rxvega64
画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

管理人管理人

当記事では、「Radeon RX Vega 64の性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。ついに野心的なVegaグラフィックスアーキテクチャーが表舞台に立ち、ゲームーの手に渡る準備がてきたということです。このアーキテクチャー自体2017年初めにプロ向けのグラフィックボードのRadeon Pro Vega Frontier Editionとしてデビューしていました。そして今回ついに一般消費者向けのモデルが登場したということです。

(+)AMDがハイエンドGPUをついに発売
(+)GTX1080に匹敵する高いパフォーマンスを持つ
(-)グラフィックボード単体が10万円近くで高い
(-)BTOメーカーの取り扱いラインナップが少ない

Radeon RX Vega 64の性能スペック紹介

Radeon RX Vega 56との比較

 RX Vega 64RX Vega 56R9 Fury X
コードネームVega 10Vega 10Fiji
プロセス14nm14nm28nm
ダイサイズ484mm2484mm2596mm2
トランジスタ数125億個125億個89億個
CUDAコア4096基3584基4096基
ベースクロック1247MHz1156MHz1000MHz
ブーストクロック1546MHz1471MHz-
VRAM8GB HBM28GB HBM24GB HBM1
メモリ帯域幅483.8 GB/s409.6 GB/s512 GB/s
TDP295W210W275W
公式価格$499$399$650
発売日2017/82017/82015/6
RX Vega 64の性能スペックを見ていきましょう。比較対象に選んだのは下位モデルのVega 56と旧型のR9 Fury Xです。RX Vega 56と比較するとそれほど大きな違いはありません。同じプロセス、ダイサイズ、アーキテクチャを元に作られています。CUDAコアやクロック周波数となる。演算ユニットを8基無効化することで差別化を図っているというわけだ。演算ユニットあたりのシェーダプロセッサ数は64基のため56×64=3584基となる。4K解像度を考えなければRX Vega 56でも十分な性能を持つ。

およそ2年前に登場したハイエンドグラフィックボードであるR9 Fury Xと比べると確かに進化しました。まずプロセスが28nmから半分になり、ダイサイズも約20%縮小しています。2年の空白を埋める進化だと思います。価格も大きく下げていることも評価できます。メモリ倍増と規格も変わっていて性能に良い影響を与えています。HBM1と比べるとピン当たりの転送速度は2倍です。

Nvidia GTX 1080との比較

 RX Vega 64GTX1080
コードネームVega 10Pascal
プロセス14nm16nm
ダイサイズ484mm2314mm2
トランジスタ数125億個72億個
CUDAコア4096基2560基
ベースクロック1247MHz1607MHz
ブーストクロック1546MHz1733MHz
VRAM8GB HBM28GB GDDR5
メモリ帯域幅483.8 GB/s320.3 GB/s
TDP295W165W
公式価格$499$499
発売日2017/82016/5
NVIDIA GeForce GTX1080と比較していきます。両者を比較するとさすがに後発なだけありRX Vega 64の方が新しいと言えるスペックです。例えば、プロセスは16nm→14nmと縮小されていてトランジスタ数も多くなっています。ダイサイズに関しては4基のシェダーエンジンを搭載するという特徴から大きくなっています。CUDAコア数も大きくなっていますね。メモリ規格についてはGDDR5に比べてHBM2は3.5倍電源効率が良く75のサイズとコンパクトなのが魅力です。

Radeon RX Vega 64ってどんなグラフィックボード?

AMDのハイエンドグラフィックボード!

多くのAMD派の方が待ちに待ったハイエンドのグラフィックボードです。Vega 64は、GTX1080をターゲットにしたグラフィックボードだと言えます。あるいはGTX1070Tiとなるかもしれません。AMDは2015年中旬にRadeon R9 Furyシリーズを発売してから2年以上ハイエンドのグラフィックボードを発売していませんでした。その後のPolarisアーキテクチャは、2016年中旬にアッパーメインストリームのRadeon RX480のみでした。

主にNvidiaのミッドレンジのGP106シリコンのGTX1060をターゲットとしていて、GTX1080やGTX1070に匹敵するモデルはありませんでした。2016年の冬休みにVegaがリリースされるのではないかと多くのゲーマーが期待していたものの結局その2クォーターは発売されませんでした。そういう意味では非常に期待されているモデルだと言えます。

単体価格の高騰でコスパが悪い

RX Vega 64は、単体価格75,000円~と割高になっています。一方、ほぼ同じパフォーマンスを持つGeForce GTX1080は62,000円~購入できます。そうなるとやはりGTX1080の方がおすすめしやすいのが現実です。

定価が同じにもかかわらず日本円でこれほど価格に違いが出ているのはマイナス評価です。やはりGeForceに比べるともともと出荷数も少なく仕方のない部分だと思います。

BTOパソコンのラインナップが限定的

RX Vega 64を搭載したBTOパソコンのラインナップはほとんどありません。欲しくても購入しにくくなっています。ドスパラ、マウスコンピューター、パソコン工房、TSUKUMO、パソコンショップセブン、フロンティアなど多くのBTOメーカーがありますが、その中で当該モデルを取り扱っているのはパソコン工房のみとなっています。カスタマイズで選択できるわけでもないので選択肢は狭まってしまいます。よほどこだわりがない限りGTX1080やGTX1070Tiを選択肢に入れると良いでしょう。

Radeon RX Vega 64のベンチマークを紹介

各タイトルについてWQHD及び4K解像度でのフレームレートを計測しています。すべて最高設定となっています。一般的には60FPS以上あると安定していると言われています。なお、60FPS以下でも設定を落とせば十分なフレームレートを出すことも可能です。

Battlefield 1(DirectX 12)

battlefieldgtx1050tirxvega64battle

GTX1080を超える性能を発揮しています。4K解像度でも60FPSを安定して出せているのは優れていますね。およそ20%高いスコアを叩き出しています。WQHDでは111.5FPSとずば抜けていると言えます。AMD製グラフィックボードが得意とするタイトルです。RX Vega 56も4K解像度ではGTX1080を上回り健闘しています。

DOOM(Vulkan)

doomgtx1050tirx64doom

DoomでもVega 64が高い性能となっています。WQHD環境で115.7FPS、4K解像度でも61.9FPSと高いフレームレートを計測。ついでRX Vega 56、GeForce GTX1080となっています。なお、R9 Fury Xと比べると30%高くなっています。さすが2年待たされただけありますね。

Civilization VI(DirectX 11)

civ6gtx1050tirxvega64civ

少しいびつな形になっています。GTX1080やGTX1070が4K解像度でも60FPS以上のフレームレートを計測する一方、RX Vega 64や56は大きく下回っています。さらに、WQHD環境ではRX Vega 56の方が上回っています。最適化の問題かもしれずそれほど気にしなくても良いと思います。R9 Fury XともWQHD環境ではそれほど差は出ていません。

Grand Theft Auto V(DirectX 12)

gtagtx1050tirx64gta5

GTX1080とRX Vega 64は均衡しています。ほぼ誤差の範囲と考えて良いでしょう。R9 Fury Xと比較しても30%程度高いパフォーマンスを出しています。4K解像度でも快適にゲームプレイができますね。

Hitman(DirectX 12)

hitmangtx1050tirx64hitman

HitmanでもRX Vega 64はGTX1080と同等のスコアとなっています。性能的にはやはり非常に近いということがわかります。特にRadeonは、DirectX12やVulkanなど最新のAPI技術に強くなっています。4K解像度でもある程度安心してゲームプレイができます。

Radeon RX Vega 64の消費電力&発熱

消費電力

rx64denryoku

RX Vega 64の弱点が消費電力の高さです。パフォーマンス面ではGTX1080と均衡していることがわかりました。しかし、消費電力については2倍近くの消費電力となっています。つまり、Vega 64を搭載するなら電源ユニットにも気を配る必要があります。ここでもコストが掛かってしまうということになります。さらに、R9 Fury Xよりも30%ほど高いですね。

温度

rx64temp

温度に関してはややRX Vega 64が高いですがそれほど気にしなくても良いでしょう。ミニタワーでもミドルタワーでも十分カバーできる発熱だと思います。夏場はエアコンで部屋の温度管理をすることが大切です。


Radeon RX Vega 64搭載のおすすめBTOパソコン

LEVEL-R0X4-R72X-VSVI-PGB(パソコン工房)

level-r
価格:199,980円
CPU:Ryzen 7 2700X
GPU:Radeon RX Vega 64 8GB
メモリ:DDR4-2666 16GB
SSD:NVMe対応 M.2 250GB
HDD:1TB



CPUにはRyzen 7 2700Xを搭載しています。AMDで揃えたこだわりの一台です。メモリDDR4 16GB、NVMe対応M.2 SSD 250GB、HDD 2TBと構成も抜群です。パーツにもこだわったゲーミングPCに仕上がっています。

LEVEL-C0B6-i7-VFR(パソコン工房)

levelcclass
価格:182,980円
CPU:Core i7-8700
GPU:Radeon RX Vega 64 8GB
メモリ:DDR4-2666 16GB
SSD:240GB
HDD:1TB



LEVEL-R0X4-R72X-VSVI-PGBのCPUをIntel Core i7-8700にして、ストレージを変更したモデルになっています。コスパはやや劣りますが、SSD 240GB、HDD 1TBとストレージ容量も十分です。なお、SSDは容量が必要ないのであればNVMe対応M.2よりも性能は高くありません。

Radeon RX Vega 64はこんな方におすすめ!

管理人管理人

Radeon RX Vega 64は、AMD製のハイエンドグラフィックボードを待っていた方におすすめのモデルです。NvidiaのGeForce Pascalが2016年5月に出てから2年ちょっと経っていますので、すでにGeForceを購入した方も多いかもしれません。GTX1080を持っている方は買い替え対象とはなりません。ずっと待っていた方には選択肢の一つとして良いでしょう。

現在RX Vega 64搭載パソコンはラインナップが多くありません。AMDで揃えたいファンの方には、「LEVEL-R0X4-R72X-VSVI-PGB」がおすすめです。CPUはIntelでも良いという方は、「LEVEL-C0B6-i7-VFR」が選択肢に入ります。CPU的には好みで選んでも良いと思います。いずれもハイエンドクラスの高い性能を持っています。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-8700、 i7-8550U等
gpu

GeForce GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当ページベンチマークテスト環境

CPUCore i7-7700K
マザーボードASUS Z270
メモリ16GB
SSDPatriot Ignite 960GB
電源ユニットAntec HCP-1200 1200W
冷却システムCryorig R1 Universal 2x 140 mm fan
ソフトウェアWindows 10 64-bit
ディスプレイAcer CB240HYKbmjdpr 24インチ
参照サイト:AMD Radeon RX Vega 64 8 GB Review (TECHPOWERUP)