kougakudrive

管理人管理人

当記事では、「光学ドライブとは何か」について解説しています。漠然とCDやDVDを読み込むものだと知っている方も多いでしょう。ここでは、パソコンとの関係も踏まえて解説。基本的なことをまとめていますので、初心者の方でも理解しやすいと思います。

光学ドライブの概要

光学ドライブって何?

光学ドライブとは、CD・DVD・ブルーレイディスク等の光学ディスクを読み込んだり、書き込んだりすることができる物理的なドライブのことを指しています。各ディスクの読み込みや書き込みを行うためにレーザー光を利用する仕組みになっています。デスクトップパソコンでもノートパソコンでも搭載することができます。

イメージとしてはテレビに繋げるブルーレイプレイヤーやDVDプレイヤーと同じです。光学ドライブがあれば気軽に映画を観たり、音楽を聴いたりすることができます。使い方は非常に簡単で、光学ドライブ本体の「開閉ボタン」をクリックしてディスクを入れるだけです。後は自動的にパソコンがディスクを認識しますので、指示どおり作業を行います。

光学ドライブの具体的な役割

音楽CDを聴いたり、音楽CDを作成したりする

アーティストのCDをパソコンで聴くことができます。好きなアーティストの音源をまとめてCD-RやCD-RWと呼ばれるメディアに書き込むことができます。あなただけのCDを作成することができるというイメージです。また、ファイル等のデータを書き込むことも可能です。

DVDやブルーレイディスクで映画や音楽PVを視聴したり、映像ディスクを作成したりする

映画や音楽PV・ライブ等を視聴することができます。また、対応しているドライブを持っていればDVDやブルーレイディスクに映像を書き込むこともできます。高画質な映像もパソコンで視聴できるというわけです。

ソフトウェアやドライバのインストールをする

購入したソフトウェアや周辺機器・グラフィックボード等のドライバをインストールするのにCD-Rを利用することがあります。例えば、プリンターを使用している方であれば始めて使う時にドライバを使用したと思います。音楽以外にもソフトウェア等のインストールもできます。

光学ドライブの種類

光学ドライブは、対応しているメディアに応じていくつかの種類があります。必要な機能を持つドライブを選択する必要があります。下にいく程価格が高くなります。

現在はCDだけ読み込みができるドライブはなく、DVD-ROMが最低限のラインとなります。時代の流れを感じますね。現在主流になっている4つのドライブの対応表を紹介していますので参考にしてください。

CD読み込みCD書き込みDVD読み込みDVD書き込みブルーレイ読み込みブルーレイ書き込み
DVD-ROMドライブ××××
DVDハイパーマルチドライブ××
ブルーレイコンボドライブ×
ブルーレイディスクドライブ

ディスクの種類

光学ドライブに対応しているメディアディスクについて紹介します。たくさん種類がありますので、より詳しく解説しています。

CD
(CD-ROM)
最も一般的なメディアです。アーティストのアルバムやCD等すでに音源あるいは資料等のデータが保存されているディスクのことです。
再生専用のディスクのため、書き込みをしたり、データを削除することはできません。CD-ROM専用のドライブはほとんど見かけることはありません。
CD-R音楽や情報データを記録することができるディスクのことです。1枚20円程度で手に入れることができるので持っておいても良いでしょう。
保存可能なデータ容量は最大700MBとなります。一度書き込むんだ情報を削除することはできません。例えば車で聴くようのディスクをたくさん作成することができます。
CD-RW音楽や情報データを何度も書き込んだり、消したりすることができるディスクのことです。1枚30円程度から購入することができます。
保存可能なデータ容量は最大700MBとなります。後から中身を変更したいという時も気軽に行えるのが強みです。
DVD
(DVD-ROM)
店頭で販売されている音楽のライブやPVのDVDや映画が書き込まれているディスクのことです。
再生専用のディスクで、データを消したり、新たに書き込んだりすることはできなくなっています。
DVD±R映像データ等の記録を行うことができるディスクのことです。1枚20円程度で購入することができます。
保存ができる容量は4.7GBとCDに比べて約6.7倍となります。より多くのデータを保存することができます。
一度記録したデータを削除することはできません。
DVD±RW映像データ等の読み書きを行うことができるディスクです。1枚あたり50円程度で購入することができます。
保存ができる容量は4.7GBです。一度書き込んだデータを削除して何度も使用することができるので利便性が高いです。
BD
(BD-ROM)
市販されている映画や音楽の映像が保存されたディスクです。比較的新しく最新技術が盛り沢山です。
美しい映像・音質を楽しみたい方向けです。
BD-Rデータの書き込みを行うことができるブルーレイディスクのことです。1枚50円程度で購入することができます。
保存容量は25GBとなり、DVDの約5.3倍です。容量の大きい映像データの保存に向いています。
綺麗な映像を劣化させることなく保存できるので人気があります。書き込みをする場合はブルーレイディスクドライブが必要です。
BD-R DL 通常のBD-Rの2倍のデータを書き込むことができるブルーレイディスクです。記録面が2層構造になっています。
保存容量は最大50GBとなります。1枚当たり200円程度で購入することができます。データの削除をすることはできません。
BD-R XL記録面が多重構造になっているブルーレイディスクのことです。1枚当たり500円と安くはない金額です。
保存容量は、3層構造なら100GB、4層構造なら128GBとなります。BD-R DL同様書き込んだデータの削除をすることはできません。
BD-RE映像データ等の読み書きを行うことができるブルーレイディスクです。1枚当たり500円程度となります。
保存容量は最大25GB、BD-RE DLなら50GBとなります。

BTOパソコンと光学ドライブ

BTOパソコンと光学ドライブの関係について解説しています。通常BTOパソコンにも光学ドライブが搭載されています。一般的に採用されているのは、DVDスーパーマルチドライブです。DVDの読み込みや書き込みまで対応しているモデルです。

カスタマイズすることができる

カスタマイズをすることでブルーレイコンボドライブやブルーレイディスクドライブを搭載することもできます。ブルーレイを視聴する予定がある方は、カスタマイズすると良いでしょう。10,000円程度追加することでブルーレイコンボドライブを搭載することができます。ただし、一般ユーザーはDVDスーパーマルチドライブで十分でしょう。

私は、過去ブルーレイで映画を観たいと思ったので1万円を掛けてカスタマイズしましたが、結果的に一度も使用していません。今は映画もAmazonプライム動画やNetflixなどで観ることができるので、そもそもディスク自体も買わなくなりましたね。光学ドライブにお金を掛けるのであればCPU、グラフィックボード、メモリ、ストレージのカスタマイズをする方が実用性が高くおすすめです。

光学ドライブ非搭載モデルが増えている

BTOパソコンの中には光学ドライブが非搭載のものもあります。特にノートパソコンやミニタワーモデルには非搭載モデルが多くあります。通常のデスクトップパソコンでも省スペース性を重視したモデルの場合非搭載としていることがあります。少し前までは光学ドライブがないというのは考えられませんでした。しかし、今は時代が変わりインターネット上であらゆるソフトウェアやデータを取得することができるようになりましたので、実は光学ドライブがなくてもそこまで困ることはありません。

例えば、ソフトウェアに関しては全てオンライン上でインストールをすることができます。オンラインゲームに関してもパッケージを購入してディスクが届くのを待つということはありません。Steam等で全てインストールすることが可能です。音楽に関してもYoutubeでアーティストの公式チャンネルがあってそれを視聴できますし、iTunesのような音楽ダウンロードサイトもあります。また、映画やドラマに関してもNetflix、Hulu、Unext等で定額で見放題となります。

外付けタイプで対応できる

このように実は普段のパソコン生活の中で光学ドライブを使う機会はそこまでありません。光学ドライブは技術が進化してもサイズをこれ以上小さくすることは物理的に難しいです。よりコンパクトなパソコンが必要になれば当然光学ドライブがない方が都合が良いでしょう。

本体も小さくなる上に、コストが掛からないため価格が下がるというメリットもあります。状況に合わせて光学ドライブ非搭載モデルを選択するというのも賢明かもしれません。その後必要になったとしても外部の光学ドライブを購入すれば解決します。私も光学ドライブをオプションで付けましたが、全く使っていません。無駄なコストを掛けてしまったと少し後悔しています。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では光学ドライブとは何かについて解説しました。あなたが必要とする情報を見つけることはできましたか?ご意見・ご要望があればコメント欄あるいはお問い合わせフォームからご連絡いただければと思います。

光学ドライブは、ディスクの読み込みや書き込みを行うことができるハードのことを指しています。CDを聴いたり、DVD・ブルーレイディスクで動画を視聴したりすることができます。また、ソフトウェアのインストールでも使用されます。

現在はBTOパソコンでも非搭載モデルが増えています。コスト削減にもなりますし、なくても問題ないよという方であればメリットが大きいですね。非搭載の場合外付けのドライブで対応することができます。

合わせて読みたい記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-9700、 i7-8565U等
gpu

GTX1650, GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume