Ryzen 5 PRO 4650G

管理人管理人

当記事では、Ryzen 7 PRO 4750Gの性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しています。モバイル向けにすでに発売されている第3世代RyzenシリーズのRenoir(Zen 2コア採用)のデスクトップモデルがリリースされました。Ryzen 7 4800Hと似たスペックを持っています。

その最上位モデルのRyzen 7 PRO 4750Gは8コア16スレッドと高いマルチスレッド性能を持っています。第2世代Ryzenシリーズよりも大幅にパフォーマンスが向上しています。このRyzen 7 PRO 4750Gは主にOEM供給のみの販売だが、一部のパーツショップで取り扱いがある。OEMモデルということもあってバルク(パッケージなし)での販売となる。

Ryzen 7 PRO 4750Gの基本スペック

世代第3世代
アーキテクチャZen 2
コア/スレッド数8 / 16
クロック周波数3.60 GHz
ブーストクロック4.40 GHz
内蔵グラフィックスRadeon Graphics
キャッシュ8MB
Operatin Range65W
発売日2020年7月21日
価格-

Ryzen 7 PRO 4750Gのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
Ryzen 7 PRO 4750Gは8コア16スレッドと高いマルチスレッド性能を誇るCPUです。動画編集・RAW現像・マンガ制作・WEBデザインなど幅広い用途に対応できます。グラフィックス搭載のAPUですが、外付けのグラフィックボードと比べると性能は劣ります。ゲームプレイや3D CADなどへの適性は低いです。L3キャッシュ容量が8MBと少ないのがデメリットで外付けのグラフィックボードを搭載してもフレームレートがやや上がりにくいです。ゲームプレイを考えているならRyzen 7 3700XやRyzen 5 5600Xを選択するべきでしょう。その他の用途でもネックになってしまう可能性もあります。

Ryzen 7 PRO 4750Gのスペック比較

AMD製CPUと比較

 7 PRO 4750G7 3700X5 3400G
アーキテクチャZen 2Zen 2Zen+
コードネームRenoirMatissePicasso
世代第3世代第3世代第2世代
プロセス7nm7nm12nm
コア/スレッド8/168/164 /8
ベースクロック3.6GHz3.6GHz3.7GHz
ターボクロック4.4GHz4.4GHz4.2GHz
オーバークロック××
L3キャッシュ8MB32MB4MB
メモリ規格DDR4-3200DDR4-3200DDR4-2933
内蔵GPURadeon Graphics非搭載Radeon Vega 11
グラフィックコア8-11
グラフィック周波数2100 MHz-1400 MHz
CPUクーラー×Wraith PrismWraith Spire
TDP65W65W65W
定価-$329$149
搭載PC価格96,800円~126,478円~-
発売日2020年7月21日2019年7月7日2019年7月7日
Ryzen 7 PRO 4750Gは、2019年7月にリリースされたRyzen 5 3400Gの後継モデルです。モバイル向けで登場したRenoirをデスクトップ用に改良したCPUです。Zen +アーキテクチャからZen 2アーキテクチャに変わりました。さらに、12nmプロセスから7nmプロセスへとさらに縮小化されています。結果的により多くのトランジスタを搭載することができて性能の底上げが実現しました。マルチスレッド性能は2.5倍になっているということです。

これまでRyzenシリーズのAPUでは4コア8スレッドまでしかありませんでしたが、ついに8コア16スレッドを達成しています。倍増のインパクトは大きいですね。対応メモリもDDR4-2933からDDR4-3200へと変更となっています。さらに、内蔵GPUもグラフィックコアこそ26%ダウンしたもののグラフィック周波数が50%も引き上げられて総合性能は高いです。

Ryzen 7 PRO 4750GはPCメーカーなどのOEM供給が前提なのでCPUクーラーは非搭載です。定価は非公開ですが2倍以上に設定されていることは間違いないでしょう。性能は高くなっていますが、それ相応に価格も高くなっている点は注意が必要です。

同じZen 2アーキテクチャということでRyzen 7 3700Xと比較していきます。プロセス・コア/スレッド・クロック周波数は共通です。Ryzen 7 3700Xはオーバークロックに対応しています。L3キャッシュ容量は大きな違いがあります。Ryzen 7 PRO 4750Gは、Ryzen 7 3700Xの1/4です。グラフィックにスペースを取られるためL3キャッシュ容量を減らした形です。Ryzen 7 3700XにはWraith Prismが同梱となっています。搭載PC価格が高いのはグラフィックボードを搭載しているからです。

Intel製CPUと比較

 7 PRO 4750Gi7-10700
コードネームZen 2Comet
プロセス7nm14nm
コア/スレッド8/168/16
ベースクロック3.6GHz2.9GHz
ターボクロック4.4GHz4.8GHz
オーバークロック××
L3キャッシュ8MB16MB
メモリ規格DDR4-3200DDR4-2933
内蔵GPURadeon GraphicsUHD Graphics 630
CPUクーラー×
TDP65W65W
定価-$323
搭載PC価格96,800円~96,778円~
発売日2020年7月21日2020年4月30日
競合であるComet Lake世代のCore i7-10700と比較しています。Core i7-10700は今でも14nmプロセスを採用しています。アーキテクチャ的にはRyzen 7 PRO 4750Gの方が優れていると言えますね。8コア16スレッドと大元のスペックは共通です。

クロック周波数を見ていくとベースクロックはRyzen 7 PRO 4750Gの方が25%高く、ターボクロックはCore i7-10700の方が10%高いです。いずれのCPUもオーバークロックには対応していません。L3キャッシュ容量はRyzen 7 PRO 4750Gの方が少なく半分になっています。メモリ規格はRyzen 7 PRO 4750Gの方が高性能です。

内蔵GPUはRadeon Graphicsの方が高性能です。UHD Graphics 630は数世代前のモデルからそれほど性能は変わっておらず必要最低限に留まります。Core i7-10700にはCPUクーラーが同梱となっていてコスト面で有利です。TDPはいずれも65Wです。搭載PC価格はほぼ同じですね。グラフィックス性能が高い分Ryzen 7 PRO 4750Gの方がコスパが高いです。

Ryzen 7 PRO 4750GってどんなCPUなの?

Ryzen 7 3700Xと同等の性能を持つAPU

Ryzen 7 PRO 4750Gは、Ryzen 7 3700Xと同等の性能を持つAPUです。8コア16スレッドとこれまでのAPUから大幅にスペックアップが図られています。オーバークロックには対応していないもののベースクロック及びターボクロックは共通で高いマルチスレッド性能を発揮します。メモリ規格もアップグレードされて純粋なCPUスペック以外も強化されています。

L3キャッシュ容量が8MBしかないことだけがネックです。さすがに32MBと8MBでは差が大きいですね。L3キャッシュ容量が少ないことで外付けのグラフィックボードを搭載した時などにはRyzen 7 3700Xと比べて明らかに劣ります。もっともRyzen 7 PRO 4750Gをグラフィックボードと合わせて選択される方は少ないでしょう。

UHD 630より高性能なRadeonグラフィックス搭載

Ryzen 7 PRO 4750Gは、高性能なCPU内蔵グラフィックスであるRadeon Graphics 8を搭載しています。Ryzen 5 3400Gで採用されていたグラフィックスよりもグラフィック周波数が引き上げられてグラフィックス処理性能が向上しています。

WEBデザインなどで多少余裕が出るかもしれません。もちろん外付けのグラフィックボードには及びませんので過度な期待はしないようにしましょう。ゲームプレイや3D CADを目的としている方には不向きです。

OEMがメインの販売方法で個人での購入が難しい

Ryzen 7 PRO 4750Gは、他のRyzen 4000Gシリーズと同様にOEM及びシステムインテグレーター向けのAPUです。つまり、基本的には組み立てられたパソコンとして購入する必要があります。特殊な立ち位置にあるモデルです。

ただし、パソコン工房やワンズなどのパーツショップでRyzen 7 PRO 4750Gの取り扱いがあるようです。マザーボードとのセット販売になっていることもあります。バルク品となっていますので別途CPUクーラーを用意する必要があります。当然パッケージも用意されていません。

Ryzen 7 PRO 4750Gのベンチマーク

Cinebench R20

cpuryzen7pro4750gmulti

Ryzen 7 3700Xよりも僅かにスコアが劣る程度に留まっています。マルチスレッド性能は2%弱低く、シングルスレッド性能は1%弱低いです。マルチスレッド性能ではCore i7-10700を上回っています。下位モデルのRyzen 5 PRO 4650Gよりも33%高く、シングルスレッド性能は1%高いです。下位モデルとの差も大きいですね。従来モデルのRyzen 5 3400Gよりも240%もアップしています。さすがに4コア8スレッドと8コア16スレッドでは異なりますね。

Photoshop

camera74750g-edit

画像編集速度はRyzen 7 3700Xに匹敵します。Core i7-10700よりも僅かにパフォーマンスが高いのです。ネックとなるL3キャッシュ容量の少なさは影響を与えていないようです。第2世代RyzenシリーズのRyzen 5 3400Gよりも43%もパフォーマンスが向上しています。これだけ性能が上がれば買い換えるメリットもありますね。

Ryzen 7 PRO 4750Gのゲームプレイ時フレームレート

HD環境でのフレームレートを計測しています。設定は最も低くしています。ゲーム向きのグラフィックス性能を持っているわけではなく負荷の軽いタイトルでないとまともにゲームをプレイすることはできません。

Fortnite

fortnite7pro4750g-fortnite

Ryzen 7 PRO 4750Gは、平均fpsが120.8と高い数値を出しています。下位モデルのRyzen 5 PRO 4650Gとの性能差は5%です。前世代のRyzen 5 3400Gと比べると13%向上しています。CPU性能は高くなりますが、グラフィックス性能はそれに比例しないということです。Intel UHD 630との性能差はかなり大きいですね。

Far Cry 5

farcry574750g-farcry5

Far Cry 5では設定を落としても60fpsを下回っています。最小fpsは44.0です。プレイできなくはありませんが、HD環境×低設定でこの数値は厳しいと言わざるを得ません。Ryzen 5 PRO 4650Gとの性能差は9%です。Ryzen 5 3400Gよりも17%高いです。GT 1030搭載モデルよりもフレームレートが高いことからCPU内蔵グラフィックスとしては性能が高いことは間違いありません。

Ryzen 7 PRO 4750G搭載のおすすめBTOパソコン

AeroStream RM7A-C204/T2(TSUKUMO)

AeroStream RA5JG180T価格:96,800円(税込)
CPU:Ryzen 7 PRO 4750G
GPU:Radeon Graphics 8
メモリ:DDR4 8GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式

TSUKUMOのビジネスモデルでRyzen 7 PRO 4750G搭載モデルがあります。動画編集・画像編集などに最適です。Radeon Graphics 8を搭載しているのが心強いですね。簡単な3Dグラフィックス処理なら対応可能です。メモリ8GB、SSD 500GB NVMeという構成です。CPU性能が高いことを考えるとメモリ容量は16GBにアップグレードしてもよいかもしれません。

Radiant VX2800B550AG(サイコム)

Radiant VX2800B550AG価格:118,010円(税込)
CPU:Ryzen 7 PRO 4750G カスタマイズ
GPU:Radeon Graphics 8
メモリ:DDR4 8GB
SSD:480GB
HDD:非搭載

公式

サイコムでもミニタワーモデルが販売されています。標準ではRyzen 3 PRO 4350G搭載となっているのでアップグレードする必要があります。CPUクーラー・マザーボード・光学ドライブ・ケースなど幅広いカスタマイズができるのが魅力です。自分好みのモデルに仕上げることができます。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Ryzen 7 PRO 4750Gの性能スペック&搭載BTOパソコンを紹介しています。Ryzen 7 PRO 4750Gは、Radeon Graphics 8搭載のAPUです。内蔵グラフィックスとしては高い性能を持ちWEBデザインなどで強みを発揮します。従来モデルのRyzen 5 3400Gからのパフォーマンス向上は僅かです。

一方で、CPU性能は大幅に向上しています。4コア8スレッドから8コア16スレッドへと倍増しています。Ryzen 7 3700Xに匹敵する高いCPU性能を持っています。BTOパソコンのラインナップはそれほど多くありませんが、TSUKUMOやサイコムからこだわりのモデルが登場しています。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume