DAIV-DGZ530S2-SH2-VR
公式

管理人管理人

当記事では、マウスコンピューターが販売している「DAIV Z5」のレビューをまとめています。Core i7-12700F×RTX 3050搭載のミドルクラスのクリエイターPCです。CPU内蔵グラフィックスでは物足りないと考えているクリエイターの方向けのモデルとなっています。CPUにはIntel第十二世代の人気モデルであるCore i7-12700Fを搭載していて万全です。従来モデルのCore i9-11900Kや競合のRyzen 9 5900Xを上回る高い性能を持っています。

さらに、メモリ32GBにデュアルストレージ採用と性能帯を考えると構成もかなり充実しています。クリエイターパソコンとして十分な構成です。ただし、その分価格が跳ね上がってしまっているためコストパフォーマンスで選ぶモデルとは言えないのが現状です。基本的にはセール/キャンペーン待ちの方が良さそうです。DAIVブランドのケースに魅力を感じる方であれば後悔はしないのではないかと思います。

(+) 高性能なCore i7-12700F搭載モデル
(+) メモリ・ストレージなど構成が充実
(+) 翌日出荷サービスに対応
(-) RTX 3050搭載モデルとして価格が高い
(-) チップセットZ690がもったいない

DAIV Z5のスペック

daiv

ブランドDAIV
製品名DAIV Z5
価格249,800円(税込)
サイズミドルタワー
CPUCore i7-12700F
グラフィックボードGeForce RTX 3050
メモリDDR4-3200 32GB
SSD512GB NVMe
HDD1TB
光学ドライブオプション(+4,180円)
カードリーダーオプション(+1,980円)
おすすめ度★★☆☆☆☆☆☆☆☆
DAIV Z5は、DAIV Zシリーズにおけるローエンドクラスの一台です。税込249,800円と価格は高めです。ミドルタワーケースを採用しています。CPUにはIntel第十二世代のCore i7-12700Fを、グラフィックボードにはAmpere世代のRTX 3050を搭載しています。メモリDDR4-3200 32GB、SSD 512GB NVMe、HDD 1TBという構成です。光学ドライブ及びカードリーダーはオプション対応となります。両方搭載すると6,160円が掛かります。おすすめ度は★二つです。やはり性能帯を考えると価格が高めでおすすめ度は低くなります。

DAIV A5のおすすめカスタマイズ

DAIV A5は構成が充実しているためカスタマイズの必要性が高いわけではありません。性能面よりも実用面でもカスタマイズを検討すると良いと思います。

リムーバブルケース ★★★☆☆

daivz7-removable

リムーバブルハードディスクベイを選べるのがDAIVブランドの面白いところです。脱着式のケースでフロントから簡単にアクセスできます。リムーバブルハードケースだけの選択なら+4,290円に抑えることができます。後からHDDを追加したくなればAmazonなどで購入して対応すれば良いですね。今すぐストレージ容量を増やしたいなら2TB HDD+リムーバブルケースを選択すると良いでしょう。+11,900円と比較的価格が抑えられています。トリプルストレージが実現します。

光学ドライブ ★★★☆☆

DAIV A7kougakudrive

当該モデルでは光学ドライブが非搭載となっています。必要な方は+4,180円で追加することが可能です。カスタマイズをしなくてもAmazonなどで購入してご自身で取り付けるのでも良いと思います。最近はオンラインでのサービスが充実しているので重要性は下がっているように思います。Blu-rayディスクドライブは10,780円となります。

カードリーダー ★★★★★

DAIV A7cardreader

初期構成ではカードリーダーも非搭載です。カスタマイズ費用は1,980円でカードリーダーがあればドラレコやデジカメなどの動画・画像を容易に取り込むことができます。外付けのカードリーダーに比べて内蔵型は利便性が高くおすすめです。

出荷日調整サービス ★★★★★

mouse X4-i5syukka

+2,200円で出荷日を早くすることができます。費用を考えると選択しても良いのではないかと思います。エリアによって購入して2日後に受け取ることができます。

DAIV Z5のおすすめ用途

デイトレ動画視聴実況CADDTMマンガ デザイン
kabufx
dougahaisin

gamejikkyouwomen
cad


webdesign
RAW現像動画編集Skype動画投稿ビジネスゲームデュアル

video_hensyu
tvdenwa
youtubervirtual
businessperson
gamedeveloper
dulamonitor
DAIV Z5はおおよそのパソコン作業に対応できるモデルです。CPU性能が高いのは心強いです。12コア20スレッドとトップクラスのスペックを誇ります。デイトレ・動画視聴・DTM・マンガ制作・WEBデザイン・RAW現像・動画編集・Skype・動画投稿・ビジネス・デュアル環境については余裕を持って対応できます。

ゲームプレイについては設定調整次第で対応可能です。RTX 3050は、最新モデルとは言ってもあくまでもエントリークラスのグラフィックボードなので過度な期待は禁物です。ゲーム実況や3D CADはやや苦手としています。単純にグラフィックス処理性能が物足りません。3D CADを考えているならプロフェッショナル向けのNVIDIAシリーズを検討しましょう。

>>>DAIV Z5を購入<<<

DAIV Z5の性能

Core i7-12700F

i7-12700benchmark

Core i7-12700Fは、Intel第十二世代の高パフォーマンスモデルです。Alder Lake世代のラインナップの中でも特に人気の高いCPUだと言えます。人気の秘密は性能と価格のバランスが良いことです。Core i7シリーズはビジネスパソコン・クリエイターパソコン・ゲーミングパソコンとジャンルを問わず人気があります。CPU内蔵グラフィックス非搭載モデルですが、当該モデルはグラフィックボードを搭載しているため特に問題はありません。

Core i7-12700Fは、12コア20スレッドとスペックが高く従来モデルのCore i7-11700(8コア16スレッド)よりも70%近くも処理性能が引き上げられました。Ryzen 9 5900Xよりも2%程度高く、Core i9-11900Kよりも40%も高いです。Intel第十二世代Core iシリーズは画期的なCPUですね。性能が高くクリエイターパソコンに最適です。負荷の掛かる作業を中心に考えている方は必見です。

GeForce RTX 3050

rtx3050benchmark

GeForce RTX 3050は、Ampere世代におけるエントリークラスのグラフィックボードです。2020年9月にRTX 3080などのAmpere世代の第一弾モデルが登場してからおよそ一年半が経過してようやくエントリークラスのRTX 3050が登場しました。従来モデルのGTX 1650よりも35%程度処理性能が向上しています。Turing世代で言えばGTX 1660 Tiに近いパフォーマンスを発揮します。50番台のモデルが、60番台に近づいたということになります。

Adobe PremiereなどAdobeソフトの使用を考えている方にとってはグラフィックボードを搭載していることは強みになります。ゲームプレイに関してはFULL HD環境でならある程度対応可能です。最新のタイトルでも設定を調整すればカクカクすることはありません。レイトレーシング・DLSSに対応したのもポイントです。当然上位モデルと比べると適性は高くありませんが、気軽に試すことができるのは嬉しいですね。

DAIV Z5を選ぶ3つの理由

i7-12700F×RTX 3050搭載の高性能モデルだから

DAIV Z5は、Core i7-12700F×RTX 3050搭載の高性能モデルです。DAIV Zシリーズでは下から二番目ですが、市場的にはトップクラスです。特にCPUにはIntel第十二世代のラインナップの中でも高い性能を持つCore i7-12700Fを搭載していて強みとなっています。12コア20スレッドとマルチスレッド性能が高く動画編集・画像編集・ビジネスなどの用途に最適です。従来モデルのCore i7-11700からの買い替えでも性能差を体感できるでしょう。

グラフィックボードには、Ampere世代のエントリークラスであるRTX 3050を搭載しています。CPU内蔵グラフィックスよりもワンランク以上高いパフォーマンスを得られます。グラフィックボードがあればできることがぐっと増えます。ゲームプレイやWEBデザインなどでのグラフィックス処理を得意としています。また、グラフィックボードがCPUの役割の一部を任せることもできます。つまり、ゲーム・3D CAD・3DCGなどだけではなく動画編集やゲーム開発などの用途でもより効率的に作業が行なえます。

メモリ・ストレージなど構成が充実しているから

当該モデルはメモリDDR4-3200 32GB、SSD 512GB NVMe、HDD 1TBと構成が充実しているのが特徴です。ここにクリエイターパソコンらしさがありますね。メモリ容量が多いことで動画編集・画像編集などのクリエイター作業において高いパフォーマンスを得られます。一般的な16GBとは一線を画します。

また、デュアルストレージ採用も強みとなります。SSDにシステムを保存しておけば高速起動が実現します。そしてアプリケーション・動画・画像などのファイルをHDDに保存しておけば良いですね。これだけの構成を持っていればカスタマイズを考える必要がありません。ストレージ容量を増やしたいならリムーバブルケースを追加してトリプルストレージを簡単に実現できます。

翌日出荷サービスに対応しているから

mouse X4-i5syukka
当該モデルは翌営業日出荷サービスに対応しています。マウスコンピューターのの全てのモデルが対応しているわけではなく、対応しているだけで長所となり得ます。+2,200円でオプションを選択すれば、購入後最短2日で手に入れられるということです。カスタマイズ費用を考えると十分選択する価値があります。現在使用しているパソコンが故障した場合などすぐにクリエイターパソコンが欲しいという方にとって魅力的な選択肢になります。

>>>DAIV Z5を購入<<<

DAIV Z5の弱み

マウスコンピューターの売れ筋モデルで評価の高いモデルでも弱みはあります。弱みをしっかりして購入すれば後悔することはなくなるでしょう。

RTX 3050搭載モデルで税込24万円台は厳しい

RTX 3050搭載モデルで税込249,800円という価格はかなり割高です。RTX 3070搭載モデルが比較対象になるほどです。DAIVブランドは、どちらかというコスパではなくプレミアム感を重視したブランドだと言えます。そのため、CPU・GPU・メモリ・ストレージなどだけで考えると割高になります。

DAIVブランドのケースやマウスコンピューターのサポートに魅力を感じる方向けです。セール/キャンペーン対象モデルになれば数万円単位で安く購入できる可能性があります。購入検討中の場合でも定価での購入は避けるべきです。2週間周期でセール情報が更新されますので、定期的に確認しておきましょう。

チップセットZ690は宝の持ち腐れになる

チップセットZ690を搭載しているのは残念なところです。オーバークロックに対応していないCore i7-12700を搭載したDAIV Z5では価格が上がるだけで選択するメリットがありません。本来Z690は倍率ロックフリーモデルであるCore i7-12700KやCore i9-12900Kなどに適したチップセットです。

どうしてマウスコンピューターが当該モデルにZ690を選択したのかわかりません。他のDAIV Zシリーズと合わせた結果でしょう。せっかくなら、下位モデルであるH670やB660などでコストカットを図って欲しい部分だと言えます。まだまだ価格が下がる余地があるということになりますね。

raytrek XFと比較

ブランドDAIVraytrek
製品名DAIV Z5raytrek XF
画像daivraytrek ZQ2
価格249,800円(税込)236,980円(税込)
CPUCore i7-12700FCore i7-12700
GPURTX 3050RTX 3070
メモリDDR4-3200 32GBDDR4-3200 32GB
SSD512GB NVMe500GB NVMe
HDD1TB非搭載
電源500W BRONZE750W GOLD
マザーボードチップセットZ690チップセットH670
公式公式公式
レビュー-レビュー
ドスパラ(サードウェーブ)のraytrek XFと比較していきましょう。価格差は12,820円でraytrek XFの方が安いです。性能差も大きくraytrek XFではグラフィックスにスリーランク上のRTX 3070を搭載しています。より安くRTX 3070搭載モデルが選択できるならそちらを選ぶべきでしょう。構成的にはメモリ・SSDは共通です。DAIV Z5ではHDD 1TBが搭載されています。

電源ユニットは750W GOLDを採用しているraytrek XFが上です。チップセットはDAIV Z5はフラグシップモデルのZ690を搭載しています。もっともCore i7-12700F搭載モデルにZ690を選択するのはもったいないですね。機能を活かせないにも関わらず価格が上がってしまうという弊害があります。やはりDAIV Z5に勝ち目はありません。セールで価格が下がれば候補に入れても良いかもしれません。

>>>DAIV Z5を購入<<<

DAIV Z5のケースデザイン

正面

daiv-syoumen
無骨なデザインを採用しています。クリエイターらしいモデルだと言えます。本体上部には取っ手が取り付けられていて持ち運びが容易です。

右側面

daiv-right
右側面には”DAIV”のロゴが映えます。比較的シンプルなデザインですね。

I/Oパネル

daiv-iopanel
I/Oパネルは上部に配置されています。マイク・ヘッドフォン端子、USB、電源ボタンがあります。足元などに置く場合利便性の高い位置にパネルが配置されていることになります。

リムーバブルケース

daiv-hdd
カスタマイズでリムーバブルケースを搭載することができます。HDDなどのストレージを容易に入れ替えることが可能です。

SDカードリーダー

daiv-sd
カスタマイズでSDSカードを搭載することができます。リムーバブルケースと合わせてDAIVブランドならではの強みだと言えます。

>>>DAIV Z5を購入<<<

DAIV Z5の口コミまとめ

*旧モデルの口コミも含みます。

Twitter

公式サイト

jyoseikutikomi

購入年:2022年 使用目的:DTM

タイトル通り快適で、歴代のパソコンの中で一番使いやすいです。今のところ不具合も皆無です。
2台目のマウスコンピューターですが、1台目も3年たってもまだまだ元気。我が家的にマウスコンピューターさんはとても相性が良いようです。以前ネットでの友人がべた褒めしてたので購入しましたが、もっと早くに出会いたかった。これからもよろしくお願いします。


当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、DAIV Z5のレビュー&口コミについて紹介しました。最新のCore i7-12700F×RTX 3050を搭載したクリエイターPCです。メモリ32GB、SSD 512GB、HDD 1TBと構成も抜群です。ただし、RTX 3050搭載モデルとして見ると税込249,800円という価格はいただけません。RTX 3070搭載モデルすら購入できてしまう価格帯です。

DAIV Z5の購入を考えている方はセールを待つのが良いと思います。価格的に10,000円以上の割引が期待できます。もっともそれだけの割引があっても強敵であるraytrek XFにはコスパで及びません。DAIV Z5の魅力は、拡張性・機能性に優れたケースとマウスコンピューターの手厚いサポートにあります。これらの点に魅力を感じる方であれば後悔はしないでしょう。

公式

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等