Radeon RX 5700 XT画像引用元:https://www.msi.com/

管理人管理人

当記事では、「Radeon RX 5700 XTの性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。2019年7月7日に登場した新しいグラフィックボードです。AMDの狙い通りRTX 2070を捉える性能で、現行ではRTX 2060 SuperとRTX 2070 Superが競合製品となります。RTX 20シリーズと比較しながら詳しく性能について見ていきましょう。

(+) ミドルクラスのモデルとしてコストパフォーマンスが良い
(+) ゲームによってはRTX2070 Superを超える
(-) 性能の波が激しくゲームによってはRTX 2060と同等レベルにまで落ち込む
(-) 最適化されていないゲームに非常に弱い

Radeon RX 5700 XTの総合性能

rx5700xtseinou

Radeon RX 5700 XTは、RTX 2070よりも高いパフォーマンスを持っています。元々は価格帯的にもRTX 2070が比較対象だったので妥当な性能だと言えます。RTX SUPERシリーズの登場によってRadeon RX 5700 XTは、価格を引き下げ競合はRTX 2060 SUPERとなりました。

性能的にこれら2つの競合を上回っていることから十分ユーザーを納得させられるものでしょう。ただし、RTX 2070 SuperやRTX 2080などのハイクラスと対等に戦うのは難しいですね。上位モデルはNVIDAが強いです。

Radeon RX 5700 XTの性能スペック紹介

 RX 5700 XTRX 5700RX Vega 64
コードネームNaviNaviVega
GPUNavi 10Navi 10Vega 10
プロセス7nm7nm14nm
ダイサイズ251m㎡251m㎡495m㎡
トランジスタ数10.3億10.3億12.5億
CUDAコア256023044096
ベースクロック1605MHz1465MHz1274MHz
ゲームクロック1755MHz1625MHz-
ブーストクロック1905MHz1725MHz1546MHz
VRAM8GB GDDR68GB GDDR68GB HBM2
メモリ帯域幅448.0GB/s448.0GB/s484.0GB/s
TDP225W185W295W
公式価格$399$349$499
発売日2019/72019/72017/8
Radeon RX 5700 XTは、RX 5700と同時に登場したグラフィックボードです。上位に位置するRX 5700 XTはコストパフォーマンスの観点から注目度が高いです。性能では2年前にリリースされたRX Vega 64を大きく上回り、その存在感を大きく示しています。プロセスが2年の間に14nm→7nmへと半分に縮小化されています。一般的にプロセスの縮小は、省電力・パワー効率の向上に貢献します。プロセスが少ないことからダイサイズも50%程度小さいです。

CUDAコアが、4096から2560へと40%近く減少してもクロック周波数を引き上げ性能の向上が図られています。Radeon RX 5000シリーズにはゲームクロックという表記が追加されています。AMD社は、ゲームプレイなどで負荷が高いときの平均クロックをブーストクロックとしていました。

その名称を今回からゲームクロックとしました。そして最大クロック数をブーストクロックと表記しています。ゲームクロック自体はそのグラフィックボードに高い負荷がかかったときの平均値でしかありません。特に気にしなくても良く、目安にはなるかなぐらいに見ておきましょう。

メモリ規格がHBM2→GDDR6に変わったのも注目ポイントです。高性能ですがコストが掛かるHBM2を捨てた形になります。それによってメモリ帯域幅も7%程度低くなっています。今はメモリよりもグラフィックボード自体の性能を引き上げる方が先決でしょう。消費電力も295W→225Wへと大きく引き下げられています。Vega 10からNavi 10への進化は十分評価に値するものです。

最後にRX 5700に対して性能は高く、コストパフォーマンスも優秀です。上位グラフィックボードですから当然と取るべきなのか、RX 5700が控えめすぎるのか判断に迷います。搭載モデルの数を見る限り主流はこのRX 5700 XTでしょう。

PCI-Express gen 4.0の採用(中上級者向け)

Naviでは、PCI-Express gen 4.0を採用しています。新しいバススタンダードで先代のPCI-Express gen 3.0より2倍のバンド幅を持っています。Ryzen 3000シリーズのCPUと同時にAMD X570チップセットのマザーボードをリリースしています。IntelのIce Lakeが登場するまではこれが唯一PCIe gen 4.0をサポートするプラットフォームです。

もちろん、Navi Radeon RX 5700 XTは、旧型のPCIeもサポートしていますが当然gen 3.0のみ対応となっています。AMDの新しい製品のパッケージでは7nmプロセスとPCIe gen 4.0を謳っています。まるでIntelの12nmとPCIe gen 3よりも次世代モデルということを言いたいかのようですね。

Radeon RX 5700 XTってどんなグラフィックボード?

優秀なグラフィックボードであることは間違い無いが…

RX 5700 XTの競合製品はRTX2060 SuperあるいはRTX 2070です。その2製品に対して大きく上回り、RTX 2080をも凌駕する場面もあればGTX 1660と同等レベルになる場面もあります。高解像度に適した性能帯では無いのかもしれません。しかし、この落差はそのまま優秀だと断言しにくい原因にもなります。

仮に最高の性能を基準とした場合、価格も合わさってコストパフォーマンス抜群のグラフィックボードになれるでしょう。仮に最低の性能を基準とした場合、最悪のコストパフォーマンスを持つグラフィックボードになります。良いところと悪いところが一緒になっているので評価しづらいですね…。

$399という価格はあくまでも北米価格で、国内展開のときはその価格がそのまま反映されるとは考えにくいです。つまり、RTX 2060 Superより高く、RTX 2070 Superより安いという価格設定も十分にありえます。そうなると、わざわざ選択する意味はありません。

優秀なグラフィックボードかと言われれば「はい」、微妙なグラフィックボードかと言われても「はい」となります。国内展開の価格に全てがかかっていると言っても過言ではないと言えます。

強気な価格と不安定さが気になる。メリットよりもデメリットが目立つ。

AMD製Radeonグラフィックボードと言えば、NVIDIAと同等の性能を持ちながら価格が安いという特徴があります。CPUについてもIntelとの関係で同様のことが言えます。しかし、RX 5000シリーズは価格が割と強気で、競合製品と同等レベルになっています。一番気になるのは性能の不安定さでしょう。

競合製品を圧倒するスコアを叩き出したかと思えば、競合製品に圧倒される場面も少なくありません。最大と最小の差が大きく、ゲームプレイ時にフレームレートが安定しにくいというデメリットがあります。このデメリットは高リフレッシュレート対応モニターを用いたゲームプレイではかなり致命的です。

また、Radeon製品に最適化されていないゲームでは競合製品の下位モデルにさえ劣ってしまいます。性能自体は優れていても、それを上手く発揮できるところが限られているのは大きなマイナスと言えるでしょう。せめて価格が安ければ同等製品として見ることも出来たのですが…。

Radeon RX 5700 XT搭載モデル使用時のフレームレート一覧

実際のゲームプレイ中のフレームレートを計測。FULL HD/WQHD/4K解像度+最高設定での計測を行い、平均値を出しています。性能に波のあるRX 5700 XTはRTX 2060 Superに対してどこまで差をつけることができるのでしょうか。

*フレームレート(fps)とは、1秒間における表示可能なコマ数です。通常60fps以上の数値があれば快適だと言えます。

Assasin’s Creed Odyssey

AssassinscreedAssasin’s Creed Odyssey-rx5700xt

概ねRTX 2070と同じくらいの性能でしょうか。フレームレートの差は誤差の範囲だと思います。RTX 2060 Superとの差も10%程度あります。4K解像度では、負荷の高さで安定感を失うことが影響してか少し落ちていますね。それでもこのくらいならまだ許容範囲だとは思います。

Far Cry 5

farcry5FAR CRY 5-rx5700xt

FAR CRY 5ではRTX 2070 Superを上回る場面が際立っていますね。解像度が上がるほど性能差は小さくなります。WQHD環境ではRTX 2070 Superを上回っています。最適化されているとこれほどまでに高い性能を発揮できるのは魅力。全てのゲームが最適化されるとRX 5700 XTは恐ろしいほど強力なグラフィックボードになるでしょう。それが出来ない現状が一番Radeon製品の足を引っ張っているわけです。

Ace combat 7

acecombatAce combat 7-rx5700xt

Ace combat 7はまだ最適化されていないのでしょうね。GTX 1660Tiを下回るほどのスコアで、この落差があるのは致命的。RTX 2060 Superと比較しても10%-20%程度劣っています。性能は十分あってもゲームによっては安定したパフォーマンスを発揮できないわけですから…。ここまで得手不得手がハッキリするのは厳しい…。

Hitman 2

hitmangtx1050tiHITMAN 2-rx5700xt

HITMAN 2もやや苦手なようです。それでも4K解像度ではわずかながらRTX 2060 superを上回っています。やはり元々の底力はRTX 2060 superよりも高いのでしょう。その性能を発揮できる場が少ないのが大きな弱点ですね。色々なゲームをプレイしたいと考えている方は要注意です。

BATTLE FIELD V

battlefield5BATTLE FIELD V-rx5700xt

Radeon製グラフィックボードが圧倒的に有利なBattle field 5。その性能を見事に発揮できる数少ないゲームです。ただ、このスコアは平均値で、最小スコアは割と大きく落ち込むので安定しにくい特性は残っています。それでも平均でここまで高いスコアを残せるのは流石ですね。フルHD環境ではRTX2080をも超えるスコアとなっています。

Radeon RX 5700 XTの消費電力&発熱

消費電力

watt-rx5700xt

消費電力を比較して最も驚くのはRX Vega 64の消費電力の高さでしょう。パワー効率を無視して性能を引き上げた代償です。RX 5700 XTは、RX 2070 SuperやRTX 2060 Superと比較してやや高いものの許容範囲だと思います。

温度

rx5700xt-temp

RX 5700と比べるとやや温度は高いですね。ケースや電源ユニットに気を使って熱を持たないように工夫しましょう。


Radeon RX 5700 XT搭載のおすすめBTOパソコン

LEVEL-M0B4-R73X-DXVI(パソコン工房)

LEVEL-M037-i5-TX
価格:158,980円
CPU:Ryzen 7 3700X
GPU:Radeon RX 3700 XT
メモリ:DDR4 8GB
SSD:250GB NVMe対応 M.2 SSD
HDD:1TB



AMD製CPUとグラフィックボードを搭載した高性能なBTOパソコンです。CPUには、8コア16スレッドのRyzen 7 3700Xを採用しゲームからクリエイティブな用途まで幅広く使える万能なモデルです。メモリが少ないのが少し気になりますが、十分実用的なモデルですね。性能から見るととても安く感じます。コストパフォーマンスは高いでしょう。

LEVEL-R0X5-R73X-DXR(パソコン工房)

level-r
価格:179,980円
CPU:Ryzen 7 3700X
GPU:Radeon RX 3700 XT
メモリ:DDR4 8GB
SSD:240GB
HDD:1TB



LEVEL-M0B4-R73X-DXVIのミドルタワー版。電源とマザーボードが強化されてSSDが少し弱くなったモデルです。とは言ってもNVMe対応から非対応モデルになったぐらいなのでよほどのことがない限り体感はできないと思います。ミドルタワーケースを採用することで拡張性は高くなっていますが、価格も高くなったのでコストパフォーマンスは低くなっています。21,000円多く出してまで選ぶメリットがあるかどうかは微妙なところですね。

LEVEL-R0X5-R73X-DXR-RTC(パソコン工房)

level-r
価格:184,980円
CPU:Ryzen 7 3700X
GPU:Radeon RX 3700 XT
メモリ:DDR4 16GB
SSD:240GB
HDD:1TB



LEVEL-R0X5-R73X-DXRのメモリを倍増させたモデルです。こちらのほうが少しお得でしょうか。メモリ16GBになるので性能を活かしやすくなるのは嬉しいことです。ただ、このくらいまで来ると少し高いような印象を受けます。価格が魅力のAMD製品の魅力は完全に失われているように思いますのでおすすめしにくい…。

はこんな方におすすめ!

管理人管理人

リアルタイムレイトレーシングが必要なく、RTX 2060 Superに魅力を感じない人におすすめです。場合によってはRTX 2080を上回り、GTX 1660 Tiを下回る荒れ馬な性能は困りもの。上手く扱えればとてもコストパフォーマンスが高いグラフィックボードになります。人とは違うものを選択したいと考える方にもぴったりです。

ただ、上手く扱うにはゲーム側の対応が重要になるのでプレイするゲームが最適化されているかの確認は必須です。もう少し安ければ性能の波も愛嬌で済んだかもしれません。国内展開するときの価格が全てですので、発売直後に購入するのはおすすめしません。

まずはNVIDIAのグラフィックボードとの比較が大事です。RX 5700 XTの価格とRTX 2060 superの価格を比較して、RX 5700 XTのほうが安ければ選択に値するかもしれません。5,000円以上安ければRX 5700 XTも選択する余地ができるので、グラフィックボードの選択を広げる役割を十分にこなせたと言えるでしょう。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-9700、 i7-8565U等
gpu

GTX1650, GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当ページベンチマークテスト環境

CPUIntel Core i9-9900K
マザーボードEVGA Z390 DARK
メモリ16GB DDR4
SSD2x 960 GB SSD
電源ユニットSeasonic Prime Ultra Titanium 850W
冷却システムCryorig R1 Universal 2x 140 mm fan
ソフトウェアWindows 10 64-bit
ディスプレイAcer CB240HYKbmjdpr 24インチ
参照サイト:AMD Radeon RX 5700 XT Review(TECHPOWERUP)