Radeon RX 6900 XT画像引用元:https://www.msi.com/

管理人管理人

当記事では、「Radeon RX 6900 XTの性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。長らくNVIDIAが圧倒的な地位を築いていたハイエンドのグラフィックボードにAMDが新しいグラフィックボードを投入しました。

このフラグシップモデルは、スペック的には下位モデルであるRX 6800 XTと酷似しています。競合であるGeForce RTX 3080やRTX 3090との性能差についても触れながら詳しく見ていきましょう。

(+) AMD製として久しぶりのハイエンドモデル
(+) RTX 3080を超えるゲーミング性能を持つ
(-) $999という価格を考えるとコスパは高くない
(-) レイトレーシング性能はRTX 3070と同等
(-) 各メーカー在庫僅少で入手が難しい

>>>Amazonで最新価格をチェック!!

Radeon RX 6900 XTの総合性能

Radeon RX 6900 XTseinou

純粋なゲーミング性能では、RTX 3090とRTX 3080の間にすっぽりと収まる形になっています。ややRTX 3080寄りです。下位モデルのRadeon RX 6800 XTよりも7%程度性能が高いです。4K解像度でのゲームプレイを考えている方向けだと言えます。また、WQHD環境で120Hz以上のモニターを使いたい方にもおすすめです。2019年7月7日に発売されたRadeon RX 5700 XTと比べると大幅に性能が引き上げられていることがわかります。長く待った甲斐がありますね。

Radeon RX 6900 XTの性能スペック紹介

RX 6800 XTと比較

 RX 6900 XTRX 6800 XTRX 5700 XT
コードネームRDNA 2.0RDNA 2.0RDNA 1.0
GPUNavi 21Navi 21Navi 10
プロセス7 nm7 nm7 nm
ダイサイズ520 mm²520 mm²251 mm²
トランジスタ数268億268億103億
CUDAコア512046082560
RTコア8072-
Tensorコア---
ベースクロック1825 MHz1825 MHz1605 MHz
ブーストクロック2250 MHz2015 MHz1905 MHz
メモリ速度16Gbps16Gbps14Gbps
メモリ容量16 GB16 GB8GB
メモリ規格GDDR6GDDR6GDDR6
メモリ帯域幅512.0 GB/s512.0 GB/s448.0 GB/s
Infinity Cache128MB128MB×
TDP300W300W225W
公式価格$999$649$399
発売日2020/12/082020/11/182019/07/07
Radeon RX 6900 XTは、RNDA2アーキテクチャを採用しています。GPUにはNavi 21が搭載されています。2019年7月に発売されたRadeon RX 5700 XTで採用されたNavi 10のリフレッシュモデルです。ハイパフォーマンスなモデルということもあってBig Naviと呼ばれることもあります。

実際ダイサイズも520m㎡とNavi 10の251m㎡の2倍以上の大きさです。トランジスタ数も2.6倍と大幅に増えています。コンピュータユニット自体も数も増えてCUDAコアは倍増の5120基となりました。さらに、RNDA2アーキテクチャになってコンピューターユニット(CUs)の消費電力が抑えられています。同じ消費電力だとしてもパフォーマンスは以前のものも上回るということです。

下位モデルであるRX 6800 XTと比較していきます。RX 6900 XTと同じNavi 21です。ダイサイズ、トランジスタ数も共通です。RX 6900 XTではフルスペックのNavi 21が採用されているため有効化されているコンピューターユニットは80で、CUDAコアは5120基(80×64)となります。RX 6800 XTよりも11%多いです。RTコアもコンピューターユニットに依存するため11%多くなっています。

ベースクロックは同じでブーストクロックは12%程度高いです。メモリ速度・メモリ容量・メモリ帯域幅・Infinity Cacheは同じです。また、スペック的にRX 6900 XTの方が上にも関わらず消費電力がRX 6800 XTと同じ300Wに抑えられているのは注目ポイントです。RNDA2アーキテクチャの強みとなっています。価格は$999で54%程度高いです。価格を見ればフラグシップモデルで間違いないですね。

RTX 3080と比較

 RX 6900 XTRTX 3090RTX 3080
コードネームRDNA 2.0AmpereAmpere
GPUNavi 21GA102GA102
プロセス7 nm8 nm8 nm
ダイサイズ520 mm²628 mm²628 mm²
トランジスタ数268億283億283億
CUDAコア4608104968704
RTコア728268
Tensorコア-328272
ベースクロック1825 MHz1395 MHz1440 MHz
ブーストクロック2015 MHz1695 MHz1710 MHz
メモリ速度16 Gbps19.5 Gbps19 Gbps
メモリ容量16 GB24 GB10 GB
メモリ規格GDDR6GDDR6XGDDR6X
メモリ帯域幅512.0 GB/s936.2 GB/s760.3 GB/s
Infinity Cache128MB--
TDP300W350 W320 W
公式価格$999$1499$699
発売日2020/11/182020/09/012020/09/01
RX 6900 XTの価格は$999で、GeForce RTX 3090とRTX 3080の間です。性能的にはRTX 3080に近いです。RTX 3080はAmpere世代のグラフィックボードでプロセスは8nmです。RX 6900 XTが7nmプロセスなので、AMDの方が少し先を行っています。ダイサイズは628m㎡とRX 6900 XTよりも20%程度大きいです。トランジスタ数は283億でCUDAコアは8704となっています。RX 6900 XTよりも90%多いということです。RTX 3090になると130%程度多いです。

RTコアについてはRX 6900 XTの方が4コア多くなっています。ただし、純粋にコア数=性能の高さを表すわけではなく性能的にはRTX 3080の方が上です。NVIDIAの方が1世代早く導入したため有利ですね。Tensorコアはディープラーニング用(DLSS)のコアでより高いフレームレートを実現することができる機能です。ゲーミング性能そのものでは十分戦える水準になりましたが、レイトレーシングやこのDLSSなど細かい部分ではNVIDIA製グラフィックボードが優秀です。

RTX 3080やRTX 3080ではGDDR6Xメモリが採用されています。メモリ速度も19 Gbps以上とRX 6900 XTよりも早いです。メモリ帯域幅についてもRTX 3080でRX 6900 XTよりも48%程度広いです。この差はInfinity Cacheでカバーしています。消費電力はRX 6900 XTが300Wとかなり健闘しています。省電力性の高さはRDNA2アーキテクチャの最大の強みです。

Radeon RX 6900 XTってどんなグラフィックボード?

RTX 3080に匹敵するゲーミング性能を持つ

Radeon RX 6900 XTは、RDNA2アーキテクチャを採用したAMD製グラフィックボードのフラグシップモデルです。フルスペックのNavi 21を搭載しているのも伊達ではありません。GeForce RTX 3080に匹敵するゲーミング性能を持っています。ミドルクラス相当の性能を持っていたRX 5700 XTから時を経てついにハイエンドモデルが登場しました。

Ryzen 9 5900XやRyzen 7 5800Xなどのハイクラスの第4世代Ryzenシリーズに合わせるグラフィックボードとしても最適です。どうしてもAMD=CPUというイメージが強かったのではないかと思います。ここに来てやっとグラフィックボードの存在感が出てきそうです。NVIDIA製グラフィックボードと比べるとやや劣るもののレイトレーシングにも対応しています。

総合的に見てコストパフォーマンスは悪い

RX 6900 XTは、性能の高いグラフィックボードであることは否定しません。しかしながら、コストパフォーマンスは高いとは言えないのが正直な評価です。ゲーミング性能は、$300安いRTX 3080と同程度に留まりますし、レイトレーシング性能では$500安いRTX 3070と同程度です。AMDがハイエンドモデル市場に再度参加できたのはよかったのですが、NVIDIAはそう簡単には倒せないかもしれません。

純粋にゲーミング性能だけを見るなら下位モデルのRX 6800 XTで十分でしょう。$350安くてRX 6900 XTとほぼ同等のゲーミング性能が手に入ります。レイトレーシング性能だと総合的に見ればRTX 3080が好ましい選択になると思います。コストパフォーマンス度外視で考えられる方にだけおすすめします。

各ショップ軒並み品切れ中

2020年1月時点でRX 6900 XTが品薄になっています。ドスパラ・パソコン工房などBTOパソコンも品切れ中がほとんどで購入するのが極端に難しい状況です。下位モデルであるRX 6800 XTやRX 6800も同様ですね。NVIDIAのRTX 3080やRTX 3090の供給が安定しているので、かなり不利な状況だと言えます。

コロナ禍ということもあって供給が安定するまでもう少し時間が掛かってしまうかもしれませんね。定期的にショップの入荷状況を確認しておくと良いでしょう。Twitterなどで各パーツメーカーをフォローしておくとキャッチアップしやすいと思います。

Radeon RX 6900 XT搭載PC使用時のフレームレート一覧

実際のゲームプレイ中のフレームレートを計測しています。FULL HD環境、WQHD環境、4K環境の3つのパターンでのfpsをまとめています。

*フレームレート(fps)とは、1秒間における表示可能なコマ数です。通常60fps以上の数値があれば快適だと言えます。

Assasin’s Creed Odyssey

AssassinscreedAssasin’s Creed Odysseyrx6900xt

Assasin’s Creed OdysseyではRTX 3090とRTX 3080に続く形となりました。FULL HD環境においてはRTX 3080よりも8%フレームレートが低いです。一方で、WQHD以上になると10%程度引き離しています。GPUメモリが多いことやInfinity Cacheの存在が有利に働いているのだと思います。RX 6800 XTとの差は5%-10%です。価格差を考えるとやはりRX 6800 XTのコストパフォーマンスが高いですね。

Far Cry 5

farcry5Far Cry 5-rx6900xt

Far Cry 5ではRadeon製グラフィックボードにとって好ましい結果となっています。4K解像度ではRTX 3090よりも3%高く、RTX 3080よりも9%高いです。FULL HD環境やWQHD環境環境では劣っているものの、このクラスのグラフィックボードのメインターゲットが4K解像度であることを考えると悪くないですね。ただし、下位モデルであるRX 6800 XTとの差がほとんどありません。$350多く出しても得られるメリットは1-2%程度のフレームレート向上に留まります。RX 6800 XTのコスパの高さが光る形となっています。

Hitman 2

hitmangtx1050tiHitman 2rx6900xt

Hitman 2ではRX 6900 XTがトップの結果となりました。FULL HD環境でもRTX 3090やRTX 3080を上回っています。Far Cry 5と異なるのは下位モデルであるRX 6800 XTとの差が少し開いていることです。4K解像度では12%となります。これだけの差があれば価格差も納得できるかもしれません。もちろんコストパフォーマンスが高いわけではありません。

Borderland 3

Boarderland 3Borderland 3rx6900xt

Borderland 3ではNVIDIA製グラフィックボードが郵政です。ただし、FULL HD環境ではCPUがボトルネックとなっているようですね。RTX 3080との差は5%程度です。RTX 3090とでは最大18%程度と大きくなっています。RX 6900 XTにとって苦しいのは下位モデルであるRX 6800 XTとの差がほとんどないことです。最大でも7%と価格差を吸収できるほどではないと思います。それでも4K解像度での適性が高いのは間違いないです。

Metro Exodus

Metro ExodusMetro Exodus-rx6900xt

Metro Exodusではレイトレーシング性能を見ていきます。結果は1世代早くレイトレーシングやDLSSを導入したNVIDIAが圧勝です。RX 6900 XTはレイトレーシングをONにすると途端にフレームレートが低下してしまいます。RTX 3080よりも$300高いにも関わらず最大20%程度の差を付けられています。レイトレーシングについては2世代目以降に期待した方が良いですね。

Radeon RX 6900 XTの消費電力&発熱

消費電力

rx6900xtwatt

RX 6900 XTの消費電力を他のグラフィックボードと合わせて紹介しています。RX 6800 XTよりも7%程度高いです。ゲーミング性能の高さを考えると十分優秀だと言えます。RTX 3080よりも省電力性が高いのはRDNA2アーキテクチャの素晴らしさですね。今後もこの消費電力というのは課題になるでしょう。消費電力が高いと発熱量が増えてパフォーマンスの低下に繋がってしまいます。パワーを引き出すためには消費電力を抑える必要があります。

温度

rx6900xttemp

RX 6900 XTの温度は高負荷時でもアイドル時でもほぼRX 6800 XTと同じです。RTX 3080はアイドル時が低いものの高負荷時はRX 6900 XTと同程度まで温度が上がっています。前世代のRX 5700 XTと比べると明らかに温度のコントロールが上手くできているように思えます。


Radeon RX 6900 XT搭載のおすすめBTOパソコン

LEVEL-G04A-LCiX9K-DZXH(パソコン工房)

LEVEL-G049-iX7K-VAXH価格:293,980円
CPU:Core i9-10900K
GPU:Radeon RX 6900 XT
メモリ:DDR4 32GB
SSD:500GB NVMe
HDD:2TB



Intel製のフラグシップモデルであるCore i9-10900Kを搭載してゲーミングPCです。ハイエンドのグラフィックボードに合わせるCPUとしておすすめです。10コア20スレッドとマルチコア性能も高くゲームプレイ+αで考えることができます。メモリ32GB、SSD 500GB、HDD 2TBと構成も抜群です。なかなかこれ以上の構成を持つモデルを探すのは難しいのではないかと思います。

G-GEAR neo GX9A-E204/XT(TSUKUMO)

G-GEAR neo GX9A-E204XT価格:336,182円
CPU:Ryzen 9 5900X
GPU:Radeon RX 6900 XT
メモリ:DDR4 32GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載



Core i9-10900Kよりもコア数の多いRyzen 9 5900Xを搭載しています。12コア24スレッドとハイスペックです。マルチコアをそれほど活かせない(8コア-10コアがベストと言われている)ゲームプレイだけだとややオーバースペックかもしれません。4K解像度でのゲームプレイをメインに考えていてかつゲーム実況や動画編集などのクリエイター作業を行いたい方向けです。メモリ32GB、SSD 1TBとこのクラスならメモリ容量32GBは当然ですね。

GALLERIA UA9R-69XT(ドスパラ)

GALLERIA UA9C-R38価格:419,980円
CPU:Ryzen 9 5950X
GPU:Radeon RX 6900 XT
メモリ:DDR4 32GB
SSD:1TB Gen4
HDD:2TB



Ryzen 9 5950Xを搭載しているのが特徴です。16コア32スレッドともはやゲーム向けではなくクリエイター向けです。3D CAD、動画編集など高負荷のアプリケーションをメインに使っている方におすすめです。メモリ32GB、SSD 1TB、HDD 2TBと構成も優秀です。カスタマイズをしなくても満足できる一台だと思います。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Radeon RX 6900 XTの性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しました。AMDファン待望のフラグシップモデルです。ハイエンドモデルのRTX 3080に匹敵するゲーミング性能を持っています。4K解像度でのゲームプレイがメインとなります。WQHD環境やFULL HD環境だとオーバースペックになりがちです。

レイトレーシング機能も持っていて最新技術を体感することも可能です。下位モデルであるRX 6800 XTとの性能差がそれほど大きくないため、コストパフォーマンスは高くありません。またNVIDIA製のグラフィックボードと比べても見劣りしてしまいます。特にレイトレーシング性能が大きく劣ります。一世代導入が遅れたことが響いています。現在品薄な状況が続いて入手困難です。供給が安定するまでもう少し待つ必要がありそうです。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume