geforcemx550画像引用元:https://www.geforce.com/

管理人管理人

当記事では、「GeForce MX550の性能スペックと搭載BTOノートパソコン」を紹介しています。2021年12月にひっそりとモバイル向けのエントリークラスのグラフィックボードがリリースされました。GeForce MX450の後継モデルということになります。

GeForce MX550は、GeForce MX450と同じTuring世代のモデルです。アーキテクチャは維持しつつCUDAコアの引き上げやメモリ周りの強化でより高いパフォーマンスを得られます。GeForce GTX 1050 Laptopよりも高いグラフィックス処理性能は圧巻です。

GeForce MX550のおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual

-

gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
×
webdesign

-
tvdenwa
-
cad
businessperson
GeForce MX550を搭載したモデルのおすすめ用途をまとめています。動画編集や動画投稿においてGPGPUを活かすことができます。ゲームプレイについては十分な性能を持っているとは言えませんが、設定面で妥協をすれば問題ないでしょう。ゲーム実況や3D CADは苦手です。その他の用途については搭載しているCPUに依存しますが、グラフィックス処理性能については十分な性能を持っていると言えます。

GeForce MX550のスペック

MX550MX570MX450
アーキテクチャTuringAmpereTuring
GPUTU117GA107STU117
プロセス12nm8 nm12nm
ダイサイズ200m㎡-200m㎡
トランジスタ数47億-47億
CUDAコア1024基2048基896基
ベースクロック1065 MHz1087 MHz1395MHz
ブーストクロック1320 MHz1155 MHz1575MHz
メモリ規格GDDR6GDDR6GDDR6
メモリ容量2GB4GB2GB
メモリ速度12 Gbps12 Gbps10 Gbps
メモリバス64 bit64 bit64 bit
メモリバンド幅96.00 GB/s96.00 GB/s80.00 GB/s
消費電力25W25W25W
発売日2021/12/172021/12/172020/08/25
GeForce MX550は、GeForce MX450と同じTuring世代のグラフィックボードです。GPUもTU117と共通です。プロセス・ダイサイズ・トランジスタ数と全く同じですね。基本的にはマイナーチェンジモデルだと考えておきましょう。

CUDAコア数は15%程度多く1024基です。SM数が7基(128×7)→8基(128×8)へと増えたことによるものです。ベースクロックはGeForce MX450の方が33%高く、ブーストクロックもGeForce MX450の方が20%程度高いです。

メモリ規格・GPUメモリ容量はGDDR6 2GBと変わっていません。メモリ速度が20%速くなっています。メモリバスは64 bitと共通です。メモリバンド幅は20%広く96.00 GB/sとなっています。消費電力は25Wと同じです。上位モデルのGeForce MX570では最新のAmpereアーキテクチャを採用しています。GPUもGA107Sとなります。プロセスは50%小さく8nmです。

CUDAコアは倍の2048基となります。ベースクロックはGeForce MX570の方が2%高く、ブーストクロックはGeForce MX550の方が15%高いです。メモリ規格はGDDR6と共通ですが、容量が倍の4GBとなっています。メモリ速度・メモリバス・メモリバンド幅・消費電力は同じですね。

GeForce MX550ってどんなグラフィックボード?

ノート向け最新GPUの最安値クラスの一台

GeForce MX550は、2021年12月17日に発売されたノートPC向けのグラフィックスの製品ラインナップの中で最安値クラスのモデルです。同時期に上位モデルとしてGeForce MX570やGeForce RTX 2050も販売されました。価格面から見るとGeForce MX550は魅力的なモデルだと言えます。

GeForce MX570は、Ampere世代のグラフィックボードでGeForce MX550よりも高い性能を持っています。GeForce RTX 2050は、RTコア・Tensorコアを搭載したエントリークラスのモデルです。今のところ搭載モデルは国内で販売されていません。

GTX 1050 Laptopよりも性能が高い

geforcemx550bechmark
GeForce MX550は、ノートPC向けモデルの中で最も安価なモデルながらPascal世代のGTX 1050 Laptopを超える処理性能を持っています。消費電力も75W→25Wへと1/3に抑えられているのもポイントです。モバイルノートパソコンにも搭載しやすいですね。

旧世代のGeForce MX450よりも25%程度性能が高いです。CPU内蔵グラフィックスのIntel Iris Xe Graphicsと比べても50%程度性能が高く外付けモデルを選ぶ理由があると言えます。動画編集やWEBデザインなどの用途で有利になります。ゲームプレイについても妥協すれば対応することができます。

搭載モデルが少なくかなりレアな存在

2022年8月時点でGeForce MX550を搭載したモデルは一台しか販売されていません。次に紹介しているDellの「New Inspiron 16 2-in-1 プラチナ」のみです。GeForce MX450がそうであったように今後も大幅にラインナップが増えることはないのではないかと思います。

CPU内蔵グラフィックスのIntel Iris Xe GraphicsとGTX 1650 Laptopの間を埋める存在です。そういう意味では少し中途半端さがあるのかもしれません。GeForce MX550を選ぶのであればGTX 1650 Laptopを選ぶという方が多いのでしょう。価格面でもGTX 1650 Laptop搭載モデルとそれほど変わらないことも影響しているのではないかと思います。

GeForce MX550搭載のおすすめBTOパソコン

New Inspiron 16 2-in-1 プラチナ(4K有機EL・大容量SSD・MX550搭載)(Dell)

New Inspiron 16 2-in-1
価格:265,500円(税込) 199,290円(税込)
液晶サイズ:16.0インチUHD+
重量:約2.10Kg
駆動時間:非公開
CPU:Core i7-1260P
GPU:GeForce MX550
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:1TB SSD

公式
16.0インチUHD+ディスプレイ (3840 x 2400) を搭載したノートパソコンです。解像度が高くビジネスやクリエイター作業にも適しています。本体重量は約2.10kgと平均的です。CPUにはIntel第十二世代のCore i7-1260P、グラフィックスにはGeForce MX550を搭載しています。Core i7-1260Pは、12コア16スレッドとマルチスレッド性能が高いです。グラフィックスにはGeForce MX550を搭載していて動画編集やWEBデザインなどの作業にも最適です。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も充実しています。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、GeForce MX550の性能スペック&搭載BTOノートパソコンについて紹介しました。GeForce MX550は、GeForce MX450の後継モデルで同じTuring世代のアーキテクチャを採用しています。CUDAコア数アップとメモリ帯域幅の増幅によってパフォーマンスが高くなっています。Pascal世代のGTX 1050 Laptopよりも高い性能を発揮します。動画編集・WEBデザイン・ゲームプレイなどにおいて、CPU内蔵グラフィックスよりも高いパフォーマンスを期待できます。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-12700、Core i5-1240P等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等