HP 15s-eq1000

管理人管理人

当記事では、HPの人気モデルである「HP 15s-eq1000スタンダードモデル」について紹介しています。CPUにRyzen 5 4500Uを搭載していて高い性能を期待することができます。特別価格での販売中でお得に購入できるのが嬉しいですね。ピュワホワイトのカラーは使用する場所を選びません。税込み6万円前後という価格帯で探している方は要チェックです。国内メーカーのモデルと比べてもコストパフォーマンスに優れています。

HP 15s-eq1000スタンダードモデルのスペック

HP-15s-eq1000ahimen

価格69,800円
54,500円
液晶サイズ15.6インチ FULL HD
重量約1.6kg
バッテリー駆動時間約11.0時間
CPUAMD Ryzen 5 4500U
グラフィックスAMD Radeon Graphics
メモリDDR4 8GB
ストレージSSD 256GB
おすすめ度★★★★★★★★★★
現在14,300円安くなっています。15.6インチのノートパソコンです。本体重量約1.6kgです。バッテリー駆動時間は約11.0時間となっています。CPUにはRyzen 5 4500Uを搭載しています。グラフィックスはCPU内蔵グラフィックスであるAMD Radeonです。メモリ8GB、SSD 256GBという構成です。おすすめ度は★10個です。

>>HP 15s-eq1000スタンダードモデルを購入<<

HP 15s-eq1000スタンダードモデルのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
CPU性能が高いモデルということもあって対応できる用途は多いです。デュアル環境構築・動画視聴・RAW現像・デイトレ・WEBデザイン・Skype・ビジネス用途なら十分使用可能です。オフィスソフトやエクセルの使用でも余裕があってテレワークにも最適です。動画編集用のモデルとしてもおすすめです。極端に負荷の高いファイルの編集は苦手ですが、インスタグラム用やFULL HD環境の動画編集なら問題ありません。外付けのグラフィックボードが搭載されていないので、ゲームプレイやゲーム実況は苦手です。

HP 15s-eq1000スタンダードモデルの性能

AMD Ryzen 5 4500U

ryzen54500useinou

Ryzen 5 4500Uは、6コア6スレッドと省電力モデルの中でもスペックの高いCPUです。クロック周波数は最大4.0GHzとなっています。前世代のRyzen 5 3500Uとは全く別物のモデルと考えて良いでしょう。アーキテクチャが変わりパフォーマンスが大きく向上しました。

上記グラフの通り、競合かつ価格的な上位モデルであるIntel第11世代のCore i7-1165G7を超えるマルチスレッド性能を持っています。ハイパフォーマンスモデルであるCore i7-10750Hに次ぐスコアはさすがです。動画編集や画像編集など負荷の高めな作業を考えている方におすすめです。

Radeon Graphics

radeongraphics54500u

CPU内蔵グラフィックス(APU)としてRadeon Graphicsを搭載しています。GeForce MX350やMX250には及ばないもののCPU内蔵グラフィックスの中ではトップクラスの性能を誇ります。

PhotoshopやIllustratorなど比較的軽い3Dグラフィックス処理なら対応可能です。さすがにゲームプレイや3D CADでは役不足です。一般的なユーザーであれば困らないと思います。

>>HP 15s-eq1000スタンダードモデルを購入<<

HP 15s-eq1000スタンダードモデルを選ぶ3つの理由

Ryzen 5 4500U搭載で性能が高いから

第3世代RyzenシリーズのRyzen 5 4500Uを搭載しているのは選ぶ理由になります。当該CPUは、6コア6スレッドと省電力モデルの中で最高峰のスペックを誇り動画編集などの用途にも対応することができます。ノートパソコンでもある程度本格的にPC作業を行いたいと考えている方にぴったりです。国内メーカーではそれほどRyzen 5 4500U搭載モデルのラインナップが増えていないことからも優位性があります。

前世代であるRyzen 5 3500Uとは別物のCPUです。ZenコアからZen 2コアになりワットパフォーマンスが高くなっています。スペック的にも4コア8スレッドから6コア6スレッドへと物理コアが50%引き上げられ性能の底上げが行われています。Ryzen 5 3500U搭載モデルからの買い替えもありですね。より快適にPC作業を行えると思います。

税抜5万円台と低価格で購入しやすいから

税抜54,500円と価格が抑えられているのも魅力です。通常価格69,800円ですが、セール・キャンペーン中は14,300円OFFで購入することができます。この価格帯での14,300円割引はインパクトが大きいですね。学生の方でも購入しやすいでしょう。

Ryzen 5 4500U搭載モデルの相場は税抜7,8万円だと思います。HP 15s-eq1000スタンダードモデルは相場よりも30%程度安い価格設定が行われているということです。Ryzen 3やCore i3搭載モデルの価格でワンランク上のモデルが手に入ります。Ryzen 5 4500U搭載モデルとしてはコストパフォーマンスが高いです。

バッテリー駆動時間が長く作業に適しているから

バッテリー駆動時間が長いのも特徴の一つです。約11.0時間と余裕があるので朝充電しておけば1日外出予定があっても持つ計算です。これは省電力モデルであるRyzen 5 4500Uを搭載していることの恩恵です。省電力かつ十分なパフォーマンスと理想的なモデルだと言えますね。ハイパフォーマンスモデルであるHシリーズのRyzen 5 4600HやRyzen 7 4800H搭載モデルになると3,4時間程度ということもざらです。

>>HP 15s-eq1000スタンダードモデルを購入<<

HP 15s-eq1000スタンダードモデルの弱み

納期がかなり長い

HP 15s-eq1000スタンダードモデルは納期が長いことが弱みのモデルです。最近は落ち着いて来ているとはいっても納期は長く最短で1ヶ月程度掛かります。もちろんこれ以上掛かることも考えられるので急ぎでパソコンを手に入れたいと考えている方は他のモデルを検討した方が良いと思います。

夏頃はTwitterなどでも納期が長すぎるということで話題になっていました。どんどん納期がずれ込んでいたようです。いくらコストパフォーマンスが高いモデルでもこれは大きなマイナスです。今コストパフォーマンスが高くてもHP 15s-eq1000スタンダードモデルが手元に届く頃には他社メーカーを含めてもっと安価なモデルが販売されている可能性も十分考えられます。

シルバーとピンクカラーは選択不可

残念ながら、HP 15s-eq1000スタンダードモデルでは従来と同様にピュアホワイトしか選択することができません。HP 15s-eq1000シリーズではナチュラルシルバーとピンクローズの2色が新しくラインナップに追加されました。特にピンクローズは女性からの支持が厚くノートパソコン全体で見ても人気のカラーの一つです。

ナチュラルシルバーとピンクローズはWindows Hello指紋認証センサー付きで、割引が適用されない通常販売モデルでのみ選択することが可能です。スタンダードモデルだと定価の69,800円のモデルでのみ選択できるということです。

やや本体が重くて持ち運びしにくい

HP 15s-eq1000-size画像引用元:https://jp.ext.hp.com/

本体重量が約1.6kgとやや重めです。従来モデルであるHP 15-db1000が2.0kgあったことを考えると20%程度軽量化されています。税抜10万円程度のモデルになると1.0kg前後のノートパソコンもラインナップにありますが、税抜6万円以下のモデルとしては十分です。そう言っても持ち運びをメインに考える方にとっては1.6kgでも重さを感じてしまうと思います。自宅やオフィスなど特定の場所で使用することが多い方におすすめです。

>>HP 15s-eq1000スタンダードモデルを購入<<

mouse B5-R5と比較

ブランドHPmouse
画像HP 15s-eq1000B5-R5 (2)
製品名15s-eq1000スタンダードB5-R5
価格54,500円79,800円
液晶サイズ15.6インチ15.6インチ
重量約1.60kg約1.62kg
バッテリー駆動時間約11.0時間約8.5時間
CPURyzen 5 4500URyzen 5 4500U
GPURadeon GraphicsRadeon Graphics
メモリDDR4 8GBDDR4 8GB
SSD256GB256GB
HDD非搭載非搭載
Wi-Fi 6
PowerDelivery
光学ドライブ
公式公式公式
マウスコンピューターで販売されているmouse B5-R5と比較していきます。ほぼ同じパーツ及び構成で価格差は25,300円と大きいです。重量はどちらも約1.6kgです。バッテリー駆動時間についてはHP 15s-eq1000の方が2.5時間長くなっています。

価格差を考えてもコストパフォーマンスではHP 15s-eq1000スタンダードの勝ちです。マウスコンピューターの優位性はWi-Fi 6やPowerDeliveryに対応していることでしょう。より快適なネット環境を構築できたり、効率よく充電ができたりと最新モデルらしい一台です。また、国内販売で24時間サポートを受けられるという点も魅力ですね。

HP 15s-eq1000スタンダードモデルのケースデザイン

正面

HP 15s-eq1000
デザイン性の高いノートパソコンだと思います。ホワイトカラーがオシャレです。質感を見ても税抜5万円台のモデルには見えません。FULL HD液晶モニターということもあって視認性も高く使い勝手も良好です。キーボードにはテンキーも配置されています。意外と使い勝手が良いです。

背面

HP 15s-eq1000
背面にはhpのロゴが映えます。シンプルなデザインとなっています。背面には端子などは配置されていません。

右側

HP 15s-eq1000
右側面にはSDカードスロット、ヘッドフォン出力・マイク入力、USB Type-C、HDMI出力端子が配置されています。HDMI出力端子があるので気軽にデュアルモニター環境の構築が行なえます。YoutubeやNetflixを見ながらエクセルで作業をすることも容易です。

左側

HP 15s-eq1000
本体左側には電源コネクター及びUSB Type-Aが配置されています。モバイルノートパソコンでは一般的なものです。

>>HP 15s-eq1000スタンダードモデルを購入<<

HP 15s-eq1000スタンダードモデルの口コミ

夏はコロナ需要もあって注文が殺到したのでしょう。今も出荷までに最短1ヶ月と長めに設定されています。気長に待つしかありませんね。

納期が長いという口コミがたくさんありました。この方の場合すでに4ヶ月近く待っていることになります。今は受け取っていらっしゃると良いのですが…

SSDの快適性は一度慣れてしまうと戻れなくなりますね。価格も安く言うことなしのモデルだと思います。

当該モデルのコストパフォーマンスは圧巻です。国内メーカーは全く歯が立たない状況です。コスパ重視なら買って損はしないでしょう。

>>HP 15s-eq1000スタンダードモデルを購入<<

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、人気の高い「HP 15s-eq1000スタンダードモデル」についてレビューをしました。夏頃は緊急事態宣言によってテレワークなどでパソコンの需要が大きく伸びました。このとき納期が3ヶ月以上になった伝説の一台です。2021年1月時点でも1ヶ月程度は待たないとダメです。

人気の秘密はやはりRyzen 5 4500Uを搭載しているにも関わらず税抜5万円台という驚愕の価格設定にあります。Ryzen 5 4500Uは6コア6スレッドとマルチスレッド性能が高く動画編集・RAW現像にも対応できるのも嬉しいですね。この価格帯ならオーバースペック気味であっても購入して良いでしょう。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume