corei7画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

管理人管理人

当記事では、「Celeron N4100性能スペックと搭載BTOノートパソコン」を紹介しています。2017年12月に新しく登場したノート向けCPUです。安価なノートパソコンを探している方はこのCeleronの性能が気になるのではないかと思います。従来モデルとのスペック比較を行い検証しています。ぜひ参考にしてくださいね。

Celeron N4100の性能スペックまとめ

notepc

 Celeron N4100Celeron N3450Core i3-8130U
コードネームGemini LakeApollo LakeCoffee Lake-S
コア/スレッド4/44/42/4
ベースクロック1.1Ghz1.1Ghz2.2Ghz
ターボクロック2.4Ghz2.2Ghz3.4Ghz
内蔵GPUUHD 600HD 500UHD 620
TDP6W6W15W
搭載PC価格39,800円~34,980円~-
Celeron N3450の後継機に当たります。Gemini Lake世代ということになります。前世代のApollo Kakeと比較するとベースクロックに変わりはなく、違いはターボクロック及び内蔵GPUです。また、ここには記載はありませんが、キャッシュも2MBから4MBに倍増しています。派手な進化があるわけではありません。それでも確実に性能は上がっています。内蔵GPUに関しては体感できる差はありません。価格帯はN4100の方が少し高い設定となっています。今後価格は落ち着いてくるでしょう。

Celeron N4100ってどんなCPUなの?

5万円以下のノートPCの主流CPUへ

laptop

5万円以下の格安ノートパソコンを探していると見つかるのがこのN4100です。先代のN3450も低価格帯の王道CPUでした。新モデルとなってもその特徴を引き継いでいると言えます。現在もドスパラなど一部のメーカーでは先代モデルであるN3450搭載パソコンも販売されていますが、基本的には新しいモデルを選択するのが吉です。5万円前後のパソコンでできることについては次の項目でまとめていますので、しっかりと確認しておいてくださいね。

WEBブラウジングがメインのサブPCにぴったり

webbrowing

Celeron N4100を購入するときはできることできないことを理解しておくべきです。当該CPUの最適な用途はWEBブラウジング、簡単にできる画像編集、エクセルやワードの使用です。明確に用途が決まっている方にとってはベストな選択となり得ます。買ったもののしたいことができないとなると本末転倒ですよね。安いからと言って安易に手を出してはいけません。動画編集や3Dゲームはできないと考えておきましょう。

Celeron N4100搭載のおすすめBTOノートパソコン

m-Book C100EN(マウスコンピューター)

m-Book C100EN
価格:39,800円
CPU:Celeron N4100
GPU:UHDグラフィックス600
メモリ:4GB
SSD:64GB
HDD:非搭載



最安値クラスのノートパソコンです。11.6インチとコンパクトなため持ち運びにも適しています。バッテリー駆動時間6.1時間と長期間使用可能です。重さ1.2kgと軽いのも良いですね。サブパソコンとして魅力的な1台です。メモリ4GB、SSD 64GBと最低限の構成です。容量が必要な方はクラウドなどをうまく活用すると良いですね。外出先でのネットサーフィンや文書作成に最適です。

m-Book E410SN-S1(マウスコンピューター)

m-Book E410SN-S1
価格:47,800円
CPU:Celeron N4100
GPU:UHDグラフィックス600
メモリ:4GB
SSD:120GB
HDD:非搭載



構成的にはm-Book C100ENと似ています。違いは14.0インチ液晶モニターを採用していることSSDが120GBとなっていることです。バッテリー駆動時間6.8時間、重さ1.6kgとなっています。8,000円アップとなっていますので、費用に見合うと思う方であればおすすめです。14インチになると作業効率も上がります。外出先での利用頻度が高い方で大きなが苦にならない方必見です。

STYLE-11HP014-C-CES(パソコン工房)

STYLE-11HP014-C-CES
価格:49,980円
CPU:Celeron N4100
GPU:UHDグラフィックス600
メモリ:8GB
SSD:120GB
HDD:非搭載



m-Book E410SN-S1がメモリ8GBにアップしたモデルです。ただ、このクラスであれば8GBは不要でしょう。それほどこだわりがないのであればあえてこのモデルを選択する必要はありません。液晶は11.6インチでブラックの本体がクールな印象です。バッテリー駆動時間約5.4時間と充実しています。重さは1.14kgと非常に軽いです。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Celeron N4100搭載のBTOパソコンについて紹介しました。性能的には最低クラスですが、ネットサーフィンや文書作成、簡単な画像編集ぐらいであれば十分対応可能です。また、価格が安いため5万円以下の低価格ノートで一般的に採用されています。

マウスコンピューターの「m-Book C100EN」が最安値となっています。税抜き3万円台で購入できるのは嬉しいですね。サブPCに最適だと思います。SSD容量をもうちょっと増やしたい、液晶がもう少し大きいほうが良いという方は同じマウスコンピューターの「m-Book E410SN-S1」が選択肢に入ります。14インチ採用で使い勝手が向上します。単純に性能を上げたいのであればパソコン工房の「STYLE-11HP014-C-CES」がおすすめです。ただし、この価格帯になれば上位モデルも選択肢に入り、低価格である強みを生かしきれないというデメリットがあります。十分に比較検討して選んでくださいね。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-8700、 i7-8550U等
gpu

GeForce GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume