radeonrx6400画像引用元:https://www.msi.com/

管理人管理人

当記事では、「Radeon RX 6400の性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。Radeon RX 6000シリーズのエントリークラスのグラフィックボードが発売開始となりました。$159と価格が抑えられているのがポイントです。これまでの最安値モデルだったRadeon RX 6500 XTと比べると性能は劣ります。

だからこそRadeon RX 6500ではなく”Radeon RX 6400”という製品名になったのでしょう。性能的にはGeForce GTX 1650と同等です。ゲームプレイにも対応できる性能を持っています。省電力性も高く気軽にグラフィックボードを増設したいと考えているユーザーの方は必見です。

(+) RX 6500 XTと同様に6nmプロセス採用モデル
(+) GTX 1650と同等以上の処理性能を持つ
(+) 省電力性に優れている
(-) レイトレーシング性能は絶望的
(-) AV1ハードウェアデコードのサポート非対応
(-) H.265/H.264エンコードのサポート非対応

>>>Amazonで最新価格をチェック!!

Radeon RX 6400の性能スペック紹介

Radeon RX 6600と比較

 RX 6400RX 6500 XTRX 550
コードネームRDNA 2.0RDNA 2.0GCN 4.0
GPUNavi 24Navi 24Lexa
プロセス6nm6nm14nm
トランジスタ数54億54億22億
ダイサイズ107 mm²107 mm²103 mm²
SM数12168
CUDAコア7681024512
RTコア1216-
ベースクロック1923 MHz2310 MHz1100 MHz
ゲームクロック2039 MHz2610 MHz-
ブーストクロック2321 MHz2815 MHz1183 MHz
メモリ容量4 GB4 GB2 GB
メモリ規格GDDR6GDDR6GDDR5
メモリ速度16 Gbps18 Gbps7 Gbps
メモリバス64 bit64 bit128 bit
メモリ帯域幅128.0 GB/s143.9 GB/s112.0 GB/s
Infinity Cache16MB16MB-
TDP53W107W50W
公式価格$159$199$79
発売日2022/04/202022/01/192017/04/20
Radeon RX 6400は、RDNA 2.0アーキテクチャ採用のグラフィックボードです。Radeon RX 6500 XTと同じNavi 24を搭載しています。Radeon RX 6500 XTは、初めての6nmプロセスを採用したモデルとして注目されました。RX 6400も6nmプロセスということになります。トランジスタ数・ダイサイズはRadeon RX 6500 XTと変わっていません。SM数が25%少なく12となっています。CUDAコア数は768(12×64)です。RTコアはSM数と同じ12です。

クロック周波数はいずれもRadeon RX 6500 XTの方が高いです。ベースクロック・ゲームクロック・ブーストクロックがそれぞれ20%・28%・21%高いです。Radeon RX 6400は消費電力を低くするためにクロック周波数が抑えられています。メモリ規格・メモリ容量は共通ですが、メモリ速度がRX 6500 XTの方が12%速く18 Gbpsとなっています。メモリバスは64bitと共通です。メモリ帯域幅はメモリ速度が速い分Radeon RX 6500 XTの方が12%広いです。Infinity Cacheはどちらも16MBです。TDPはRadeon RX 6500 XTはおよそ2倍の107Wとなります。価格差は$40です。

参考までに旧世代のエントリークラスのグラフィックボードをピックアップしました。価格は$79とRX 6400の半額です。現在の市場を考えるとさすがにこの価格帯のモデルをリリースするのは難しいでしょう。RX 550は、GCN 4.0アーキテクチャ採用のエントリークラスのモデルです。プロセスは14nmと大きく時代を感じます。CUDAコアはRX 6400の方が50%多く768となります。ベースクロックもRX 6400の方が77%高く、ブーストクロックもRX 6400の方が96%も高いです。

メモリ容量倍増です。メモリ規格及びメモリ速度はRX 6400の方が上ですが、メモリバスはRX 550の方が上です。メモリ帯域幅はRX 6400の方が15%高いです。RX 6400では新しくInfinity Cacheが搭載されているのもポイントです。TDPは同等です。いかにRX 6400の省電力性が優れているのかがわかります。

GeForce RTX 30シリーズと比較

 RX 6400GTX 1650
コードネームRDNA 2.0Turing
GPUNavi 24TU117
プロセス6nm12nm
トランジスタ数54億47億
ダイサイズ107 mm²200 mm²
SM数1214
CUDAコア768896
RTコア12-
ベースクロック1923 MHz1485 MHz
ゲームクロック2039 MHz-
ブーストクロック2321 MHz1665 MHz
メモリ容量4 GB4GB
メモリ規格GDDR6GDDR5
メモリ速度16 Gbps8 Gbps
メモリバス64 bit128 bit
メモリ帯域幅128.0 GB/s128.1 GB/s
Infinity Cache16MB-
TDP53W75W
公式価格$159$149
国内価格21,980円~28,800円~
発売日2022/04/202019/04/23
性能帯及び価格帯の似ているNVIDIA GeForce GTX 1650とスペックを比較していきます。GTX 1650はTuring世代のグラフィックボードで2019年4月に発売されました。およそ3年前のモデルということになります。プロセスが12nmとRX 6400の倍です。省電力性ではやはり見劣りしてしまいますね。トランジスタ数はRX 6400の方が15%多く、ダイサイズはGTX 1650の方が93%程度大きいです。プロセスの差が顕著に現れています。

SM数はGTX 1650の方が2つ多く14です。CUDAコアもGTX 1650の方が17%程度多く896となります。GTX 1650にはRTコアは搭載されておらずRX 6400に優位性があります。ベースクロックはRX 6400の方が30%程度高く、ブーストクロックもRX 6400の方が40%程度多いです。メモリ容量は4GBと共通です。メモリ規格及びメモリ速度はRX 6400の方が上回っていますが、メモリバスはGTX 1650の方が上です。

メモリ帯域幅は同等ですが、RX 6400にはメモリ帯域幅をカバーするInfinity Cacheを搭載していますので優勢です。RX 6400は、TDPが53WとGTX 1650よりも30%程度抑えられています。価格差は$10でRX 6400の方が高いですが、実売価格では大きな差があります。これだけの差があればRX 6400は有利だと思います。

Radeon RX 6400ってどんなグラフィックボード?

省電力性が高く補助電源も不要となっている

rx6400watt

Radeon RX 6400は、省電力性の高く扱いやすいグラフィックボードです。補助電源が不要なので気軽に増設できるのもポイントです。性能的にはGTX 1650と同等ながら消費電力は最大30%程度抑えられています。これは6nmプロセスを採用していてかつクロック周波数を抑えたことによる恩恵だと言えます。旧世代のRadeon RX 550と同等に抑えられているのは注目に値します。現在グラフィック機能がないハイエンドクラスのCPUを使用している方やライトゲーマーの方におすすめです。

現行モデルの中で最安値クラスの一台

Radeon RX 6400は、RDNA 2.0アーキテクチャを採用したラインナップの中で最安値クラスのグラフィックボードとなっています。次に安価なRadeon RX 6500 XTが$199なので、それよりも$40安いということになります。実売価格ではRadeon RX 6500 XTが26,800円~に対して、Radeon RX 6400は21,980円~購入できます。GTX 1650が28,800円~なので処理性能だけを見ると割安感があるのは事実です。

グラフィックボードの価格が高騰している中で非常にありがたい存在だと言えます。ただし、2022年にリリースされたモデルとしてはそれほど目新しさがあるわけではありません。中古であればよりコストパフォーマンスに優れたモデルが選択できるでしょう。中古でGeForce GTX 1650やRadeon RX 570を購入するのも良いと思います。

Radeon RX 6400の注意点

  • レイトレーシング性能が低い
  • AV1ハードウェアデコードサポートなし
  • H.265/H.264エンコードサポートなし
Radeon RX 6400の注意点として上記三つのポイントを挙げています。これは上位モデルであるRadeon RX 6500 XTと同じでコストカットされていると考えて良いと思います。レイトレーシング性能については、RTコアが搭載されていて対応しているものの満足のいくパフォーマンスを得られません。レイトレーシング目的での購入は避けてください。

また、GPU機能を活かしたデコードやエンコードもできません。CPUだけで処理する必要があるということです。クリエイターの方は注意してください。下位モデルということで上位モデルとの差別化が顕著です。

Radeon RX 6400搭載PC使用時のフレームレート一覧

実際のゲームプレイ中のフレームレートを計測しています。FULL HD環境、WQHD環境、4K環境の3つのパターンでのfpsをまとめています。すべて最高設定です。

*フレームレート(fps)とは、1秒間における表示可能なコマ数です。通常60fps以上の数値があれば快適だと言えます。

Far Cry 6

farcry6rx6400-farcry6

FULL HD環境でも最高設定でのゲームプレイは厳しいですね。GTX 1650と同等のフレームレートで41.0fpsとなっています。標準設定を基準にする必要があります。Radeon RX 570との差は6%程度です。Ampere世代のエントリークラスであるRTX 3050であれば68.0fpsと安定してゲームを楽しめます。ゲーム目的というよりは簡単なグラフィックス処理を行いたい方向けだと言えますね。

Hitman 3

hitman3rx6400-hitman3

Hitman 3でもGTX 1650と同等のパフォーマンスを発揮します。Radeon RX 550やGT 1030などのモデルと比べるとワンランク高い性能を得られます。ただし、やはり45.7fpsと60fpsに届かず不安定です。基本的には設定を下げないとゲームに対応できないと考えておきましょう。Radeon RX 570になると3%程度高くなります。WQHDでは14%程度高くなりますが、WQHD環境でのゲームプレイは難しいです。

Borderlands 3

Boarderland 3rx6400-borderlands3

Borderlands 3では、GTX 1650よりも8%程度高いフレームレートを計測しています。RX 570との性能差は3%程度です。最高設定でのゲームプレイは厳しく設定を下げる必要があります。上位モデルのRadeon RX 6500 XTでぎりぎりといったところですね。

Cyberpunk 2077

cyberpunk2077rx6400-cyberpunk2077

Cyberpunk 2077のような負荷の高いタイトルでは太刀打ちできません。Radeon RX 6400は19.2fpsと苦戦中です。設定を低設定まで下げるか解像度を下げる必要があります。パフォーマンス的にはGTX 1650よりも22%程度フレームレートが低いです。Radeon RX 6500 XTでも最高設定でのゲームプレイは難しいです。


Radeon RX 6400搭載のおすすめBTOパソコン

Radeon RX 6400を搭載したモデルは販売されていません。グラフィックボードの価格が高騰している現状では利益率の低いこの性能帯のモデルがリリースされない可能性が高いです。そもそもRadeonのエントリークラスのグラフィックボードを搭載したモデル自体これまで発売されたことがないように思います。GTX 1650やGT 1030で代用できそうですね。自作ユーザーの方向けのグラフィックボードだと言えるでしょう。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Radeon RX 6400の性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しました。RDNA 2.0アーキテクチャを採用したモデルで最も安価なグラフィックボードです。省電力性が高くGTX 1650と同等以上の性能を持ちながら30%程度も消費電力が抑えられています。補助電源が不要で気軽に増設できるのは嬉しいですね。マルチモニター環境の構築も簡単です。

ゲームプレイに関しては設定を下げるか解像度を下げて調整する必要があります。ライトユーザーの方や昔のタイトルを中心にプレイするなら特に問題はないでしょう。2022年5月時点では搭載BTOパソコンは販売されていません。基本的には自作ユーザーの方向けのモデルとなっています。実売価格もGTX 1650よりも安価でコストパフォーマンスが高いです。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等