RX 7900 XTX 24G画像引用元:https://www.gigabyte.com/

管理人管理人

当記事では、「Radeon RX 7900 XTXの性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。2022年12月にRDNA 3アーキテクチャを採用したAMD製のグラフィックボードが登場しました。このRadeon RX 7900 XTXはフラグシップモデルということになります。下位モデルのRadeon RX 7900 XTとは異なりフルスペックのNavi 31を採用していて高い性能を持っています。

$999という価格で競合モデルであるRTX 4080($1,199)と同等のパフォーマンスを期待できます。前世代のRDNA 2アーキテクチャのモデルと比べてワットパフォーマンスが50%以上向上していて省電力性の高さは健在です。一方で、レイトレーシング性能については、NVIDIA製のモデルと比べてワンランクパフォーマンスが落ちます。

(+) RDNA 3アーキテクチャのフラグシップモデル
(+) フルスペックのNavi 31を採用したグラフィックボード
(+) 省電力性に長けている
(-) レイトレーシング性能は競合モデルに劣る
(-) 搭載BTOパソコンでの人気は出なさそう

>>>Amazonで最新価格をチェック!!

Radeon RX 7900 XTXの総合性能

rx7900xtxbenchmark

Radeon RX 7900 XTXは、従来モデルのRadeon RX 6900 XTよりも30%程度処理性能が高くなっています。その上位モデルであるRadeon RX 6950 XTとの性能差は25%です。競合モデルであるGeForce RTX 4080よりも4%程度性能で上回っています。RX 7900 XTXは、2022年12月時点でRTX 4090に次いで高いゲーミング性能を持つグラフィックボードです。4K環境などこだわりのゲーム環境を構築したい方向けです。

Radeon RX 7900 XTXの性能スペック紹介

RX 6900 XTと比較

RX 7900 XTXRX 7900 XTRX 6900 XT
コードネームRDNA 3.0RDNA 3.0RDNA 2.0
GPUNavi 31Navi 31Navi 21
トランジスタ数577億577億268億
プロセス5nm5nm7 nm
ダイサイズ300 mm²300 mm²520 mm²
MCDプロセス6nm6nm-
MCDサイズ36.6 mm² x636.6 mm² x6-
CUDAコア614453765120
RTコア968480
AI Accelerator192168-
ベースクロック1855 MHz1500 MHz1825 MHz
ゲームクロック2269 MHz2025 MHz2015 MHz
ブーストクロック2499 MHz2394 MHz2250 MHz
メモリ容量24GB20GB16 GB
メモリ規格GDDR6GDDR6GDDR6
メモリ速度20 Gbps20 Gbps16 Gbps
メモリバス384 bit320 bit256 bit
メモリ帯域幅960.0 GB/s800.0 GB/s512.0 GB/s
L2キャッシュ6 MB6 MB4 MB
Infinity Cache96 MB80 MB128MB
TDP355W300W300W
補助電源2x 8-pin2x 8-pin2x 8-pin
バスインターフェイスPCIe 4.0 x16PCIe 4.0 x16PCIe 4.0 x16
公式価格$999$899$999
国内価格194,580円~149,800円~121,787円~
発売日2022/12/132022/12/132020/12/08
Radeon RX 7900 XTXは、Radeon RX 6900 XTの後継モデルです。価格も同じ$999となっています。GPUがNavi 21からNavi 31へと進化しました。トランジスタ数も268億から2倍以上増えて577億となっています。RDNA 2からRDNA 3になって大きく変わった点としては、二つのダイを組み合わせたチップレット技術を導入したことです。Ryzen CPUではすでに採用されていますね。

一つの大きなダイを作るよりもコストを抑えられるというメリットがあります。RX 6900 XTでは520m㎡の一つの大きなダイを搭載しています。RX 7900 XTXでは計算集約型ハードウェアであるGCD(Graphics Compute Dies)と、L3キャッシュやメモリコントローラーなどを搭載したMCD(Memory Cache Dies)が搭載されています。GCDではより微細化された5nmプロセスを採用しています。パワー効率が重要になるためです。内訳は300m㎡のGCDと219.6m㎡(36.6m㎡×6)のMCDです。一番大きくても300m㎡とかなりコンパクトであることがわかります。

CUDAコアも20%増えて6,144となりました。RTコアも20%アップで96です。AI Acceleratorは192となります。これはTensorコアに相当するものです。グラフィックス周波数も最大20%程度引き上げられています。メモリ周りも強化されています。GPUメモリ容量が50%増えて24GBとなりました。メモリ速度も25%速くなり、さらにメモリバスも50%広く384 bitです。メモリ帯域幅は88%広く960.0 GB/sとなります。

L2キャッシュは50%増えて6MBです。一方で、Infinity Cacheは25%少なく96MBとなります。ここはメモリ速度やメモリバスのパフォーマンスアップでカバーできます。TDPは18%高く355Wです。補助電源は2x 8-pinと変わっていません。バスインターフェースも共通です。Radeon RX 7900 XTXは、RX 6900 XTが発売されておよそ2年振りの最新モデルとなります。

下位モデルのRX 7900 XTは、Navi 31のダウングレードバージョンとなります。コンピュートユニットは96の内84基が有効化されています。また、MCDも6つの内5つが有効となっています。CUDAコアは12%少なく5,376です。RTコア及びAI Acceleratorもそれぞれ少なくなっています。クロック周波数は最大19Q%低いです。

GPUメモリ容量も20%少なく20GBです。メモリバスが384 bit→320 bitとなり、メモリ帯域幅800.0 GB/sと抑えられています。L2キャッシュは6MBと変わりませんが、Infinity Cacheは20%少なく80MBです。TDPは300WとRX 7900 XTXよりも15%低いです。補助電源は2×8-pinと共通です。バスインターフェースも同じですね。価格差は$100となっています。日本国内での販売価格ではRX 7900 XTXとRX 7900 XTで45,000円もの差が開いていますね。また、旧モデルに当たるRX 6900 XTの価格が暴落していて非常に購入しやすくなっています。

RTX 4080と比較

RX 7900 XTXRTX 4080
コードネームRDNA 3.0Ada Lovelace
GPUNavi 31AD103
トランジスタ数577億459億
プロセス5nm5nm
ダイサイズ300 mm²379 mm²
MCDプロセス6nm-
MCDサイズ36.6 mm² x6-
CUDAコア61449728
RTコア9676
AI Accelerator192304
ベースクロック1855 MHz2205 MHz
ゲームクロック2269 MHz-
ブーストクロック2499 MHz2505 MHz
メモリ容量24GB16GB
メモリ規格GDDR6GDDR6X
メモリ速度20.0 Gbps22.4 Gbps
メモリバス384 bit256 bit
メモリ帯域幅960.0 GB/s716.8 GB/s
L2キャッシュ6 MB64 MB
Infinity Cache96 MB-
TDP355W320W
補助電源2x 8-pin1x 16-pin
バスインターフェイスPCIe 4.0 x16PCIe 4.0 x16
公式価格$999$1199
国内価格194,580円~198,000円~
発売日2022/12/132022/11/16
GeForce RTX 4080は、Ada Lovelace世代におけるハイエンドクラスのグラフィックボードです。RTX 4080は価格が$1,199と、RX 7900 XTXの方が$200安くなっています。RTX 4080と同等の性能を持っているならRX 7900 XTXは魅力的な選択肢となります。現時点では価格差はほとんどありません。RX 7900 XTXはまだまだプレミアム価格となっていることがわかります。この価格差であれば総合的に見てRTX 4080の方が良いと思います。RX 7900 XTXの買い時はもう少し先になりそうです。

RTX 4080のトランジスタ数は459億で、RX 7900 XTXの方が26%多くなっています。プロセスはどちらも5nmです。RTX 4080のダイサイズは379m㎡とかなり小さいです。RX 7900 XTはチップレット技術を採用していて二つのダイを組み合わせたサイズは519.6m㎡です。RTX 4080はCUDAコアが9728と、RX 7900 XTXよりも58%も多いです。RTコアはRX 7900 XTXの方が28%多く、AI AcceleratorはRTX 4080の方が59%多いです。

ベースクロックはRTX 4080の方が18%高く、ブーストクロックもわずかにRTX 4080の方が高くなっています。もっともCUDAコアにしてもグラフィックス周波数などの要素はアーキテクチャが異なるため純粋にほとんど意味はありません。事実スペック的に劣るRX 7900 XTXの方が性能が高いです。一つの参考数値として見るのが正解です。

メモリ周りはRX 7900 XTXが強力です。GPUメモリ容量はRX 7900 XTXの方が50%多くなっています。メモリ規格はGDDR6Xを採用しているRTX 4080が上です。メモリ速度もRTX 4080の方が12%速いです。メモリバスは384 bitのRX 7900 XTXが勝っています。メモリ帯域幅もRX 7900 XTXの方が34%広いです。

L2キャッシュはRTX 4080の方が多いですが、RTX 4080ではL3キャッシュを搭載しておらずRX 7900 XTXに優位性があります。消費電力はRTX 7900 XTXの方が11%高いです。RX 7900 XTXは従来モデルと同じ2×8-pinです。RTX 4080は1×16-pinを採用しています。バスインターフェースはPCIe 4.0×16と共通です。

Radeon RX 7900 XTXってどんなグラフィックボード?

RTX 4080よりもグラフィックス処理性能は高いが…

Radeon RX 7900 XTXは、競合モデルであるGeForce RTX 4080よりもグラフィックス処理性能が高いというのはすでに見てきたとおりです。国内での販売価格次第では、高いコスパを誇るグラフィックボードとなるでしょう。

MSRPでは20%程度の差がありますので、それだけの価格差があると好ましいです。2022年12月下旬ではほとんど価格差がなく、RX 7900 XTXは割高です。もう少し価格が下がらない限りは選ぶ理由はありません。最低でも10%程度は安く購入できると良いですね。

また、レイトレーシング性能及びAI性能についてはRTX 4080に及ばないことは理解しておく必要があります。RX 7900 XTXが輝くのは純粋なグラフィックス処理性能だけです。もしもあなたがレイトレーシング性能などを重視するのであればRTX 4080がより良い選択肢となる可能性があります。総合力ではRTX 4080が上です。

RDNA 3アーキテクチャでも省電力性の高さは健在

rx7900xtxwattRadeon RX 7900 XTXは、高い省電力性を持つグラフィックボードです。RDNA 2アーキテクチャ採用のRadeon RX 6900 XTよりも明らかに進化しています。Radeon RX 6900 XTよりも性能が30%上がっているのに対して、消費電力は17%高くなっただけに留まります。公式発表の355WというTDPに張り付く形になります。デュアル8-pinを採用しているのも理にかなっています。

プロセスの微細化やチップレット技術採用による恩恵だと言えます。一方で、Ada Lovelace世代のRTX 4080よりも省電力性に劣ります。RTX 4080の方が4%性能が低いですが、消費電力は12%も抑えられています。メモリ周りの差が出ているのかもしれません。

搭載BTOパソコンでの人気は低迷しそう

2022年12月20日時点でRadeon RX 7900 XTXを搭載したBTOパソコンのラインナップはほとんどありません。サイコムとTSUKUMOで少しあるだけですね。GeForce製グラフィックボードは、発売と同時に搭載モデルがリリースされることを考えるとやはり大きな壁がありそうです。Radeonシリーズを搭載したモデルの価格は高くなる傾向にあり、価格的にも不利になりやすいです。

もう少し時間が経てば搭載モデルが発売される可能性はありますが、売れ筋モデルになるということはなさそうです。価格も高めになるのではないかと予想されます。Radeon RX 7900 XTXは自作PCユーザー向けだと言えますね。性能的にも特徴的にも中上級者向けのグラフィックボードです。単体のグラフィックボードとしてはRTX 4080よりも安くなる可能性が高く、選択する理由が生まれます。

Radeon RX 7900 XTX搭載PC使用時のフレームレート一覧

Borderlands 3

Boarderland 3rx7900xtx-borderlands3

Borderlands 3ではRTX 4080に及ばない結果となりました。4K環境では3%程度の差があります。WQHD及びFULL HDでは5%程度と少しだけ差が大きくなっています。Borderlands 3はGeForceと相性の良いタイトルの一つと言えますね。それでも従来モデルのRX 6900 XTよりも39%もパフォーマンスが高くなっていることは評価できます。WQHD及びFULL HDではほとんど伸びていません。Radeon RX 7900 XTとの性能差は20%前後となります。

Metro Exodus

Metro Exodusrx7900xtx-metroexodus

Metro ExodusではRTX 4080と同等以上のフレームレートが出ています。4Kでこそ僅差で負けてしまいましたが、WQHD及びFULL HD環境では4%-5%程度フレームレートが高いです。これはL3キャッシュ容量が多いことがプラスになっているのではないかと考えられます。従来モデルのRX 6900 XTよりも4K環境で45%もフレームレートが高くなりました。WQHDで34%、FULL HDで31%という結果です。下位モデルのRadeon RX 7900 XTよりも最大30%もフレームレートが高くパフォーマンスの差があることがわかります。

Cyberpunk 2077

cyberpunk2077rx7900xtx-cyberpunk2077

Cyberpunk 2077では、RTX 4080よりも8%前後フレームレートが高くなっています。すべての解像度においてパフォーマンスで上回っています。従来モデルのRadeon RX 6900 XTよりも最大63%もフレームレートが伸びています。

RTX 4090との差は15%程度とやや大きいです。下位モデルであるRX 7900 XTよりも最大で18%もフレームレートが高いです。特に4Kでのゲームプレイを考えている方はフラグシップモデルであるRadeon RX 7900 XTXを選択する方が好ましいです。

Elden Ring

Elden Ringrx7900xtxeldelring

Elden RingではRTX 4080に及ばない結果となりました。4Kでの差は5%となります。WQHDでは6%、FULL HDでは12%と差がやや広がります。従来モデルのRX 6900 XTよりも31%-38%もフレームレートが伸びています。下位モデルであるRX 7900 XTよりも最大13%もフレームレートが高いです。価格差を考えるとRX 7900 XTXの方がコストパフォーマンスが高いと言えます。

Hitman 3

hitman3rx7900xtx-hitman3

Hitman 3ではRTX 4080よりも最大6%もフレームレートが高くなっています。従来モデルのRadeon RX 6900 XTよりも最大47%もパフォーマンスが向上していてRDNA 3アーキテクチャの真価を発揮しることがわかります。下位モデルのRX 7900 XTとの差は15%となります。RX 7900 XTXの価格帯を考えると十分健闘していますね。

Radeon RX 7900 XTXのその他ベンチマーク

レイトレーシング-Watch Dogs:Legion

watch dogs legionrx7900xtx-watchdogsrt

Watch Dogs:Legionはそれほどレイトレーシング有効時の負荷が高くないタイトルとなっています。結果的にRTX 4080と同等以上のフレームレートが出ています。WQHD及びFULL HDではRTX 4080を上回っています。従来モデルのRX 6900 XTよりも最大60%もフレームレートが伸びています。下位モデルのRX 7900 XTとのフレームレートの差は最大18%程度となっています。高解像度になればなるほどその差が広がります。

レイトレーシング-Control

controldlssrx7900xtx-control

レイトレーシング性能を測る上で負荷の高いタイトルを参考にするべきでしょう。Controlは負荷の高いタイトルの一つです。RTX 4080よりも23%-24%程度フレームレートが低くなっています。前世代のRTX 3090と同程度に留まります。第三世代RTコアを搭載しているGeForce RTX 40シリーズは脅威となります。下位モデルのRX 7900 XTとの差は15%前後です。

レイトレーシング-Cyberpunk 2077

cyberpunk2077rx7900xtx-cyberpunk2077rt

Cyberpunk 2077でもRTX 4080に完敗です。フレームレートの差は30%以上と大きいです。RTX 4080であればWQHDでも61.1fpsと十分なフレームレートが出ていますが、RX 7900 XTXでは41.2fpsに留まります。快適なゲームプレイを考えているならRTX 4080が魅力的な選択肢となります。下位モデルのRX 7900 XTとの差は14%前後です。

温度

rx7900xtx-temperature

Radeon RX 7900 XTXはうまく温度がコントロールされているグラフィックボードだと言えます。RX 6900 XTよりもかなり温度が低く優秀です。これは5nmプロセスを採用したことによる恩恵と言えるかもしれません。消費電力が抑えられている分熱も発生しにくいということです。クーラーもしっかりと役割を果たしています。競合モデルのRTX 4080と同程度ですね。


Radeon RX 7900 XTX搭載のおすすめBTOパソコン

G-Master Spear X670A(サイコム)

G-Master Spear X670A
価格:437,550円(税込)
CPU:Ryzen 7 7700X
GPU:Radeon RX 7900 XTX *カスタマイズ
メモリ:DDR5-4800 16GB
SSD:500GB Gen4 NVMe
HDD:非搭載

公式

初期構成ではグラフィックボードにRTX 3060を搭載したゲーミングPCです。+145,310円でRX 7900 XTXにアップグレードできます。ハイエンドクラスのグラフィックボードなので、同時に電源ユニットのアップグレードが必須です。SilverStone製850W GOLDへのカスタマイズ費用が+1,130円となります。メモリDDR5-4800 16GB、SSD 500GB Gen4 NVMeという構成です。PCケースには、人気の高いCoolerMaster CM694が選択されています。拡張性が高く合計でHDD×6台とSSD×8台を搭載できます。強化ガラスサイドパネルバージョンも選択可能です。

G-GEAR neo GX9A-L224/XB(TSUKUMO)

G-GEAR neo GX9A-E204XT
価格:497,900円(税込)
CPU:Ryzen 9 7900X
GPU:Radeon RX 7900 XTX
メモリ:DDR5-4800 32GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載

公式

Ryzen 9 7900X×RX 7900 XTX搭載のハイエンドクラスのゲーミングPCです。TSUKUMOの大型フルタワーケースを採用しています。存在感のあるモデルだと言えます。Ryzen 9 7900Xは、12コア24スレッドと高いスペックを持つCPUです。Zen 4アーキテクチャを採用していて高いパフォーマンスを発揮します。ハイエンドモデルのRX 7900 XTXとのバランスも良好です。メモリ32GB、SSD 1TBと構成も抜群です。電源ユニットは850W GOLDを採用しています。

当記事のまとめ

管理人管理人

Radeon RX 7900 XTXの性能スペック&搭載BTOパソコンについて紹介しました。RDNA 3アーキテクチャを採用したRadeon RX 7000シリーズのフラグシップモデルです。AMD Ryzenシリーズと同じようにチップレット技術を採用していて、コスト面で有利になります。従来モデルのRadeon RX 6900 XTよりも30%以上処理性能が向上しています。

4Kでのゲームプレイにこだわりたいゲーマーの方は必見です。競合モデルであるRTX 4080と同等以上のパフォーマンスを期待できます。価格的にも有利なため純粋なグラフィックス処理性能を重視するならRX 7900 XTXは魅力的な選択肢となります。一方で、レイトレーシング・DLSSといった機能についてはRTX 4080に劣ります。総合力では負けてしまいますね。

搭載BTOパソコンはほとんど販売されていません。2022年12月時点でサイコムで購入できます。カスタマイズでの対応となりますので、中上級者向けと言えるかもしれません。大手BTOメーカーからはそれほどラインナップが増えないのではないかと思います。基本的には自作ユーザー向けです。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-12700、Core i5-1240P等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

当ページのベンチマーク計測のテスト環境

CPUCore i9-13900K
マザーボードASUS Z790 Maximus Hero
メモリ2x 16 GB DDR5-6000
SSD2x Neo Forza NFP455 2 TB M.2 NVMe SSD
電源ユニットSeasonic Prime Ultra Titanium 850 W
冷却システムArctic MX-5
ソフトウェアWindows 10 Professional 64-bit