mouse K5

公式

管理人管理人

当記事では、マウスコンピューターが販売している「mouse K5 (プレミアムモデル)」のレビューをまとめています。CPUはIntel第十世代のCore i7-10750Hを、グラフィックボードはGeForce MX350を搭載しています。Core i7-10750Hは二世代前のCPUでやや古さを感じてしまいます。

グラフィックボード搭載+メモリ容量が32GBと余裕があるため特にクリエイターの方におすすめです。当然その分価格が高いため予算に余裕がある方向けです。キャンペーン時には多少安く購入できると思います。メモリ16GBで価格の安い「mouse K5」も人気です。

mouse K5 (プレミアムモデル)のスペック

mousek5spec

>>mouse K5 (プレミアムモデル)購入<<

ブランドマウスコンピューター
製品名mouse K5 (プレミアムモデル)
価格・通常時
153,780円(税込)

・キャンペーン時
139,800円(税込)
液晶サイズ15.6インチ
本体重量約 2.06kg
バッテリー駆動時間約11.5時間
CPUCore i7-10750H
グラフィックボードGeForce MX350
メモリDDR4-2666 32GB
SSD512GB NVMe
HDD1TB
備考光学ドライブ無し
おすすめ度★★★★★★☆☆☆☆
税込153,780円という価格です。キャンペーン時は13,980円OFFの139,800円で購入できます。送料3,300円を含めると143,100円となります。グラフィックボードにはエントリークラスであるGeForce MX350を搭載しています。CPUにはノート向けのハイパフォーマンスモデルのCore i7-10750Hを採用となっています。旧世代のモデルなので性能的には現行モデルに劣ります。メモリ32GB、SSD 512GB、HDD 1TBと構成も充実していますね。構成の充実度もあって価格は高めです。その結果コストパフォーマンスは平凡で★六つとなります。古いCPUが選択されているのもマイナス評価です。

おすすめカスタマイズ

ここではmouse K5 (プレミアムモデル)のおすすめカスタマイズを紹介しています。mouse K5 (プレミアムモデル)は構成も充実していて本体のカスタマイズはそれほど重要度が高いわけではありません。周辺機器と考えた方がよいかもしれません。Amazonなどで購入することもできます。そちらの方が幅広い選択肢が選べますし、価格が安いというメリットがあります。

光学ドライブ(外付け) ★★☆☆☆

mouse K5premium-kougaku

当該モデルは光学ドライブを搭載することができません。そのため光学ドライブが必要な場合は別途外付けのモデルを選択する必要があります。持ち運び際などに少し手間になりますね。価格自体はそれほど高くないため一つ購入して手元に置いておいてもよいかもしれません。

SSDまたはHDD ★☆☆☆☆

mouse K5premium-hdd

ストレージ容量を増やしたいならHDDのアップグレードがおすすめです。+8,800円で倍の2TBとなります。SSD 512GBと合わせるとトータルのストレージ容量は2.5TBです。これだけの要用があれば十分カバーできるでしょう。

ノート用クーラー ★★★☆☆

mouse K5premium-cooler

ノート用クーラーは夏場など過酷な時期を乗り切るのに最適です。+4,400円と比較的選びやすいのではないかと思います。特に負荷の掛かる作業をメインに考えている方は要チェックです。本体内部の温度を下げることでファンの音を抑える効果もあります。

>>mouse K5 (プレミアムモデル)購入<<

mouse K5 (プレミアムモデル)の性能

用途別

デイトレ動画視聴実況CADDTMマンガ デザイン
kabufx
dougahaisin

gamejikkyouwomen
×
cad


webdesign
RAW現像動画編集Skype動画投稿ビジネスゲームデュアル

video_hensyu
tvdenwa
youtubervirtual
businessperson
gamedeveloper
dulamonitor
ノートパソコンとしてはまずまずの性能を持ち幅広い用途に対応することができます。デイトレ・動画視聴・WEB会議(SkypeやZoom)・デュアル環境構築などなら何も不安はありません。マンガ・イラスト制作・WEBデザイン・RAW現像、ビジネスとクリエイターの方におすすめです。

グラフィックボードを搭載しているためCPU内蔵グラフィックスに比べて3Dグラフィックスの取り扱いにも長けています。ただし、大規模な3D CADやゲームプレイなどになるとやや厳しくなります。特にゲームプレイはほとんど対応できないと考えて間違いありません。WEBデザインなどのアプリケーションであれば対応可能です。性能についてはしっかり理解しておくことが大切です。

Core i7-10750H

i7-10750hbenchmark

Core i7-10750Hはノート向けのハイクラスCPUです。6コア12スレッドとマルチスレッド性能も高くCPU負荷の高い用途にも対応することができます。従来モデルのCore i7-9750Hと比べても10%以上のパフォーマンス向上が見込めます。省電力モデルのCore i7-10710Uと比べても性能は20%程度高くなっています。ノートパソコンで動画編集・RAW現像などの作業での使用を考えるなら選択肢に入れても良いCPUだと言えます。このモデルに関してはメモリ容量に余裕があることもプラスに働きます。

一方で、旧世代のモデルということがネックとなります。例えば、現行の省電力モデルであるCore i5-1240Pの方が30%以上性能が高いです。ハイパフォーマンスモデルでも省電力モデルに劣る結果となっています。Core i7-10750Hの次世代モデルであるCore i7-11800Hになると38%も性能が高いです。動画編集・動画エンコードなどの用途を考えているなら最新モデルを選ぶのも一つの手です。

GeForce MX350

mx350benchmark

GeForce MX350は、エントリークラスのグラフィックボードとなっています。アーキテクチャ的にはPascal世代のモデルです。二世代前ということになりますね。CPU内蔵グラフィックスのIris Plus Graphicsよりも47%高い性能を持っています。ただし、Core i5-1260Pに搭載されているCPU内蔵グラフィックスに劣ります。あくまでもエントリークラスのグラフィックボードであることは理解しておきましょう。高解像度のデータ処理やゲームプレイは苦手です。マンガ・イラスト、デザインなど3Dグラフィックスの処理を行うアプリケーションを使うのであればその力を発揮できるでしょう。

>>mouse K5 (プレミアムモデル)購入<<

mouse K5 (プレミアムモデル)を選ぶ3つの理由

メモリ容量32GBと余裕があるから

mouse K5(32GBモデル)の最大の特徴はメモリが32GBと大容量なことです。一般的なモデルに搭載されている容量の数倍になっています。これだけの容量があることによって、動画編集・RAW現像などメモリ負荷の掛かる作業がより快適になります。

メモリ消費量が大きいと言われているChromeブラウザなどの使用にもメリットがあります。タブをいくつも開いてしまう癖のある方は必見です。動画編集アプリケーションとの並行作業も容易です。特に現在の作業で重く感じてしまう方はぜひチェックしてくださいね。タスクマネージャーからメモリ消費量を確認して100%に近いならメモリの容量不足の可能性が高いです。

メモリ容量に余裕があることでより効率的にCPUが処理できるようになります。CPU性能については排熱や価格面を考慮するとこれ以上高性能なモデルを搭載することが現実的ではないので、メモリ容量を増やすのがPC作業の安定感を高めるのにベストな選択だと思います。

GeForce MX350搭載の珍しいモデルだから

mouse K5 (プレミアムモデル)ではグラフィックスにGeForce MX350を搭載しています。CPU内蔵グラフィックスよりもパフォーマンスが高いエントリークラスのグラフィックボードです。このGeForce MX350は魅力的なモデルですが、搭載モデル自体はほとんど選択肢がありません。同じマウスコンピューターで販売されているmouse K5ぐらいだと思います。

上位モデルであるGeForce GTX 1650 TiやGeForce GTX 1650との差別化が難しいのも事実です。その中でもコストパフォーマンスに優れたmouse K5 (プレミアムモデル)は魅力的なモデルだと言えます。Photoshop・Illustratorなどで3Dグラフィックス処理性能が必要になる場合に強みになります。GTX 1650ほどの性能が必要ではないという方にとっては第一候補になるでしょう。

充実の構成でカスタマイズが不要だから

構成が充実しているためカスタマイズを考える必要がありません。このままの構成で十分オールラウンドに対応することができます。メモリ32GBに加えて、SSD 512GB NVMe、HDD 1TBのダブルストレージは強力です。

シングルストレージ搭載モデルの方が多くなっている今は魅力が増しています。ノートパソコンでこれだけの構成を持つモデルはほとんどありません。これだけでも優位性のあるモデルに仕上がっています。このクラスのモデルを探している方なら購入して後悔することはないと思います。

>>mouse K5 (プレミアムモデル)購入<<

mouse K5 (プレミアムモデル)の弱み

初心者の方にはやや選びにくい

構成が充実していてカスタマイズをしなくても良いというのは初心者の方にとっても魅力的だと思います。一方で、メモリ容量32GBと構成が良すぎるのも扱いにくさに繋がる可能性があります。グラフィックボードやCPUに比べてメモリ容量を増やすメリットを理解しにくいからです。

それでもノート向けモデルとしてはCPU性能が発売当時ではほぼアッパーであることを考えてもメモリを増やすこと自体は賢明な選択肢になります。これ以上CPU性能を上げると価格も一気に跳ね上がりますし、排熱の問題から本体も大きくなってしまって持ち運びがしにくくなってしまいます。負荷の高い作業を行いたいと考えているクリエイターの方なら32GBを選択するメリットは大きいです。

どのような用途でのパソコン使用を考えているのか、普段からメモリ不足に悩んでいるのかなどを基準に判断するとわかりやすいと思います。なんとなくで選んでしまうと無駄にコストが掛かってしまうことになりますので推奨しません。必ずあなた自身の環境を理解してから判断してください。

CPUが二世代前のモデルで心許ない

CPUがIntel第十世代のCore i7-10750Hであることはデメリットとなる可能性があります。Core i7シリーズのハイパフォーマンスモデルとは言ってもモデル自体が古く現行モデルと比べると大きく見劣りしてしまいます。現行の省電力モデルにも及ばない性能で心許ないというのが正直な評価になります。構成面を考えると価格も納得できるとは思いますが、これだけの予算があれば選択肢も広がります。いろいろなモデルを見てから決断しても遅くありません。

キャンペーンがないと価格が高い

mouse K5 (プレミアムモデル)は、通常価格が税込153,780円とかなり高めです。メモリ容量が32GBと大容量とはいっても、上位モデルのGTX 1650 LaptopやRTX 3050 Laptop搭載モデルを選択できるほどです。いくら構成が充実してもパフォーマンス面で上回るモデルがあるなら厳しい戦いになります。GeForce MX350で輝くのは「mouse K5」でしょう。価格がしっかりと抑えられている分選びやすいです。

当該モデルについてはセール&キャンペーンを待った方が良いでしょう。5,000円以上の割引を見込めます。それ以上の値下げが行われるのであれば間違いなく買いの一台だと言えます。コストパフォーマンスの高さが光るモデルとなり得ます。CPU・GPU・メモリ・ストレージ・m-Bookブランド全てを考慮すれば割安であることは間違いありません。普段からこのぐらいの価格帯であればいいのですが…

Dell G15 Ryzen Editionプラチナ(RTX3050搭載)と比較

メーカーマウスコンピューターDell
型番mouse K5 (プレミアムモデル)
mouse K5 (2)
G15 Ryzen Edition
プラチナ(RTX3050搭載)

dellg15ryzenedition
価格153,780円(税込)
139,800円(税込)
196,000円(税込)
137,200円(税込)
送料3,300円(税込)無料
液晶サイズ15.6インチ15.6インチ
解像度1920×10801920×1080
リフレッシュレート60Hz120Hz
重量約2.06kg約2.52kg
CPUCore i7-10750HRyzen 7 6800H
GPUMX 350RTX 3050
メモリDDR4-2666 32GBDDR5-4800 16GB
SSD512GB NVMe512GB NVMe
HDD1TB非搭載
おすすめ度★★★★★★☆☆☆☆★★★★★★★★★☆
公式公式公式
同価格帯のDell G15 Ryzen Editionプラチナ(RTX3050搭載)と比較していきます。Dell G15 Ryzen Editionプラチナは、mouse K5 (プレミアムモデル)と同じ15.6インチFULL HDディスプレイを搭載しています。120Hzと高リフレッシュレートに対応していてゲームプレイにも対応可能です。本体重量が約2.52kgとmouse K5 (プレミアムモデル)よりも22%程度重いです。これが唯一のデメリットと言えるかもしれません。

Dell G15 Ryzen Editionプラチナ(RTX3050搭載)はCPUにRyzen 7 6800Hを搭載しています。比較的新しいモデルでCore i7-10750Hよりも70%以上も性能が高いです。グラフィックスにはAmpere世代のエントリークラスであるRTX 3050 Laptopを搭載しています。GeForce MX350と比べて3倍以上の処理性能を持っています。RTX 3050 Laptopならゲームプレイにも対応できます。

メモリ16GB、SSD 512GBと構成は平均的です。mouse K5 (プレミアムモデル)の方が構成は充実していますね。ただし、やはり性能差が大きくDell G15 Ryzen Editionプラチナ(RTX3050搭載)を選ぶべきではないかと思います。パソコンでできることがぐっと広がります。

>>mouse K5 (プレミアムモデル)購入<<

mouse K5 (プレミアムモデル)シリーズケースレビュー

正面

mouse K5syoumen狭額縁デザインを採用していて視認性が高いです。従来モデルよりも少しだけコンパクトになっています。デザインも落ち着いていてオシャレですね。WEBカメラ・マイク内蔵でWEB会議にも使用することができます。

天板

mouse K5tenbanマウスコンピューターのブランドロゴがど真ん中に印字されています。ここは好みが分かれてしまうかもしれません。何もない方が好きだという方も多いでしょう。

キーボード

mouse K5keyboardテンキー付きのキーボードを採用しています。キーピッチは約19mm、キーストロークは約1.8mmとノートパソコンとしては余裕があります。男性の方でも窮屈さを感じることはないでしょう。

両側面

mousek5-interface本体左側にはUSB 3.0端子 Type-A×1、USB 2.0端子 Type-A×1、マイク端子・ヘッドホン出力端子が配置されています。本体右側にはカードリーダー、USB 3.1端子 Type-C×1、USB 3.0端子Type-A×1、ネットワーク端子が配置されています。USB PowerDeliveryには対応していません。

奥側

mousek5-okugawa本体奥側にはMini DisplayPort端子×1、HDMI端子×1が配置されています。最大3画面での出力が可能です。

mouse K5 (プレミアムモデル)の口コミまとめ

購入年:2021年 使用目的:動画編集

動画編集をする機会が増えたのでこのモデルを購入しました。セール中でかなりお得だったので良かったです。重い映像ファイルでもさくさく編集ができます。SSD 512GB NVMeなのもポイントが高いです。

jyoseikutikomi

購入年:2020年 使用目的:特になし

持ち運びをメインに考えて選びました。15.6インチで持ち運びがしやすくかつ実用性も高いというのが気に入っています。スペック不足に悩むことはありませんね。

>>mouse K5 (プレミアムモデル)購入<<

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、マウスコンピューターの「mouse K5 (プレミアムモデル)」の性能スペックについてまとめました。メモリ32GBと大容量なのがポイントです。より負荷の掛かる作業に対応しやすくなります。CPUにはCore i7-10750Hを、グラフィックボードにはGeForce MX350を搭載しています。Core i7-10750Hは二世代前のモデルで古さを感じてしまいます。現行の省電力モデルよりも性能は劣ります。

外部グラフィックボードを搭載していることから3D処理能力も高めでクリエイターの方にもおすすめしやすいです。負荷の掛かる作業でも安定してこなすことが約束されます。価格的にはやや高いのでセールやキャンペーンを待った方がよいかもしれません。旧世代のモデルなので大幅値引きを期待したいです。マウスコンピューターのモデルにこだわりがないなら他社メーカーのモデルもチェックしておくと良いですね。

公式

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-12700、Core i5-1240P等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等