THIRDWAVE DX-T7公式

管理人管理人

当記事では、ドスパラの「THIRDWAVE DX-T7」についてレビューと口コミをまとめています。2021年7月1日に発売されたばかりのノートパソコンです。最新のIntel第11世代CPUであるCore i7-1165G7を搭載しているのがポイントです。4コア8スレッドとノート向けモデルとして高い性能を発揮します。

Core i5-10210Uを搭載した「THIRDWAVE DX-C5」の最新かつ上位モデルということになります。CPUや構成が異なるだけで土台となる本体は共通です。より高い性能が必要なユーザーの方におすすめです。構成も充実していておすすめです。

THIRDWAVE DX-T7のスペック

THIRDWAVE DX-T7 (2)

価格109,980円(税込)
液晶サイズ15.6インチ
重量約1.58kg
バッテリー駆動時間約8.8時間
CPUCore i7-1165G7
グラフィックボードIntel Iris Xeグラフィックス
メモリDDR4 16GB
SSD512GB NVMe
HDD非搭載
おすすめ度★★★★★★★★★☆
税込み109,980円で販売されています。送料3,300円を含めると合計113,280円となります。液晶サイズは15.6インチで本体重量は約1.58kgです。リチウムイオンバッテリーを搭載していてバッテリー駆動時間は約8.8時間(Jeita2.0計測)となっています。

CPUにはCore i7-1165G7を搭載しています。グラフィックスはCPU内蔵グラフィックスのIntel Iris Xeグラフィックスです。メモリ16GB、SSD 512GB NVMeという構成です。おすすめ度は★9個です。もう少し価格が下がる余地があるのではないかと思います。

>>THIRDWAVE DX-T7を購入<<

THIRDWAVE DX-T7のカスタマイズ

THIRDWAVE DX-T7のカスタマイズ項目について解説しています。★の数が多いほうがおすすめ度が高いということになります。

SSD ★☆☆☆☆

THIRDWAVE DX-T7ssd
より品質の高いIntel製のSSDにアップグレードすることができます。スペック的にはダウングレードとなってしまうのが悩ましいです。気持ちの問題だと言えるかもしれません。

HDD ★★★★☆

THIRDWAVE DX-T7hdd
ストレージ容量を増やすという点でHDD 1TBの追加はおすすめです。SSDと比べて価格も安く純粋な容量を増やす上でコスパが高いです。動画や画像をたくさん保存したいと考えている方は検討しても良いと思います。

THIRDWAVE DX-T7のおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
×
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
×
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
CPU性能が高いモデルなので対応できる幅が広くなっています。デュアル環境・動画視聴・デイトレ・Skype(Zoomなど)・WEBデザインであれば余裕があります。RAW現像・マンガ制作・WEBデザイン・DTM・ビジネスなどの用途では負荷がかかりすぎなければ十分対応可能です。ゲームプレイ・ゲーム実況・3D CADは得意ではありません。グラフィックスはCPU内蔵グラフィックスです。従来モデルよりも性能が高いとは言っても外付けのグラフィックボードには及びません。

THIRDWAVE DX-T7の性能

Core i7-1165G7

i71165g7performance

Core i7-1165G7は、Intel第11世代のモバイル向けCPUです。4コア8スレッドと省電力モデルではトップクラスのスペックを誇ります。従来モデルのCore i7-1065G7と比べてクロック周波数が大幅に引き上げられています。同じ10nmプロセスを採用しているものの別物になったと考えて良いと思います。従来モデルよりも20%程度パフォーマンスが向上しています。

Intel第十世代のCore i5-10300Hを超える性能は圧巻です。Ryzen 7 4700Uは6コア12スレッドとコア/スレッド共に多くより高い性能を持っています。それでもIntel製CPUは着実に進化していますね。極端に負荷を掛けなければ動画編集・画像編集・マンガ制作・WEBデザインなどで活躍します。THIRDWAVE DX-T7はメモリ容量が16GBと余裕があることも強みだと言えます。

インテル Iris Xeグラフィックス

irisxebenchmark

Core i7-1165G7では、CPU内蔵グラフィックスにIris Xeグラフィックスを搭載しています。Core i7-1065G7で搭載されていたIris Plusと比べて処理性能が2倍程度伸びました。エントリークラスのモバイル向けグラフィックボードであるGeForce MX330と同等になったのは驚きです。内蔵グラフィックスの性能は着々と性能の底上げが行われています。

グラフィックス処理性能の要となる実行ユニットが50%引き上げられたこととグラフィックス周波数が20%引き上げられたことが最大の特徴です。動画編集やWEBデザインなどで3Dグラフィックス処理性能を活かせる用途で強みを発揮しますが、GeForce GTX 1650やGeForce GTX 1050などと比べると性能差は歴然です。あまり過度な期待はしない方が良いと思います。

>>THIRDWAVE DX-T7を購入<<

THIRDWAVE DX-T7を選ぶ3つの理由

Core i7-1165G7搭載モデルとして格安だから

一番の特徴は最新のCPUであるCore i7-1165G7を搭載していてかつ価格が抑えられていることでしょう。Core i7-1165Gは、省電力モデルにおける最上位クラスのCore i7シリーズとなっています。税込み10万円台というのはお買い得感があります。さらに、最大3.5%(3,847P)のポイントを貯めることができます。貯めたポイントで各種デバイスなどを購入できます。

4コア8スレッドとスペックも高く従来モデルよりもクロック周波数が引き上げられています。より処理性能が高くなっているということです。一般的なブラウジング・オフィスソフトの使用・動画視聴以上のことにも対応しやすいです。例えば、動画編集・画像編集・WEBデザインなどが当てはまります。ノートパソコンを使っていてもたつきを感じてしまう方や固まってしまう方は買い替えを検討してみてください。

メモリ・ストレージなど構成が充実しているから

構成が充実しているのも強み<となります。カスタマイズを考える必要がないという点で初心者にもおすすめしやすいです。THIRDWAVE DX-T7ではデフォルトの構成でメモリ16GB、SSD 512GB NVMeを搭載しています。下位モデルよりもワンランク上の構成です。メモリ容量16GBと容量が大きいことは強みになります。Core i7-1165G7の性能を引き出せる構成だと言えます。SSD512GBも多くの方にとって十分な容量だと思います。

カスタマイズをすればメモリ64GB(32GB×2)、SSD 2TB、HDD 2TBまで増設することが可能です。もちろんそこまでのカスタマイズはナンセンスですが、HDDを追加ぐらいは選択しても良いと思います。ダブルストレージになるとたくさんの動画や画像を保存できて利便性が格段に向上します。

国内生産モデルで安心感があるから

THIRDWAVE DX-T7は国内生産モデルで安心感があります。神奈川県綾瀬市の向上で生産されています。徹底した検査と試験が行われていて高い品質が担保されています。海外メーカーと比べて少しぐらい価格が高くてもサポート面を考えるとむしろ割安に思えるかもしれません。

特に初めてBTOパソコンの購入を考えている方は必見です。購入後も24時間365日の電話サポートを受けられますので、設定などで困ったことがあってもいつでも相談可能です。保証も最大5年まで加入することが可能です。お仕事などで長く使う予定の方にとっては嬉しいポイントです。

>>THIRDWAVE DX-T7を購入<<

THIRDWAVE DX-T7の弱み

ところどころコストカットしている部分が見える

当然全く弱みがないわけではありません。いくつかコストを抑えているのかなと思える部分があるのも事実です。価格帯を考えるとコストパフォーマンスは高いのですが、機能やデザインなどで100点満点は難しいでしょう。キーボードはテンキーなど癖があって完璧とは言えません。比較的コストの掛かる日本語対応キーボードになったのは強みです。

意外とキーボードはコストが掛かるところで日本のメーカーのモデルでも格安ノートパソコンの場合英語キーボードを採用したモデルも多いです。また、本体デザインもややチープさが見えます。それでも落ち着いたシルバーのデザインで使う場所を選ばないのはメリットだと言えますね。

PowerDeliveryや映像出力に対応していない

これもコストカットの一面です。USB 3.0 Type-Cを搭載しているのですが、PowerDeliveryや映像出力には対応していません。高速充電をすることができないのはデメリットの一つです。映像出力については、HDMIが搭載されていますのでカバーできます。妥協できる点だとは思います。

口コミがまだ集まっていない

当該モデルについてはまだ発売されたばかりのモデルで口コミはほとんどありません。実際に使用している方の口コミを参考にしたいと考えている方は多いはずです。THIRDWAVE DX-T7コストパフォーマンスに優れたモデルで購入者はどんどん増えてくると思います。

つまり、今後は他の売れ筋モデルと同様にドスパラの公式サイトの口コミだけではなくTwitterなどでも口コミが集まってくるでしょう。当サイトでは公式サイトでは確認できないデメリットや弱みについても解説しています。口コミが揃うまでは当サイトの情報を参考にしていただければと思います。

New Inspiron 15 3000 Intel プラチナと比較

ブランドドスパラDell
画像dx-c5Inspiron 15 3000 Intel
製品名DX-T7Inspiron 15 3000 Intel プラチナ
価格109,980円(税込)128,970円(税込)
107,045円(税込)
送料3,300円(税込)価格に含む
納期最短翌日12-15営業日
液晶サイズ15.6インチ15.6インチ
重量約1.58kg約1.85kg
バッテリー駆動時間約8.8時間非公開
CPUCore i7-1165G7Core i7-1165G7
GPUIntel Iris XeグラフィックスIntel Iris Xeグラフィックス
メモリDDR4 16GBDDR4 16GB
SSD512GB NVMe512GB NVMe
HDD非搭載非搭載
Wi-Fi 6×
光学ドライブ搭載不可搭載不可
公式公式公式
Dellから同じ価格帯のモデルが販売されています。価格差は送料を含めて6,235円です。価格だけを考えるとNew Inspiron 15 3000 Intel プラチナは非常にコストパフォーマンスに優れていますね。THIRDWAVE DX-T7の魅力は納期の短さと国産メーカーらしい充実のサポートでしょう。最短翌日出荷に対応しているのは嬉しいですね。サポートも24時間365日電話サポートを受けられます。New Inspiron 15 3000 Intelの場合は納期は最短12営業日出荷とかなり待つことになります。

液晶サイズはどちらも15.6インチですが、THIRDWAVE DX-T7の方が20%軽く本体重量は約1.58kgとなっています。CPU・GPU・メモリ・SSDと4つの項目は共通です。THIRDWAVE DX-T7では最新の無線規格であるWi-Fi 6に対応しています。光学ドライブはいずれも非搭載です。価格差6,000円以上の価値があるモデルであることは間違いありませんね。

>>THIRDWAVE DX-T7を購入<<

THIRDWAVE DX-T7の口コミ

現在クチコミを収集中です。

THIRDWAVE DX-T7のケースデザイン

正面

DX-C5syoumen
とにかくシンプルなデザインですね。シルバーで落ち着いた印象を受けます。狭額縁デザインというわけでもなくチープさからやや古さを感じてしまうかもしれません。価格を考えると仕方がないですね。

天板

DX-C5tenban
天板もシンプルです。やや厚さを感じますが、キレイなシルバーが映えます。あえてロゴレスにしているのは通好みです。

左側面

DX-C5left
左側面にはHDMI×1、USB3.2 Gen2 (Type-C)x1、USB 3.2 gen1 (Type-A)x1、マイク入力・ヘッドフォン出力共用端子が配置されています。

右側面

DX-C5right
右側面にはカードリーダー、USB 3.2 gen1 (Type-A)x1、LANポートが配置されています。オーソドックスなI/Oパネルです。

キーボード

DX-C5keyboard
キーボードは価格相応です。テンキーは3列になっていますので、「+」や「-」などが上部に配置されています。利用頻度が高い方は慣れるに時間が掛かってしまうのではないかと思います。

>>THIRDWAVE DX-T7を購入<<

当記事のまとめ

管理人管理人

ドスパラの最新ノートパソコンである「THIRDWAVE DX-T7」のレビューを行いました。Intel第十一世代のCore i7-1165G7を搭載しているのがポイントです。従来モデルよりもクロック周波数が引き上げられてパフォーマンスが向上しています。動画編集・画像編集などの負荷の掛かる作業への適性も高くなりました。

メモリ16GB、SSD 512GBと構成が充実しているのも魅力です。カスタマイズなしで考えられるので初心者の方でも選びやすいと思います。性能とコスパを両立した理想の一台だと言えます。価格を重視するなら比較対象モデルもチェックしてみてくださいね。

公式

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume