emmc画像引用元:https://www.anandtech.com/

管理人管理人

当ページでは、モバイルノートに使われることの多い「eMMC(イーエムエムシー)」について詳しく解説しています。安価なBTOノートパソコンを見ているとストレージ欄にeMMC 64GBなどと書かれていることに気付きます。省電力かつコンパクトさがウリのストレージです。同じストレージであるSSDとの違いに言及しながら詳しく見ていきましょう。

eMMC(embedded MultiMediaCard)って何のこと?

eMMCとは、フラッシュメモリーを基本としたストレージのことです。直訳すると組み込み機器向けのマルチメディアカードとなります。モバイルノートPCに使われることが多くなっています。SSDと同じようにフラッシュメモリーを活用していることからSSDに似ている側面も多いです。一般的な用途におけるeMMCの読み込み/書き込み速度は、SSDとHDDの中間と考えて良いでしょう。SSDほど速くはないもののパソコンの起ち上げ速度も速く快適です。SSDとの違いについては次の項目で詳しく解説しています。

モバイルノート以外にもスマートフォンのストレージとして利用されることもあります。容量は多くの場合32GBか64GBとなっています。稀に128GBのものもあります。最近はSSDもHDDも価格が下がり大容量が一般的になってきていましたので、32GB or 64GBだと物足りなく感じてしまうかもしれません。それでも省電力であることや小さいことがメリットなるため選ばれることが多いです。

ストレージ容量が少ないという弱点をカバーするようにほとんどのeMMC搭載のノートパソコンにSDやmicro SDなどのようなメモリーカードを挿入できるカードスロットが用意されています。別途micro SDなどを用意すれば簡単にストレージ容量を増やせます。最近は価格も落ちてきているので選びやすくなりました。例えばドラレコやカメラのSDカードやmicro SDカードを読み込むことも可能です。その他にもDropboxなどのクラウドサービスを利用すればストレージの問題はなくなると思います。

eMMCの業界規模は今後も伸びる

emmcsale

eMMCの市場規模は今後も拡大が予想されています。ある研究(kbv research, 2021)によると、2027年には118億米ドルに到達すると言われています。上から順にGPSシステム(自動車)、デジタルカメラ、スマートフォン、医療機器、その他となっています。モバイルノートパソコンはその他に含まれますのでeMMC業界でのシェアが大きいわけではありません。特に自動車の需要が高いようです。

eMMCとSSDの特徴を比較

 eMMCSSD
サイズ小さい普通
価格高い普通
容量64GBが主流1TBもある
データ転送速度普通早い
消費電力少ないやや少ない

サイズ

eMMCはコンパクトさが魅力のストレージです。これがeMMC最大の特徴だと言っても過言ではありません。同じフラッシュメモリーのSSDよりも一回り小さく利便性に優れています。そのため11.3インチや13.3インチのモバイルノートだけではなく、タブレットやスマートフォンにも利用されているというわけです。

モバイルノートパソコンにおいて本体重量を抑えられるのは大きなメリットだと言えます。本体重量1.0kgを切るモデルも珍しくはありません。持ち運びをメインに考えているならeMMCとクラウドストレージの組み合わせが最強です。

価格

モバイルノートパソコンやスマートフォンに採用されていることからeMMCの価格が安いように感じられるかもしれません。しかし、それはストレージ容量が少ないためで1GB当たりの価格で見ると割高です。SSDで同じ容量を実現するとなるともっとコストを下げられるということになります。本体が小さいことと消費電力を抑えられていることを考えると納得できると思います。価格は妥協すべき点ということです。

容量

ストレージは控え目で最大でも128GBとなっています。ただし、最大の128GBを搭載したモデルはほとんどなく、32GBか64GBが一般的です。当然容量は多いとは言えません。eMMC搭載モデルのストレージ容量を増やしたいなら外部ストレージやクラウドサービスなどで対応する必要があります。

転送速度

転送速度についてはSSDには及びません。それでもHDDよりも速く不満を感じることはないと思います。PCの起動やアプリケーションの起動もスピーディーです。モバイルノートパソコンやスマートフォンなどでさっと取り出して使えるのは嬉しいですね。

消費電力

消費電力はかなり低く省電力性が強みのストレージです。SSDやHDDよりも消費電力は抑えられています。発熱量も小さいです。大きなバッテリーを搭載できないモバイルノートやスマートフォンにぴったりだと言えますね。

eMMC搭載のモバイルノート紹介

THIRDWAVE VF-AD4(ドスパラ)

Altair VH-AD3S
価格:27,980円(税込)
CPU:Celeron N4000
GPU:HDグラフィックス600

公式詳細
ドスパラの売れ筋モバイルノートPCです。64GBのeMMCを搭載していて価格が抑えられています。14.0インチモニターを採用しています。本体重量は約1.28kgと軽いです。バッテリー駆動時間は約8.6時間となっています。CPUには、Celeron N4000を搭載しています。お世辞にも性能が高いとは言えませんが、ネットサーフィンや動画視聴などであれば快適に行なえます。本体が薄くデザイン性が高い一台です。オシャレなパソコンだと外出先でも積極的に使いたくなりますね!

ASUS Chromebook CX1(ASUS)

E203MA-4000
価格:29,800円(税込)
CPU:Celeron N3350
GPU:HDグラフィックス500

公式
Apollo Lake世代のCeleron N3350を搭載しています。Chromebookはより高速なPC作業ができるのが特徴です。eMMCは32GBと必要最低限に留まります。動画視聴やオフィスソフトの使用など比較的軽い作業を考えている方に最適です。シルバーのデザインと背面のASUSのロゴがオシャレなノートパソコンです。11.3インチのモバイルノートパソコンで本体は1.2kgと軽く持ち運びにも適しています。

mouse C4-E(マウスコンピューター)

mouse C4
価格:43,780円(税込)
CPU:Celeron N4100
GPU:HDグラフィックス600

公式詳細
Celeron N4100を搭載しているモバイルノートパソコンです。4コア4スレッドとCeleron N3350よりも高い性能を持っています。価格だけを見ればコストパフォーマンスに優れています。eMMC容量が128GBと大容量なのもポイントです。メモリは4GBとなっています。キャンペーンが行われることも多くお得な一台です。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、モバイルノートPCのストレージとして採用されることの多い「eMMC」について紹介しました。eMMCは、SSDと同じフラッシュメモリーとなっています。特性では異なる点が多いです。例えば、SSDと比較してストレージ容量は小さく、1GB当たりのコストは大きいです。メリットとしては、本体が小さいこと省電力性が高いことです。このような理由からモバイルノートPCを始めとして、タブレットやスマートフォンに採用されることもあります。

eMMCを搭載したノートパソコンとして代表的なのは、ドスパラの「THIRDWAVE VF-AD4」です。税込27,980円と手頃な価格がウケています。サブパソコンとしても使い勝手が良いですね。その他Celeron N3350を搭載したASUSの「Chromebook CX1」や希少な大容量の128GBのeMMCを搭載した「mouse C4-E」などがラインナップにあります。この価格帯のモデルについては性能は似たようなものが多くデザインやショップで決めてしまうと良いでしょう。

参照外部サイト

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume