haisou

管理人管理人

当記事では、パソコン送る方法と送る際の梱包方法についてわかりやすく解説しています。私自身これまで何度もパソコンを送った経験があります。もちろん失敗もしてきました。それらを踏まえてベストな配送手段を提案します。引っ越しなどでパソコンを送りたいと考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

ダンボールに入れるだけだと故障の原因になる!?

私は友人にパソコンを譲るために県外の友人宅まで郵送をしたことがあります。その際あまり何も考えずにダンボールに少しタオルを入れてそのまま宅急便で送りました。到着後友人からパソコンが起動しないという連絡がありました。自作したパソコンだったということもあるかもしれませんが、原因を探っていくと電源コネクターが外れてしまったようでした。さらに、起動に支障はない部分で本体ケースが欠けてしまっていました。

パソコンを送るときの正解はパソコンをネットで購入した方ならわかると思います。パソコンとダンボールが直接触れないようにかつできれば動くスペースがないようにするのが好ましいのです。私が失敗したのはタオルでくるんだだけでパソコン本体が動いてしまったからです。パソコンは繊細な精密機械です。本体というよりもパソコンのパーツが衝撃に弱いのです。

しっかりと送りたいという方はパソコンを購入したら箱はそのまま置いておくのが良いですね。そうすればどこかに送ることになってもスムーズです。購入時の箱は捨ててしまったよ!という方も安心してください。箱がなくても安くて安全にパソコンを送る方法があります。ぜひ活用してみてください。

パソコンを送る方法まとめ

ここではパソコンを送るすべての手段をまとめています。最もおすすめなのはパソコン宅急便です。その理由は何もしなくてもすべてヤマトの人が行ってくれるからです。それ以外の方法だと自分で梱包をする手間が掛かります。

パソコン宅急便(ヤマト)

色々試した中で私が最もおすすめするのはパソコン宅急便です。ヤマト運輸が提供しているサービスでまさにパソコンを送るためにあります。価格は大きさによって異なりますが、3,000円前後で配送してもらえます。このサービスがすごいのは、集荷依頼をネットからすると指定日に来てくれて、当日パソコンを預けるとその場で梱包をしてくれることです。

非常に丁寧かつスピーディーに梱包してくれますので、安心して見ていられますよ。私自身数回利用していますが、これなら信頼しても大丈夫だと思えるクオリティの高さです。専用の資材を使用してパソコン本体への衝撃を軽減してくれます。自身で梱包するのが苦手だという方や気軽に送りたいという方におすすめです。パソコン以外にもモニター、小型インクジェットプリンタ、ノートパソコンなどにも対応しています。

郵便局(ゆうパック)

ゆうパックでパソコンを送ることもできます。最も安く送ることができるのはこのゆうパックです。しかし、自分で梱包をしないといけないので注意しましょう。大阪⇔東京でも2,000円で送ることができます。ただし、ダンボールや梱包用資材を別途購入する場合はヤマトのパソコン宅急便と変わらない費用が掛かります。

費用と手間のバランスを考えて選択しましょう。なお、送る際には郵便局に持っていてもいいですし、自宅に集荷に来てもらうこともできます。また、ローソン、ミニストップなどのコンビニから送ることもできます。

自分で運ぶ

送り先が近いのであれば車で自分で運ぶという方法も取れます。この場合はそれほどしっかりとした梱包をしなくても大丈夫でしょう。私は近場での引っ越しをする際はパソコンやモニターなどは引越し業者に任せず自分で運ぶようにしています。車を持っていない方はレンタカーでも良いと思います。自分で運べば故障リスクもかなり低くなります。

正しい梱包の方法

ゆうパックで送る場合は自身で梱包を行う必要があります。ここでは故障リスクを減らすための正しい梱包方法について解説しています。トラブルを避けるためにも必ず読んでくださいね。なお、購入時のダンボールがある方はそれを活用してください。

パソコンを詰めるダンボールを用意します。

パソコン本体が入るダンボールを用意しましょう。ミニタワーやミドルタワーなら160あれば十分でしょう。フルタワーになると170~200ぐらいは必要になるかもしれません。パソコンの本体を測って最適なダンボールを選択してください。パソコン用のダンボールも販売されていますのでそれを購入しても良いですね。

エアー緩衝材などで隙間を埋めます。

ダンボールにパソコンを丁寧に入れたらすきまをなくすためにエアー緩衝材などを入れましょう。Amazonで購入すると付いてくるときがありますね。なければインターネットで購入することもできます。また、新聞紙を丸めて代用することも可能です。

パソコン本体がダンボールに直接触れないように意識することが大切です。衝撃を軽減することで破損などのトラブルを防ぐことができます。簡単な方法はパソコン本体を入れるダンボールとは別にそのダンボールを入れるためのもう一つ大きいものを用意することです。そうすればエアー緩衝材も入れやすく安全性が高くなります。

ガムテープでしっかりと閉じて完成です。

エアー緩衝材を詰めて問題がなければガムテームでしっかりと閉じましょう。底面も念の為バツ印を描くようにガムテームで補強しておくと抜ける心配がなくなります。四角をわざわざ止める必要はありません。割れ物注意などと記載しておくと良いですね。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、パソコンの配送方法及び梱包の正しいやり方について解説しました。もしパソコンをどこかに送る必要があるときに参考にしていただければと思います。お金をあまり掛けたくないのであれば自分で梱包をしてゆうパックを利用するのが最も安上がりです。多少手間は掛かりますが、おすすめの方法の一つです。

ある程度お金を掛けることができるのであればヤマトのパソコン宅急便を選択すると良いと思います。集荷依頼をしてパソコンを預けるだけであとはすべてヤマトのスタッフがすべて行ってくれます。私も何度も利用していて、スタッフの仕事が丁寧で満足しています。もちろん100%故障がないわけではないと思いますが、今のところ私は大丈夫です。

合わせて読みたい記事カテゴリ一

お役立ち情報快適なPC環境
usefulinfo

アフターサポート etc.
pckankyou

PCの置き場所 etc.
周辺機器デバイス
peripherals

PCモニター、プリンター etc.
device

マウス、キーボード etc.

TOPページに戻る