THIRDWAVE F-14IC

管理人管理人

当記事では、ドスパラが販売している「THIRDWAVE F-14IC」のレビューをまとめています。2020年12月4日に発売開始となったモデルです。かつて売れ筋モデルだった「Altair F-13KR」の後継モデルとなっています。Intel第十世代のCore i5-1035G1を搭載しています。4コア8スレッドと高いマルチスレッド性能を持っていて一般的な用途なら十分な性能を持っていると言えます。

その他にもPower Delivery対応USBを搭載していたり、最新の無線規格であるWi-Fi 6に対応していたりと最新モデルらしい実用性を持っています。本体もコンパクトで持ち運びがしやすいという特徴があります。すっきりとしたデザインで価格以上の質感です。メモリ8GB搭載モデルが消滅してこのメモリ16GB搭載モデルだけが残りました。実は8GB搭載モデルよりも価格が安くなっていますのでお得感があります。

THIRDWAVE F-14ICのスペック

価格79,979円(税込)
液晶サイズ14.0インチ
重量約1.2kg
CPUCore i5-1035G1
グラフィックボードインテルUHDグラフィックス
メモリDDR-2666 16GB
SSD256GB NVMe
HDD非搭載
光学ドライブ非搭載
バッテリー駆動時間約14.4時間
おすすめ度★★★★★★★★★☆
価格は税込89,980円と比較的手頃な価格設定です。14.0インチで重さ約1.2kgと軽くて持ち運びがしやすいです。狭額縁デザインを採用していて13.3インチクラスで14.0インチモニターを搭載しています。モニターの占有面積が大きくなっています。CPUはCore i5-1035G1です。4コア8スレッドとノート向けモデルとして高い性能を持っています。メモリ16GB、SSD 256GBという構成です。バッテリー駆動時間が約14.4時間と長いのは魅力的です。おすすめ度は★9個となっています。

>>>THIRDWAVE F-14ICを購入<<<

THIRDWAVE F-14ICのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
×
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
×
webdesign

tvdenwa
cad
×
businessperson
Core i5-1035G1を搭載していることである程度の用途に通用するモデルだと考えて良いです。動画視聴・RAW現像・デイトレ・WEBデザイン・Skype・ビジネスなどがメインとなります。RAW現像やWEBデザインについては大規模なデータの取り扱いになるともたつくことがあります。それは「△」で示しているデュアル環境構築・動画編集・マンガ制作・DEMなども同様です。これらの用途をメインに考えているならCore i7シリーズ以上を選択した方が良いと思います。グラフィックボードを搭載していないので、ゲーム・ゲーム実況・3D CADには対応できません。

THIRDWAVE F-14ICの性能

Core i5-1035G1

Core i5-1035G1score

Core i5-1035G1は、Intel Ice Lake世代のモバイル向けCPUとなっています。初めて10nmプロセスを採用したモデルです。4コア8スレッドというスペックでモバイル向けとしては平均以上のCPU性能を持っています。前世代のCore i5-8265Uと比べると30%程度パフォーマンスが向上しました。プロセス改良によるメリットだと言えます。後継モデルであるCore i5-1135G7になるとさらに性能が高くなります。

インテルUHDグラフィックス

udhgraphics

Core i5-1035G1にはIntel UHDグラフィックスが搭載されています。CPU内蔵グラフィックスとは標準的で前世代のIntel UHD 620よりもわずかにグラフィックス処理性能が向上しています。ただし、あくまでも最低限必要な性能を持っているのみでゲームプレイや3D CADなどの用途で通用するわけではありません。上位モデルであるCore i5-1035G7に搭載されているIntel Iris Plusや第十一世代のCore i5-1135G7に搭載されているIris Xe Graphicsに比べると性能は劣ります。

>>>THIRDWAVE F-14ICを購入<<<

THIRDWAVE F-14ICを選ぶ3つの理由

Core i5-1035G1搭載でコスパが高いから

Core i5-1035G1搭載モデルとして税込7万円台は最安値クラスです。それでいてコストパフォーマンスが高いモデルとなっています。4コア8スレッドとモバイル向けミドルクラスのCPUとして十分な性能を持っています。プロセスが10nmへと微細化されてパワー効率が上がったことで省電力性も高いです。クロック周波数がかなり抑えられています。

メモリ16GBと大容量なのもポイントです。すでにまとめたとおり画像編集・WEBデジイン・ビジネスなどでの使用を考えている方に最適です。動画編集についても負荷が軽いデータであれば対応可能です。旧モデルということもあって価格が安くおすすめ度は高いです。価格重視で考えるなら魅力的な選択肢になると思います。

PD対応電源や指紋認証センサー搭載で実用性が高いから

Power Delivery対応のACアダプターを採用していて実用性が高いです。アダプター自体かなりコンパクトです。私も通常の電源ケーブルを持ち運ぶことに抵抗がありましたが、PD対応ACアダプターなら気軽に持ち運びができます。今後の主流になることは間違いありません。

さらに、電源ボタンに指紋認証センサーが搭載されています。パソコンの紛失や盗難時のデータの流出防止に効果的です。テレワークで仕事のファイルを取り扱う予定のある方も安心です。意外とこの指紋認証センサー付きのノートパソコンはそれほど多くありません。サインインの手間もなくなるので実用性も高いですね。

14.0インチで重さ約1.2kgと持ち運びに適しているから

14.0インチというちょうどよいサイズ感も人気の秘密です。13.3インチクラスの大きさにもかかわらずワンランク大きな14.0モニターを採用しています。狭額縁デザインを採用することで画面の占有面積が大きくなり実現しています。作業を行うにはモニターは大きい方が快適ですね。

もちろんモニターサイズに比例して本体が重くなってしまうと意味がありません。当該モデルは約1.2kgという軽さとなっています。1kg弱なら持ち運びも容易です。薄さも約14.8mmとコンパクトです。カバンに入れておけばかさばることはありません。少し大きな本という認識でいいと思います。

>>>THIRDWAVE F-14ICを購入<<<

THIRDWAVE F-14ICの弱み

CPUが最新のIntel第11世代モデルではない

価格が安いとは言ってもやはり最新モデルのCore i7-1165G7が出ている今では見劣りしてしまうことも事実です。Core i7-1165G7になるとCPU性能だけではなくグラフィックス性能も向上しています。それでもCore i5-1035G1の後継モデルであるCore i5-1165G7が発売されていることを知った上で選択すれば後悔することはないと思います。

最新モデルだからといって誰もにとっても魅力的とは限りません。当然最新モデルになると価格が上がりますので、THIRDWAVE F-14ICのように税込7万円台という価格での購入はできないでしょう。今の段階でじっくり比較検討してみてください。

カスタマイズの余地がほとんどない

THIRDWAVE F-14ICについては一切のカスタマイズができません。これは口コミでも言及されています。CPU・グラフィックボード・メモリ・ストレージとすべて変更することができなくなっています。カスタマイズできる箇所は、OS・オフィスソフト・セキュリティソフトと周辺機器のみです。

こだわりの構成にしたいと考えている方は注意してください。基本的にはそのままの構成で納得できる方向けです。その後「THIRDWAVE F-14ICのメモリ16GB搭載モデル」が登場しています。+8,000円と妥当な価格設定だと思います。やはりユーザーからの意見が多かったのではないかと思います。動画編集や画像編集などクリエイター作業を中心に行いたいと考えている方は要チェックです。

HDMI端子が搭載されていない

当該モデルにはHDMI端子が搭載されていません。多くのノートパソコンに搭載されている端子なのでこの点は注意する必要があります。映像出力については、USB 3.2 Gen1 Type-Cで対応することができます。

右側に2つ装備されていてノートパソコンのモニターと合わせて最大3画面出力が可能となっています。モニターがUSB 3.2 Gen1 Type-Cに対応しているかどうか確認しておきましょう。

他社メーカーのモデルと比較

ブランドドスパラパソコン工房
製品名THIRDWAVE F-14IC
THIRDWAVE-F-14IC
STYLE-14FH057-i5-UCEX
STYLE-14FH057-i5-UXEX
液晶サイズ14.0インチ14.0インチ
重量約1.20kg約0.98Kg
バッテリー駆動時間約14.4時間約6.8時間
価格79,979円(税込)100,980円(税込)
CPUCore i5-1035G1Core i5-1135G7
GPUUHD GraphicsIris Xe Graphics
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-3200 8GB
SSD256GB NVMe250GB NVMe
HDD非搭載非搭載
公式公式公式
最新のCPUであるCore i5-1135G7を搭載したパソコン工房の「STYLE-14FH057-i5-UCEX」と比較していきましょう。液晶サイズはどちらも14.0インチで本体重量はSTYLE-14FH057-i5-UCEXは1.0kgを切っていて軽いです。バッテリー駆動時間はTHIRDWAVE F-14ICの方が長く約14.4時間となっています。価格差はおよそ21,000円です。

メモリ容量はSTYLE-14FH057-i5-UCEXは半分の8GBなので価格差は3万円近いと考えて良いでしょう。価格差は35%程度あると考えられます。Core i5-1035G1とCore i5-1135G7の性能差が25%程度です。つまり、CPU性能が上がるとはいってもコストパフォーマンスでは劣るということです。

CPU内蔵グラフィックスについてはIris Xe Graphicsの方が高いのでここまで含めるとSTYLE-14FH057-i5-UXEXの方が優勢だと言えるかもしれません。価格だけを考えるならTHIRDWAVE F-14I魅力的なモデルとなります。どのような用途で使用するのかを基準に判断すると良いでしょう。

>>>THIRDWAVE F-14ICを購入<<<

THIRDWAVE F-14ICのケースデザイン

正面

THIRDWAVE F-14IC液晶画面が大きくてきれいです。液晶の枠が薄いことがわかります。また、キーボードに少し角度がついているのがポイントです。これによってタイピングがしやすく手首へと負担を軽減してくれます。この配慮は嬉しいですね。ただし、見た目は少し悪くなっていると言えるかもしれません。実用性重視なら特に問題にはなりません。

天板

THIRDWAVE F-14ICtenban
グレイカラーの本体です。天板にはログもなくシンプルさを追求した形となっています。本体がコンパクトでカフェやコワーキングスペースなどでも作業がしやすいでしょう。

キーボード

THIRDWAVE F-14ICkeyboard
キーボードにもこだわりが見られます。キーピッチが19mmとキー同士の幅が広めです。このクラスだと18mmであることが多いのでよりタイピングがしやすくなっています。キーストロークもちょうどよく打鍵感も良好です。

I/Oパネル

THIRDWAVE F-14ICiopanel

本体右側にはMicro SDカードリーダー、USB 3.2 Gen1 Type-C×2、USB 3.2 Gen1 Type-Aとなっています。左側にはUSB 3.2 Gen1 Type-A、マイク入力・ヘッドフォン出力共用端子です。ややインターフェースの数は少ないです。それでもUSB 3.2 Gen1 Type-Cを搭載しているのは高評価です。

>>>THIRDWAVE F-14ICを購入<<<

THIRDWAVE F-14ICの口コミまとめ

Twitter

近くに店舗があるとより安心ですね。ドスパラはアフターサービスも優秀で電話・お問い合わせフォーム・チャットなどでサポートを受けられます。

メモリ16GBモデルも魅力的だと思います。今ならじっくり比較検討すると良いでしょう。

シンプルなデザインで使用する場所を選びません。初めてのパソコンとしてもおすすめです。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、ドスパラの最新ノートパソコンである「THIRDWAVE F-14IC」についてレビューを行いました。税込7万円と手頃な価格から人気があります。14.0インチモニターを搭載していてポータブル性が高いノートパソコンです。本体重量も約1.2kgと軽いので女性の方でも安心です。

性能的には平均以上となっています。Intel第十世代のCore i5-1035G1を搭載しています。4コア8スレッドとパフォーマンスが高いです。RAW現像・デイトレ・WEBデザイン・ビジネスなど幅広い用途に対応することができます。最新モデルらしく機能性が高いのも魅力です。Power Delivery対応ACアダプターの採用や指紋認証センサーなどいたれりつくせりです。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume