます。

当該モデルについては、セール対象になることも多く注目しておいて損はありません。次に説明しているCore i5-12400を搭載していることやスリムタワーケースを採用していることが人気の秘密だと言えます。この価格帯で悩んでいるのであれば選択肢に入れても良いでしょう。

Core i5-12400搭載で扱いやすいモデルだから

Core i5-12400は6コア12スレッドと高スペックで扱いやすいCPUです。第十ニ世代になってCPUコアの改良もあり性能の底上げが行われています。そのパフォーマンスの高いCPUを搭載しているモデルということで選ぶ理由になります。パソコン作業におけるほとんどの用途に対応できます。

下位モデルで4コア8スレッドのCore i3-12100/Core i3-10100と比べても性能差は大きいです。ここから性能不足になる可能性をぐっと抑えられます。価格も比較的抑えられていておすすめしやすいです。グラフィックス処理性能は控え目なので、ゲームプレイや3D CADなどは苦手です。

実用性の高いスリムタワーを採用しているから

mouse SL5ではスリムタワーケースを採用しています。少しでもコンパクトなパソコンが欲しいと考えている方には魅力的なモデルだと言えます。デザイン性も高くあえてスリムタワーケースを選択する方も多いです。標準でカードリーダーを搭載されていて実用性が高いのもポイントです。さらに、カスタマイズで光学ドライブを搭載することもできます。

スリムタワーケースの弱点は拡張性の低さや排熱性能の低さが挙げられることが多いです。mouse SL5では最低限の拡張性を持ちストレージを増やすことも可能です。また、排熱性能についても当該モデルはグラフィックボードを搭載しておらずCPUもそれほど消費電力が高いものではありません。熱がネックとなる可能性は低いです。

>>mouse SL5を購入<<

mouse SL5の弱み

ミニタワーケースに比べると少し割高

mouse SL5は、ミニタワーケースを採用した「mouse DT5」は価格が同じですがストレージ容量が倍増となります。電源ユニットがミニタワーモデルよりも少し劣っていることを考えても割高だと言えますね。もちろんスリムタワーケースが少し高く設定されているのには理由があります。

まずミニタワーケースに比べると販売数が多いわけではなくコストがかさみます。販売数が多ければその分だけ一台当たりのコストを抑えられます。また、スリムタワーケースの場合排熱性能を引き上げるためにどうしてもコストが掛かってしまうのです。光学ドライブ・SDカードを収める必要もありミニタワーより高く設定されていても納得できるのではないかと思います。

グラフィックス処理性能は高くない

当該モデルには外付けのグラフィックボードは搭載されておらずグラフィックス処理性能は低いです。外付けのグラフィックボードとの性能差は歴然です。ゲームプレイ・3D CAD・WEBデザイン(一部用途)での作業を考えている方は避けた方が良いでしょう。

AdobeソフトなどでのGPUアクセラレーションも活用できません。PhotosohopやIllustratorなどでも3Dグラフィックスの取り扱わなければ作業自体に問題ありません。グラフィックス処理性能が必要な場合は、GTX 1650やRTX 3050を搭載したモデルが候補に入ります。

ストレージなどの構成は控え目になっている

mouse SL5の構成は控え目で価格相応といったところです。メモリ8GB、SSD 256GB NVMe、電源ユニットは300W BRONZEと最低限に留まります。メモリについてはカスタマイズもできますが、価格が上がってしまうこととCPU性能を考えると8GBのままでも良いかもしれません。ストレージについてはカスタマイズを検討した方が良いと思います。オンラインストレージの活用も良いでしょう。電源ユニットはカスタマイズができませんので、将来CPUやGPUの換装を考えている方は注意が必要です。

STYLE-M056-114-UHXと比較

ブランドマウスコンピューターパソコン工房
画像mouse SL5STYLE-S046-P64-UHS-U
製品名mouse SL5STYLE-S06M-124-UHX-L
価格104,800円(税込)82,980円(税込)
CPUCore i5-12400Core i5-12400
GPUUHD Graphics 730UHD Graphics 730
メモリDDR4-3200 8GBDDR4-3200 8GB
SSD256GB NVMe500GB NVMe
HDD非搭載非搭載
電源300W BRONZE400W BRONZE
光学ドライブ+4,180円
カードリーダー×
無線×
チップセットB660B660
公式公式公式
パソコン工房の同等モデルと比較していきます。STYLE-S06M-124-UHX-Lもmouse SL5と同じスリムタワーケースを採用しています。価格差は21,820円でSTYLE-S06M-124-UHX-Lの方が20%も安く購入できます。CPU・GPUは共通です。STYLE-S06M-124-UHX-Lのストレージ容量は倍の500GBとなります。

また、電源容量もSTYLE-S06M-124-UHX-Lの方が100W多くなっています。光学ドライブが標準搭載なのも強みです。一方で、mouse SL5はカードリーダーと無線が標準搭載です。STYLE-S06M-124-UHX-Lの場合カードリーダーは外付けのもので対応しなければいけません。いずれにしてもコストパフォーマンスでは完敗でmouse SL5はキャンペーンなどで値引きされているときがチャンスだと言えますね。

>>mouse SL5を購入<<

mouse SL5の口コミ

正解でした
パソコンの調子がいまいちだったので、イロイロ調べてこのメーカーにしました。同程度のものだと結構かかるのですが予算内で収まってよかった。国内で作っているというのが決め手でした。説明書が日本語で安心感があります。

マウスコンピューターの知名度も上がってきていますね。国内生産というのは強みになります。サポート麺でも安心できるのではないかと思います。

満足してます
会社のリモートワーク用に購入し、VPNで外部と接続しています。
主に雑誌の編集用途に使っています、性能的には非常にコスパが良いと満足しています。

コストパフォーマンスは良好です。セール時などは特に狙い目となります。

非常に快適なマシン
はじめにキーボードの不具合がありましたが、連絡後すぐに交換に応じていただきました。迅速な対応で現在は何の問題もなく使用できております。
当方は当機を事務作業にて使用しておりますが、SSDならではの起動の速さ、動作の快適さ、不満に感じるところはありません。

事務作業向けのモデルであることはありません。ちょうどよい性能で選びやすいですね。

性能には満足しています
SL5に、SSDやHDDのサイズアップ等追加したので、やや割高に感じます。Core i5のPCの代替機として購入したので、Core i7が欲しかったのですが予算の制約上、Core i5のモデルに前述のストレージサイズアップしました。Core i5のままとはいえ、第3世代から第10世代へ性能は向上しているので、この点は満足していますが、購入後に送られてくるDMにはCore i7の特価品・セールスキャンペーンの情報が多く、これならSDDやHDDは自分で差し替えてCore i7モデルを購入できたのにと思う事が多く、そこがなんとも歯がゆいです・・・

第3世代からの買い替えであればメリットは大きいでしょう。ストレージ容量を取るかCPU性能を取るかは悩ましいところです。

mouse SL5のケースデザイン

正面

mouse SL5casedesign
すっきりとしたデザインです。スリムタワーケースらしく薄くて横幅は僅か100mmです。ミニタワーケースと比べて一回り小さいと考えてよいでしょう。横置きにも対応しています。本体左側には大型の排気口を設けていて熱がこもらない工夫があります。コストを掛けている部分だと言えますね。

ダストフィルター

mousesl5-meshpanel
本体前面に吸気口が設けられています。ダクト部分には水洗いができるダストフィルター装備でメンテナンス性が高いです。埃が溜まりやすいパソコンを守るためにも重要ですね。

I/Oパネル

mouse SL5iopanel
全面にはI/Oパネルがまとめられています。USB 3.0 Type-A×2、ヘッドホン・マイク入力端子が配置されています。横置きの場合でも使い勝手が良いです。

カードリーダー/光学ドライブ

mouse SL5kougaku
SDカードリーダーが標準搭載となっています。デジカメやドラレコのSDカード読み込みが容易に行なえます。オプションで光学ドライブを選択することもできます。キレイに収められていますね。

>>mouse SL5を購入<<

当記事のまとめ

管理人管理人

マウスコンピューターの人気モデルである「mouse SL5」のレビュー&口コミをまとめました。スリムタワーケースを採用していて評価が高いです。CPUには高コスパが魅力のCore i5-12400を搭載しています。従来モデルのCore i5-11400よりも性能が上がり画像編集・動画編集・ビジネス・WEBデザインなど大抵のことはできます。

メモリ8GB、SSD 256GBと最低限の構成ですが、用途に合わせてカスタマイズで対応すれば良いでしょう。コストパフォーマンスの観点からは競合モデルに劣りますので、他社メーカーのモデルも確認しておきましょう。セール時にチェックしておけば問題ありません。。

公式

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等