Pentium Gold G6400

管理人管理人

当記事では、「Pentium Gold G6400の性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。最も安価に購入できるBTOパソコンを探しているならこのPentiumがおすすめです。単体価格$64(7,500円前後)で購入することができます。BTOパソコンの場合外付けのグラフィックボード搭載モデルはありません。

スペック的にはそれほど優れているわけではないので、ネット閲覧や動画視聴など負荷の掛からない用途向けだと言えます。用途を間違ってしまうと動作が重くストレスを抱えてしまうことになりますので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

Pentium Gold G6400の基本スペック

世代Comet Lake
プロセス14nm
コア/スレッド数2 / 4
クロック周波数4.00 GHz
ブーストクロック-
内蔵グラフィックスUHD Graphics 610
キャッシュ4MB
Operatin Range58W
発売日2020年5月26日
価格$64

Pentium Gold G6400のおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
×
youtubervirtual
×


gamedeveloper
×
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
×
webdesign

×
tvdenwa
cad
×
businessperson
Pentium Gold G6400は、エントリークラスのPentiumということもあっておすすめの用途は限定的です。価格の安いCPUでは特に用途に合致したモデルかどうか確認する必要があります。2コア4スレッドというスペックを考えると動画編集・動画投稿・ゲーム・ゲーム実況・DTM・3D CADには不向きです。

デュアル環境の構築についてはCPU的には問題ありませんが、メモリ容量が4GBでは厳しいです。Chromeブラウザを使うとメモリ負荷が高くなってしまいCPUだけではカバーできないからです。動画視聴・Skype・ビジネス用途なら問題なく対応できます。RAW現像・マンガ制作・デイトレ・WEBデザインなどは得意ではありません。基本的にはCore i3シリーズ以上を選択するべきだと言えます。

Pentium Gold G6400のスペック比較

Core i3-10100と比較

 Pentium Gold G6400i3-10100Pentium Gold G5420
コードネームComet LakeComet LakeCoffee Lake
プロセス14nm14nm14nm
コア/スレッド2 / 44 / 82 / 4
ベースクロック4.0GHz3.6GHz3.8GHz
ターボクロック-4.3GHz-
オーバークロック×××
L3キャッシュ4MB6MB4MB
メモリ規格DDR4-2666DDR4-2666DDR4-2400
内蔵GPUUHD Graphics 610UHD Graphics 630UHD Graphics 610
グラフィック周波数1050 MHz1100 MHz1050 MHz
CPUクーラー
TDP58W65W54W
定価$64$122$64
搭載PC価格41,480円~46,800円~-
発売日2020年5月26日2020年5月27日2019年9月6日
Pentium Gold G6400は、前世代のPentium Gold G5420の後継モデルです。コードネームがCoffee Lakeから最新のComet Lakeになっています。アーキテクチャー的にはそれほど大きく変わったわけではなく、プロセスは14nmのままです。それほど大きくパフォーマンスが向上していません。コア/スレッドは2コア4スレッドと同じです。

ベースクロックが3.8GHzから4.0GHzへと5%程度引き上げられています。初めてPentiumで4.0Ghzを達成しています。L3キャッシュは同じ4MBです。大きな変更点はメモリ規格がDDR4-2400からDDR4-2666へとアップグレードされていることだと言えます。ベースクロックの微増とメモリ規格のアップグレードがポイントとなります。消費電力が4W高くなったのはこれらの影響によるものです。内蔵グラフィックスは変わりありません。価格も同じ$64を維持しています。

上位モデルのCore i3-10100との性能差は気になるところだと思います。価格差は$68でほぼ倍となります。性能的には大きく変わります。4コア8スレッドと倍増です。ベースクロック3.6GHz、ターボクロック4.3GHzと引き上げられます。L3キャッシュも6MBと50%アップです。消費電力は65Wとなります。Core i3-10100でもCPUクーラー同梱となっています。搭載PCの価格はそれほど違いがあるわけではないですね。

AMD Athlon 3000Gと比較

 Pentium Gold G6400Athlon 3000G
コードネームComet LakeZen
プロセス14nm14nm
コア/スレッド2 / 42 / 4
ベースクロック4.0GHz3.5GHz
ターボクロック--
オーバークロック×
L3キャッシュ4MB4MB
メモリ規格DDR4-2666DDR4-2666
内蔵GPUUHD Graphics 610Radeon Vega 3 Graphics
グラフィック周波数1050 MHz1100 MHz
CPUクーラー
TDP58W35W
定価$64$49
搭載PC価格41,480円~49,800円~
発売日2020年5月26日2019年11月23日
AMDのAthlon 3000Gとスペックを比較していきます。Zenアーキテクチャーを採用しています。現行のZen 3に比べると3世代前ということになります。プロセスは14nmと共通です。2コア/スレッドというのも同じですね。ベースクロックはPentium Gold G6400の方が15%高いです。ただし、Athlon 3000Gはオーバークロックに対応していますので、クロック周波数を引き上げることが可能です。

L3キャッシュやメモリ規格は同じです。内蔵GPUの性能についてもほぼ同等ですが、Athlon 3000Gの方が少しだけ高いです。Athlon 3000GもCPUクーラー同梱です。消費電力が35Wとかなり抑えられているのは魅力です。定格は$49とPentium Gold G6400よりも$15安いです。現時点では搭載モデルの価格はAthlon 3000Gの方が高くなっています。

Pentium Gold G6400ってどんなCPUなの?

CPU性能はCore i3シリーズよりワンランク落ちる

g6400seinou

Pentium Gold G6400は、Intel製CPUの中でもエントリークラスに位置します。どうしても上位のCore iシリーズとは壁があります。ここを超えるかどうかでパフォーマンスに大きな差が生まれます。価格差を考えるとCore i3シリーズの方がコストパフォーマンスは高いと言えるかもしれません。

+7,000円でワンランク上のCPU性能が手に入るということになります。テレワークでの使用を考えているならCore i3シリーズがおすすめです。Pentium Gold G6400はあくまでもライトユーザー向けです。性能に関して過度な期待をしないようにしましょう。

税抜7,000円前後で購入できる安価なモデル

Pentium Gold G6400は価格の安さが最大の特徴です。スペックは2コア4スレッドとデスクトップ向けCPUとしては一番下になります。税抜7,000円前後で購入できるので、安価なBTOパソコンの購入を考えている方や自作PCを作りたいと考えている方に支持されています。

省電力性が高く電源ユニットやPCケースなどのコストを抑えることができます。水冷CPUクーラー同梱というのも嬉しいですね。今後ここから大きく価格が下がる可能性が低く購入しやすいモデルだと思います。前のPentium Gold G5420の中古価格も同じぐらいです。性能的にそれほど差があるわけではないので、仕方がないところだと言えます。

Pentium Gold G6400のベンチマーク検証

Cinebench R15

Cinebench R20pentiumg6400cinebench

前世代のPentium Gold G5420よりも2%程度マルチスレッド性能が高くなっています。シングルスレッド性能も3%高いです。2017年に発売されたPentium Gold G4560から着実に進化していることがわかります。Core i3シリーズに比べると伸びはそれほど大きいわけではありません。Core i3-9100との差は45%となっています。AMD Athlon 3000Gよりも8%高く低価格帯でもIntel製CPUが強いですね。

PCMARK 10

pcmark10pcmark-g6400

PCMARK 10でのProductivityテストの結果です。オフィスやエクセルの利用を想定したベンチマークとなっています。Pentium Gold G5420との差は1%程度です。これぐらいの差であれば性能差を体感することは難しいでしょう。ここではCore i3-9100が性能の高さを見せています。コア/スレッドが多いほうが有利になることは間違いありません。

Excel Monte Carlo Simulation

excel-g6400

ExcelでのMonte Carlo Simulationに掛かる時間を計測しています。Pentium G5420よりも4%程度高いです。Athlon 300Gよりも27%高速です。Intel製CPUの方が優勢です。Core i3-9100になると50%程度早くなります。

Pentium Gold G6400搭載のおすすめBTOパソコン

Lenovo IdeaCentre 550i – グレー(Lenovo)

Lenovo IdeaCentre 550i価格:38,491円(税込)
CPU:Pentium Gold G6400
GPU:UHDグラフィックス610
メモリ:DDR4 4GB
SSD:非搭載
HDD:1TB

公式
最安値クラスのBTOパソコンです。税込み38,000円というのは格安です。スリムタワーを採用しています。メモリ4GB、HDD 1TBと構成は最低限に留められています。ネットサーフィンや動画視聴がメインの方向けですね。メモリ容量がそれほど多くないためブラウザをたくさん開いての作業はオフィスソフトの使用はやや苦手です。

STYLE-S046-P64-UHS-U(パソコン工房)

STYLE-S046-P64-UHS-U価格:43,980円
CPU:Pentium Gold G6400
GPU:UHDグラフィックス610
メモリ:DDR4 8GB
SSD:480GB
HDD:非搭載

公式
パソコン工房のスリムタワーです。税抜43,000円となっています。メモリ8GB、SSD 480GBと十分過ぎる構成です。ネットサーフィンや動画視聴以上のことにも対応できます。オフィスソフトを使うなど比較的負荷の軽いアプリケーションなら問題ありません。SSD搭載で快適なPC作業が実現します。

IdeaCentre AIO350i(Lenovo)

IdeaCentre AIO350i価格:92,180円(税込)
CPU:Pentium Gold G6400T
GPU:UHDグラフィックス610
メモリ:DDR4 4GB
SSD:非搭載
HDD:1TB

公式
Lenovoのモニター一体型モデルです。机の上をすっきりとさせることができます。メモリ4GB、HDD 1TBという構成を考えると価格は高めです。モニターを別途用意する必要がないこととデザイン性が高いことから価格以上の価値があるモデルだと思います。動画視聴やネット閲覧がメインの方におすすめです。テレワークなどに対応することも可能です。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Pentium Gold G6400の性能スペック及び搭載BTOパソコンの紹介しました。Pentium Gold G6400はIntel製CPUの序列で最も最下層に位置するCPUとなっています。2コア4スレッドで、定格クロック4.0GHzと控え目な性能です。価格が$64と安価なのが最大の特徴です。

ネット閲覧・動画視聴・Skypeなどがメインとなる方向けのCPUです。負荷の掛かる作業は苦手としていることは理解しておきましょう。RAW現像・マンガ制作・WEBデザインなどを考えているならCore i3-10100以上がおすすめです。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume