SENSE-M05M-114-RFXtop公式

管理人管理人

当記事では、パソコン工房が販売している「SENSE-M05M-114-RFX」のレビューをまとめています。SENSEはクリエイターブランドでそれほど知名度が高いわけではありませんが、コストパフォーマンスに優れたモデルも存在しています。SENSE-M05M-114-RFXもその一つだと言えます。グラフィックボード搭載モデルで動画編集・画像編集・WEBデザインなどのクリエイター作業を得意としています。ゲームプレイにも対応できるポテンシャルの高さが特徴です。セール実施中はよりお得に購入することができます。

SENSE-M05M-114-RFXのスペック

SENSE-M05M-114-RFXspecs

価格104,980円(税込)
99,980円(税込)
サイズミニタワー
CPUCore i5-11400
グラフィックボードGeForce GTX 1650
メモリDDR4-2933 16GB
SSD500GB NVMe
HDD非搭載
電源500W BRONZE
チップセットB560
備考光学ドライブ搭載
カードリーダーオプション
おすすめ度★★★★★★★★★★
定価は税込104,980円のモデルです。セール期間中は5,000円OFFで購入することができます。パソコン工房のクリエイターブランドのミニタワーケースを採用しています。CPUにはミドルクラスのCore i5-11400を搭載しています。グラフィックボードはTuring世代の50番台であるGTX 1650を搭載しています。メモリ16GB、SSD 500GBという構成です。電源ユニットは500W BRONZEを採用しています。チップセットは廉価モデルのB560です。光学ドライブは標準搭載で、カードリーダーはオプションです。おすすめ度は★10個です。セール期間中でなくても評価は高いです。

SENSE-M05M-114-RFXのおすすめカスタマイズ

おすすめカスタマイズをまとめています。3つの項目をピックアップしました。

2ndストレージ ★★★★★

2ndstorage

3TBのHDDが+9,600円で追加することができます。シングルストレージだと不安だという方におすすめです。2TBとの差は1,600円と小さいので2TBを検討するなら一気に3TBを選択した方が良いでしょう。価格を抑えたいなら1TBのHDD追加も良いと思います。

カードリーダー ★★★★★

cardreader

SDカードの取り込みを考えている方はカードリーダーの選択がおすすめです。デジカメやドラレコの画像や動画の取り込みに最適です。内蔵タイプなのですっきりとした印象を与えてくれます。価格も比較的リーズナブルだと思います。

電源 ★★★★★

powerunit

500W GOLDへのアップグレードがわずか900円で行えます。BRONZEとGOLDでは電源効率が大きく変わるためパーツの増設などを考えていない場合でも選択しても良いでしょう。700W BRONZEへ純粋に容量を増やすのもおすすめですが、性能的にはGOLDへのアップグレードで十分です。

SENSE-M05M-114-RFXのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
SENSE-M05M-114-RFXはグラフィックボードを搭載していることもあっておすすめできる用途の幅は広いです。CPU性能も平均以上です。GTX 1650を搭載していればゲームプレイにも対応可能です。ゲーム実況に関しては性能不足です。動画編集・動画投稿・RAW現像・マンガ制作・WEBデザイン・DTM・ビジネスなどの作業にも対応可能です。ゲーム実況と3D CAD以外に関してはある程度対応できると考えて良さそうです。

>>>SENSE-M05M-114-RFXを購入<<<

SENSE-M05M-114-RFXの性能

Core i5-11400

corei5-11400seinou

当該モデルで採用されているCPUは、Intel第十一世代の高コスパモデルであるCore i5-11400です。すでに見てきたとおり動画編集・動画投稿・RAW現像などを行う上で必要十分な性能を持っています。6コア12スレッドと価格帯において平均的なスペックですが、従来モデルのCore i5-10400よりも40%以上もパフォーマンスが向上しています。

CPUコアの改良による恩恵ですね。競合のAMD Ryzen 5 3600と同等のパフォーマンスということになります。同じCore i5シリーズでも一世代でここまで性能が変わります。十分買い換えるメリットがあると言えます。二世代前のCore i5-9400との差は80%以上とかなり大きいです。

GeForce GTX 1650

gtx1650benchmark

GeForce GTX 1650は、Turing世代のエントリークラスのグラフィックボードです。次世代のAmpere世代のグラフィックボードであるRTX 3050の発売を控えて価格は底値になっています。内蔵グラフィックスやGT 1030などとの性能差は歴然で動画編集やWEBデザインなどにおいてGPGPU機能を活かすことでより効率的に作業を行うことができます。もちろんゲームプレイにも対応することができ、GTX 1650を搭載しているだけでパソコンでできることの幅が広がります。省電力性の高さも魅力です。

>>>SENSE-M05M-114-RFXを購入<<<

SENSE-M05M-114-RFXを選ぶ3つの理由

グラフィックボード搭載モデルの最安値クラスだから

SENSE-M05M-114-RFXは、グラフィックボードを搭載したモデルとしては最安値クラスの一台です。定価は税込104,980円となっていて、昨今のグラフィックボード価格の高騰の影響もあってこの価格帯のモデルは希少です。各BTOメーカーの製品を低価格順に並べてもSENSE-M05M-114-RFX以上の製品は見つからないでしょう。

さらに今ならセール&キャンペーン実施中です。入替応援セールなら2022年2月8日までは定価から5,000円OFFで購入することができます。税込10万円以下という価格設定は魅力的です。定価でも安いにも関わらずそこから割引を受けられるのは嬉しいですね。

低価格帯としては充実の構成を持っているから

定価10万円台のモデル(セール中なら税込9万円台)としては構成が充実しているのも選ぶ理由になると思います。メモリ16GB、SSD 500GBと上位モデルと比較しても見劣りしない構成を持っています。この価格帯ならメモリ8GB、SSD 250GBとそれぞれ半減していても珍しくありません。

税込10万円台のモデルではトップクラスのコストパフォーマンスを持っていると考えても良いでしょう。どうしてこの価格帯で販売できるのが不思議です。今後この価格帯のモデルが消滅してしまう可能性もありますので、早い段階で購入の決断をしましょう。

カスタマイズの自由度が高めだから

SENSE-M05M-114-RFXは比較的カスタマイズができる項目が豊富なのも特徴です。主要項目だけでもCPUグリス・CPUクーラー・メインメモリ・ストレージ(1st,2nd,3rd)・光学ドライブ・カードリーダー・電源のカスタマイズが可能です。3rdストレージまでカスタマイズできるのは嬉しいポイントです。

キーボードやマウスなどの周辺機器も充実しています。また、OSについても非搭載を選択することが可能です。すでにOSを持っている方であれば費用を抑えることができます。パソコン設置・設定サービスや出張修理サポートなど初心者の方向けのサービスも豊富です。

>>>SENSE-M05M-114-RFXを購入<<<

SENSE-M05M-114-RFXの弱み

ケースデザインにやや古さを感じてしまう

SENSE-M05M-114-RFXの一番の弱点はケースデザインの古さにあると言えるかもしれません。多くのBTOメーカーがPCケースデザインをリニューアルしている中で、パソコン工房のSENSEブランドは少し遅れている印象を受けます。無骨なデザインで最新のスタイリッシュなケースとは異なりますね。

もちろんこの無骨なデザインが好きな方もいらっしゃるかもしれません。機能的にも大きく劣るというわけではありません。ケースデザインについては好みが分かれますね。もしこのケースデザインを受け入れられるのであれば購入しても後悔することはないのではないかと思います。

知名度がほとんどない

SENSE-M05M-114-RFXの弱みは知名度がほとんどないことだと思います。パソコン工房の知名度がないというわけではなく、クリエイターブランドのSENSE∞がほとんど知られていないということです。ドスパラのraytrekシリーズ、マウスコンピューターのDAIVブランドと比べると知らない方も多いでしょう。

もちろん知名度がないこと自体大きなデメリットとなるわけではありません。性能面で劣るわけではないからです。良い製品であっても認知されづらいというのがデメリットです。このページをすでにご覧になられた方であればこのデメリットは消滅します。

カードリーダーがオプション設定となっている

前面のI/Oパネルもやや物足りないですね。クリエイターパソコンというよりもビジネスパソコン寄りのように感じられます。USB 3.0×2とイヤフォン及びマイク端子のみです。カードリーダーはオプションとなっています。クリエイターパソコンであることを考えるとここは標準搭載として欲しかったです。それでもカスタマイズ費用が比較的抑えられているのは高評価です。

Lightning AH5と比較

ブランドパソコン工房Lightning
製品名SENSE-M05M-114-RFXAH5
画像SENSE-M05M-114-RFXtopLightning AH5
価格104,980円(税込)
99,980円(税込)
94,980円(税込)
CPUCore i5-11400Ryzen 5 3500
GPUGTX 1650GTX 1650
メモリDDR4-2933 16GBDDR4-3200 8GB
SSD500GB NVMe500GB NVMe
HDD非搭載非搭載
電源500W BRONZE450W BRONZE
チップセットB560A520
光学ドライブ
カードリーダー+1,300円+1,738円
公式公式公式
同じ価格帯のドスパラ「Lightning AH5」と比較していきます。定価では10,000円の差がありますが、SENSE-M05M-114-RFXがセール対象モデルとなっている間はその差は5,000円に縮まります。CPU性能はSENSE-M05M-114-RFXで採用されているCore i5-11400が上です。Ryzen 5 3500は6コア6スレッドとハイパースレッディングにも対応しておらずパフォーマンスは落ちます。

GPUはどちらもGTX 1650を搭載しています。メモリは規格こそLightning AH5が上ですが、容量はSENSE-M05M-114-RFXが倍の16GBと余裕があります。ストレージ構成は共通ですね。電源ユニットはSENSE-M05M-114-RFXの方が少しだけ容量が大きいです。チップセットはIntel・AMDそれぞれの廉価モデルを採用しています。低価格帯のモデルとして理にかなっています。いずれも光学ドライブが標準搭載です。カードリーダーについてはカスタマイズで対応する必要があります。

>>>SENSE-M05M-114-RFXを購入<<<

SENSE-M05M-114-RFXのケースデザイン

正面

SENSE-M05M-114-RFXsyoumen
オーソドックスなデザインです。メッシュ加工のように見えるデザインとなっています。光学ドライブは標準搭載です。

I/Oパネル

SENSE-M05M-114-RFXiopanel
I/Oパネルは前面の中心部に集約されています。USB 3.0×2、マイク端子・ヘッドフォン端子があります。SENSE∞のロゴとiiyamaのロゴが刻印されています。

左側面

SENSE-M05M-114-RFXleft
左側面には吸気口が設けられています。

右側面

SENSE-M05M-114-RFXright
右側面には何もなくシンプルなケースです。

背面

sense_em040_gallery_04_1000
背面はこのようになっています。上部に選択した電源が埋め込まれます。左側はグラフィックボードの部分です。ライン出力×1、ライン入力×1、マイク入力×1、USB 3.2 Gen2×2 USB 3.2 Type-C×1、USB 3.0×2、USB 2.0×2、LANポートが配置されています。また、グラフィックボードにはHDMI×1・DisplayPort×2があります。

>>>SENSE-M05M-114-RFXを購入<<<

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、パソコン工房のクリエイターモデルである「SENSE-M05M-114-RFX」の製品レビューについて紹介しました。GTX 1650搭載モデルとしては最安値クラスです。セール中なら税込10万円以下で購入することができます。CPUにはミドルクラスのCore i5-11400を搭載しています。6コア12スレッドというスペックでマルチスレッド性能は高いです。

同じ価格帯のRyzen 5 3500と比べてもパフォーマンスが高く動画編集やゲームプレイなどの作業にも対応しやすいです。もちろんCore i7シリーズやRTX 30シリーズに比べると妥協が必要な場面が多く性能について理解しておくことが大切です。購入したものの必要な性能を持っておらず対応できなければ本末転倒です。

公式

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume