ryzen93950xtop画像引用元:https://www.techspot.com/

管理人管理人

当記事では、「Ryzen 9 3950Xの性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。Ryzen 9シリーズは16コア32スレッドという圧倒的な処理性能が何よりも魅力のCPUです。2019年11月25日に登場したばかりの最新、最高の性能を持つRyzen 9 3950Xを詳しく見ていきたいと思います。玄人向けのCPUであることを前提に読み進めてくださいね。

(+) 16スレッド32スレッドの高性能CPU
(+) コストパフォーマンスの高いCPU
(-) オーバークロックをする余力はほとんどない
(-) ゲームプレイだけを考えるとコスパは低い

>>>>>Amazonで価格をチェックする

Ryzen 9 3950Xの基本スペック

ブランドRyzen
世代第三世代
開発コードRyzen2
コア/スレッド数16 / 32
クロック周波数3.50 GHz
ブーストクロック4.70 GHz
内蔵グラフィックス非搭載
TDP105W
発売日2019年11月
価格$749

Ryzen 9 3950Xのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
Ryzen 9 3950Xでできないことはほとんどないと言っても過言ではありません。ここにまとめている項目は対応可能であると考えて良いですね。負荷の高い動画編集、RAW現像、CAD(大規模モデル含む)にも対応できるパフォーマンスを持っています。現在性能不足に悩んでいるのであれば検討する価値はあると思います。

Ryzen 9 3950Xのスペック比較

 9 3900X9 3900XTH 2950X
コードネームZen 2Zen 2Zen+
プロセス7nm7nm7nm
コア/スレッド16/3212/2416/32
ベースクロック3.5 GHz3.8 GHz3.5 GHz
ターボクロック4.7 GHz4.6 GHz4.4 GHz
L3キャッシュ64MB64MB32MB
内蔵GPU非搭載非搭載非搭載
TDP105W105W180W
単体価格100,000円~66,000円~110,000円~
搭載PC価格202,980円~189,980円~-
同世代の下位モデルRyzen 9 3900X、前世代最上位Ryzen ThreadripperシリーズからRyzen Thereadripper 2950Xを並べてみました。スペックだけ並べてみるとコアとスレッドはRyzen 9 3950XはTH 2950Xと同じでクロックも似ています。しかし、L3キャッシュ容量は倍、TDPは40%以上も軽減されています。ワットパフォーマンスがかなり強力になり、扱いやすく高性能になったTH 2950Xとも言えそうです。

下位モデルのRyzen 9 3900Xも素晴らしいCPUです。下位モデルなので性能は当然及びませんが、コアを減らしながらもベースクロックは高めを維持しています。L3キャッシュはRyzen 9 3950Xと同じなので処理性能は負けていません。TDPも同じなのはRyzen 9 3950Xに対するAMDの本気が見られます。

Ryzen 9シリーズはクリエイティブな用途に適していて特にRyzen 9 3950Xはその傾向がとても強いです。一方のRyzen 9 3900Xは、価格も抑えられていてゲームにも対応しやすいです。用途に合わせて選ぶほうが良いでしょう。もちろんRyzen 9 3950Xがゲームに適していないというわけではありません。ただ、ゲームで安定した性能を発揮するのはRyzen 9 3900Xのほうです。

突き詰めて言えばパソコンでできる全てのことを高い水準で可能にするのがRyzen 9 3950X、特定の用途でRyzen 9 3950Xと同等以上になるのがRyzen 9 3900Xです。現在入手困難でプレミア価格がつきそうなRyzen 9 3950XよりもRyzen 9 3900Xのほうがコストパフォーマンスは良さそうです。供給が追い付いてからが本番となるでしょう。

Intel製CPUとの比較

 9 3950Xi9-10980XE
ブランドRyzenIntel
コードネームZen 2Cascade Lake
プロセス7nm14nm
コア/スレッド16/3218/36
ベースクロック3.5 GHz3.0 GHz
ターボクロック4.7 GHz4.6 GHz
L3キャッシュ64MB24.75MB
内蔵GPU非搭載非搭載
TDP105W165W
単体価格100,000円~130,000円~
搭載PC価格202,980円~-
Intel製のCPUとしてCore i9-10980XEをピックアップしました。i9-10980XEが比較として正しいとは思いません。しかし、Intelの最高の性能を持つ最新のCPUということもあり比較する価値はあると言えます。純粋な処理性能と省電力性ではRyzen 9 3950X、コア数で上回るi9-10980XEは多コアが求められる状況であればRyzen 9 3950Xを大きく上回ります。

どちらが良いかと言えば多くの方がRyzen 9 3950Xを選ぶと思います。この辺りの性能になってくると性能よりも自分の求める用途への適性が重要になってきます。クリエイティブな用途であるならばRyzen 9 3950X、ゲームもプレイするならi9-10980XEでしょうか。もっともゲームだけを考えるのであれば確実にオーバースペックですが…

総合的な能力はi9-10980XEでしょう。ただ、価格が高いことと搭載モデルの少なさから現時点では選択肢に入らないのが難点です。最上位モデルはRyzen含めて需要が偏っているせいかラインナップは乏しくなる傾向にあります。なので、その中でもまだラインナップの多いRyzen 9 3950Xが人気になりそうですね。

Ryzen 9 3950XってどんなCPUなの?

マルチスレッド性能が高い高コスパモデル

品薄の今は10万円を超えることもあります。供給が安定してくれば最終的に10万円を切るくらいになると思います。性能を考えると割安でコストパフォーマンスの高さが第一の特徴です。そして省電力性と安定した処理性能も魅力的です。16コア32スレッドという多コア多スレッドを持つ高性能なCPU(APU)ですので、必要となる方は限られています。

CPUパワーを要するクリエイティブな作業にこそ適していることもあり、多くのショップにおいてクリエイター向けのパソコンで採用しています。動画の編集やエンコード、負荷の高いアプリケーションの使用など、一般的な作業の延長線のようなものにも高い対応力を持っています。

ゲームには適さないわけではなく、特化したCPUに対してコストパフォーマンスが良いとは言えない程度で使用する分には十分ハイエンドを体感できるでしょう。このように、Ryzen 9 3950Xは究極のオールラウンドCPUと言えます。何をするにも不足しない性能は、これから漠然となにかをしたいと考えている方にもおすすめです。何にでも使用できるというのは新たな可能性を生み出す上でとても重要な要素ではないでしょうか。

高価なCPUの中では安い

現在10万円オーバーとなっているRyzen 9 3950XはCPUの中では高価な部類に入ります。その高価な部類の中では比較的安いと言えるのは圧倒的な性能あってこそでしょう。例えば比較に出てきたi9-10980XEと比べて同等以上の性能で30%以上も安いです。ハイエンドを名乗れるCPUとしては破格とも言えますので、高価なCPUの中では安いという不思議な表現になります。

これまで同じRyzenでもこのレベルの性能は最上位のRyzen Threadripperシリーズでしかありませんでした。Ryzen 9という一つ下の位で前世代の最上位を超えるというのはintel製CPUでは考えられないことです。そしてRyzen Threadripperと比べて価格も安いので選びやすいハイエンドCPUと言えます。

搭載モデルも現実的な価格設定

いくら安いと言えども10万円オーバーのCPU。搭載されているモデルはどのくらいの価格になるのか…。しかし、そこは流石Ryzenと言ったところで、税抜20万円程度からラインナップに並んでいます。グラフィックボードの有無や種類によっては価格はかなり変わりますので注意してください。

30万円くらいは覚悟していたので抑えられた価格に驚きました。CPU特化のパソコンとしてはとても選びやすい価格設定です。最上位クラスのハイエンドを体験しやすく、ゲームをプレイしないのであればグラフィックボードの安価なもので対応できますし、ゲームをプレイするにしてもグラフィックボードの増設は簡単なので対応力もばっちりです。実用性の高いハイエンドCPUとして搭載されたパソコンもお手頃価格とは言えないながらも手をだしやすいのではないでしょうか。

ベンチマークでわかるRyzen 9 3950Xの性能!

Cinebench R20

cpuryzen93950-cinebench

CPUのレンダリング性能を計測するベンチマークソフトです。多コア多スレッドのRyzen 9 3950Xはマルチコアでは圧倒的なスコアを叩き出しています。CPUの性能だけで言うなら頂点に君臨します。Ryzen 9 3900Xよりもマルチスレッド性能は30%近く伸びています。シングルコアではほぼ横並びです。CPUのパフォーマンスはマルチスレッド性能がどのぐらい伸びるかという点につきますね。

Handbrake

dougahensyuuryzen93950x-encode

動画のエンコードに掛かる時間を計測しています。数値が小さいほど優秀ということになります。数値で見るとそこまで大きな差は無いように見えるかもしれません。ただ、x264,x265ともにRyzen 9 3950XはRyzen 9 3900Xに対して10%以上の差をつけています。優秀なスコアに対しての10%は大きく、性能差は意外と大きいと考えて良いでしょう。当然負荷が高くなればなるほどその差は大きくなります。

7 zip

zipRyzen 9 3950X-7zip

Zipファイルの解凍及び圧縮速度を計測しています。Ryzen 9 3950Xの解凍速度は他を圧倒しています。RyzenのハイエンドモデルであるThreadripper 2950Xよりも27%ほど高いです。圧縮速度も7%高くなっています。Ryzen 9 3900Xとの差も大きいですね。

Shadow of the Tomb Raider

Shadow of the Tomb RaiderRyzen 9 3950X-shadowofthe

ゲームに対しても優秀な性能を発揮します。ただ、Intel製品と比べると少し劣ります。Ryzen 9 3950Xよりも圧倒的に安いCore i7-9700Kが上回る結果になっています。総合力では上回っていても一部の用途ではこのように性能を上手く発揮できないものがあります。マルチコアを活かせるゲームであっても、意外と差を詰めることができないこともあり、RyzenよりもIntelのほうがゲームに適しているというのはこういう部分からでしょうか。

Tom Clancy’s The Division 2

Tom Clancy's The Division 2Ryzen 9 3950X-tom clancys

ゲームに関してはi7-9700Kがとても優秀であることがwかります。価格を考えるとRyzen 7 3700Xも優れたスコアを出しています。Ryzenシリーズにとってゲームは得手不得手がはっきりするので得意なゲームで測定するとintel製品を上回れるかもしれません。一つ言えるのはRyzen 7 3700Xやi7-9700Kのように最上位モデルでなくとも十分ゲームでは通用するということでしょうか。ゲームをメインに据えるにはやはりRyzen 9 3950Xは適していないように感じます。

borderlands3

borderlands3Ryzen 9 3950X-borderland3

Ryzenに最適化されているBorderlands3でのベンチマーク。コレで見るとほぼ横並びとなっていますね。ただ、このグラフには表記されていないi5-9600KがRyzen 9 3950Xよりも高い数値を残しています。横並びとは言っても、追いついた程度で最適化されてようやく同等といったところでしょうか。コストパフォーマンスを考えるとゲーム用としてのRyzen 9 3950Xはあまり良くないかもしれませんね。

Ryzen 9 3950Xの消費電力

ryzen93950-watt

ゲームプレイ時、マルスレッド(Cinebech)、アイドル時の消費電力を計測しています。やはり省電力が進んでいてもこれだけ性能が高いと消費電力は高くなりますね。かなり高い性能を持つRyzen 9 3950Xとしては消費電力は抑えられているのではないでしょうか。


Ryzen 9 3950X搭載のおすすめBTOパソコン

GALLERIA AXZ(ドスパラ)

galleriaxj価格:333,333円
CPU:Ryzen 9 3950X
GPU:GeForce RTX 2080 Ti
メモリ:16GB
SSD:1TB Gen4 NVMe
HDD:非搭載



最高のグラフィックボードと組み合わせたゲーミングPC。適正は並ながらも高い性能を有することで、ゲームに作業にオールラウンド性を高めています。Gen4対応のNVMe 1TBを搭載しているのが特徴で、超高速ストレージを体感できます。クリエイティブな用途に加えてゲームもプレイしたいユーザー向け。クリエイター向けに特化したモデルと比べると用途を広めた分だけクリエイター用途への適性は下がっています。

raytrek AX-RDNA(ドスパラ)

galleriaxj価格:289,980円
CPU:Ryzen 9 3950X
GPU:Radeon RX 5700 XT
メモリ:32GB
SSD:1TB Gen4 NVMe
HDD:非搭載



GALLERIA AXZよりもクリエイター向けに寄せたモデルで、ゲームへの対応力もまずまずあります。グラフィックボードの性能を落とし、メモリ32GBにアップして価格を抑えているのが特徴です。ややクリエイター寄りのオールラウンド性の高いモデルとして注目です。

SENSE-RMX5-R93X-INR(パソコン工房)

SENSE-RMX5-R93X-QMVI価格:202,980円
CPU:Ryzen 9 3950X
GPU:GeForce GT 1030
メモリ:16GB
SSD:240GB
HDD:2TB



パソコン工房が誇るRyzen 9 3950X搭載最安値モデル。グラフィックボードには安価なGT 1030を搭載しています。オールラウンド性は少し低く、ゲームよりも作業に特化したモデルです。高いCPU性能が必要な作業に適していて、作業用PCとして見るととても優れた製品です。デザイン性も高いので選びやすいのではないでしょうか。注意点として出荷に1ヶ月近くかかります。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事ではRyzen 9 3950Xの性能、搭載モデルを紹介しました。圧倒的な性能を持ちながら価格は抑えられていますのでハイエンドユーザーにとっては手に取りやすいCPUです。下位モデルのRyzen 9 3900Xと比べても性能ははっきり高いので価格差を考慮しても選択する価値はあると思います。

ゲーム用途ではRyzen 9 3900Xと同等程度の性能であることからゲーミングPCとしての性能に期待して選択するのはおすすめしません。Ryzen 9 3950Xはクリエイター向けCPUでありながらゲームにも対応できるのが魅力ですので、前提としてはやはりクリエイティブな用途をメインに使用することになります。

現在搭載モデルはそこまで多くなく、まだまだこれからのCPUです。特にRyzen 9 3950Xが必要となる場面はほとんど無いので、低価格帯に比べて需要も高くありません。これからRyzen 9 3950X搭載モデルの価格が下がり始めてようやく本領発揮されます。それまでは様子を見ておくのが無難でしょう。

Ryzen 9 3950Xは登場したばかりでまだ価格が下がる可能性を残しています。しかし、下位モデルは既に価格が下がりきった後なので今後大きな変化はありません。つまり、今後は相対的にRyzen 9 3950Xの評価が更に高くなり、価格的にも手が出しやすいモデルが増えてくると予想されます。時間とともに需要も高まり、ラインナップも豊富になってくるでしょう。Ryzenシリーズの主力CPUとして市場を賑わせてくれると良いですね。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等