THIRDWAVE VF-AD4

管理人管理人

当記事では、「Celeron N4000の性能スペックと搭載BTOノートパソコン」を紹介しています。Celeron N3350の後継モデルとして2017年末に発売されたGemini Lake世代のCPUですが、2021年時点でも搭載モデルを購入することができます。この性能帯の場合世代ごとに飛躍的なパフォーマンス向上は見込めないため古いこと自体がデメリットにはなりません。

Celeron N4000は、主に安価なノートパソコン向けのデュアルコアCPUです。ハイパースレッディングには対応しておらず性能はそれほど高いわけではありません。省電力性が高くファンレスのため静音性の高いノートパソコンが実現します。

Celeron N4000の基本スペック

世代Gemini Lake
プロセス14nm
コア/スレッド数2 / 2
クロック周波数1.10 GHz
ブーストクロック2.60 GHz
内蔵グラフィックスUHD Graphics 600
キャッシュ4MB
TDP6W
発売日2017年11月28日
価格$107
Gemini Lake世代のCPUで、2017年末にリリースされました。プロセスは14nmで2021年にも続くモデルです。2コア2スレッドとスペックは最低限です。クロック周波数は1.1 GHzでブーストクロックは2.60 GHzとなっています。2コア時のブーストクロックは2.5 GHzとなります。内蔵グラフィックスはUHD Graphics 600です。L3キャッシュは4MBです。消費電力は6Wとかなり抑えられていることがわかります。価格は$107となっています。

Celeron N4000のおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin
video_hensyu
×
youtubervirtual
×

×

×
gamedeveloper
×
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
×
gamejikkyouwomen
×
webdesign
×

×
tvdenwa
cad
×
businessperson
Celeron N4000は性能が低いためおすすめの用途は限られます。デュアル環境・動画視聴・ネット閲覧・Skype・ビジネスなどです。その中でもHulu・Youtube・Netflixなどの動画視聴やネット閲覧となるでしょう。デュアル環境構築やビジネス用途では性能が足りないことがあります。オフィスソフトの使用については簡単なWordファイルやExcelファイルの取り扱いに限定されます。画像をたくさん使うPowerPointではやや厳しいでしょう。

Celeron N4000のスペック比較

 Celeron N4000Celeron N4100Celeron N3350
コードネームGemini LakeGemini LakeApollo Lake
プロセス14nm14nm14nm
コア/スレッド2 / 24 / 42 / 2
ベースクロック1.10 GHz1.10 GHz1.10 GHz
ターボクロック2.60 GHz2.40 GHz2.40 GHz
L3キャッシュ4MB4MB2MB
メモリ規格DDR4-2400DDR4-2400DDR4-2400
内蔵GPUUHD 610UHD 610HD 500
GPU EUs121212
グラフィックス周波数650MHz700MHz650MHz
TDP6W6W6W
発売日Q4'17Q4'17Q3'16
単体価格$107$107$107
搭載PC価格32,978円~43,780円~-
Celeron N4000は、Gemini Lake世代のモバイル向けCPUです。発売日は2017年末です。前世代であるApollo Lake世代のCeleron N3350の後継モデルとなっています。プロセスは14nmと共通です。コア/スレッドも2コア2スレッドと同じですね。ベースクロックも同じ1.1GHzですが、ターボクロックが9%引き上げられています。L3キャッシュも倍の4MBになっています。今回のアップグレードの肝となる部分ですね。CPUとストレージとのデータのやり取りがより効率的になります。L3キャッシュにデータが保存されれば高速での取り出しが可能になるからです。

メモリ規格はDDR-2400と変わっていません。内蔵GPUはHD 500からUHD 610へとアップグレードされました。ただし、それほど大幅に向上したわけではなくリフレッシュモデルと考えて良いと思います。消費電力は6Wと共通です。ターボクロックが高くなり、L3キャッシュも倍増とスペックが向上しても消費電力が同じというのは評価できます。価格は$107と共通となっています。

上位モデルのCeleron N4100になるとスペックが大きく向上します。4コア4スレッドと倍増です。パフォーマンスに与える影響は大きいです。ベースクロックは1.10 GHzでCeleron N4000と同じです。ターボクロックはCeleron N4000よりも7%低いです。コア/クロックが増えた分消費電力を抑えるための対策でしょう。L3キャッシュは4MBでメモリ規格も同じです。内蔵GPUはグラフィック周波数が50MHzだけ高いです。消費電力は同じですね。公式価格ではCeleron N4000もCeleron N4100も同じ$107です。搭載パソコンの価格は1万円程度の差があります。

Celeron N4000ってどんなCPUなの?

2コア2スレッドとCPU性能はかなり低い

celeronn4000ubenchmark
Celeron N4000は、Intel製CPUの中で最も安価なモデルの一つです。上位のCore iシリーズに比べるとそれほど目立つ存在ではありません。プレスリリースも大々的に行われることもありませんね。2コア2スレッドとスペックは低くCPU性能自体も抑えられています。

前世代のCeleron N3350よりも25%程度性能が向上しました。上位モデルのCeleron N4100(4コア4スレッド)との差は70%以上と大きいです。Core i3シリーズとの性能差は大きいですね。Celeron N4000では動画視聴・WEB閲覧・Skypeなどライトな用途のみおすすめです。

グラフィックス処理性能も控えめ

inteluhd600benchmark

CPU性能と同様にグラフィックス性能についても期待はできません。第8世代に搭載されているUHD 620や第10世代に搭載されているIntel UHDに比べると性能は劣ります。とは言っても動画視聴やネット閲覧などでグラフィックス性能が必要になることはありません。用途を考えると妥当な性能だとも言えますね。

搭載BTOパソコンのラインナップは僅少

2021年3月時点でCeleron N4000搭載BTOパソコンのラインナップはそれほど多くありません。2017年末に登場したCPUであることを考えると仕方がないかもしれませんが、後継モデルらしいモデルは出ておらず今でも一定の人気があります。

国内BTOメーカーではドスパラから安価なモデルが登場しています。その他Amazonで昔のモデルを購入することができます。税込5万円以下の格安ノートパソコンを探している方は要チェックです。サブパソコンとしてもおすすめです。

Celeron N4000搭載のおすすめBTOノートパソコン

THIRDWAVE VF-AD4(ドスパラ)

THIRDWAVE VF-AD4価格:32,978円(税込)
液晶:14.0インチ
CPU:Celeron N4000
GPU:インテルUHDグラフィックス600
メモリ:4GB
SSD:eMMC 64GB
HDD:非搭載

公式
税込3万円台で購入できる格安ノートパソコンです。これだけ価格が抑えられたモデルは珍しいですね。動画視聴やネット閲覧などに最適です。14.0インチモデルで本体重量約1.28kgと軽いです。シルバーデザインで環境に関係なく選びやすいと思います。メモリ4GB、ストレージeMMC 64GBとなっています。ストレージ容量はそれほど多くありませんが、高速起動も可能で実用性が高いです。PowerDelivery対応アダプターも便利ですね。バッテリー駆動時間は約8.6時間となっています。

Chromebook C204MA(ASUS)

C204MA価格:47,080円(税込)
液晶:11.6インチ
CPU:Celeron N4000
GPU:インテルUHDグラフィックス600
メモリ:4GB
SSD:eMMC 32GB
HDD:非搭載

公式
11.6インチのコンパクトなノートパソコンです。エントリークラスのCPUにはChromebookとの相性は良いですね。堅牢性の高さが特徴で厳しい軍用基準をクリアしたモデルとなっています。落下テストでも結果を出しています。バッテリー駆動時間最長約13時間と長時間使用することができます。メモリ4GB、ストレージeMMC 32GBと必要最低限です。動画視聴やネットサーフィンぐらいで考えておきましょう。

Swift 1 SF114-32-H14Q/S(Acer)

SF114-32-H14QS価格:49,800円(税込)
液晶:14.0インチ
CPU:Celeron N4000
GPU:インテルUHDグラフィックス600
メモリ:4GB
SSD:128GB
HDD:非搭載

公式
極小ベゼル採用の14.0インチノートパソコンです。13.3インチ級のボディにワンランク上のモニターを搭載しています。メモリ4GB、SSD 128GBという構成です。eMMCではなくSSDを搭載しているのがポイントです。指紋認証での簡単ログインなど実用性も高いです。バッテリー駆動時間約15.0時間とかなり長いです。本体重量は約1.3kgです。販売終了製品ですがまだAmazon.co.jpで購入することができます。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Celeron N4000の性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しています。Celeron N4000は、最安値クラスのモバイル向けCPUで性能は控えめです。動画視聴・ネット閲覧・Skypeなど用途を限定すれば必要十分です。グラフィックス性能が低いこともデメリットとはなりません。

搭載BTOパソコンはそれほどラインナップはありません。2017年に発売されたCPUとしては息が長いと言えますね。国内BTOメーカーのドスパラから搭載モデルが販売されています。価格も抑えられているので、サブパソコンとしても購入しやすいと思います。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume