cpu

管理人管理人

当記事では、「CPUとは何か」について解説しています。CPU(シーピーユー)という言葉自体聞いたことがある方も多いと思います。でも具体的にどういうものかを説明するのは難しくないでしょうか。ここでは基本的なことをまとめていますので、初心者の方でも理解しやすいと思います。知識を付けたら是非周りの方にCPUについて説明してみてくださいね。

CPUって何?

CPUとは、パソコン上のハードウェアやソフトウェアから受け取る全ての指示を処理するパーツのことです。Cnetral Processing Unitの略で、日本語に直訳すると中央演算処理装置となります。パソコンの中心的な役割を果たし、必要不可欠なパーツです。人間の脳に例えられることがあります。脳からの指令で手足を動かすイメージですね。

システムは、通常HDDなどのストレージに保存されます。そして、このようなシステムをHDDから取り出して情報処理を担うのがCPUなのです。マウスの操作、キーボードの入力、アプリの起動の処理など全てCPUが担っています。

具体的なCPUの役割

CPUの役割は、ソフトウェア、ハードウェアをユーザーが利用できるような状態にすることです。ソフトウェアやハードウェアから送られるデータをCPUが処理をして実行しています。パソコンで何をするにしてもCPUは重要な役割を果たします。

ワードやエクセル使用時の処理を例に簡単に見ていきましょう。ワードやエクセルなどのソフトウェアの起動もCPUが担います。起動後キーボードで文字をタイプをしたらその情報をCPUが処理をして、モニターに映し出します。マウスでカーソルを動かすとそれもCPUのおかげで画面にそのまま映し出されます。ファイルの保存もCPUに命令が伝わり、実行されてHDDに保存されます。

性能が高いとどういう恩恵があるのか?

CPUには高性能なものもあれば、省電力・低価格なものなど幅広くあります。性能が高いとどういうメリットがあるのでしょうか。答えは、性能が高いと処理能力が上がり快適に作業を行えるのです。

例えば、RAW現像(写真編集)や動画編集などはCPU負荷が高く、性能不足だと処理に時間が掛かりストレスが溜まります。一方、高性能なCPU搭載のPCならスピーディーに処理が行われます。CPUは、用途に合わせて選択するのが最適です。

CPUの性能を計る指標

cpuintel画像引用元:https://ark.intel.com/(Intel公式)

CPUには様々な種類があってそれぞれ異なる性能を持っています。上記にIntelの公式から「Core i7-8700K」のスペック表を引っ張ってきました。これらはCPUの性能を表しているものです。

たくさんの情報が並んでいますが、これらの中でコアの数・スレッドの数、プロセッサー・ベース動作周波数、ターボ・ブースト利用時の最大周波数が重要です。一つずつ説明しますので、参考にしてくださいね。

コアの数

コンピュータのコア(核)となる部分の数を表しています。コアとはつまり計算処理を行う箇所です。このコアが多ければ多いほど処理をより効率的に行うことができます。コアが2つあるものをデュアルコア、コアが4つあるものをクアッドコアと言います。中には6つ以上のコアを搭載したモデルもあります。

コアがたくさんあるということは複数の作業を同時に行う力を持つということです。ワードを開いたり、動画を観たり、インターネットサーフィンをしたりと同時に色々なことをしてもコアが負荷を分散してくれるので快適にパソコンをすることができるというわけです。

最近のCPUの傾向としてはコア数を増やして、各コアのクロック周波数を抑えています。こうすることでより効率的にパソコンを動作させることができるのです。

スレッドの数(ハイパースレッディング)

一つのコアで複数の作業を行うことをハイパースレッディング(HT)と言います。Intel社のCPUに独自に搭載されている機能です。作業中のコアに余力がある場合、その余力を他の作業に充てるということで、より効率的に作業を行うことができます。

高性能なモデルだと1つのコアで最大2つまでの作業を行うことができます。クアッドコア(4コア)であれば最大8スレッドの処理を行うことが可能です。この技術は現在i3シリーズとi7シリーズに適用されており、i5シリーズにはHT機能は搭載されていません。また、モバイル向けCPUも一部対応していない製品があります。

プロセッサーベース動作周波数(及びターボブースト時周波数)

クロック周波数が多ければ大きいほど処理性能が高いということになります。1秒間にどれだけクロックするかを表しています。クロックとは、CPUの動作の基準だと考えると良いでしょう。

例えば、ベース動作周波数が3.70GHzのCPUの場合、1秒間になんと約37億回もクロックがあるということです。また、ターボブーストとは複数コアが活用できない時にコア数に制限を掛け、動作周波数を挙げることです。実は複数コアを活用できる作業は限られています。そのようなときにターボブーストの概念が重要となります。

ただし、CPUの性能はこのクロック周波数が全てというわけではなく、処理性能の高さを示唆する基準として考えておく程度にしましょう。その他にコア数、スレッドの数、メモリ規格などが影響を与えます。

BTOパソコンにおけるCPUの種類

BTOパソコンに搭載されているCPUには様々な種類があります。基本的に価格に比例して性能が上がります。動画編集をしたり、高度なアプリ作業を行ったり、3Dゲームをプレイしたりする場合高い性能が必要となることがあります。作業をしていてカクカクしたり、動作が止まったりしてしまう時はCPUの性能不足を疑いましょう。

デスクトップ

世代型番性能
第8世代i7-8700K
★★★★★
i7-8700★★★★☆
i5-8400★★★☆☆
i3-8100★★☆☆☆
第7世代i7-7700K★★★★☆
i7-7700★★★★☆
i5-7500★★★☆☆
i5-7400★★☆☆☆
i3-7100★★☆☆☆
Celeron★☆☆☆☆
Pentium★☆☆☆☆

ノートパソコン

世代型番性能
第8世代Core i7-8550U★★★☆☆
Core i5-8350U★★☆☆☆
Core i5-8250U★★☆☆☆
第7世代Core i7-7700HQ★★★☆☆
Core i7-7500U★★☆☆☆
Core i5-7200U★☆☆☆☆
Core i3-7100U★☆☆☆☆
CPUの型番の見方
cpukataban
①シリーズ
CPUのシリーズを指しています。Core以外にもPentiumやCeleronがあります。Coreシリーズの方が高性能です。

②ランク
性能を表しています。i3>i5>i7と性能が高くなります。

③世代
第8世代が最も最新の世代となっています。BTOパソコンでは第7世代及び第8世代が主流です。

④型番
ランクの中の性能を表しています。数字が多ければ多いほど性能が高くなります。

⑤種類
X=ハイエンドCPU、K=オーバークロック対応、U=省電力、HQ=ハイパフォーマンスグラフィックス搭載CPU、アルファベットなし=通常モデルなどの種類を表しています。BTOパソコンでは、アルファベットなし、KあるいはUが一般的です。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、CPUとは何かについて解説しました。あなたが必要とする情報を見つけることはできましたか?ご意見・ご要望があればコメント欄あるいはお問い合わせフォームからご連絡いただければと思います。

CPUはパソコンでとても重要なパーツです。パソコンにおけるあらゆる作業のスピードはCPUに依存すると言っても過言ではありません。性能不足に悩まないためにも想定している使用方法に合ったCPUを選択することが大切です。

合わせて読みたい記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-9700、 i7-8565U等
gpu

GTX1650, GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume