raytrek R5-TA6公式

管理人管理人

当記事では、ドスパラが販売している「raytrek R5-AA5」のレビューをまとめています。ドスパラのクリエイター部門No.1になったこともあるraytrek R5-TA5の後継モデルです。Core i7-12700H×RTX 3050 Mobileを組み合わせたクリエイターノートで高い性能を持っています。

CPU性能が高いことに加えてグラフィックボードを搭載していることで動画編集やWEBデザインなどの用途に最適です。円安の影響もあって価格が高騰している中で、税込16万円台と価格が抑えられていて選びやすいのが魅力です。

(+) i7-12700H×RTX 3050 Mobile搭載モデル
(+) 税込16万円台と価格が抑えられている
(+) 翌日出荷に対応している
(-) HDDのカスタマイズができない
(-) キーボードがやや特殊
(-) 本体重量がやや重い

raytrek R5-AA5のスペック

raytrek R5-TA6syoumen

メーカードスパラ
型番raytrek R5-AA5
価格169,980円(税込)
モニター15.6インチ60Hz
ディスプレイ色域sRGBカバー率約99% (sRGB比約100%)
AdobeRGBカバー率約76% (AdobeRGB比約77%)
重量約2.0kg
バッテリー駆動時間測定中
CPUCore i7-12700H
グラフィックボードGeForce RTX 3050
メモリDDR4-3200 16GB
SSD1TB Gen4 NVMe
HDD非搭載
光学ドライブ非搭載
Wi-Fi 6
Thunderbolt 4×
おすすめ度★★★★★★★★☆☆
本体価格は税込169,980円です。送料3,300円を含めるとトータル費用は173,280円となります。15.6インチモニターを搭載したモデルです。ディスプレイ色域はクリエイターモデルらしく広いです。本体重量約2.0kgです。バッテリー駆動時間は測定中となっています。CPUにはゲーミングノートPCでも採用されることの多いCore i7-12700Hを搭載しています。14コア20スレッドと高いスペックを持つCPUです。

グラフィックスはAmpere世代のエントリークラスであるRTX 3050です。メモリ16GB、SSD 1TBという構成です。HDDは非搭載です。光学ドライブも搭載されていません。Wi-Fi 6対応・は最新モデルらしさだと言えます。おすすめ度は★八です。価格も抑えられていてコストパフォーマンスが高いです。

raytrek R5-AA5のおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
raytrek R5-AA5は、エントリークラスながらグラフィックボードを搭載したモデルで対応できる幅が広いモデルとなっています。ゲームプレイやWEBデザインにも対応できます。ゲーム実況については負荷の軽いタイトルであれば対応可能です。3D CADについては適正は高いわけではないため推奨しません。プロフェッショナル向けのNVIDIAシリーズを選択するべきでしょう。動画編集・動画投稿・RAW現像・マンガ制作・デイトレ・DTM・ビジネス用途にも最適です。当然デュアル環境構築にも対応できます。モニター出力はHDMI 2.1コネクタ及びUSB Type-Cから行えます。

raytrek R5-AA5の性能

Core i7-12700H

corei7-12700hbenchmark

Core i7-12700H、モバイル向けのハイパフォーマンスモデルです。その性能の高さからクリエイターノートPCだけではなくゲーミングノートPCで採用されることも多いです。Core i7-11800Hの後継モデルとなっています。14コア20スレッドとマルチスレッド性能が高く、動画編集・画像編集・WEBデザインなどの用途に最適です。従来モデルのフラグシップモデルであるCore i9-11980HKよりも10%以上性能が高いです。同様に競合モデルであるRyzen 7 5800Hよりも10%程度高いパフォーマンスを得られます。ゲーム用途ではそのRyzen 7 5800Hを上回るパフォーマンスを発揮します。まさにオールラウンドなCPUだと言えますね。

GeForce RTX 3050

rtx3050mobilebenchmarknew

GeForce RTX 3050は、Ampere世代のエントリークラスのグラフィックボードです。動画編集作業などでグラフィックスパワーを活かすことでより効率的に作業を行うことができます。従来モデルのGTX 1650よりも30%以上の処理性能が向上しています。GTX 1660 Ti Laptopよりも10%程度劣るパフォーマンスとなっています。50番台のグラフィックボードでもワンランク性能が引き上げられていますね。CPU内蔵グラフィックスのIris Xe Graphicsよりも3倍以上の性能で大幅に効率的に作業が行なえます。クリエイターの方にとって非常に魅力的な選択肢となりますね。

>>>raytrek R5-AA5を購入<<<

raytrek R5-AA5を選ぶ3つの理由

ハイスペックのCore i7-12700Hを搭載しているから

raytrek R5-AA5を選ぶ最大の理由は、Intel第十二世代のCore i7-12700Hを搭載していることです。14コア20スレッドとマルチスレッド性能が高く動画編集やWEBデザインなどのクリエイター作業に適しています。モバイル向けモデルの中でもトップクラスの性能を持っています。クリエイター向けのアプリケーションでは基本的にCPU性能が重要です。

従来モデルのCore i9シリーズを超える性能を持ちクリエイターノートPCとして高い評価を得ています。クリエイター用途ではグラフィックボードについてはサポート的な側面が強いです。グラフィックボードの性能が重要なゲーミングノートPCとは特性が異なります。そういう意味では当該モデルは理にかなっていると言えます。

現時点でどのモデルが良いのか決めきれない方は候補に入れてしまっても良いでしょう。高性能なCPUに合わせてグラフィックボードを搭載していることでできる幅も広く多くのユーザーにおすすめできます。動画編集・画像編集・ゲーム開発・WEBデザインなどの用途でのパソコン使用を考えている方は必見です。

コストパフォーマンスの高いモデルだから

コストパフォーマンスに優れたモデルで客観的に見ても評価の高いモデルです。Core i7-12700H×RTX 3050 Mobileの組み合わせで16万円台は破格です。他社メーカーのモデルを見ても10%以上も安くなっています。性能的にはGTX 1660 Ti搭載モデルを上回ります。クリエイターPCとして十分なスペックを持っています。

レイトレーシング・DLSSといった最新の機能を搭載しているのもポイントです。新しい機能を気軽に楽しめるのは嬉しいですね。価格を考えるとメモリ16GB、SSD 1TGBと構成も十分過ぎます。特にストレージ容量にもある程度余裕があります。この価格帯では非常に充実していてコストパフォーマンスの高さを後押ししています。

翌日出荷に対応しているから

翌日出荷に対応しているのも選ぶ理由になるでしょう。ドスパラならではの強みだと言えます。特に人気モデルの場合は納期が早い傾向にあります。地域によっては購入してから翌々日に受け取ることができます。カスタマイズをしても基本的に納期は変わりません。急ぎでお仕事用のノートパソコンを探している方にとっては非常に魅力的なモデルだと言えるでしょう。

>>>raytrek R5-AA5を購入<<<

raytrek R5-AA5の弱み

カスタマイズの幅が狭い

カスタマイズができる項目がそれほど多くないのは弱みだといえます。もっとも低価格が特徴のモデルなのでカスタマイズをして価格が高くなってしまうのは本末転倒ですね。せめてストレージについてはHDDの増設ができれば良かったのですが物理的なスペースの問題で対応できません。ストレージ容量を増やしたいなら選択肢はSSD 2TB(+16,000円)へのアップグレードのみとなります。

その他メモリのカスタマイズもできますが、32GBへのアップグレードは+13,200円でエントリークラスのモデルにはオーバースペック気味だと言えます。メモリ規格はDDR4-3200が搭載されていてDDR5の選択肢がありません。ここもコストを抑える上で仕方がない部分ですね。基本的には初期構成のまま購入すると良いでしょう。

キーボードの配列が通常とは少し異なる

raytrek R5-AA5で採用されているキーボードはやや特殊なモデルとなっています。スペースの限られたノートパソコンではこういったことがよくあるため事前に確認しておくことが大切です。例えば、当該モデルのキーボードでは本来エンターキーの真下にあるSHIFTキーが少し左側にずれています。真下には矢印の上が配置されています。

また、テンキーが搭載されているものの通常の4列ではなく3列になっていてデスクトップ向けのキーボードとは異なります。普段からこれらのキーを利用することが多い方は注意しましょう。キーピッチは約19mmで、キーストロークは約1.6mmと平均以上だと思います。キーピッチに余裕があるため使い勝手は良好です。

本体重量がやや重い

本体重量が約2.00kgとやや重めになっています。グラフィックボードを搭載したモデルでは平均的な重さですが、ノートパソコンの本体が2.0kg以上になると持ち運びが億劫になってしまうかもしれません。競合モデルの中には2.0kgを下回るモデルも存在していますので、弱みになると考えています。

特に女性の方は注意が必要です。電車移動で持ち運ぶのはやや厳しいかもしれません。持ち運ぶことを想定するならカバンなども大きめのものを用意しておきましょう。バックパックであれば持ち運びがしやすくなります。テレワークなどで特定の場所で利用することが多い方や車移動がメインの方であれば重さ自体は問題にはなりません。

他メーカーのBTOパソコンと比較

ブランドraytrekSENSEDAIV
製品名R5-AA5SENSE-15FX151-i7-PAFX5P
画像R5-TA6SENSE-15FX160-i7-RAZXdaiv5p
価格169,980円(税込)169,980円(税込)189,800円(税込)
液晶サイズ15.6インチ15.6インチ15.6インチ
リフレッシュレート60Hz60Hz60Hz
ディスプレイ色域sRGBカバー率約99%
(sRGB比約100%)

AdobeRGBカバー率約76%
(AdobeRGB比約77%)
非公開非公開
重量約2.00kg約2.05kg約1.73kg
バッテリー駆動時間測定中約2.5時間約9.0時間
CPUCore i7-12700HCore i7-11800HCore i7-11800H
GPURTX 3050RTX 3050 TiRTX 3050
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSD1TB Gen4 NVMe500GB NVMe512GB NVMe
HDD非搭載非搭載非搭載
Wi-Fi 6
Thunderbolt 4×××
公式公式公式公式
比較対象として同性能帯の二つのモデルと比較していきましょう。総合的に見るとやはりraytrek R5-AA5が頭一つ抜き出ています。パソコン工房の「SENSE-15FX151-i7-PAFX」はCore i7-11800H×RTX 3050 Tiを搭載したクリエイターノートパソコンです。グラフィックス性能はワンランク高くなりますが、CPU性能が大きく下がります。液晶サイズ・リフレッシュレートは共通です。

本体重量も同等だと言えますね。バッテリー駆動時間は約2.5時間と短めです。raytrek R5-AA5については、raytrek R5-AA5の前モデルであるraytrek R5-TA5が約6.3時間だったので同等だと考えられます。メモリはDDR4-3200 16GBと共通です。SSDはraytrek R5-AA5は倍増かつ高規格のモデルを採用していて上です。Wi-Fi 6対応は同じです。

DAIV 5Pはraytrek R5-AA5よりもおよそ2万円高いです。液晶サイズ・リフレッシュレートは共通ですが、本体重量は15%程度軽く約1.73kgとなっています。バッテリー駆動時間も約9.0時間と長いです。CPUはIntel第十一世代のCore i7-11800Hを、GPUには現行のエントリークラスであるRTX 3050を搭載しています。SSD容量は512GBとraytrek R5-AA5の半分位留まります。Wi-Fi 6対応は魅力的ですね。

>>>raytrek R5-AA5を購入<<<

raytrek R5-AA5の口コミまとめ

現在口コミを収集中です。

raytrek R5-AA5のケースレビュー

正面

raytrek R5-TA6syoumen15.6インチノートパソコンとしては平均的なサイズです。狭額縁デザインを採用しているためモニターの視認性が高いです。モニター上部にはカメラが搭載されていて気軽にWEB会議を行うことができます。

天板

raytrek R5-TA6tenban天板にはraytrekブランドのロゴが刻印されています。ガンメタリックのカラーが映えますね。

キーボード

raytrek R5-TA6keyboardキーボードは標準的なものを採用しています。SHIFTキーの位置が異なるなどデスクトップ向けのキーボードとは異なる点がありますが、スペースの限られているノートパソコンでは妥協すべき部分だと思います。電源ボタンの横にはモード切り替え用のスイッチが設けられています。

背面

raytrek R5-TA6haimen本体背面にはUSB3.2 Gen2 Type-C、HDMI 2.1、有線LAN端子、電源端子が配置されています。USB3.2 Gen2 Type-CやHDMI 2.1などのモニター出力に対応したものが背面に配置されているのは好印象です。マウスを使用してもケーブルが干渉することなく使い勝手が良いです。

両側面

raytrek R5-TA6interface本体左側にはUSB 3.2 Gen2、マイク入力端子、ヘッドフォン出力端子が設けられています。本体右側にはSDカードリーダー及びUSB 3.2 Gen1×2基が搭載されています。SDカードリーダー搭載がクリエイターPCらしいですね。デジカメの画像データを取り入れたり、ドラレコのデータを取り入れたりが容易に行なえます。

電源ケーブル

raytrek R5-TA6dengen電源ケーブルはオーソドックなものです。高性能なモデルでは消費電力の関係で電源をコンパクトにすることは難しいですね。それでも数年前に比べると明らかに小さくなっています。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、ドスパラの人気クリエイターPCである「raytrek R5-AA5」のレビュー及び口コミについてまとめました。ドスパラの売れ筋ランキングNo.1に輝いたことのあるraytrek R5-TA5の後継モデルで期待が高いです。コストパフォーマンスが高く多くの方におすすめできます。翌日出荷に対応していてすぐに受け取ることができます。

グラフィックスにエントリークラスのRTX 3050 Mobileを搭載していて動画編集作業などでパフォーマンスの向上を見込むことができます。CPUにはハイクラスのCore i7-12700Hを搭載しています。14コア20スレッドとマルチスレッド性能が高く幅広い用途に対応できます。CPUについてはノートパソコンとしてトップクラスの性能を持っています。

当該モデルはカスタマイズの幅が狭く基本的には初期構成のまま購入する必要があります。構成などにこだわりのある方は注意してくださいね。また、キーボードが少し特殊でデスクトップ向けモデルとは使用感が異なります。本体重量の重さもネックになってしまうかもしれません。デメリットについてはすべて理解した上で購入を検討してください。

公式

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等