MSI Radeon RX 6750 XT Gaming X Trio画像引用元:https://www.msi.com/

管理人管理人

当記事では、「Radeon RX 6750 XTの性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。2022年5月にRadeon 6000シリーズに最新のラインナップが追加されました。Radeon RX 6750 XTは、ハイクラスで人気の高いRadeon RX 6700 XTのマイナーチェンジモデルです。

クロック周波数の引き上げやメモリ周りの強化によってより高いパフォーマンスを発揮します。WQHD環境でのゲームプレイを考えているゲーマーの方向けとなっています。Radeon RX 6700 XTや競合モデルのRTX 3070/RTX 3060 Tiと比較しながらその性能を見ていきましょう。

(+) RX 6700 XTよりも7%高い性能を持つ
(-) RTX 3070よりも性能は劣る
(-) 消費電力が高くなった
(-) BTOパソコンのラインナップが僅少

>>>Amazonで最新価格をチェック!!

Radeon RX 6750 XTの性能スペック紹介

Radeon RX 6700と比較

 RX 6750 XTRX 6800RX 6700 XT
コードネームRDNA 2.0RDNA 2.0RDNA 2.0
GPUNavi 22Navi 21Navi 22
プロセス7 nm7 nm7 nm
トランジスタ数172億268億172億
ダイサイズ335 mm²520 mm²335 mm²
SM数406040
CUDAコア256038402560
RTコア406040
Tensorコア---
ベースクロック2150 MHz1700 MHz2321 MHz
ゲームクロック2495 MHz1815 MHz2424 MHz
ブーストクロック2600 MHz2105 MHz2581 MHz
メモリ容量12 GB16 GB12 GB
メモリ規格GDDR6GDDR6GDDR6
メモリ速度18 Gbps16 Gbps16 Gbps
メモリバス192 bit256 bit192 bit
メモリ帯域幅432.0 GB/s512.0 GB/s384.0 GB/s
Infinity Cache96MB128MB96MB
TDP250W250W230W
公式価格$549$579$479
発売日2022/05/132020/11/182021/03/18
Radeon RX 6750 XTのスペックについて詳しく見ていきましょう。アーキテクチャは、元となっているRadeon RX 6700 XTと同じです。GPU・プロセス・トランジスタ数・ダイサイズ・SM数・CUDAコア数・RTコアなどは変わっていません。ベースクロックはRX 6700 XTの方が8%高く、ゲームクロック及びブーストクロックはRX 6750 XTの方がそれぞれ3%・1%高いです。

メモリ周りではメモリ速度が13%速くなって18 Gbpsとなりました。メモリバスは192 bitと変わっていませんが、メモリ速度が速くなったことでメモリ帯域幅は432.0 GB/sに到達しています。GPUメモリ容量及び規格はGDDR6 12GBと同じです。Infinity Cacheは96MBと共通です。TDPは9%高く250Wとなりました。クロック周波数を引き上げてメモリ周りを強化したことで当然ですね。価格差は$70です。

上位モデルのRadeon RX 6800になるとGPUが一回り大きいNavi 21となります。トランジスタ数は56%多く、ダイサイズも56%大きいです。SM数が50%増えてCUDAコアも50%多く3840となります。ベースクロック・ゲームクロック・ブーストクロック共にRX 6750 XTの方がそれぞれ26%・37%・23%高いです。

GPUメモリ容量はRX 6800の方が多く16GBです。メモリ速度はRadeon RX 6750 XTの方が速いですが、RX 6800はメモリバスが256 bitと大きくメモリ帯域幅も18%広いです。Infinity CacheもRX 6800の方が33%多く128MBです。TDPは250Wと共通です。価格差は$30です。RX 6800と比べるとやはりRX 6750 XTが割高に感じられます。

GeForce RTX 30シリーズと比較

 RX 6750 XTRTX 3070 TiRTX 3070
コードネームRDNA 2.0AmpereAmpere
GPUNavi 22GA104GA104
プロセス7 nm8 nm8 nm
トランジスタ数172億174億174億
ダイサイズ335 mm²392 mm²392 mm²
SM数404846
CUDAコア256061445888
RTコア404846
Tensorコア-192184
ベースクロック2150 MHz1575 MHz1500 MHz
ゲームクロック2495 MHz--
ブーストクロック2600 MHz1770 MHz1725 MHz
メモリ容量12 GB8 GB8 GB
メモリ規格GDDR6GDDR6XGDDR6
メモリ速度18 Gbps19 Gbp14 Gbps
メモリバス192 bit256 bit256 bit
メモリ帯域幅432.0 GB/s608.3 GB/s448.0 GB/s
Infinity Cache96MB--
TDP250W290W220W
公式価格$549$599$499
発売日2022/05/132021/06/102020/10/29
競合モデルであるGeForce RTX 3070 Ti及びRTX 3070と比較していきます。価格帯的にはRTX 3070 TiとRTX 3070の間に収まっています。性能的には価格の安いRTX 3070に近いですがやや劣っています。RTX 30シリーズで採用されているプロセスは8nmです。RX 6750 XTで採用されている7nmよりも一回り大きいですね。トランジスタ数は同等ですが、RTX 3000シリーズの方がダイサイズは20%近く大きいです。

NVIDIA製グラフィックボードはCUDAコア数が多いです。RTX 3070でもRX 6750 XTよりも2.3倍です。一方で、Radeon RX 6750 XTはクロック周波数が高くRTX 3070よりも50%以上高いです。2600 MHzは圧巻ですね。GPUメモリ容量もRX 6750 XTの方が50%多く12GBとなっています。

RTX 3070 Tiは、ワンランク上の規格であるGDDR6Xを搭載していてメモリ帯域幅は608.3 GB/sと広いです。メモリ帯域幅はRTX 3070 Ti/RTX 3070の方が高くなっていますが、劣っている分はInfinity Cacheでカバーしています。TDPはRTX 3070よりも16%高く、RTX 3070 Tiよりも14%低いです。性能的にはRTX 3070よりも低いのでパワー効率は劣っています。

Radeon RX 6750 XTってどんなグラフィックボード?

RX 6700 XTよりも7%程度高いパフォーマンスを持つ

rx6750xtbenchmark
Radeon RX 6750 XTは、オリジナルのRadeon RX 6700 XTよりも7%程度高いグラフィックス処理性能を持つグラフィックボードです。スペックが強化されたことを考えると順当なパフォーマンスアップだと言えます。性能的にはWQHD環境でのゲームプレイに適しています。FULL HD環境で100fps以上で安定させやすいのも魅力です。上位モデルであるRadeon RX 6800との差を縮めていますね。

競合モデルのRTX 3070よりも5%程度性能が劣ります。価格帯を考えるとやや物足りなさがあります。また、レイトレーシング性能では下位モデルのRTX 3060 Tiにも劣ってしまいます。レイトレーシング性能を重視したい方はNVIDIA製のグラフィックボードを選択するべきでしょう。第二世代となったNVIDIAの方が有利だからです。

消費電力が高く効率性が下がってしまっている

rx6750xt-watt
消費電力の高さはネックとなります。ゲームプレイ時にはRadeon RX 6700 XTよりも30%も消費電力が引き上げられています。動画再生やアイドル時はそれほど変わりませんが、負荷が掛かると消費電力が一気に上がってしまいます。ワンランク上の性能を持つRTX 3070 Tiと同等なのは悩ましいですね。

アーキテクチャを維持してクロック周波数を引き上げたこととメモリ速度の引き上げを行ったことを考えると妥当です。ある程度パワー効率を犠牲にしてパフォーマンスを重視した形です。電源ユニットには少し予算を掛けた方が良さそうです。次世代モデルが登場までRadeon RX 6000シリーズの寿命を引き伸ばすということでしょう。

BTOパソコンのラインナップは少なく自作ユーザー向け

Radeon RX 6750 XTを搭載したBTOパソコンのラインナップはそれほど多くありません。まだ登場したばかりということもあるかもしれませんが、今後もそれほど搭載モデルが増える可能性は高くないのではないかと思います。次世代モデルの登場も控えていますし、オリジナルのRX 6700 XTも併売されているからです。

RX 6700 XTの方が価格も抑えられていて選びやすさがありますね。基本的には初心者向けとは言えずRadeon RX 5000シリーズやそれより前のAMD製グラフィックボードからの買い替えがメインとなるでしょう。旧世代のモデルからであればRX 6700 XTではなくより性能の高いRX 6750 XTを選ぶ理由があります。マザーボードの買い替えも不要でまさに自作ユーザー向けのグラフィックボードだと言えますね。

Radeon RX 6750 XT搭載PC使用時のフレームレート一覧

実際のゲームプレイ中のフレームレートを計測しています。FULL HD環境、WQHD環境、4K環境の3つのパターンでのfpsをまとめています。

*フレームレート(fps)とは、1秒間における表示可能なコマ数です。通常60fps以上の数値があれば快適だと言えます。

Far Cry 6

farcry6farcry6-rx6750xt

Far Cry 6では、RX 6700 XTよりも2%-7%高いフレームレートを出しています。想定通りのパフォーマンスを発揮していると言えますね。FULL HD環境では上位モデルであるRX 6800を上回っています。WQHD環境では10%、4K環境では15%劣っています。RTX 3070との性能差は2%-7%で、RTX 3070の方がパフォーマンスが高いです。

Hitman 3

hitman3hitman3-rx6750xt

Hitman 3では、RTX 3070よりも高いフレームレートを計測しています。ただし、フレームレートの差は最大2%と同等の性能だと言えます。RX 6700 XTよりも2%-9%フレームレートが高くなりました。スペック強化がしっかりとパフォーマンスに反映されています。RX 6800になると最大18%フレームレートが高くなります。

Borderlands 3

Boarderland 3borderlands3-rx6750xt

Borderlands 3でも、RX 6700 XTよりも性能が高くなっています。性能差は6%-11%と比較的大きいです。RTX 3070よりも9%-12%程度パフォーマンスで劣ります。FULL HD環境ではRTX 3060 Tiに劣るものの、WQHD環境及び4K環境ではわずかに上回っています。

Radeon RX 6750 XTのレイトレーシング性能

Control

controldlsscontrolrt-rx6750xt

RX 6750 XTのレイトレーシング性能は、RX 6700 XTよりも12%-19%高くなっている。ただし、それでもNVIDIAのRTX 3060 Tiとの差は20%程度とかなり大きい。RX 6750 XTではFULL HD環境でも47.6fpsと快適なゲームプレイには遠い。やはりレイトレーシング性能についてはNVIDIA製グラフィックボードが優勢だ。

Far Cry 6

farcry6farcry6rt-rx6750xt

Far Cry 6ではRTX 3060 Tiを上回るフレームレートを出しています。ただし、価格帯的には下のモデルなので勝って当然だと言えます。RTX 3060 Tiは4K環境で6.2fpsと極端に低いフレームレートとなってしまいました。何らかの不具合があったものと考えられますのであくまでも参考値として見てください。RX 6700 XTよりも7%-8%程度フレームレートが高くなっています。

Cyberpunk 2077

cyberpunk2077cyberpunk2077-rx6750xt

Cyberpunk 2077は負荷の高いタイトルの一つです。レイトレーシング性能を把握するのに最適です。RTX 3060 Tiよりも最大30%もフレームレートが低いです。RX 6700 XTよりも最大10%程度フレームレートが高くなっていますが、Cyberpunk 2077を快適にプレイしたいなら80番台以上のモデルを選択するべきでしょう。


Radeon RX 6750 XT搭載のおすすめBTOパソコン

FRGAB550/675/NTK(フロンティア)

frontiergaseries価格:237,800円(税込)
CPU:Ryzen 7 5700X
GPU:Radeon RX 6750 XT
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:1TB NVMe対応
HDD:非搭載

公式
フロンティアからRadeon RX 6750 XT搭載モデルがリリースされています。ミドルタワーケースを採用しています。すでに在庫が少なくなっているようですので購入検討中の方は早い決断が必要です。CPUには第四世代のRyzen 7 5700Xを搭載しています。8コア16スレッドとマルチスレッド性能の高いモデルです。Ryzen 7 5800Xよりもクロック周波数が引き下げられていますが、価格も抑えられていて選びやすいです。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も充実していますね。

当記事のまとめ

管理人管理人

Radeon RX 6750 XTの性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しました。すでに発売されているRadeon RX 6700 XTのマイナーチェンジモデルです。クロック周波数の引き上げとメモリ周りの強化によって7%程度パフォーマンスが高いです。一方で、消費電力も高く省電力性では従来モデルに劣ります。搭載BTOパソコンのラインナップは少なく自作ユーザー向けのモデルだと言えます。Radeon RX 5000シリーズやそれより前のモデルを使っている方なら買い替えのメリットがあると思います。急ぎでなければ次世代のRadeon RX 7000シリーズを待っても良いでしょう。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-12700、Core i5-1240P等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

当ページベンチマークテスト環境

CPUAMD Ryzen 7 5800X
マザーボードEVGA X570 Dark
メモリDDR4 16GB
SSD2x Neo Forza NFP065 2TB
電源ユニットSeasonic Prime Ultra Titanium 850W
冷却システムCooler Master MasterLiquid ML240L V2
ソフトウェアWindows 10 Professional 64-bit
参照サイト:MSI Radeon RX 6750 XT Gaming X Trio Review(TECHPOWERUP)